心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 滋賀・安曇川は扇骨の産地

<<   作成日時 : 2006/12/09 16:20   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


画像


マキノ町からの帰途、藤樹の里あどがわに立ち寄りました。
最近出来た道の駅で、立ち寄るのは初めて。
何があるのかなと中に入ってみると、観光案内所があった。

画像


案内書の壁には扇骨が飾ってある。
あっそうや、安曇川は全国で有数の扇骨の産地であった。
なんせ生産量は全国の80%占めるだけに、町内では扇骨業者が多数おられるはず。

奈良の生駒市にある高山という町は、茶筅の生産が盛んな所。
真冬のこの時期には、竹を冬干しする風景が有名だった奈良・茶筅の里・高山

茶筅の冬干しがあれば扇骨の冬干しもあるのでは。
そう思って案内所のおネエちゃんに聞いてみた。

画像


扇骨を干している家は、この道の駅の向かいで干している事がわかった。
早速行ってみると、ジャリの上に扇骨がずら〜り
どれもこれも削った竹を扇状に開いて干してある。

画像


この干し方はこの地方では「白干し」と呼ばれており、扇骨を作る上では重要な位置づけにある。
冬の風に吹きさらされて、竹に含まれる水分を抜くことで収縮を押さえる。
天日に当てることで防腐にも役立ち、竹の色も決まると言う。

この産業が起きたのはいつ頃からなのか、それには色々と説があるようだが、江戸時代以前からも京文化の影響を受けてきた土地だけに、都人が好んで使ったのであろう。

一大産業として発展したのは、明治時代の初めごろから扇骨作りが盛んになったようです。
安曇川の氾濫を防ぐ意味で、土手に竹を植えたことで、その竹を使ての産業だった。

画像


会館内には扇骨体験教室があって、見に行ったときは閉まっていましたが、竹造りの工程などが写真入りで説明板がありました。

画像


画像


画像


画像


画像


工程は全部で24工程。
写真を見て工程の流れをご覧下さい。

画像



画像


扇子の種類には幾つあるのか調べてみました。
涼をとる夏扇(男女用)、舞扇、飾り扇、ねこま、茶席扇、鴨川、航空扇、中啓、モーニング扇などをはじめ、大は50cmのものから小は2cm位のミニ扇まで、数十種におよんでいます。

この中で聞いたこともない扇子があります。
「ねこま」「鴨川」「航空扇」「中啓」モーニング扇」
この名前からイメージが湧きますか?
それにしても扇子って数十種類もあったかなあ(゚_゚i)タラー

皆さんは自分用の扇子を持っていますか。
持っておられる方は、安曇川の扇骨を使っていること間違いなし
ホントかな?(笑)

日も落ちてこの後大阪に帰るには、小腹も空きます。
道の駅内のレストランを覗くと、あったあった鯖寿司が\^o^/
今回初めて焼き鯖寿司を注文してみた。

画像


ポットを見ると籐で出来ている。
なかなかええ感じやなあ
こんなん売っているんやなあ

画像


肝心の焼き鯖寿司
結構なお味でした。
出来たら普通の鯖寿司とこの焼き鯖寿司を一緒に出してくれると、これまた美味しさを楽しめるのだが。
その当たりをおネエちゃんに注文しておいたが、さて客の要望なんか、聞き届けて貰えるのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な扇子が写っていますね。扇子は商売道具ですから(笑)
沢山持っていますが、京都のお土産で頂いたものがほとんど
骨がここで作られていたなんて全然しりませんでした。
干されているすがたが面白いですね。
やはり木製ですからしっかり干すんですね。
広げて使うのは夏のみで、後はもっぱら琴の
頭をリズム打ちしてます。良い音がするんですよ、竹ですからね。
たまには広げて鑑賞しなければいけませんね。

私も鯖寿司好きです、富山の鱒の鮨も!
sayuri
2006/12/09 21:08
sayuriさん今晩は
琴の演奏会でも扇子は使いますの?

ワテが以前琴の演奏会の写真を撮っています。
それを見てみましたが、扇子は持っておられません。
演奏会ではどんな時に、扇子を使われるのですか。
琴の頭をリズム打ち?これは何となくわかりますね。

鯖寿司に鱒寿司は、北陸を代表するお寿司やなあ\^o^/
風の旅人
2006/12/09 21:20
演奏会の時のお扇子は、使うのではなく
帯の間に挿むだけです,形が有れば良いんです(笑)
見えていればね。
使うのは弟子を教えるお稽古時です、横に座って扇子で拍子
をとってあげる時にね。間違っても頭や手などは
叩きませんよ、私は優しいですから(><;)
sayuri
2006/12/09 21:35
あっやっぱりそうだったのか。
演奏者の作法の一つですね。

これこれピシャリ!
また間違ってピシャリ!
ホンマに鈍くさいのねピシャリ!

ワテならやられそうやなあ\^o^/
風の旅人
2006/12/09 21:39
琴と言えば839君の娘さんも琴をお弾きになるようで。
 私も姉が安っぽい琴を持っておりましたので爪(詰)をはめて弾いたことがあります♪さくら〜さくら〜ここまでした。
明日は組内(町内会)の忘年会飲めないお酒を飲んで心の大掃除の筈が
誰かさんの出現により子にお話も年越しのようですね。
風旅さんも相当お疲れの御様子で、あの方のお相手しても何の得にもなりませんよ。
石屋
2006/12/09 22:56
(*^^*) こんばんわ!!
お掃除??されたようで すっかりキレイになりましたね(笑)
不潔にしていると ねずみ、ゴキブリ等が出てきますし...ёё
こさっぱりとしたお座敷には ^^扇子♪がよう似合います。

父親が職人(扇子に非ず)でしたから 血なんでしょうか〜
工程なども興味深く拝見、 脈々と受け継がれてきた
職人技、日本の伝統文化には魅了されますね。

高いものは買えないけど 夏扇子は愛用していますよ^^
雅な舞扇を飾りたいと思いつつ まーた猫の餌食に
なっちゃちゃ 目も当てられないものね (T_T)゙
お陰さんで いい目の保養ができました おおきに〜♪
シーちゃん♪
2006/12/09 23:04
石屋はんじゃあ〜りませんか。
時の人でっさかい。余り目立たないように(笑)
明日はご近所で忘年会でっか。
まあ余り飲まないようにしいや。

琴が家にありましたんか。
そりゃえらいもんですわ。

ワテは元気そのものでっせ。
安心しておくれやす。
風の旅人
2006/12/09 23:21
シーちゃん
年末恒例の大掃除ですわ。
スッキリ爽やか路線で行きたいよって、この際大掃除です。
特に沖縄編は読んで貰う記事、ゴチャゴチャした話があると、何のコッチャになりますやろ。

お父さんも職人さんでしたか。
職人技の技術を見ると、惚れ惚れしますなあ
磨き抜かれた技術は、寸分の狂いもないとか。

シーちゃんなら夏扇は持っておられまっしゃろ。
扇子で猫の匂いを扇いでいると言うことは、まさかないでしょうなあ\^o^/プッ
風の旅人
2006/12/09 23:28

そろそろ寝ようかな〜っと思って覗いたら、
扇子が〜♪
私ね、これと同じ工程で、自分で扇子作ったんですよ(*^^)v
中に押し花を挟んでね。
中々いいもんですよ〜♪
BBSに載せようと探したら、
何処にしまったか見つからないの(-。−;)
今度見つかったら載せますね(b^ー゚)♪

あ、その焼き鯖寿司美味しそう〜!!
<zizi>
2006/12/09 23:29
ziziさん今晩は
自分で扇子を作ったの?
そりゃ大したもんだ。

竹を細く割って、均一になりましたか?
細くする工程が難しいので、何度も失敗したと思う。
押し花入りの扇子ですか、センスがあるなあ(笑)

是非探し出して、BBSに載せてや
楽しみにしてまっせ。
風の旅人
2006/12/09 23:34

まっさか〜!!
竹を削る所はやりませんよ〜〜〜

骨組みまでは出来てるのよ〜♪
で、見つかったの!
あちらに載せておくね〜(*^^)v
<zizi>
2006/12/09 23:54
ziziさん 見せて貰いましたで。
見事な扇子ですなあ
なんや一から作っていないのでっか。

でも上手に作ってはるなあ
露草を間に挟んで、綺麗に仕上がっているがな。
ワテにも一本作っておくんなはれ。\^o^/
風の旅人
2006/12/10 00:18
熊のブログコメントできないようにスパムをかけています。
 絶対に今回ばかりは許せません。
私の寿命が有るまで追い続ける所存です。
今度は風旅さんがssさんの意中の人になっていますね\^o^/
石屋が嫉妬しますよ
石屋
2006/12/10 18:24
石屋のオッチャン
あんなもん規制してもアキマヘンで
鼻の脂付けたら、鍵など直ぐに開きまっせ。

熊のオッサンも嫉妬深いからなあ
スキャンダルみたいに書いてるけれど、芸能週刊紙とチャイまっせ。

あれでは死んだ方も浮かばれません。
ホンマに情けない男でっせ。
風の旅人
2006/12/10 21:14
なんや、石屋またブログ作りよったんやね。
旦那はん、お久しぶりどす。
扇子どすか?昔は皆持ってましたな?
そやけど、今は値段が高いどすな?
なんでもそうやど、一つの物を作るには
沢山の工程があり、其々の職人がいてはります。
播州の白なめしも、今は薬品や機械が進んで
ますけど、昔は冬の寒い時に市川で、川の中
で、作業してました。
京都の染物もそうやね。
ほんで、熊さんはあたいが喧嘩買いますから
もう、相手にせんとっておくれやす。
ここは、旅も楽しいブログやさかい。
お邪魔さんどしたえ。
839
2006/12/11 00:32
839はん今晩は
身体大丈夫でっか。
気をつけなアキマヘンで。

多くの工程を重ねて一つの作品を仕上げる。
昔は一人で作ったのでしょうが、今は分業制ですから、大量に生産されます。
ちょっとエエのになると随分値段も張りますね。

白なめしは市川で洗っていたのですか。
京友禅は加茂川で洗っていますが、この時期は冷たいでしょうね。

熊さんは言うこと聞きませんで。
あそこまで意固地になると、可愛げがないなあ
839はんも体の具合が悪いから、無理せんでもええで。
風の旅人
2006/12/11 00:49
☆こんばんわですよ〜〜っ 

とても素敵な扇子ですねっ
綺麗過ぎてもったいなくて とてもあじ丼には
似合わないけど 手に持ってみたいですぅ〜〜
(*^∀^*)
しかし 干してるとこは とても面白い
なんかめちゃめちゃに干してるのかと思いきや
きちんとそろってるですものねっ♪
なかなか観れないものを 
風丼♪ありがとう〜〜〜♪
あじ丼
2006/12/13 22:38
あじ丼毎度〜

あじ丼に一ついかが
似合わないことないでしょう\^o^/

干しているのを見ると、もう少し綺麗に拡げて干しているイメージでしたが、以外と乱雑でしたよ(笑)

こういった風景はなかなか見られません。
折角行った機会だったので、見ることが出来てラッキーでした。
風の旅人
2006/12/13 22:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
滋賀・安曇川は扇骨の産地 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる