心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草・酉の市 その2

<<   作成日時 : 2006/11/09 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


神社に続く両側には夜店が続いており、大勢の参拝客がゾクゾクと続いています。
何処の神社があるのかもわからないのに、人に付いて行けば何とか到着するのでは\^o^/

画像


真っ直ぐな道だったら簡単ですが、途中の横道も屋台の列。
これではどの道が本線なのかサッパリわからず。
それでも動物的な勘でしょうか、間違いなく神社の方向に進んでいました。

画像


大きな熊手を担いだ人が来るので、ヨシヨシこの方向じゃわい
時々熊手を担いでいる方に出会うので、それを目印にしたらよい。


画像


神社の役員さんでしょうか、一帯の行列に出会う。
法被を着て提灯を持っているので、何かをふれているようだ。

画像


鷲神社例大祭が正式名称でしょうか、提灯にはそう書いてあった。


参道の手前から、沢山の熊手が飾られている。
大きなものから小さなものまで、青竹に指して飾り付けてあるが、幾ら見ても値段が書いてない。

画像


どうも値段はあってないもんやなあ
店と客の呼吸一つで決まるようだ。


この熊手は縁起物。
商売繁盛を願うもの、家族の安泰を願うもの、受験の神さんも頼みまっせと願うものなど、まあ色々おりますわなあ。

画像



客と店が値段を合意すると、熊手を渡してくれる。
その時手拍子を打ちながら、お祝い事の台詞を囃してくれる。
これが妙に面白くて聞いていたが、何を言っているのかよくわからない。

画像



このやり方は関西で言うと、今宮戎のやり方と一緒。
1月9,10,11日と3日間行われる戎祭り。
えびっさん(えべっさん)は商売の神様として、関西では超有名人
9日の宵戎から、10日の本戎、11日は残戎として商売人は神社に足を運ぶ。


商売繁盛 笹持ってこい

こうして歌いながら客を煽る。

この恵比寿神社は普段は殆ど参拝客がいないのに、この3日間だけで一年間の食っていくだけの賽銭が集まる。
一番美味い商売人は、実はえびっさんですわ。\^o^/

画像


行列の最後は本堂にお参りするらしい。
その手前で神官達が次第の上に登って、清めてくれる。
どうも参拝客はこの下をくぐる習わしのようだ。
大勢の人がひたすら順番待ちをしている。

しかしこの神官たち、一晩中振り続けるのか?
大変な仕事でっせ。

画像


そのあと最初の写真の提灯の門をくぐり、警官が人員整理して事故の内容にしていた。

画像


この場所が最終地、本堂にお賽銭を放り込んで、今年も無事だったことに感謝するようだ。


画像


大阪の戎さんでは福娘と言うけれど、この神社ではどういうのかな?
福娘に選ばれること自体、大阪では名誉なこと。
福を授けてくれる女性でっせ。
浅草さんどない呼んでおられまっか?

画像


人の流れは一方通行。
此処を過ぎると外に出られる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
風さんおはようございます♪
れんちゃんで浅草 嬉しいですね〜
夕べ浅草に泊まった気分(・O・)/
昨日のblogでお腹イッパイになったから
今日は御賽銭箱までたどり着かねば。

大きな熊手ですね見ただけでご利益
ありそうだ。口上というか、御囃子というか
あの掛け声と、大勢の手拍子欲しさに
買っちゃうんですよね。

流石浅草規模が違うな〜♪

sayuri
2006/11/10 08:52
sayuriさんおはようさんです。

買い手と売り手の値段の掛け合い
値段交渉が成立したら、この威勢のいい拍手とお囃子。
これを聞きたいがために買うらしいですね。
最初の年は小さいものを買って、段々大きいものにしていく。
見ていても楽しいですよ。

実は酉の市を見た後ほろ酔い気分で、浅草六区に行ったんですわ。

ピカピカネオンに誘われて、入ったお店でなんとワテの黄金の右手が炸裂!
チンジャラ〜チンジャラ〜

ホホホのホですわ。

今回の旅のホテル代が浮きました\^o^/

この話は後半にも続きます。
風の旅人
2006/11/10 10:15
浅草にはいったことがないのですよ。
今年修学旅行で浅草に行った孫に「おばあちゃん行ったこと無いの?楽しいところだよ」と言われました。「今度連れてってあげるね」といっていたからつれてって貰いましょう。
話には良く聞くのですがねえ。
s・s
2006/11/10 11:59
s・sさんも旅行好き。
なのに浅草を知らないのですか。
コリャ珍しいなあ。

最近浅草に吉本の舞台が復帰しました。
復帰と書けば?となるでしょう。

浅草に吉本が進出したのは50年以上前。
その後関東の芸風とあわなくなったようで、引き上げたようですが、50数年ぶりに復活したニュースが飛び込んできました。

浅草は芸人が育った場所として、結構有名人を送り出しています。
寅さんの渥美清も、ストリップ劇場でコンとをしていたのは有名な話。

今も浅草六区を歩けば、当時活躍した芸人さんの似顔絵が、街頭のポールに飾ってあります。

浅草寺にも近く、お参りと見学には最適な場所ですよ。
風の旅人
2006/11/10 12:36
風さんこんにちわ浅草寺が近いんですか? 浅草寺は行ったことがあります
人形焼きを買ってすごくおいしかったの覚えてます。酉の市は楽しそうですね、酉の市は行った事が無いので行って見たいですね(^−^)
今宮戎も行った事無いです、でも主人は毎年行って金太郎飴(こんな名前だったかな〜)買ってきます。いまだに 何故? (^−^)
なもないこ
2006/11/10 16:56
浅草駅で降りると浅草寺は500m位の距離。
酉の市のある鷲神社は方向が違いますが、やはり500m位の距離です。

浅草駅に行くには、地下鉄など幾つかのルートがありますので、何処から乗れば楽かは、お調べ下さい。

大阪には今宮戎、北の天満宮、住吉神社など有名な神社がありますが、大阪人でもこの3箇所に行った人となると、果たしてどのくらいいるかなあ。
意外と少ないですよ。
そう言うワテもこのブログを作ることになって、ようやく行った有様です(゚_゚i)タラー

金太郎飴を未だに買う謎?
恐らく子供の頃に食べた飴が、余程美味しかったのでは。
それで見るとつい買いたくなってしまう\^o^/
風の旅人
2006/11/10 17:12
こんばんは
有難うございました。おおとり神社と覚えていましたが。
記憶があいまいです。なんでもないときにお参りにいき酉の市のときは凄い人出だと聞きました。行ったのは浅草寺の境内かと思いました。
i&i
2006/11/10 19:42
浅草 懐かしいです。酉の市には何回もも出かけました。三の酉の年には火事が多いと云われていますが、今年はどうなのでしょうか。
いしけん
2006/11/10 21:15
i&iさん 今晩は
大鳥神社の名前がつくだけでも、たくさんありますね

神社は何処も普段は少ないと思いますよ。
縁日があるとドッと人出がありますね。

また何時か足をお運び下さい。
風の旅人
2006/11/10 22:26
いしけんさんお久しぶりです。

酉の市の常連さんですか。
それはお見それしました。
何回も行こうと思う気持ち、よくわかります。
あの雰囲気は宜しいなあ

3の酉は火事が多い年との、言い伝えがあると書いていますね。
熊手を売る店によっては、火の用心のお札を貼るらしいですね。
この辺りが憎い演出でっせ。\^o^/
風の旅人
2006/11/10 22:29
こんばんは、風の旅人さん
ふゎぁ〜い、各店先に飾られた熊手の色々、いっぱいでオドロキですね。
それにしても、一方通行ということはUターン禁止??造幣局の通り抜け状態なのね(^―^* )フフ♪
harusika
2006/11/10 23:00
harusikaさん今晩は

一方通行は最後の所だけ。
神官が御祓いしているところから、賽銭箱までは人で一杯。
その間は整然と並んでおられました。
その中入って並んだら、抜け出せない状態です(笑)
それ以外の場所では大丈夫です。
風の旅人
2006/11/10 23:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浅草・酉の市 その2 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる