心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 水戸・黄門様

<<   作成日時 : 2006/11/13 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像


日本三名園と言われる金沢の兼六園、岡山の後楽園は見たことがあるが、今回紹介する偕楽園は初めての所。

画像


この公園が出来た由来が宜しいなあ
流石に民百姓のことを考えた黄門さん、その子孫が作っただけのことはある。
天保13年(1842年)に第九代藩主の徳川斉昭に構想の下、作られたと書いてある。

普通は藩主は金を出すだけ。
しかしこの殿様は自ら公園の作成に係わって、木々の配置も考えたようだ。

画像



公園の名前も渡辺淳一的な「快楽園」ではなく、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。
この辺りが違うところやなあ\^o^/

画像


約13haの広さの公園内には約百品種・三千本の梅が植えられており、これだけの数があるだけに、梅見客で大層賑わうはず。

画像


画像



画像


園内にある湧水「吐玉泉」
大理石は新装したものですが、透き通った水は飲んでみると美味しかった。
でもどういう分けか、水質検査表は置いてあるのに、肝心のコップが置いてなかった。


画像


見晴台から見える風景は、水戸の待ちが一望できる。


画像



徳川記念館前の公園では、音楽仲間が集まって演奏していた。
若いのに似合わず、懐メロを弾いていたのが印象的だった。

画像


木々の紅葉もやっと紅葉しているようで、この時期水戸では早いのか、または今年はこの程度の紅葉なのか。

画像



画像


徳川記念館では興味深いものがあった。
水戸の立場から見た桜田門事件についての書き物。

開国派を唱えた井伊直弼と開国は時期尚早とみた水戸藩
この二つの勢力がぶつかって、最終的には桜田門事件になるが、ワテの田舎はどうしても井伊家贔屓になる。(笑)

水戸の方はその逆。
この辺りの描写が結構面白かった。


画像


偕楽園の横にあるレストハウスで食事したが、水戸に来たら矢っ張り納豆
納豆を食べないと話にならない
そこで納豆定食を注文したが、言うほど美味くなかった。(゚_゚i)タラー
名物に美味いものなしかも(笑)

その代わり水戸にはこんなメニューがあった。
果たしてどんな味がするラーメンやろ。
こっちの方が興味があったなあ

画像


この場所に上ってくるまでに、県博物館、護国神社や徳川博物館と随分歩いたので、流石に足の方が根を上げてきた。
普段は車の移動が多いが、今回はテクテク歩きの旅。
流石に疲れてきた。

しょうがないので早めにホテルに入ろうと駅に向かったが、循環バスの便がムチャ悪い。
この辺りをもう少し考えないと、水戸の観光も人が寄らんなあ(゚_゚i)タラー

画像


この日は七五三のお祝いに、神社を訪れる親子連れが多かった。
菊花点も各地でしており、鮮やかな菊の大輪を楽しませてくれました。

今宵は水戸駅から5分の所にある定宿に予約していた。
しかしビジネスホテルのまわりには、夕食が食べられるような建物がない。

水戸のパンフレットを見ると、この時期はたら鍋の季節。
しかし何処も要予約である。
一人で鍋を食べるのも寂しいもの。
しかもホテルから駅周辺に出てこなくては成らない。
足も痛いし面倒くさい。

時計を見ると4時前。
ホテルのキャンセルは4時までなら、キャンセル料は取られない。
ええ〜い どうしたものか。
夕食食べに出てくるのは面倒、明日の予定は福島県郡山。

水戸から郡山まで鈍行で4時間コース。
それなら今から郡山に行くべきか。
そうした方が明日の行動も楽。

郡山の同系列のホテルに電話すると、部屋が空いているというので、水戸をキャンセル。
駅に戻って時間表を見ると30分後に水郡線で常陸大子行きがあった。
郡山に接続便があると書いてある。
よしそれで行こう。

時間待ちの間駅ビルの5階に、寿司屋があったので腹ごしらえ。
この寿司や安い上に美味かったが駅ビルで美味いのは、余り経験がないなあ\^o^/

画像


常陸大子駅で接続と言うから、5分か10分待ちだと思っていたら、30分も待たされた。
言ってみれば1時間に1本か2本しか走っていない路線だけに、この程度だったら接続に入るんやなあ(゚_゚i)タラー

画像


待っている間に月見をしたが、十三夜の月が綺麗に輝いていた。

画像


ローカル電車は1両のワンマンカー
運転手が乗客から切符を受け取っている。
ノンビリした旅でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
風さんおはようございます♪
今朝水戸納豆頂きました、九条ねぎたっぷり
入れて、ウコッケイのたまごと@

日本三名園、私も偕楽園はいったことがありません
でしたので、ここで行った気分に
させてもらいます。

かなり広かった様ですね、お疲れ様でした。
梅の花の咲く頃いってみたいな〜

一人旅は気ままに歩けて楽しそうですね。


sayuri
2006/11/13 08:27
sayuriさんおはようさん

一人旅の楽しさは、周りに気を使わずに、好きなものが食べられること。
夫婦で行っても、食べるものは合わせなアカンでしょう。
結構気を使いますね。

偕楽園の梅林は今は殆ど葉が散っており、枯れ枝ばかり。(゚_゚i)タラー
今見ると、梅林も含めて公園の写真がアップされていません。
早速追加しまっさ。
風の旅人
2006/11/13 09:04
こんにちは。黄門様の印篭はこうやって見せていただくと立派ですね。
渡辺淳一的快楽園は上手いですね。笑ってしまいました^^
はこふぐ
2006/11/13 10:05
はこふぐさん おはようさんさん
たまには駄洒落も入れないと、飽きられてしまいますがな(笑)

黄門さん愛用の印籠は、普通のものより大きいと書いてありました。
それと諸国漫遊の旅ですが、水戸家の藩主は江戸で暮らすのがしきたり。
藩主の中には一度も、国元に帰ったことがない殿様がいたそうです。

黄門様も隠居してから国元に帰り、西山荘で大日本史を編纂するかたわら、国元を視察しています。
在職中に神奈川県の藤沢や江ノ島、日光、勿来関、八溝山、銚子、勝山などを歩いたという記録があります。

格さん助さんのモデルの方もいますが、番組で登場する名前ではありません。

9回前にアップさせた、小楠公に関する記述の中に、楠木正茂について書きました中で、後醍醐天皇の南朝方に付いた楠木正成を最初に称えたのは、水戸黄門さん編纂の大日本史に書いており、偕楽園横の神社には大きな石碑がありました。
風の旅人
2006/11/13 10:27
転勤と言っても近畿圏内だったのが、遠方では茨城県がはじめてでした。東京の上の方としか知識がなく「水戸黄門」さまと「納豆」が有名な県としか知らなかった。旅人さんが行かれたところはほとんど行きましたよ、懐かしく思い出してます。ワラ納豆が有名で大阪の友達や親戚に送ったけど、評判はイマイチでした。水戸の立場から見た桜田門事件は覚えています。
水戸は確かに車がないと不便な町ですね 
sasara
2006/11/13 13:14
sasaraさん今日は

関西から茨城を考えると、東京の上の方角くらいしか認識がないね。
場合によっては関東か東北かの区別さえも、エエ加減になるなあ(笑)

藁に入った納豆は関西では殆ど見かけないね。
子供の頃に売られていたのは、藁に入っていました。
匂いが凄くって、あの匂いを嗅いだらもうアキマヘン。
それが大人になってくると、食べられるんですね。
今では平気で食べていますから、あの頃のあれは一体何だったのか(笑)

旅に出ると車がないと、ホンマに不便です。
移動する手段はテクテクするだけ。
これが結構時間がかかるし疲れます。

西山荘にも行きたかったけど、距離が大分離れているので、諦めざるを得なかった。
風の旅人
2006/11/13 13:35
お久しぶりです
水戸にこんなに素敵な所があるんですね

水戸にはいつもコーラスで行く事しかなかったので
今度風さんのここを参考にしてドライブに行って来ますね。
PAN
2006/11/13 16:35
ご当地を紹介しているのに、一向に顔出さないので死んだんかなと覗きに行ったら、アップしていたなあ

全然知らない歌手なのでコメントなしにしたが、生きてて良かったなあ(笑)

水戸には他にも良いところがあると思うで。
何せ車を使っていないので、移動が大変でした。
オマケに足の踵が痛くなってサッパリですわ(゚_゚i)タラー

袋田の滝に立ち寄っていないのを指摘されているし、霞ヶ関で舟にも乗りたいし、再挑戦は来春やなあ
風の旅人
2006/11/13 17:37
風さん今日は
水戸は車で素通りしただけで
殆ど 覚えていません
こうして 説明付きの写真を見せて
頂いて ふう〜ん水戸ってこんな所なんだ
と あらためておもいました
水戸から 嫁いで いる友達から
藁ずつに入った納豆を おみやげに
頂いた事があります
風さんの テクテク旅も明日は
郡山ですか。。。。。
旅先で見る月 なんとなくオセンチ
になりませんか@
まさら
2006/11/13 19:10
まさらさん今晩は
水戸は素通りしたのですか。
何時でも行ける所だと考えると、また次ぎでもいいやになっちゃいますね。

偕楽園の梅祭りの頃は、まだ寒いかも知れないし、暑くなるとまた縁遠くなってしまう。
チャンスというのはその場その場で処理しないと、次はなかなかありません。

次は郡山への旅です。
車窓から眺める夕陽も綺麗でしたが、その後の十三夜。
この日は両方見られましたが、こんな良い天気なのに、翌日は曇ってしまうとは、天気だけは何ともナリマヘンなあ。
風の旅人
2006/11/13 21:05
人生楽ありゃ、苦もあるさぁ〜♪
水戸黄門が大好きな小学生でしたので
○○年前は、よく歌っておりました

印籠の画像、もらっていいですかね?
圧縮して携帯の待ち受けにしようかと思ってます
もりちゃん
2006/11/13 22:45
もりちゃん 今晩は

水戸黄門大好き少女だったの。
そんなら印籠持ってって
天下の副将軍の印籠です。

でも交通違反して、この印籠を見せても効果はないと思うけど。
まあ見せたらどうなるか、結果は教えておくれ\^o^/
風の旅人
2006/11/13 23:16
交通違反しないから・・・
もとい、つかまらないから(笑)

ありがとう〜もらっていきます♪
もりちゃん
2006/11/14 05:26
もりちゃん おはようさん
この印籠をお守りにするのはカマヘンが、気を付けて運転してや。
これからは路面の状態は最悪のシーズン。
雪道にはブレーキが効きません。
くれぐれも注意してや。\^o^/
風の旅人
2006/11/14 10:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
水戸・黄門様 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる