心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 般若心経でも如何

<<   作成日時 : 2006/12/25 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像


先頃とある部屋で、亡き人の想い出を書き出した方がいました。

その方の生前の想い出を語るのはいいが、どうしたわけかその方の生前の恨みを晴らすんだと言い出した。

身内でもない人が敵討ち?
今の時代に敵討ちもあったもんじゃない。
何か言いたいのであれば、その方のブログに行くなり、メールで話をすればいい頃です。

綺麗な想い出なら、ブログを通して皆さんの目にも触れるが、個人的なプライバシーを公開の面前で暴露して、果たして良いものかどうか。

人生経験もある方が、何故今頃になって過去を暴き出そうとするのか。
その行為が多くの方を傷つけています。

ワテもしばらく沈黙を守っていましたが、いつまで経っても納まりそうもないし、ここ数回に渡ってメッセージを送っていましたが、お気づきになったでしょうか。

命について考えたり、人間に死について考えてみたり、気持を落ち着けて欲しいために、リクエイムも書いてみました。
また昨日は賛美歌を書き、そして今日は般若心境です。
是非読んでみて欲しい。

貴女のしていることは、本当につまらないことです。
善意と思っておられるでしょうが、独りよがりの善意など何の役にも立ちません。

ソロソロ悟りでも開いて、良き人を成仏させてあげて欲しいなあ。
その為の般若心境です。

京都三千院には写経道場があります。
一つ写経でもして、心平安の日々にしては如何でしょうか。


仏説摩訶般若波羅密多心教      唐三蔵法師玄奘 訳
観自在菩薩行深般若波羅密多時
照見五蘊皆空度一切苦厄舎利子
色不異空空不異色 色即是空空即是色
受想行識亦復如是舎利子
是諸法空相 不生不滅不垢不浄
不増不減是故空中無色無受想行識
無限耳鼻舌身意 無色声香味触法
無限界乃至無意識界無無明
亦無無明尽乃至無老死尽
亦無老死尽無苦集滅道無知亦無得
以無所得故 菩提薩捶依般若波羅密多故
心無罫礙無罫礙故無有恐怖
遠離一切顛倒夢想究竟涅槃
三世諸仏依般若波羅蜜多故
得阿耨多羅三藐三菩提
故知般若波羅蜜多是大神呪
是大明呪是無上呪是無等等呪
能除一切苦眞實不虚故説般若波羅蜜多呪
即説呪曰 羯諦羯諦波羅羯諦
波羅僧羯諦菩提薩婆訶
般若心経

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
貴殿の言われる処は善くわかり申す。
当初ブログから出て行け!と申された瞬間はS・○に骨抜きにされ鼻の下を長くされた御仁(甚だ失礼)、唯の助平老人(益々以って失礼)と存じた者。
然し、今は大いに後悔致し居る。
信じ、語り掛けて見たいと存じた人々は総崩れとなり、子息は此処さえ納得致さば撤収と申すが、相手あっての事。
最早、此処は我々の来るべき場所には非ず、と申して居るが貴殿も熊が夫人に成りすまして騒いで居るやに思っておいでであろう。
然程の酔狂、狂人、閑人には非ず。

般若心経・・・愚妻の亡くなりし後は写経も致す、当に諳んじて居る。
子息の逸る心を如何に治めるか?
石屋の約条にて終了かと存じた。

表面のみでは人の心の深奥は斯くも判らぬものに御座ろう。
此処に入りて想う事、皆等しく己が思い、考えこそ唯一無比・・正しく、不変と自負致し尊大に大上段に振り被り得々と致し居る。
熊の苦衷など踏みつけに致し馬鹿に致し、批判のみ。
斯様な遊び、大の大人が面白く御座るのか? 摩訶不思議の世界。
折角の思し召し愚妻に経は挙げ申そう。かたじけなし!

2006/12/25 11:35
追記
夫人の回想録・ピアノ偏は、熊の逃げ道であった筈が、これまた思惑外れにて 重たく、辛く、苦しき作業と成り申し、夫人が三ヶ月掛かりて書き上げたものを(子息に断りを入れ申したが)凝縮させて完結させた次第。
つづく、茶道偏は最早不可能に近い。
コピーの丸写し・・・何あろう と存じたが人間には感情移入など申すものが有る事、この歳にて学習致した事。

2006/12/25 11:44
風の旅人さん今日わ。

熊さんの言い分を受け取るも自由自在成れど、現時点で私が熊さんの板にレスした処、「風の旅人さん」のHNがコメント・スパムに引っ掛かりハネ付けられたので御一考在れ。

以上です。
schwalz
2006/12/25 13:46
熊さんお久しぶりです。
熊さんの川風さんへの強い思い、拝読させて貰いました。

双方言いたいことや納得できないことがあると思いますが、当事者である川風さんはお亡くなりになっています。

当事者の片方がいない中で、1年半前の出来事を論じても、なかなか真実には到達できないでしょう。

色々御不満もあると思いますが、ここら当たりで幕を下ろされることを切に願っています。

川風さんのご冥福を、此処で改めてお祈りしたします。
                  合掌
風の旅人
2006/12/25 16:00
schwalzさん
今回の件では色々とお骨折りいただきまして、有り難うございました。

この問題が起きてから、関わった方全てに何らかの傷を負っています。
このままいつまでも引っ張っるのではなく、何処かで折り合いを付けたいと思います。

この問題は今日を最後に終わりにしたらと、僭越ながら提案しましたので、よろしくお願いします。
風の旅人
2006/12/25 16:09
風旅さん余りにも静かだったので、冬眠なされていたのか・
と、思っていました。
熊さん
私のwebryに経緯を書いております。納得できる文章ではないかと思いますが
 真実は今この世に生きている私と○○さんしか知らないことです。
嘘偽りなく私は書いたつもりですし、この件で幕引きを計りたいとの気持ちもありません。唯一つだけお願いがあります。
他のブログでは決して、この件を話題になさらぬよう
まだまだ分からぬと言われるのであれば私のブログに来てください。
最後にこの風旅さんのブログをロムされております皆様方へ
 このたびは私くし事で、不愉快な思いをさせましたこと深くお詫び申し上げます。
一日もこのブログが元の愉しいブログ皆さんが集う最高のブログに戻れますことを願っております。
風旅さん有難うございました。
148
2006/12/25 16:18
当に冬眠致して居る筈が、本日人里(風旅殿のブログ)近くに下りて参ったは、熊自身もドイツ在住の息子にいい加減にしろと大層な剣幕にて諫言を受け、貴殿とは斯様な件ではなく相まみえたかったとの残念の心で参った。
スパムを懸け申したが中は凄まじきもの、表の顔とは正に表と裏、人格まで豹変、
熊は貴殿にヘルプを頼みに参ったのでは無い、申すまでも無く貴殿は今更熊がヘルプと申した処で応諾される御仁では無い。
裏では口汚く罵り居り、彼方此方飛び歩き我等と敵対居たせし者にまで媚びるに似たり。
熊は子息の返事如何で、最早終息の意向を持ち貴殿に最後に会うて置きたい念で参ったまで、他意は御座らぬ。
文字のみの世界の恐ろしさと人間の醜さが如何にして現れるかを知らしめられた。
貴殿の静かな世界の保ち様学習致したかった。
よわい重ぬるばかりにて、迷惑をかけ申した 陳謝致す者

2006/12/25 17:23
ご無沙汰してます
元気で走り回っていてPCにタッチできず
ちょっと寂しい日々・・・

憎しみからは何も生まれない
許すことで自分も救われる
最近ね、過去の自分に出会う機械が多くて
オの時の憎しみを栄養に生きてた自分に
「かわいそう」って思ってるんです

人生楽しく生きること
心豊かに生きること
簡単なようで難しくて〜
だから人生って面白いんですよね!

脈絡のない話でごめんなさい
とりあえず、元気なもりちゃんです♪
もりちゃん
2006/12/25 22:21
148さんというより石屋のオッチャン今晩は

ブログ読ませて貰いましたが、過去の経緯がかなり思い出して書いてありますね。
今回の出来事は、チョッとしたことで行き違いが生じたものと思われます。
不孝にして理解しがたい状況になってしまい、今回のような事態になったものと思われます。

今回このブログに書いたように、ソロソロ矛を収めたらどうですかの提案に賛同して貰って、本当にありがたく思っています。

熊さんや久さんの考えもありますが、終息の方向に迎えたらと思っています。
風の旅人
2006/12/25 23:59
熊さん今晩は

私の提案を受け入れる方向で検討していただき、有り難うございます。
まだまだご不満もあるでしょうが、久さんとよくご相談の上、よりよい方向でこの問題を終わらせたいと考えています。
よろしくお願いします。
風の旅人
2006/12/26 00:02
もりちゃん今晩は
久し振りやなあ

この所全然顔を見せなかったので、どないしてるかなと気になっていました。
平地の降雪も大したことがなく、埋もれている心配はしていませんでしたが、こうして元気に顔を出してくれると、ホットしまっせ。

もりちゃんも色々あったので、今回の話もよくわかるでしょう。
早く忘れて再出発する方が如何に大事か。
明るく生きる方がずっといいですね。
今のもりちゃんは輝いておりまっせ\^o^/
風の旅人
2006/12/26 00:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
般若心経でも如何 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる