心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄平和ツアー その11 水は誰のもの

<<   作成日時 : 2006/11/25 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像




先ず冒頭から質問です。
このダムの水は誰のものか?
この答えは教えると、そんな馬鹿なと言う声が出るのでは。

このダムの建設は米国民政府の付属機関である、琉球水道公社が計画、東村の協力で完成しています。
工期は昭和44年から始まって、完成したのは昭和49年です。


沖縄が本土復帰したのは昭和47年5月15日。
工事途中で日本側に引き渡されました。

そして現在では、沖縄にはダムが幾つも完成しており、水不足の懸念
は少しはマシになったようです。

さてこのダムが出来るまで、市民の暮らしに水はどのような位置づけにあったのか。

画像




ワテが初めて沖縄に行ったのは、復帰の前年昭和46年でした。
すでにダム工事が始まっていた頃です。

当時の市民生活の中では、水はとても貴重なものでした。
朝起きて水道栓をひねっても水が出ない。

どうしてと聞くと、ただ今48時間断水中だって。
水が断水?
断水という言葉なんか、ワテのこれまでの暮らしの中では、使ったこともない。

画像



滋賀県生まれだけに母なる琵琶湖があったし、家はポンプだったが汲み上げれば幾らでも水が出た。
大阪に出て来てからも、琵琶湖のお陰で水では苦労をしたこともない。

沖縄での断水は初めての経験でした。
前日から汲み置きした水を洗面器に入れて、この一杯の水で歯を磨き、顔を洗ってくれと言う。
アチャ〜垂れ流しも出来ないがな。

沖縄の当時の水事情は、24時間断水、48時間断水、72時間断水なんて、日常茶飯事の出来事でした。
市民生活は水不足に嘆いても、どないも出来ない状況だった。

今ならコンビニで水が「売っている」が、当時は水を売るという概念もなかった。

しかし那覇市内から一歩郊外に出ると、そこは広大な米軍基地。
広々とした敷地には軍家族が住んでいる住宅があり、そこでは緑の芝生にたっぷりの水を撒く姿が見られた。

「ここには水があるやん」

市民生活には48時間断水を押しつけておいて、米軍基地では芝生にたっぷりの水を撒く。
この水があったら、どれほど市民が助かるか。

この矛盾した暮らしこそ、沖縄の実態だった。
沖縄の水の管理は100%米軍が握っていた。

水は沖縄県の管理下じゃなかったわけだ。
ここに問題の根元があった。
この矛盾した制度が、長い苦難の歴史でもあった。

画像



この福地ダムも最初は米軍管理下で造られたが、復帰に伴って県に管理を任されるようになったが、今尚米軍に優先順位は変わっていないはず。

沖縄には高い山もなく大きな川もない。
それだけに降った雨も直ぐに海に流れてしまう。
そこでダムを造って貯水するしかない。

画像


北部の山は原生林がないと先にも書きましたが、沖縄の歴史が木を伐採する歴史でもあった。
江戸時代に薩摩が琉球に侵入してきたときに、家を焼き払っています。

そのため住民は木を伐採して家を建てたわけで、大きな木はそれでなくなった。
先の大戦でも米軍の爆撃ですっかり焼き尽くされて、又しても住宅不足が起きた。

木が大きくなるには200年300年の歳月を要します。
沖縄の歴史は、戦の歴史と言っても過言じゃない。

画像
 この写真はお借りしました

水一滴の大切さは、沖縄の人達はよく知っています。
本土から来る観光客は、毎年600万人だとか。
県の人口が130万人くらいですから、人口の何倍もの人がやってきて、ホテル等の水は垂れ流しにしてしまう。
これではダムを幾つ造っても追いつかない。

そう言うワテもつい水を出し放っなしにしてしまうが、気がつけば思わず栓を止めてしまう。
日本人は水はタダと思っている世界に稀な国です。
一人一人が水の大切さを認識して貰えれば、水事情はもっと良くなるはずです。

今回の旅は水の大切さを教えてくれましたね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだか凄く勉強になりました。
沖縄に旅行に何回か行った事がありますけど
こういった歴史認識を忘れてしまってます。

親父に沖縄に行くんならこの様な沖縄の歴史
も見て来いって言われたのを思いだしました。

行くからにはこういった所訪問するべきだと
思いました。
horus
2006/11/25 23:18
horusさん今晩は
沖縄の歴史や生活実態など、行くたびに発見があります。

この福地ダムには近くまで来ていても、立ち寄ることもしませんでした。
今回初めてジックリ見る機会があり、沖縄の水事情の歴史については、それなりに知ってはいましたが、この旅行で系統的に繋がりました。

上辺だけの観光でやってきても、こうした問題には目をふさいで通り過ぎるだけですね。
風の旅人
2006/11/25 23:35
風さん
沖縄平和ツアーは読ませて頂くだけでも沖縄の歴史を知り住民の容易でない暮らしを思います。ただの観光旅行では申し訳ない気がします。以前泊まったホテルにプールがあったのを思い出しました。
水も使えば使用料金が掛かるし下水料金も掛かります。ジャージャー垂れ流す事もあって大いに反省しています。これでも昔都内の水不足を経験しているのです
がすっかり忘れていました。気をつけましょう。
i&i
2006/11/26 19:45
i&iさん今晩は

今回の平和ツアーでは、考えさせられることばかりでした。
つい見落としがちなことが、問題提起させられると、反省ばかりでした。

物見遊山の旅も宜しいけれど、こういった旅も本当に良いものでした。
風の旅人
2006/11/26 21:08
私は貧乏性なので
水でも電気でも節約しています
しかし・・・旦那は駄目ですね^^:

ダム 日本で村を潰してまでも作った方がいい
ダムって何個あるのでしょうか?って思う私です。
野沢菜っ葉。
2006/11/26 22:18
菜っ葉ちゃん今晩は
貧乏性の菜っ葉ちゃんがおらんと野沢菜家は破滅でっせ。
そんでいいのだ。

村をダムのそこに沈められた住民は、結局先祖代々続いた村から、引っ越さないと行けなくなる。
辛い選択ですよ。
必要なダムもあると思うけど、無駄なダムも結構あると思うで。
風の旅人
2006/11/26 22:50
風さんほんとに いい旅をされましたね。市の主催でこの様なツアーがあるなんて知りませんでした。
なもないこ
2006/11/26 23:20
なもないこさんが住む地域でも、こんなツアーがあると思う。
市の広報などを見ていると載っていますよ。
でも人気があるので、即日満杯なったと聞いています。

当市が主催する平和ツアーは、今回で5度目になると聞いています。
その内沖縄には2度目だったとか。
毎年行くようですから、次回も機会があれば行ってみたいですね。
風の旅人
2006/11/26 23:26
旦那はん、お久しぶりどす。
沖縄はあたいは、まだ行ったことが無いんどす。
さかいに、勉強になります。おおきに。
播磨は、瀬戸内海がコンビナートを作り。
綺麗な海が無くなりました。
でも、あたいのところは沢山の川があり
水には不充しとりまへん。
でも、前に旱魃があり生野ダムが空になり
昔の水底の村が出てきたことがありました。
しかし、ダムや護岸整備で生態系が壊れて
唯一揖保川は上流にダムが無くて、天然の
鮎が釣れます。美味しいどすえ。
お邪魔さんどした。
839
2006/11/27 00:17
839はん毎度でおます
自然は残さないとアキマヘンなあ

839はんの話を読むと、まさにその通りですわ。
綺麗な川が絶え間なく流れていたら、天然の鮎の遡上もあります。
そこで捕れる鮎は極上ものですなあ。

生野ダムの旱魃?
随分昔と違いますか?
ワテの記憶には残っていないなあ(゚_゚i)タラー

昨年の香川県の大渇水、早明浦ダムの水がなくなって、大騒ぎになったのも記憶に新しいが、水がなくなれば大変なことも事実。
上流の山の木を伐採したら、水飢饉になるのは当たり前。
自然との共存をうまく計っていかないと、段々住み辛くなりますなあ。
風の旅人
2006/11/27 00:25
命の水、そのことはよく分かっている筈なのに、
普段はなかなか実感として身に沁みません。
特に、夏場に各地の旱魃や断水のニュースを
耳にすると、たださえ暑苦しい時だけに、
なんだかドライフラワーになりそうな、
(そうです、我が身を顧みて)
とても辛い気持になります。
緑の豊かな北海道や熊本など、水不足がないと聞いています。
水と緑、この深い関わりを思わずにはいられません。

水と空気と自由は無限だと、ついつい思ってきたツケ、
それは、失われて初めて知る宝物ではないでしょうか。
レイ
2006/11/27 09:36
レイさん毎度でおます。
今日も天気が悪くて、カナイマヘンなあ

水については今回の旅で、ハッと思いつくことばかりでした。
命に繋がる水ですから、大切にする気持を忘れないようにしたいですね。

昨日マップを貼り付けました。
位置関係などを見るのに、参考になればと思って。
この地図で家の住所を入れると、航空写真で見られます。
兎小屋が丸見えになってしまうがな(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/11/27 12:31
風の旅人さんきついいやいい旅されましたね。お疲れさんです。ダムは好きじゃないですね。巨大な構築物の威圧感は自然には溶け込み様がありません。でも「水」に関しての役割は大きいんですね。ドライブで良く延々と続くダム湖沿いを走りますが綺麗の反面薄気味悪いですね。風の旅人さんのおっしゃるとおり「山」から「海」までの「水」の役割についてよ〜く考える必要があるように思います。私も子供のころ水と格闘(水汲み)した覚えがあります。^^;
じょうじ
2006/11/27 17:22
じょうじさん毎度でっす。

ドライブ好きのじょうじさんならではのコメントですね。
巨大なダムサイトを見たら必要な部分もあるけれど、長野県ではダムはもういらないと住民が言ったように、無駄な公共事業も各地にあるのでは。

水汲みの想い出があるのですか。
もしかして谷から水を運んできたとか(笑)
風の旅人
2006/11/27 17:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
沖縄平和ツアー その11 水は誰のもの 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる