心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 夕焼け空が真っ赤か 鳶がくるりと輪をかいた

<<   作成日時 : 2006/10/10 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

真っ赤な夕焼けを見て、夕焼けの写真を撮りたいと思って
おられるでしょう。

そこで参考にして夕焼けに挑戦してみてください。
使用カメラはCANONのEOS Kissです。
90mm〜300mmのズームです。
通常一眼レフと言われているタイプです。


画像


この写真はシャッタースピード500分の1 絞りは16 

この写真の欠点は次の写真と比較してください。
数秒後に撮っていますが違いが歴然としています。




画像
この写真はシャッタースピード500分の1 絞りは7.1

同じシャッタースピードですが、絞りが少ない。
つまり此処が大事です。


シャッタースピードはカメラのシャッターが開いている時間。
それに対して、絞りとは光が沢山入ってくるか、少なくするかの違い。
同じシャッタースピードなのに、光の加減でこれだけ色が違ってきます。

みなさんが使っているカメラは、このシャッタースピードや絞りが、自動調整しているタイプではないかな。
夜間撮影とか昼光など花を撮る時の近接タイプ、スポーツなど動きのあるものを撮るなど、そう言ったものは付いていると思います。

50,100.250,300、500などの数字があればシャッタースピードです。
5.6、8、11,16,等の数字なら絞りです。
そんな数字が付いていませんか?


画像

夕陽も沈んで少し暗くなってきました。
そこに飛行機が飛んできた。

この写真はシャッタースピード13分の1 絞りは20




画像

同じような時間帯の写真ですが、全体像を入れてみるとこんな感じになります。

この写真はシャッタースピード125分の1 絞りは7.1




画像

この写真はシャッタースピード8分の1 絞りは20
夕陽が落ちた明るい部分より、少し右側の六甲の山並みを狙っています。



同じ夕焼けでも、色違いが出ます。
シャッタースピードの違い、絞りの違いを色々試してみて、その日の夕焼けに合わせるしかありません。





画像

この写真はシャッタースピード250分の1 絞りは8









画像

この写真はシャッタースピード250分の1 絞りは5.6









画像

この写真はシャッタースピード250分の1 絞りは5.6








望遠で明るい部分だけを狙うのと、周りの景色も入れるのとでは、感じが全然違ってきますから、これも数多く取るしかありません。

さあ〜明日からみなさんも名カメラマンになれますよ\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんわ 久しぶりにお邪魔です。九州方面ご苦労様でした。
全部クルマでしたか…感服しますよ。
 ところで私のクラシック・カメラどこにあるのか探索中です。家内がポンコツ思うてどこかへ放りこんで出てきませんねん。
 昭和27年製造「ビューティ35」シャッター速度B−300分の1絞り3.3-22 シンクロ、タイマー付きで、遠景や接写などその都度合わせてましたが、標準は「春の晴天・人物像・感光度100使用」で、100分の1 絞り8ぐらいで、適宜加減したと思います。
 夏の海岸や冬の雪景は露出過多でよく失敗しましたよ。ピントはすべて目測…フイート単位でしたから、人に貸すと大抵の人はmと勘違いして失敗しました。
 ピントや諸元が合えば絶品が撮れた?でも大抵は「欠作」でした。
今のデジカメもう一つ得心いきませんので、探してみますわ。当時で七千円也 給料×個月分だったかな?
 いいお話ありがとさんでした。ブログは何とか…シネマ&ミュージック プラス日帰りお寺ツアーです。1
 
 では又ご教示下さい。
たそがれ
URL
2006/10/10 21:54
たそがれさん 御久っしぶりです。
まあコッチも行っていないだけに、スマンコッチャでごじゃります。

ただ今中日のウッズが満塁ホームラン打ちました。
これで決定やなあ
たそがれさんは地域的に、中日ファンですか。
滋賀にも結構ファンがいてるんとチャウかなあ

年代もんのカメラ、探さないとショックでしょう。
シャッタースピードが300というのは、当時としては優れものでっせ。
昭和27年で7千円。
すごい額やなあ

ワテも就職して数年後にニコンFを買いましたが、給料2ヶ月分くらいやったか?3ヶ月分くらい払いましたで。

そのカメラが今もありますが、オーバーホールをしないとダメでしょう。
もう10数年ニコンは使っていないなあ
子供の成長とともに、小遣いの方も減らされて(゚_゚i)タラー
写真どころじゃなくなりました。(笑)

デジカメは誰でも撮れて便利と言えば便利ですが、此処と言うときはそうさが結構ややこしいかも。
モニターがあるのでその都度確認できますが、月の表面等はちょっと見づらいなあ。
風の旅人
2006/10/10 22:14
夕日はいつ見ても感激しますよね〜。
何気に感傷的に〜(このσ(^◇^;) でも〜)

で、にわかカメラマンの気分になってパチリ!
でも〜〜〜┐(´ー`)┌

   一眼レフを買おうかな〜〜〜(*’▽’)

<zizi>
2006/10/11 05:29
ziziさんおはようさんどす。

夕陽を見ると郷愁を誘ういますね。
あの懐かしい風景と、幼い頃の想い出が蘇ります。
そこには何処にでもあるような田圃のある風景ですよ。

マンションから見る朝日、夕陽は見えるのかな?
そう言ったものを撮るときは、デジカメでしょう。
何でも写ればいいと言うのなら、安物のデジカメで充分ですが、此処一発これはと思うときは、ちょっと良いのが欲しいなあ\^o^/

ワテは通販で型は古いけど、望遠レンズがセットになったものを買いました。
標準レンズでは、お月さんや夕焼け空を撮るのには、迫力が違います。
風の旅人
2006/10/11 08:19
ここに引っ越して来たのはちょうど今頃でした。
晴天が続いて、夕陽がそれはそれは綺麗でした。
夕食の支度の手を止めては何度も何度も眺めました。
それまであんなにも明るく黄金に輝いていたお日様が
見る見るうちに山際に沈み、空の色が変わってゆきますね。
釣瓶落としの秋の日、小さい頃の心細いような、
寂しいような、そんな気持も想い出します。
「からすが鳴くからかーえろ」
家々の灯りや「ご飯よ〜〜」という
声が切ないようで、駆け足で戻ったあの日...

「今日も一日ありがとう。明日もまたどうぞよろしく」
そんな気持で見ています。
はまゆう
2006/10/11 19:02
見事な夕日ですね風さんの説明でよくわかります。
こんなに変わるんですねー
9日の日は万博公園で国際マーチングバンドを見てきました
素晴らしかったですよ、山野草展も見たかったんですけど 
時間がなくて帰りました。残念でした。
なもないこ
2006/10/11 19:05
はまゆうさん今晩は

台所の手を休めて夕陽を見てしまう気持、ようわかりますよ。
夕方暗くなってくると、何処の家でも母親の呼ぶ声がします。
ご飯だよ〜早よ帰ってきぃ〜
そうすると一人抜け二人抜け最後は独りぼっち。

まだ帰らぬ母を待ちわびるのって、なんとなく悲しかったなあ
風の旅人
2006/10/11 21:26
なもないこさん今晩は

写真を撮るときのヒントとして、頭に入れておくと失敗が少ないと思う。
それとデジカメは撮った写真を確認できます。
撮った直後にどんな感じなのか、見てみることですね。

目の前の景色の色と、モニターの色がそれなりにあっていればいいですが、全然違うときはちょっと工夫をして、対処してやると良くなると思います。

口で言うのは優しいけれど、実際はなかなか納得する色が出ませんね。

このページのトップの写真と2枚目の写真ですが、並べてみると矢っ張り可笑しいけど、1枚だけだったらまあいっかで納得してしまいます。
風の旅人
2006/10/11 21:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夕焼け空が真っ赤か 鳶がくるりと輪をかいた 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる