心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 大分・湯布院・風のハルカの舞台も・・・

<<   作成日時 : 2006/10/10 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

国東半島を一周する計画だったが、今宵の宿を湯布院に決めた関係で、数十年ぶりの湯布院を歩いてみたかった。

画像


それで早めに湯布院に到着したところ、ありゃまあ随分変わっておるがな。
湯布院駅も駅前の商店街もすっかり様変わり。

画像


上の息子が中学に入ったときから、何で親と一緒に旅行なんか出来るかいなと言って、息子一人来なかった。
仕方なしに娘と3人で九州旅行に来たとき以来だから、20年振り位かな?

それだけ来なかったら、そりゃ仕方がないか。
昔の温泉旅館の面影なんて全くない。
情緒溢れる佇まいって全く見かけない。
しもた〜泊まるんじゃなかった(゚_゚i)タラー

画像


昨年NHKの朝ドラ、「風のハルカ」の舞台になった湯布院。
それ以降にどうも観光客も増えているのでは。
とにかく平日なのに人が一杯おりまっせ。

画像



画像


駅前で記念写真を撮っているグループもいるし、馬車やレトルトバスの乗車予約は本日満員で締め切りだと。

コリャアカン
何処に行っても人ばっかりや。
しゃあない
人のいないところにでも行ったろやないけ。

画像


向かったところは駅前通から横に入ったところ。
「花の木通り」と看板が掛かっている。

画像


本来ならブティックなどで女性の買い物客もいそうだが、一寸お洒落な感じのレストランも、女性客は全然見かけない。


画像



画像



画像


オヤオヤ本通りから外れるとこうも違うのけ。
歩いているのはワテ一人やんけ。

画像


湯布院の町から見える由布岳。
ハルカでも盛んに紹介していたので、ご存知の方も多いと思う。
しかし由布岳は霧が多いので有名。
今日もガスがかかって、顔見せよらん。
しょうもない

腹を立てても仕方がないけど、結局帰るまで一度も頂上は晴れずじまい。

画像


駅の案内書を覗くと、ホームに足湯があるという。
タダかなと思ったら、ホンマやらしい商売しよる。
160円も取るやなんて誰が入るか。(゚_゚i)タラー

画像


商店街の足湯はタダやんか。
ホンマにスカンタコ

画像


駅の案内所では、風のハルカの撮影ポイントと書いたパンフレットを頂きまして、(笑)一応目を通しましたがな。
ワテもミーハーでおます。

画像


それによるとロケ地にはうさぎマークが記してある。
1,2,3・・・・18箇所もありました。
誰がそんなん見に行くかと言いつつ、由布岳の見える位置を探したりして(゚_゚i)タラー


金鱗湖と言う素敵な池が湯布院にはあります。
20年前に泊まったホテルがあったはず。
どんな感じなのか行ってみると、ありゃりゃ
跡形もなく様変わりしすぎている。

画像


金鱗湖の人の喧噪も聞こえない裏側に、木々に囲まれた御茶屋を発見。
少しお茶でも飲んでいくか。

ホホ〜ぅ
美人の女将さんがおるやんか\^o^/
一枚写真を撮りたかったが、残念ながら写真なし。


あの樹木で被われた金鱗湖は何処に・・・
全然アリャせん。
渋谷ではないかと思う程や。

画像


アホらしゅうて、立ち寄る気も起きなかった。
湯布院のイメージがすっかり変わっている。
若い人にはこれでも良いかも知れないが、中高年の旅人にはちょっとなあと言いたくなるなあ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
リアルで疲れ、バーチャでも疲れてたら意味ないですよね。

こんばんは。
湯布院に限らず、旭川や富良野等にしても少しテレビやドラマの
撮影などで話題を集めたら、金儲けの舞台になる。
なんか、世知辛い世の中ですね。
風情どころではない。
阿蘇、黒川も地元の人間が行かない理由も、そこらにあるんでしょうか?
温故知新の心を日本人はもう一度思い返す必要があるのではないでしょうか。

今日はあまり具合がよくありません。
非常に嫌な気分です。
ロムは暫く遠慮させて戴きます。
風のおじさんの場所が、一番心が癒されます。

失礼します

2006/10/10 23:41
ホンマホンマ 全国で有名なところは、観光地化されつつあるなあ
ご指摘の旭川、富良野しかり。
都会と変わりませんで。

黒川なんか真っ昼間から、人人人の列。
確かに温泉手形が人気を呼んで、沢山人が来ていますが、ゆっくり温泉を楽しみたい方には不向きでしょう。

今日は気分が悪いのですか。
そう言うときは早めに寝ることやなあ
昨日の徹夜と今朝の事故、疲れているんやで。
ゆっくり寝るしかないなあ

お大事に。
風の旅人
2006/10/10 23:58
追記です



世界遺産に登録された北海道知床に昨年向かいました。
ドラマ「北の国から」の舞台ともなった羅臼の町もそうでしたが、
観光シーズンと云う事もあったのでしょう。
羅臼の町から車で、5分ほど走ると右手に知床連山羅臼岳へと
繋がる登山道の入り口が見えてきます。
羅臼岳にも、登頂しました。
身体が万全ではない為、死をも覚悟する程辛い山登りとなりましたが
おかげさんで、良い写真が撮れました。

しかし、周囲の町も・・・自然も様変わりしていました。
世界自然遺産?
道内の新聞にこんな記事を見ました。
世界遺産に登録された反面、観光客の急増によるゴミの増加問題。
または、モラルのない観光客による海岸や立ち入り区域制限地域への
無断侵入による自然破壊・・
地元の一部の方々が潤う反面、昔から自然と共存してきた方々との
間で問題化しているようです。
何か、難しい話になりそうなので、この辺りでやめて置きますが・・
上記に記載した通りの意味ではないか?
と疑問、提案する今日この頃であります・・。

以上

2006/10/11 00:06
これから、仕事で支店に行きます・・
きっと、僕は仕事に殺されるのかも知れない(なんちゃって)
風さん、ご心配なく。薬は飲んでます・・
風さんこそ、お体を大切に。
何時までも、不死身ではないですよ・・

では、また

失礼します

2006/10/11 00:11
世界遺産もゴミの山。
富士山を登る方が置いていくゴミだけでも、年間凄い量だと聞いています。
その為に富士清掃登山なんてタイトルを付けた、登山が組まれます。

人間は自然との共存は無理なのかなあ
これだけ今ゴミ問題が騒がれているのにです。

環境破壊が進めば、元に戻すのは至難の業。
一人一人がしっかり守らないと、取り返しの付かないことになってしまう。
本当に指摘されるように、大切なことやなあ
風の旅人
2006/10/11 00:13
ありゃりゃ

こんな時間に呼び出しかいな。
黒はんホンマに身体壊しまっせ。
死んだらアキマヘンで。
風の旅人
2006/10/11 00:19
今、帰りました。
どうにか、営業には間に合いそうです。

風のおじさん、ご心配なく・・
風さんじゃないけど・・僕も不死身なんですよ。
ま、時々もういいや・・と、思うときもありますけど。
人生、山あり谷ありですよね!
旅も同じですよね!
風さんも記事のアップや旅・・私生活もと、大変ですが・・
あまりご無理なきよう、たまには休養もなされて下さいね。

では、少し休みます。
失礼します。

2006/10/11 05:11
黒さんお疲れさん〜
深夜の呼び出し、大変やなあ
支店が朝イチから営業できないと、困りますわなあ

さぞや疲れておりまっしゃろ
ゆっくり寝てや。

ワテは事故との関係では不死身でっけど、病気には用心してまっせ。
可笑しいなあと思ったら、直ぐに薬を飲んで早めに対処しまっせ。
何せ病気には恐がりでっさかい。
風の旅人
2006/10/11 08:22
風さん(=^-^=)ノ オハヨ♪
私は10年ほど前かな?行った事ありますよ!!
まだ、ゆっくり散策できた頃ですね。
金鱗湖も主人とゆっくり歩きましたよ(^ー^* )フフ♪
似顔絵を描いてくれるおじいさんがいて『描いてほしいな〜』と言うと『いいやんか、止めとき!』と言われました。
バス旅行だったので時間が無くって残念でした(ーー;)
風さんの大阪弁??面白いな〜〜ヾ(*^▽^*)〃
ぷー
2006/10/11 08:50
ぷーさんおはようさん

10年前にはのんびりとした雰囲気だったんだ。
今はすっかり変わりましたよ。
日本的な温泉街のイメージはなく、四角い建物ばっかりになっている(゚_゚i)タラー

変な大阪弁というか、ちょっと期待外れの湯布院に、怒りの言葉を発しております。

バスツアーは時間に追われますからね。
ここだけはゆっくり歩きたいと思ったら、個人ツアーしかないですね。

似顔絵を描くおっちゃんの商売邪魔せんといてや。
それで飯食ってんねんで。(笑)
風の旅人
2006/10/11 09:05
掲示板で遊んでばかりでは進級(なんのやろか?!)させないって
叱れそう。真面目にやれっ、とは心の声?!
湯布院は、昔は鄙びた湯の里でした。
国民宿舎しかなかった時代に、貧乏な学生だった私達は
夏休みの旅の途中で立ち寄りました。
「なーんもなかねぇ...」と言いながらも、
その雰囲気が気持よくて、身も心も染まりそうな
緑深い夏の湯布院で一日を過ごしました。
朝、散歩してたら、深い霧の中からめぇ〜〜〜っと
いきなりヤギさんが現れて、きゃっと悲鳴を上げたこと、
ほんまもんのヤギさんは初めて見た若き日の私でありました。
はまゆう
2006/10/11 11:02
はまゆうさん 毎度でおます。

掲示板をやりかけると、1時間なんかアッという間ですよ。
填ってしまうと抜けるのが困難になってきます。

その国民宿舎由布山荘に泊まりました。
一人旅が気楽に止めてくれるのは、公営宿舎かビジネスホテル。
今回の旅では国民宿舎に二泊しています。

霧の湯布院と呼ばれるくらい、朝の湯布院は真っ白になるのでしょう。
山に囲まれた小さな盆地だけに、霧の発生が多いのでしょう。

高速を下りてくると、湯布院の町が一望できる場所があります。
そこで車を停めてと思うのですが、止めるスペースがない。
そこからの写真が一枚撮りたかったなあ
風の旅人
2006/10/11 13:39
風の旅人さんこんにちは。
ご無沙汰でした。
由布院(湯布院)私も20年位前に行きました。鄙びた静かな温泉と言うイメージでしたよ。最近そんなに人が多いのですか。TVに影響は凄いですね。
もう一度行きたいと思っていたけど人が多いのなら止めよ〜。
s・s
2006/10/11 16:29
SSさん今日は。
同じように20年前に行かれていましたか。
あの当時の面影を知っているのなら、今の湯布院は魅力が半減すると思います。
新しい湯布院がいいかどうかは、個人の判断にゆだねますが、山間の温泉街のイメージはないですね。

朝ドラとか大河ドラマの撮影が入ると、一躍観光地に早変わり。
宮本武蔵の時の大原町なんか、ブームになったのでは。
今もそのブームは続いているのかなあ
テレビの影響は凄いですね。
風の旅人
2006/10/11 17:15
湯布院はおしゃれな温泉地ですね。昔からの情緒は無くなったのかもしれませんが・・
なんでもお金が掛かるというのは厳しいですね。
はこふぐ
2006/10/12 08:46
はこふぐさんおはようさん

若い人にはお洒落な街ですよ。
昔を知る人には、ちょっと戴けません。

様変わりするのは仕方がないでしょうが、古い部分と新しい部分の共存、これが少し出来ていないかな?
風の旅人
2006/10/12 09:34
同じ湯布院ですが、すこし大分市
寄りに「湯平温泉」があります。

昔ながらのひなびた温泉宿があり
旅館から下駄を履いて温泉に入りに
行きます。
そのお湯の熱いこと・・・・
むつごろう 
2006/10/13 20:47
むつごろうさん 今晩は

湯布院駅から二つ目にありますね。
旅館から下駄を履いてですか。
そりゃ風情がありますね。

そんな話が分かっていれば、あぁ残念なり。\^o^/
次回のチャンスなんか、そうないからなあ
風の旅人
2006/10/14 01:25
はじめまして。検索でお邪魔しました。私はゆふいん人ですが中々手厳しい事を書かれているなと反省しつつ拝見致しました。確かにごもっともな事と納得もしています。そこでお断りなのですが、こちらの記事についての私なりの意見をブログに書かせて頂きたいと思います。当方、稚拙なブログですが言葉の至らぬ所の無い様書かせていただきます。大変一方的で申し訳ありませんがよろしくお願いします。
いっこう
URL
2006/11/02 16:01
いっこうさん いらっしゃい。

湯布院にお住まいですね。
あちゃエライこと書いてしまった(゚_゚i)タラー

チョッときつかったかな
まあこんな意見もあったんだと、胸にしまっておいて。

ブログを拝見しました。
今日の由布岳の姿が見られますね。
先日訪ねたときは、由布岳は恥ずかしいのか、顔を見せてくれなかった。
運不運もありますね。

ワテの記事についてですか。
どうぞどうぞやって下さい。
風の旅人
2006/11/02 18:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大分・湯布院・風のハルカの舞台も・・・ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる