心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島県北広島町・ヘンテコリンな木もあったもんじゃ

<<   作成日時 : 2006/10/15 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


広島から中国道に出て、さらに千代田JCで島根県の益田方面に走ると、大朝ICがあります。
そこから更に山間に入ること20分ほどで、国の天然記念物「大朝のテングシデ群落」があります。

テングシデってナンジャラホイ!
最初は何のことだかサッパリわからなかったが、とにかく島根県のと県境に行ったらそれがあると言うだけ。

何か面白そうなので、雨の中を車で走っていった。
こういう場合はホンマに車って便利やなあ
思いつきでホナラ行ってみよかで、気軽に行ってしまえる。


さてそのテングシデがあるというのは、山の中。
熊も猪も何でも出そうな山の中。
小雨もようやく上がって傘もなしで歩けるが、矢っ張り山には傘はいるもの。
何時降ってくるかわからない。

画像


車を停めて杉林の中を歩くこと5分。
思ったより近かったので、内心ホッとするで。
テングシデの群生地に到着。

画像



薄暗い杉林を抜けると、群生地の辺りは少し光も射し込んでくる。
矢っ張り周りが開けるとホッとしまっせ。


画像


これがテングシデだというのはこれか。
一見枝垂れ桜のようだ。
しかし明らかに違うのはこの枝振り。
盆栽の松を見ている見たい。

画像



画像


枝振りが良いように鋏を入れて、枝をクネクネさせようとしたみたい。
自然にこのようになったという。

画像


そこで解説を読んで欲しい。
HPより参照してあります。

テングシデは枝條の屈曲が著しいイヌシデの変種である。
指定地内にある89本のうち最大のものは胸高幹囲が約3m、
樹高14mである。

近年の調査により、突然変異による形質が遺伝的に固定さ
れたもので、種子による世代交代が行われていることが明ら
かにされた。

テングシデに対する畏敬の想いや,木を損なう行為に対する
タブーなどから,この地で大切に保護され現在まで残されて
きたものである。

このような特異な遺伝形質を持った樹木の群落が残された
とは、学術的にも貴重である。

とまあそう言うコッチャ。

世界中で此処にしかないテングシデ
貴重な植物だけに、これからも残しておきたいものです。

帰りに立ち寄った道の駅
温泉も湧いているようで、風呂に入りに来た客も多かった。


画像


お腹も減ったので、地元の水で作られた豆腐を食べてみた。
これがメチャウマで、土産に一丁と思ったが、この日は豆腐屋が定休日とかで、売っていなかった。

画像


地元で採れた蕎麦が食べられるというので注文した。
冷やと温かいのがあるというので、一寸冷えた身体には温かい方がええ。
食べてみるとこれがなかなか美味しかった。

しかし今回の旅、アッチャにウロウロ、コッチャにウロウロ。
ホンマによう走りましたわ。
5日間、走りに走ってきた感じ。

行きたかったところも行けたし、満足な旅でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お早う御座います!

確かに予想不可能な御人ですね・・

まさか、広島からそっちへ行くとわ・・?

しかし、面白い木々ですね。

天狗シデですか。てっきり、天狗様にでもまつわる伝記でも
あるのかと、期待してたのですが・・・蕎麦で誤魔化されるとは・・
参った・・腹減った。さぞや、旨かったことでしょう(エエなぁ・・)
無事、ご旅行も済まれ一安心しております。
今後の記事も楽しみにしている事も去る事ながら・・
ご無理なきようボチボチされますよう心よりお願いします。
・・ところで、回天と天狗シデの繋がりは・・?
よー分らんなぁ・・
では、お風邪を召されませぬように。
失礼致します。

2006/10/15 08:38
黒はんおはようさん

迷走台風の如く、アッチャにフラフラ、コッチャにフラフラ
すんまへんなあ
何でもついでに行っとこ〜ですよって、こんな風になります。

このテングシデと天狗との関わりですか、地元ではこの木の登れば、天狗に投げられる。この木を傷つけると天狗の祟りを受けると言って、怖がらせています。
それでこの木を大事にするようになったのでは。

回天と天狗との関連付でっか。
まあ余り固いこといわんとこや(笑)

これまでにも沖縄の摩文仁にある平和の礎、鹿児島の知覧、長崎の原爆資料館、大津島の回天訓練所、尾道の大和の模型、広島の平和公園など見て回っています。
今回もその一環ですよ。

全国的に天気もいいので、何処かに出かけるようかなあ
風の旅人
2006/10/15 09:37
風の旅人さん
テングシデ、お初でしたよ。覚とこ、でも、すぐ忘れるだろな。
全国にはでっかい木があっちこっちにあるようです。
木には霊が宿るもの。
むやみに伐ったり傷つけたら祟る。
それが自然を大切にという考えになったのでしょ。
旅の達人、今度はどこへ?
風の吹くまま、誰が風を見るのだろう?

2006/10/15 10:45
漣さん3連発やなあ
宜しゅうおます。

国の天然記念物は数多いけど、こんな木は始めてみました。
最後の写真を見て貰ったらわかりますが、何でこんな風に枝が折れたように曲がるのか、不思議でっせ。
盆栽等では枝を切ったりしますが、自然界ではこんな風には成りません。

突然変異で一代限りだったらわかりますが、若木までも同じように成っています。

今度何処行くと言われても、小遣いも入りますから直ぐにとは行きません。
と言いながら、来月二つの旅を予定しています。

一つは能登半島、もう一つは沖縄。
両方とも妻も一緒です。\^o^/
2週続けての旅になります。
風の旅人
2006/10/15 13:59
可哀想な木。。。。
どうしてこんな風になっちゃったのかな?
自然なの?嘘みた〜〜い

このお豆腐って温かいの?冷たいの?
長男がお豆腐大好きなのよ、今これ見せたら
「うぇ〜食べたい〜〜」って言っていたわ。

来週作ってあげようかな?
PAN
2006/10/15 21:16
PANさん今晩は

この木はどうしてこんな風にクネクネするのかなあ。
それが不思議ですね。
突然変異ならいざ知らず、若い木までこのようになるのですから、不思議ですね。

豆腐は冷や奴です。
豆腐の豆の甘みがあって、とっても美味しかったですよ。
ただ限定販売のようでしたので、手に入りにくいですね。
風の旅人
2006/10/15 21:26
テングシデって 初めて知りました。
風さんは こうゆう珍しいものをよく探してきますね^^

国の指定も近年ですし 手元の本をめくっても
ない♪ない♪ない♪ まったく載っていませ〜ん(--;
広く知れ渡るには まだまだなんでしょうか??

で、自分用にρ(_ _*)メモしておきたいので 4枚目の画像を
頂いてもよろしいですか?? (門外不出扱いします...笑)

しかし熊でも出てきそうな所ねっ{{{++}}} ぶるっ
おいちゃんは 死んだふりしてもダメよ〜〜ん!!
見るからに美味しそうだ・か・ら ((((((へ(*><)ノ 
シーちゃん♪
2006/10/15 23:49
シーちゃん今晩は

シーちゃんでも始めて見たの?
へえ〜珍しいなあ

平成11年に国の指定ですからここ最近やなあ
ワテの情報網とチャイまっせ。
心ある人から大朝に来て、是非見て欲しいとのお便りを貰いまして、押っ取り刀で向かいましたんや。
何せ熊も追い剥ぎも出そうなところやで(笑)

写真好きにしてや。
何やったらワテも一緒にどないや、遠慮せんと持って
行っておくれやす。
風の旅人
2006/10/15 23:56
はじめまして
テングシデ来ていただいたんですね、ありがとうございます。
この樹は、地域の宝として守られてきたものです。紹介ありがとうございました。よろしければうちのブログで紹介させてください。
http://tengnosato.exblog.jp/
田原温泉 オンセンタロウ
2006/10/16 14:39
田原温泉 オンセンタロウさん 初めまして。
先日大朝に始めて伺いました。

当日は小雨が降る天気でしたが、テングシデまでの道は整備されており、安心して行けました。
文中一部不適切な表現があるのは、笑ってお見逃し下さい。

いつかもう一度天気の良いときに、訪問したいと思っています。
その時はあの豆腐を、もう一度食べてみたいなあ。

このブログで宜しければ、どうぞご自由にお使いになって下さい。
風の旅人
2006/10/16 14:51
早速に、ありがとうございます。
豆腐は「岩豆腐」と言います。豆腐の角で頭ぶつけたらケガしますよ(笑)
それから、あの奥山を「熊ノ城」と言います。ツキノワグマいますよ!
田原温泉 オンセンタロウ
2006/10/16 16:00
岩豆腐と言うのですか。
沖縄には石豆腐がありますが、岩の方が固そうやなあ(笑)
昔は豆腐を藁でくくって持ち帰れるほど、しっかりしていましたが、今の豆腐はそんなこと出来ません。

あの当たりを熊ノ城と言うのですか。
道理で熊が出そうやったがな
冗談で書いたつもりが、ホンマのことやったんや(笑)
風の旅人
2006/10/16 16:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
広島県北広島町・ヘンテコリンな木もあったもんじゃ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる