心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 小江戸・川越 その1

<<   作成日時 : 2006/11/14 22:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

画像



川越は古い江戸の町が残っており、それを小江戸と言うらしい。
前から興味があって一度行く機会を作らねばと、今回の予定コースに入れてみた。

池袋からでも新宿からでも行けるが、今回は池袋から行くことにした。
池袋でコインロッカーに荷物を預ける予定が、すっかり忘れて気が付いたときは川越市駅行きの電車の中。

駅についてコインロッカーに入れようとしたら、バッグが大きくて入らない。
アチャ〜他にないがな(゚_゚i)タラー
しゃあないなあ〜重い荷物を引きずって見学するしかないかな

そうそう新宿から来ている本川越駅があった。
そっちの駅ならあるかもと僅かな期待をしたが、矢っ張り小さい。
こりゃ本格的に引きずるしかないなあ

交番があったのでコインロッカーを尋ねたら、大きなロッカーはないと言う。
何だったらコンビニで宅急便で送ったらどないや?
そうそうその手があった。
サンキュー
やっと荷物から開放されて、カメラバッグだけ持ってようやく見学開始。

川越の町は碁盤の目のようになっており、見学するにもわかりやすい街並みです。
今回は街並み紹介を3回に分けてお届けします。


画像


1回目は喜多院

このお寺は徳川家縁の品々が置いてあり、将軍家光誕生の間からのちね春日局の間が、この喜多院に残されている。

画像


客殿から見る庭は、流石に将軍縁の寺。
スケールが大きい。
しかし大きいけれど何となく落ちつかない庭でした。
それは紅葉には少し早くて、木々が雑然としているからなのか。

画像


小堀遠州の作と言われる枯山水にも、それが言えたなあ
まあ人の好みだから構わないが、京都などで見る庭とはチョッと趣が違った。

画像


境内には菊花展が催されており、大勢の感お参り客も来ておられました。

画像


五百羅漢が境内の一角にあります。
この羅漢さんは誰かの顔に必ず似ていると言われています。
どれがワテの顔かいなと探したが、そう簡単には見つからない。
どの顔もそれらしき人がいる。

画像


此処にも東照宮があった。
日光ほど煌びやかではなく、参拝客も殆どいないのは寂しい。

画像


この前に茶店があったので覗いてみたら、お婆ちゃんが営業していた。
うどんを頼んだらすぐに出て来たが、この早さは何やねん
大阪の立ち食いうどんと一緒の早さやんか。\^o^/
食べた味はまあまあだったけど、おばちゃんチョッと早過ぎるでぇ(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

川越には行った事がありますよ。
やっと行った所がでてきましたね。
小さな商人町でしたね。お江戸の時代の建物があった様に記憶していますが、もう10年近く前のこと他所の記憶と勘違いしているかも。
次回からの川越が楽しみです。
s・s
2006/11/15 08:53
s・sさんおはようさんどす。
川越には行かれたのですか。
それじゃ次回アップします、川越の街並みを楽しみにしてください。

江戸、明治、大正、昭和の建物がありますから、どの時代のものか考えるだけでも楽しいかも。
風の旅人
2006/11/15 09:48
風さん
お元気で飛び回って電車の旅も車の旅も楽しませていただいています。
郡山は夫の生まれ故郷です。安達太良山の頂上が見えるところまで兄弟姉妹でいき、黒松と紅葉の色の美しさにため息が出たのを覚えています。
郡山にお気に入りのホテルがあるとは嬉しいです。
川越も好きで行っていますが風さんの写真と説明を楽しみに待ちます。
i&i
2006/11/15 10:31
こんにちは
川越ではないのですが親戚があり喜多院に
連れて行って頂いた時は時間が過ぎてて
中を見る事は出来なく残念に思っていたのですが
此処で見せて頂くとは・・・有難う御座いました
虹はん。
2006/11/15 14:02
i&iさん今晩は
郡山は御主人の生まれ故郷ですか。
そりゃ余計懐かしいでしょう。

もう少し多めに写真をアップすれば良かったなあ
川越は間もなくアップさせます。
風の旅人
2006/11/15 22:43
虹はんコンチャ

親戚があるのですか。
そうなると行く機会もあるなあ

次回のチャンスに残しておいてや\^o^/
風の旅人
2006/11/15 22:45
いよいよ小江戸に入りましたか。。。
喜多院の五百羅漢では σ(^^)も自分に似たものを
探してしまいました。
でも、風雪に耐え歴史を刻んだ面々に 私ごときが
恐れ多いと 途中でやめましたわ・・笑

あらっ、観光地で早くて安くて美味い"うどん"とは
v( ̄ ̄)ラッキー!!
で、今回はおつゆに一言ございませんの??(爆)
シーちゃん♪
2006/11/15 23:18
シーちゃん似の羅漢さんなら、幾らでもありましたやろ。
人の顔を探すのは簡単だけど、自分に似たのを探しても、そう簡単に見つかりません。

このお婆ちゃん、うどんを茹がいていないのでは。
とにかく出てくるのが早かった。
味が濃うかったら言うてやと言われたが、あの早業には声もデマヘンで。
風の旅人
2006/11/15 23:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小江戸・川越 その1 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる