心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 恭仁京ってなんやろ

<<   作成日時 : 2006/10/31 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像


恭仁京(くにのみやこ)
この名前を聞いて、あぁあれかと気がつかれた方は、かなりの古代史ファンでしょう。
実はワテ しょっちゅう恭仁京のある、国道163号線を走っています。
入り口にはと書いた陸橋もありますが、この漢字が読めなかった。
勿論この名前が何を指すものなのか、全然知らなかった。

画像


今回初めてここを訪れたのは、この近くに海住山寺(かいじゅうせんじ)と言う鎌倉時代に建てられたお寺がありまして、拝観しに来た帰りにコスモス畑があったので、立ち寄った次第(゚_゚i)タラー

画像


海住山寺については次回にしますが、先ずは今回のテーマである恭仁京についてです。

画像

このマップはお借りしました

天平12年(740)〜16年にかけて、わずか4年間だけこの地に都が出来ました。
都を造営したのは聖武天皇ですが、この方どういう分けか都を転々と移動させている。

画像

このマップはお借りしました

何が気にいらんのか、奈良の都からこの地に遷都させた。
ここは奈良からも京都からも中間地点。
盆地だけに温暖な気候が気に入られたのか、木津川の流れを中心にして、恭仁京を作り始めた。

画像

恭仁京大極殿跡です。

画像

国分寺跡です。

何故ここに遷都を移したのかについては謎の部分が多く、理由も定かじゃない。
しかし僅か4年間しか都を置かなかったのには理由がありそう。

当時は疫病が蔓延しており、その対策として都を移したのかとも言われている。

画像


聖武天皇は4年後の745年に、離宮であった紫香楽に皇居を建てられている。
それが紫香楽の宮である。
その紫香楽宮も天平15年〜17年(743〜745)の僅か2年間だけの都でした。

画像


しかしこの間聖武天皇は何もしなかったかというとそうではなく、天平15年に大仏造顕の詔を発している。
生かし2年間の紫香楽宮であったため計画は頓挫して、その後東大寺で大仏が建立されることになる。

古代の都は持統8年(西暦694年)に橿原の藤原京で始まり、奈良の平城京に移った後、恭仁宮、紫香楽宮、難波宮、長岡京、平安京と続いて行きます。

画像


恭仁京が廃都になってしまい、その跡地には山城国分寺が営まれましたが、今では七重塔跡礎石が残っています。

画像


跡地の横には木造の恭仁小学校が建っています。

画像


校舎の横には大きな銀杏の木がありました。
銀杏の葉っぱもソロソロ黄色くなって来ており、間もなく真っ黄色に成る日も近いかと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん おはようございます!
写真で 分かり易く説明して頂いて
へー そうなんだ と興味深く 見せて頂いて
います。高校生と一緒にもう一度 歴史を 
勉強しようかな?
まさら
2006/11/01 06:25
まさらさんおはようさんです。

この時代は都が短期間で次から次ぎに移動していく、何が原因なのかは定かじゃありませんが、遷都をすれば莫大なお金も擁したはず。
当時の権力者は大変な力を持っていたようです。

その上で奈良の大仏建立や、全国に国分寺を建設させるなど、大事業も行っています。

ワテもこの恭仁京についてはよく知らなかっただけに、資料を参考にさせて貰っています。

自分の趣味と歴史の勉強ですから、面白いですよ。
風の旅人
2006/11/01 07:53
お早う御座います
何気に建っている石碑にも色んな歴史があるんですね
海住山寺は行ったことがあります
大分前なのでうろ覚えですが山の上にあり
夏だったけど涼しかったのは覚えています(^。^;)
虹はん。
2006/11/01 09:35
風さん、歴史や地理にお詳しいですね。
私は歴史さっぱりでして、地形も覚えられずに
山の名前なども良く見ていても分らないまま
少しは覚えて、ブログで詳しく説明が出来れば良いのですが
どうも、色んな事を覚えるのが苦手で・・(-_-;)。
又此方で勉強させて頂きます。
花咲か爺
2006/11/01 12:07
この字、読めなかった。。。
当て字?って言うわけでもないんでしょう?
字って本当に難しいね。。。

歴史も、字もここで勉強する事にします。




PAN
2006/11/01 15:55
虹はんいらっしゃい
海住山寺に行ったことがあるのですか。

狭い路地を車で走っていくと、お寺入り口にさしかかりますが、そこからの急坂がキツイ。

一度行きたいと灯っていたので、丁度いい機会でした。
この話は今夜にでも。
風の旅人
2006/11/01 17:21
花咲か爺さん今晩は

名前を覚えるのは、ワテも苦手でっせ。
特に花の名前は皆目や。(゚_゚i)タラー

その点花咲か爺さんはよくご存知ですよ。
いつも感心して見ておりまっせ。
風の旅人
2006/11/01 17:23
PANさん今晩は

この漢字はワテも読めませんがな。
こんな都があったのも、殆ど記憶にないなあ
日本史がこれではなあ、あの当時から履修科目になかったかな(笑)
風の旅人
2006/11/01 17:26
ここに来ると、いろいろとお勉強になります。
また一つお利口になった、あ、自分で言ってもダメかな。
すぐに忘れるけど、ま、いいかな。
知らないことを知ったり、すっかり忘れてた事を
記憶の箱の底から思い出したり、
ここに集うお仲間からもたくさん教えてもらって、
しかも、試験するぞとも言われないし、
極楽極楽。

さすがに、風の旅人さんの縄張りは
国のまほろばですね。
ちょっとそこまで、そんな感じで歴史と出会える
のですものね。
「やまとしうるはし」
レイ
2006/11/01 19:48
レイさん 今晩は

旅のブログですから、土地にまつわる話は色々な角度から捉えないと、直ぐに飽きられてしまいます。

時には美味しい話、時には綺麗な話、時には歴史の話、
そしてもう一つ、人との出会いの話もありますね。

旅にまつわる話では、みなさんからの投稿も期待しています。
是非ここで発表して欲しいですね。
風の旅人
2006/11/01 21:10
ココは、勉強になるブログですね、ほんと!
風さんって物知りですよね。。。
私の勉強不足に ちょっと考えてしまいました
なんせ、頭がパーなんで(笑)

冗談はさておいて
いつも、コメントありがとうございます♪
ちょっぴり元気になりました(^◇^)
もりちゃん
2006/11/01 23:48
もりちゃん 今晩は
風邪引きは少しは治ったのかな?
こんな時間に起きているので、治ったみたいやなあ

ここで勉強?
もう遅いでぇ(笑)

もりちゃんが元気になれるなら、幾らでもコメントくらい書きまっせ。\^o^/
風の旅人
2006/11/02 01:11
ありがとうです♪
勉強に 遅いってことは ありましぇーん
日々勉強だす(笑)
もりちゃん
2006/11/02 07:29
もりちゃん おはようさん

風邪引きは治りましたか?
無理しちゃアキマヘンで\^o^/

そやそや日々勉強ですわ。
もりちゃんもチャレンジ精神旺盛だから、試験合格してや。
そやけど歴史問題なんか試験に出ないので、余り覚えなくて良いぞ。(笑)
風の旅人
2006/11/02 09:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
恭仁京ってなんやろ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる