心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 極楽寺・琴と尺八の夕べ

<<   作成日時 : 2006/10/25 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


京田辺の外れに極楽寺というお寺があります。
このお寺を紹介するのは、実は二度目になります。
しかも同じ話を編集し直して、写真をふんだんに使って載せてみたいと思っています。
前回の記事は昨年の11月27日付で紹介しておりますので、そちらも参照していただけると幸いです。

画像


紅葉前線真っ直中の11月26日の夜に、この極楽寺で都山流尺八演奏会、第9回竹の響きが行われました。

画像


画像


ははは
夜のお寺というものは、余り気持のええもんじゃオマヘンなあ(゚_゚i)タラー

画像


本堂の前に和服姿のお嬢さんが二人、みなさんを迎えてくれました。
このお二人が住職の娘さんです。
横に墓があるけれど、この二人の華やかな雰囲気で、夜のお寺の怖さもこれで安心\^o^/

画像


狭い本堂には近所の人や演奏会のファンの方々など、徐々に集まり始めました。
演奏者を間近に見る位地に、ワテの飲み仲間がしめてしまったがな。

画像



画像


仏壇の前に琴を並べて、後は開演を待つばかり。


画像


住職の都山流尺八と、師弟の琴の演奏ではじまりました。
演奏曲目を貰ったが紛失してしまい、どんな曲を演奏したかはわかりません(゚_゚i)タラー

和尚さんがこの演奏会が出来たきっかけ、尺八などの説明をしていただきました。

画像


本堂の灯りを全部落とし、蝋燭の灯りが揺らめく中で、和尚さんの尺八の音が本堂に響きます。

画像


尺八の譜面です。

画像


画像


お二人の娘さんが琴を演奏してくれました。


画像


父娘の演奏。
こんな時はお父さんは幸せでしょうね。
羨ましい限りでおますわ。

画像


17弦の琴

画像


13弦の琴


画像


最後に三味線、琴のお師匠さんと住職の競演がありました。

京田辺の山の中にあるお寺で、このような幽玄の世界を聞けるなんて、思っても見なかった。
ワテの飲み仲間の和尚と、この極楽寺のお住職が懇意であったので、今回は招待してくれました。

和尚の話によると、これで何度か参加したと言っていたので、今年もまた演奏会があるなあ。
お誘いがあれば聴きたいものや。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
しまった一番だ
間違えて失礼しました。人違いです。私が出た後は塩まいておくれやす@
おっちゃんは色んな事(琴)知ってありますなぁぁぁ〜〜
度々お邪魔しても宜しゅうおますやろか(男は禁止)分かりました。
今からボツボツ仕事です。奈良市役所職員のように仮病使って休むわけにはいかんやろかぁぁ
西郷大盛
2006/10/26 00:48
一番乗りはお琴の先生に開けてあるのに。\^o^/

ホンマに性のないオッサンやなあ
男は書き込み禁止、これええなあ
明日から禁止や 禁止やでぇ

これから仕事って、アンさん仕事辞めたんとチャイまんのんか
牛乳配達にはチト早いでぇ。
風の旅人
2006/10/26 01:03
おはようございます。風さんの言われるように、
一番乗りは、無理の様ですね(笑)

巧く、迫力ある 楽器の様子が撮れていて、良い写真ばかり!
(なかなか長い琴17弦を巧く撮るのは至難の技)
前回よりかなりバージョンアップしていて、
大満足させていただきました。

☆黒さん御免ね!散々待たせて!!貴方の優しさは忘れませんよ!!!☆

箏や17弦アップは全部が入らなくて・・・


sayuri
2006/10/26 07:47
sayuriさんおはようさん

折角朝早く覗いて貰ったのに、1番を取れなかったね。
ネットの世界では深夜族もいるし、早朝族もいます。
覗きに来ないのは深夜の2時3時くらいかな(笑)

朝4時になると、猫に起こされたと言って覗きに来る方もいます。(笑)
ワテが朝起きてきてPC開けたら、いつも20人位が覗いていますよ。
それだけに普通に起きてきたら、まず1番は無理ですね。

17弦の琴ですが、名称は17弦の箏ですか。
箏の字を当てるのが正式らしいが、「こと」と言えば琴の字になってしまうなあ

17弦箏の写真は、弦と柱の美しさを表現したかったので、こんな風な撮り方になりました。
風の旅人
2006/10/26 08:22
また暫く留守にします。
何れ必ず戻りますので、ご心配なさらぬようお願いします。
おじさん、元気で。
それでは失礼します。

2006/10/26 18:20
黒さん また調子でも悪いのか?

とにかく身体が資本や。
ゆっくり治しや。

ここは何時でも空けて待っているさかい、養生第一やでぇ
直ったら戻っておいでや
ホナラそう言うことで。
風の旅人
2006/10/26 19:36
風さん お寺から聞こえて来る
琴と尺八の音色 風流で 良いですねえ
時間に追いかけられて せかせかした
世の中 たまには ゆったりと 琴や尺八
の 音色に 耳を傾ける 心のゆとりがほしいものです
ご家族で 演奏しておられる 写真ゆっくりと
見せて頂きました。 
まさら
2006/10/26 20:20
♪また会う日まで会える〜〜〜時まで
昔こんな歌がありました。モミアゲのおっちゃんでしたね。
此の場をお借りしまして一言
「おっちゃんアリガト♪(*'-^)-☆パチンでした」
世の中にはいろんな人がいますが貴方ほど素敵な人はいませんでした。
少し寂しいですが出入り禁止(゚_゚i)タラー と言う事ですので
これに手渡しのブログも閉店いたします〜黒ちゃん元気でな
尾崎清彦(?)
2006/10/26 20:22
まさらさん今晩は

たまにはこのような雰囲気も宜しいですね。
お寺での演奏会は最高やなあ
特に和楽器の演奏だけに、雰囲気にピッタリ。

このお寺は本当に山の中でした。
市内から離れており、人家も少なくて寂しいところでしたが、途中から人がぞくぞく押しかけて、最後は満員になりました。

今年もあればいいのになあ\^o^/
風の旅人
2006/10/26 20:30
旦那!旦那!
また閉鎖しまんおか。
ホンマによう閉鎖しまんなあ
まあ黒さんが帰って来るまでかいな。

閉鎖して直ぐに何処かで開店するんじゃオマヘンやろなあ。
風の旅人
2006/10/26 20:35
旦那はん、お久しぶりだす。
何とか生きとります(笑
お琴は、下の娘が中学の時部長をしてまして
姫路城で、お琴の演奏をしましたんや
着物着て、わが娘ながら、、、親バカやね。
しかし、爪が2万どすえ。高いがな。
ご心配かけてすんまへんどした。
お邪魔さんどしたえ。
839
2006/10/27 00:45
839はん お久しぶりやなあ
書き込みが出来るとなると、随分回復が早かったんやなあ

先日無事に終わったと書いてあったので、その内に顔出してくれるやろと、思もっとりました。

娘さんが琴を習っておられたのでっか。
えらい古風な趣味やなあ\^o^/

姫路城の庭に赤絨毯敷いて、演奏したんやなあ。
親ばかでも何でもカマヘンで。
やぱり晴れ舞台やもんなあ

爪が2万もするんでっか。
エライ出費どしたなあ(゚_゚i)タラー

まあ元気で良かったなあ
あんまり無理したらアカンでぇ。
風の旅人
2006/10/27 00:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
極楽寺・琴と尺八の夕べ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる