心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 水戸・県立歴史館

<<   作成日時 : 2006/11/11 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


浅草から水戸に向けて出発。
水戸には特急に乗る手もあったけど、そう急ぐ旅でもないので、各駅停車の旅にしました。

画像


上野から水戸方面に直接行ける電車が余りなく、乗り換えの連続で結構時間もとられる。
土浦で電車待ちがあったので、駅のパンフレットを見ていると、霞ヶ関が直ぐ近くにあることがわかった。

霞ヶ関で船の旅のチョッと良いかなと思ったが、船に乗ってしまうと半日が潰れそうなので諦めましたが、何となく勿体なかったなあ

水戸駅の観光案内所に立ち寄って、コースを教えて貰った。
3時間コース、6時間コースなど徒歩やバスを利用してのコースが書いてある。

水戸と言えば日本三名園の一つ、偕楽園を見ないわけには行かない。
黄門さんにも何処かでお会いしたい(笑)
そんなわけで循環バスに乗った。

画像

このマップはお借りしました

案内所のおネエちゃんのお奨めは、県歴史館を見て欲しいと言われたので、先ずそこから攻めてみた。
広々とした敷地には紅葉しており、緑の芝生には落葉が敷き詰められ、風に舞って落ちてくる中を、散歩する人達が行き交う。

画像


外の風景から遮断された公園内は、人が歩くとカサカサと枯葉の音だけが聞こえてくる。

画像


公園を掃除するおじさんが二人、熊手で枯葉をかき集めている風景も、チョッと野暮ったいが、ミレーの落ち穂拾いの日本版を見ているようでした(笑)

画像


銀杏並木の中を、制服を着た男達がやってきた。
船乗りのような制服を着ているので、何処に行くのだろうか。
一寸気になるので後をつけていくと、どうも茶室のあ建物に消えていった。

画像


公園内には茨城県の歴史的な建物もあって、そのうちの幾つかを見て回った。

画像



銀杏並木の横に旧水戸農高本館があり、見学は出来なかったが木造の立派な建物だった。

画像


林の中を歩いていくと旧茂木家住宅や水車小屋があった。
この水車小屋の造りは珍しく、2階建ての構造。
一回で粉を挽くと、からくりで粉が2階に上がる仕組み。
その後また1階に落ちるとか。
中の構造を見たかったが此処も見学できず、何とかして欲しいものである。

画像


明治時代の様式を残した、旧水海道小本館があったので見学。
当時の資料などが展示されておりました。
このような建物は全国に10箇所くらい保存されており、明治の建物は今の建物よりズッとお洒落です。

画像



画像


全国にある明治の建物です。
チョッと文字が読みにくいかも。

結局県の歴史館には入らずに出てしまったが、ゆっくり公園内を散策するのも悪くなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん おはようございます
早くからお邪魔します
都会の人ごみから 脱出して
水戸に行かれたんですね
浅草の酉の市 とても面白く
楽しく 見せていただきました。
お祭り好きな 浅草の人達、、、
さぞ 賑やかだったでしょうね
気楽な一人旅 新しい発見も有りましたか?
足の向くまま 気の向くままの 旅行記
期待しています。
まさら
2006/11/11 05:13
まさらさん おはようさんです。

茨城県は初めての土地です。
今まで通過はしたことがありますが、足を止めたことがなかった。
そこで今回訪ねていきました。

まだまだ見たいところがありますが、これも今後の宿題ですわ。
旅にはハプニングも付き物です。
この後どうなるか。
乞うご期待の程を。

今日明日とバスツアーですが、近所の仲のいい夫婦4組で、能登半島を巡ってきます。
雨模様の天気だけが気になるところです。
風の旅人
2006/11/11 07:46
えっ、また出立??!! ほんに落ち着かんお人やね〜^^
晴れ男の異名を持つ風さんのこと だいじょうvv(^^*)ぶぃ
万が一には 裸踊りでもして 太陽さん呼びなはれっ!!(爆)
お気をつけて〜♪

「旧水海道小本館」随分おしゃれで風格がありますね〜
茨城は偕楽園と袋田の滝くらいで 馴染みも薄いですが
\(*^^*) 旅の続きを楽しみにしてま〜す!!
シーちゃん♪
2006/11/11 16:02
シーちゃん 晴れ男も雨女の前では威力なしや。今週だけやない。来週は沖縄行きも組まれている。アッチコッチと忙しいことですわ。家に飼い猫がいなぃら何処にでも行けるのが強みですわ(^O^)
風の旅人
2006/11/11 17:50
風の旅人さん 今晩は〜!
水戸から常磐線で来たに一時間くらい下ると
私の田舎、北茨城市ですよ〜

アンコウが有名になりましたけど
昔は「猫またぎ」といって猫も見向かない魚だったと亡くなった
ちちが言っていました。

風さんは水戸止まりだったのですか?
偕楽園には幼少のころ行った様な気がします
梅や萩の頃も良いでしょうね〜♪
ふ〜ちゃん
2006/11/11 22:19
こんばんは、風の旅人さん
「旧水海道小本館」って風格のある素敵な建物ですね。
偕楽園の中にあるのですか??
…と訊いても またまたお留守ですね。(^^ゞナハハ
harusika
2006/11/11 22:41
ふ〜ちゃん 今晩は
今帰ってきたところです。

ふ〜ちゃんの田舎は茨城だったのか。

郡山に向かう電車を水郡線にしたんですわ。
そっちの方が近いようだったので。
それやったら水戸から常磐線で行ったら良かったなあ

この時期はアンコウの季節でしたが、食べようと思うと要予約と書いてあるか、二人以上で申し込むようになっていました。
それで一人で鍋を食べるのも寂しいものでして、諦めた次第。
昔は猫またぎでしたか。
変われば変わるものやなあ

この後の話をする中で、泊まったかどうかの話になります。
風の旅人
2006/11/12 23:05
harusikaさん今晩は

旧水海道小本館はお洒落でしょう。
全国に同じようなものが10数カ所あるようです。
その写真が掲示してましたので、追加のアップをしますので、参考にしてください。
風の旅人
2006/11/12 23:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
水戸・県立歴史館 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる