心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 岐阜・古川の古い街並み

<<   作成日時 : 2006/12/12 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

数年前に朝ドラ「サクラ」舞台になった古川の町を訪ねたのは、ちょうど朝ドラが終わった直後でした。
画像


朝ドラが終わっても古川の町には観光客で一杯。
駅前の駐車場は無料開放されており、ゆっくり散策出来たのが嬉しいですね。

中にはこの際だから儲けろと、駐車場代金を取るところがありますが、この古川の町はその点では良かった。
駅前ですから直ぐに町を散策出来たので、皆さんも好印象を持たれたのでは。

地方の町興しとして観光客和誘致するには、こうしたところでお金を取ると、一過性のブームだったらそれで終わりです。
無料開放しておくと、古川の好印象は何時までも心に残っています。
また何年か後に古川に寄ってみようかなと思いますね。

画像


この町を流れる水路には、錦鯉が泳いでします。
この感じは山口県の「小京都・津和野」と一緒。
澄みきった水に泳ぐ錦鯉は、観光客の目を楽しませてくれます。


画像



画像


瀬戸川に沿って白壁土蔵が並んでおり、この通りは城下町の面影も残っており、本当に素敵な所です。


画像


昔ながらの商家が続く町筋、出格子が見事な造り酒屋の軒には、大きな杉玉が吊ってある。
チョッと入って行って、利き酒でもしたくなってくる。

画像


画像


ドラマにも登場した和蝋燭のお店。

画像


名物のお婆ちゃんが、今も元気に店番されていました。
その当時観光客が和蝋燭を注文しても、手にするのは半年先だと言っていました。
今でも人気あるのかなあ


画像


起こ太鼓が飾ってありました。
この祭りは毎年4月中旬に開かれる古川祭り・起し太鼓です。
夜の勇壮な祭りと昼間の豪華な祭りとして、多くの観光客が見に来るとか。

画像
この写真はお借りしました


地方の祭りを見ようと思っても、なかなかタイミング良く行けません。
運良く祭りにぶつかったら儲けものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
webryブログ事務局から強制的に削除されておりました。
本当に侵害では有りますがどちら様かが通報したのでしょうね。
明日までには決着はつけますが
熊さんの仕業ではないと思います。彼はそこまで詳しくは無いので
石屋
2006/12/12 23:41
ブログを削除されたのですか。
bigは何か言ってきたのですか。
何も言わずにいきなりバサですか?
そんなんありかなあ

一応説明すると思うけど。
いきなりだと腹が立ちますね。
風の旅人
2006/12/12 23:52
こんにちは〜☆
先日はコメントを残していただきましてありがとうございます!
風の旅人さん、HNの通りあちらこちらと素敵な旅をされているのですね。。。私も旅は大好きなのですが最近はなかなか行けない状態で、、、今日の記事は数年前訪れた古川・・・懐かしい想いで拝見いたしました!これからも時々寄らせていただきます♪

URL
2006/12/13 08:28
花さんいらっしゃい
花さんのgooのブログを拝見しました。
女性らしさに溢れていますね。
それに比べて此処はオッサンの部屋。
何もおかまいできませんが、ノンビリ旅の話でもお読み下さい。

古川の町に行かれたのですか。
いいところでしたね。

日本にはまだまだ素敵な町があります。
花さんが今までに訪ねられた町も、幾つか登場すると思います。
トップページからINDEXに入ると、一覧表が載せてありますので、よかったらご利用下さい。
風の旅人
2006/12/13 10:03
風の旅人さん、お早うさん。御元気で活動されてますか?

石屋君に伝達したき事が有るので、ちょっと場所を御借りします。

[伝達事項]は以下の如し。
石屋よ、以前・君と「サル・カニ合戦」をした時、私は事務局に【通報】した事が有ったが、事務局からの返事は「意に沿い兼ねる」と言うニベも無い返事だったヨ。

私を含む一般ユーザーの「通報」では、事務局が中々【腰を上げ様】とはしないみたいなので、石屋本人が知らぬ間に「ヤブを突付いてヘビを出す」事をしなかったかな? と私は思うんだがネ。

事務局の管理は、男ばかりじゃ無く女も居るからなぁ〜。
石屋自ら・相手が事務局関係者と知らずに、相手にケンカ(モドキを含む)を吹っ掛けた事は無いかぃ?

私は、其の可能性が「一番強い」と思うゾ。

以上だヨ。
schwalz
2006/12/13 10:47
schwalzさんおはようさん

いいでっせ、どうぞお使い下さい。
無断でブログを削除されたとしたら、これは問題です。
どうしてこんな風になったのか、結果が知りたいなあ。
風の旅人
2006/12/13 10:58
町並みといい、商家といい、何か懐かしい景色ですね。取材力にも感心致しました。
いしけん
2006/12/13 12:09
いしけんさん 今日は
何でも見てやろう精神ですから、時間が許す限り町を歩くようにしています。
古い街並みは歩いていても、落ち着きますね。
故郷に帰ってきた匂いがするのかも知れません。
風の旅人
2006/12/13 12:16
朝ドラの(さくら) 毎日見てました。
古川町 しっとりして 落ち着いた町
ですね 津和野の町に 似てますか? 
ドラマを見て 和蝋燭が欲しくなり
百貨店に行って みましたが 田舎の百貨店
なので 有りませんでした。。。
そのうち ドラマも終わり 和蝋燭のことは
忘れてしまいました。(笑)
まさら
2006/12/13 22:30
まさらさん今晩は

サクラの故郷が古川でしたので、どんな町なのか興味がありました。
津和野に似ているのは錦鯉が泳ぐ川だけ、街並みは古川の方が大きいですね。

同じ城下町でも山の中の津和野と、平野の古川の町。
町の感じも明るいですよ。

和蝋燭の店は今も人気があると思いますよ。
昔ながらの作業場も見えて、見学出来るので良かったですよ。
風の旅人
2006/12/13 22:55
古川は高山よりも一般化していないので、私はこっちの方が好きです。
以前夏に行ったとき、「蒲酒造」で「白真弓(やんちゃ酒?)ひやおろし」を買いましたが、とっても美味しかったです。
あらん
2006/12/14 12:37
アランさんコンチャ
高山は観光化してしまいましたね。
朝市の風情も段々なくなりつつありますね。

その点古川の町は、一時的な盛り上がりはありましたが、次第に人の足も遠のくでしょう。

「白真弓」これは飛騨の銘酒ですか。
地酒はその土地で飲むと、美味いですね。
風の旅人
2006/12/14 16:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
岐阜・古川の古い街並み 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる