心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 山口・瀬戸内海・人間魚雷・回天があった島

<<   作成日時 : 2006/10/13 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像


門司から山陽道を約1時間半走ると、山口県の徳山に着いた。
昨夜はこの徳山に宿泊するつもりだった。

ホテルに電話を入れたら、平日なのに満室で宿泊できず、もう一箇所のホテルに電話したが、使われていませんだって。
オイオイそれはないやろ。

出発前にネットで調べた電話番号、確認電話を入れていなかったのが間違いのもと。
今更文句を言っても、誰も聞いていない。(笑)
しかたなしで昨夜は門司泊まりになった。

画像


その徳山港から直行の船なら20分、フェリーなら40分で着く、大津島に向かった。
10時発の出航に合わせて車を走らせてきたが、徳山市内に入ると渋滞に陥った。
時計は15分前。
アカン、10時に間に合わないかも。

港の近くまで来ても、フェリー乗り場がわからずウロウロ。
もうダメ、10時には乗れそうもない。
そう思った矢先にフェリー乗り場を発見。

画像


すぐに係りのオッチャンに車の駐車場を聞いた。
その辺に止めて置いて。
止めてと言われても、何処でもエエ分けじゃない。

時計は10時指している。
しかし出航する気配なし。
フェリーの入り口はパックリと開いたまま。

切符売り場はアッチやと先のオッチャンの声。
ワテの乗船を待ってくれるんやったら、こりゃ走らにゃなるめえ。
急いで切符を買って乗船したら、やっと船が出た。

サンキュー サンキュー
この次の船だったら1時間待ち。
お陰で助かったわ〜

画像


船は港を離れて沖に向かって走り出すが、矢っ張りローカルな船。
ノロノロ進むだけで、しっかりせんかいと言いたくなるスピード。
途中4箇所だったかな?港に寄港してやっと到着。

画像


この島には戦時中、あの人間魚雷の回天の訓練所があったところ。
この回天に乗ったが最後、敵艦に体当たりをして、撃沈させようと企てた秘密兵器。

画像


港を下りると船で一緒だった島のおばちゃんが、回天記念館に行かれるのですかと話しかけてこられた。
しばらく一緒に歩いたが、途中で別れて記念館の坂道に入った。

画像



地獄の石段と書いた看板があり、当時は大変な坂道だったのでは。
途中に真っ赤なニチニチ草が咲いており、あの日も同じように島に咲いていたのでは。
今は鎮魂の花として、訪ね来る人達に語りかけているのかも。

画像


開館前の道路には墓石が並んでいる。

全部で150ほどあるのでは。
一つ一つに出身県と名前が刻まれている。
この墓石の前を通りながら回天記念館に行くと、ありゃまあ(゚_゚i)タラー

画像


なんちゅうことや
本日休館日の札が。
何でやねん せっかく来たのに。ブツブツ(゚_゚i)

画像


しょうがない、開館の横に展示している回天をを見るだけや。
この大きさで16mもありどうも一人乗りみたい。
これで敵艦に体当たりをしていったんやなあ

画像


名前が刻まれた墓碑があったので見ていると、親子らしい3人の男性がやってきた。
一人一人の墓石に水を掛けている。
あぁこの方も戦友か、関係者を亡くされた方なのか。

画像


回天の発射訓練施設を見に行った。
島の外れにこしらえた訓練施設に行くには、このトンネルを通らねばならない。
昔は線路が施設されていたのだろう、2本の線路らしき跡が残っている。

画像


このトンネルを通って、発射訓練を重ねた青年達は、「愛国精神」を叩き込まれて散ってしまった。
しかし戦争は惨いなあ

鹿児島の知覧で見た若き特攻隊の少年達、そしてこの人間魚雷回天に乗って散って逝った840人余りの若き兵士たちに、改めて合掌。

画像



この島は細長い島で、港は幾つかあるようだ。
島には大津島幼小中学校がある。
幼稚園と小学校と中学校が併設している。

画像


小中学校というのは聞いたことがあるが、幼稚園が含まれているのは初めてや。
丁度授業中なのか、子供の声が聞こえてくる。

画像



お腹が空いてきたので、何か食堂でもないかと探してみたが、回天記念館が休刊日は、島の唯一の食堂も休みのようだ。
他になにか食べるものを売っていないかなと思って、島をウロウロ探してみるが何もない。
このお方埼玉から来た御仁。
やっぱりワテと一緒でお腹を減らした人\^o^/
何処にもこんなんがおりますわ


画像



公営施設には貸し自転車でしょうか、赤錆の出た自転車があったが、どうも動かすのも一苦労するみたい。(゚_゚i)タラー
ありゃまあ、コリャアカンわ。

画像


船着き場の待合室には、自動販売機が並んでいる。

画像



画像


タバコにビール、酒、カップヌードルとそしてショーケース。
その中で売られているのはタバコだけ。
後はコインが入らないように、ガムテープで封印がしている。

益々腹が減ってきた。
ジュースの自動販売機があったので、お茶を買ってそれで飢えをしのぐしかない。

画像


早く船が来ないかなあ
後2時間待ちや・・・・アヘアヘ・・・・・(゚_゚i)タラー

画像


港でイカを釣っている人がいたので、暇に任せて見ていると、オッチャンイカをヒットさせた。

あがってきたイカは、小ブリのイカ。
それでも元気に墨を吐きよる。
上手に上げないと、このスミ攻撃にやられてしまう。
2回の攻撃を交わしてイカは無事クーラーボックスへ。
今夜はあのオッチャンの酒のアテやなあ\^o^/

画像


腹が減って食堂がなくても、島を見学する時間はイッパイある。
段々畑の斜面に家が建っている。
登っていくと細い路地ばっかり。
これが生活道路なのか、隣の家に行くのもこの狭い路地。

画像


それでも上に登っていくが、結局食べ物屋はなかった。
ないとわかっても、矢っ張り探している自分が可笑しい。

画像



画像


古びた神社があったので、島の神社ってどんなものか覗いてみる。
長年海風に晒されており、神社も粗末な造り。
一寸変わった石灯籠や地蔵様もあったりで、暇つぶしには丁度ええ。


画像


漁の合間に船の手入れをしている、おじさんがいた。
ペンキを塗って船を大事にしているんやなあ
舟板一枚下は地獄だけに、日頃の手入れが大切なんや。

画像


そんなこんなでお腹の虫と格闘していると、船がやってきた。
出航まで1時間もある。
さっさと出航せんかい〜(笑)

叫んでも船は時間が車で動くわけがない。
しょうがない、船の中で横になっていようかな。

その時何やらザワザワする。
見ると担架に持った男達がやってきた。
その上にはお婆さんが寝てゴザル。

ありゃまあ急患やんか。
様態次第では船は直ぐに出るかも?
そう思ったけど、一向に出る気配なし。
何でや何でや、病気のお婆さんを運んできたんやろ。。
早く出んかいな。

画像


男達はお婆さんを担架に乗せたまま、何処に置こうか思案している。
横にするほどのスペースがない。
仕方なしに長椅子の前後を利用して、担架を渡している。

お婆さんは居心地が悪いと言って、担架の位置変更を要求している。
まあ意識のはっきりしているお婆さんじゃわい。

これだったら心配いらんなあ
どうやら病気というのは腰痛らしい。
急にぎっくり腰になったようや。

男達はお婆さんを置いて船から下りていった。
オイオイこのお婆さんはどないすんねん。
誰が面倒見るのかいな。
そう思っていたら、島の人でしょうか徳山に渡る人がいて、お婆さんと世間話を始めた。

画像


船は4つの港に寄港して、40分後に徳山の港に到着。
手配していた救急車に乗って、お婆さんは運ばれて行ったが、後はワテの腹ごしらえや。

フェリー乗り場のコンビニで弁当を買って、やっと落ち着いた。
この後広島に向けGO!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 その節はお世話さんでした
 「回天」も知覧や大和と同じく悲劇でしたね。お隣さんも物騒ですが、もうあんなことは二度と繰り返したくありませんね。
 旅人さんの足元へはとても及びませんが、最後の難関の第一番札所…那智山やっと悲願達成です。帰って少し寝て今頃から起き出しました。
 実はお笑いかも知れませんが、ハードで日帰りしました。
 正確には?ですが往復500キロ近くと思います。最短距離の大和経由でも片道220キロで、それよりもまだ遠いはずですから…
行きは伊勢有料道でしたが、帰りは起点で入り損ねて津まで一般国道で、津から伊勢道路と名阪経由で帰宅しました。
 ちなみに朝はスタートはAM6.15〈獅子岩で小休止) 那智 PM0.05  帰途は那智 PM3.15 (松阪で事故渋滞遭遇)津 PM7.40 帰宅 PM 8.55) でした。現地滞在3時間でもう帰りたくなりました。
 どっちも片道6時間ぐらいでした。
 11月末ごろに出雲ですが寒いですか??心配ですが…では…
たそがれ
URL
2006/10/14 02:02
たそがれさん おはようさんです。

人間魚雷なんて誰が考えたのでしょうね。
命の重みを知るなら、こんな無謀な計画を進めるはずがない。
でもそれが戦争なんですね。

ついに那智山青岸渡寺に行ってきゃはったんやなあ
満願ですやんか。
おめでとうさん。

このコースを日帰りだなんて、よう走りましたなあ
そうなると大阪より滋賀の方が、那智さんは近いなあ。

ワテの家から和歌山周りで那智山に行って、帰りは松阪周りで紀伊半島を一周したら700kmです。

11月の出雲だったらそんなに寒くないでしょう。
雪もまだ降りませんし、滋賀で言えば紅葉真っ盛り。
朝夕の冷え込みはあっても、昼間はそれほどでもないと思いますよ。

出雲大社、大根島方面ですか?
風の旅人
2006/10/14 08:25
お早う御座います。(いや、こんにちは?かな?)

徳山と来ましたか?フーム・・
と、すると・・次は、尾道・・広島(呉)辺りかな?
あの辺りは交通量も多く、結構渋滞も多いから気をつけて運転してね。
ま、今はバイパスも出来て利便はいいけど。
でも、バイパスは山の手・・
多分、おじさんの目的は海側・・
うふふ。
楽しみだなぁ・・
瀬戸内の夕日も綺麗ですよ〜
僕は、主に向こう側(四国側)から写真を撮りましたけど。
でも、さすが風のおじさん眼の付け所が違う。
徳山にそんな場所があるなんて・・
とても、良い勉強になります。
僕も行った気分になるのが不思議・・
いつも、楽しみにしてます。
ただ、気をつけて旅をして下さいネ
因みに、僕は熊本から大阪まで日帰りでした事があるよ。
昔々のお話。

それでは、また。

2006/10/14 11:05
黒さんまいど〜

この次でっか
この次は予想もつかないところや。

海は見たので山に入ったでけ。\^o^/
さて何処でしょうか。
風の旅人
2006/10/14 16:56
ほんとうに行き当たりバッタリの旅なんですね
男性だからその日に宿を取ればいいと思っているのかな?

レンタルの自転車?
まるでPARISみた〜〜い☆.。.:*・°

担架のお婆ちゃん。。。
風さんも40分以上このお婆ちゃんが気になって仕方なかったでしょう?

PAN
2006/10/14 17:22
PANさん毎度〜でっす

今夕陽を撮りに行って、帰ってきたところです。
今日の夕陽は大きかったけど、雲が肝心なときに邪魔をしました。
厚い雲だったので、陽が沈んでからの輝きもなく、全然でした。

旅の計画はそれなりに立ててませ。
ただコースが決まっても、右回りをするか左回りをするかはその時の気分次第と、今回のようにオフ会絡みになると、相手次第で幾らでも調整します。

その為には宿泊地も全部は決めずに、何時でも変更できるように余裕を持たせています。
PANさんのお呼びがかかれば、今夜にでも出発しまっせ。

お婆さんの様態がわからないときは、急病なんだから早く船が出てやればいいのにと思いましたが、単なる腰痛ですし、余り痛がってもいなかった。
そうなると此方も気持に余裕が出ますよ。

瀬戸の小島には無医村がかなりあるようで、急患が出たら本当に困りますね。

風の旅人
2006/10/14 17:32
先日(10日)人間魚雷、回天の「出口のない海」の映画のチケットが手に入ったので夫と見ました。夫の方があの時期、故障なんて当たり前、技術が未熟だったと映画にのめりこんでいました。無駄死にした若者もいたのでは・・・。
回天記念会館の道路に墓石とある写真を見て映画で泣けなかったのにジワーとしました。発射訓練施設残っているのですね。いいタイミングで写真を見せていただきました。
i&i
2006/10/14 21:40
i&iさん今晩は
映画「出口のない海」もう見られましたか。
回天を舞台にした映画ですね。
ワテはまだ見てませんが、是非見ておきたいと思っています。
港の休憩所にも、このポスターが貼ってありました。

この海を見て若者達は何を思ったのか。
純真な若者を死に追いやった責任、戦後の人間はしっかり見る必要があります。

戦後の平和教育を受けたはずの阿部首相の国会答弁、ホンマに腹立たしい思いがします。
反省のカケラもないですよ。
風の旅人
2006/10/14 22:11
人間魚雷・回天、、、ここで訓練された多くの尊い命も散っていったのですね。
特攻隊ばかりに目がいって 認識不足でした。

過日"男たちの大和"って映画もありました
今の若者に戦争というものを知ってもらう
ひとつの手段として 映画も有効かもしれませんね。

北からのシュミレーションをテレビでみていましたが
到達時間8分で いったい何が出来るっていうんでしょ
捨て身の金ちゃんは 想像したくありませんね(;-_-;)
シーちゃん♪
2006/10/15 00:56
シーちゃん 今晩は

回天も特攻隊みたいなものですよ。
海図一枚渡されて、そのまま敵艦にブチ当たる。
命令する方もする方や。
ホンマに尊い命を何と思っているか。

昨年は尾道に停泊中?の大和を見る機会があった。
巨大戦艦だっただけに、見ていても迫力がありました。
でもこの大和も一瞬にして、海の藻屑となってしまった。

戦争をやりたい人間は、死の商人だけ。
戦争があるところでは、死の商人達がそろばん弾いている。
新しい武器が出来ると実験したい、その為の実験場を世界に求めている。

金ちゃんも然り。
実験で得た知識を元に、武器を輸出して設けたいのだろう。
スイッチオンで8分後でっか。
何処かに穴蔵掘ろうかな(笑)
風の旅人
2006/10/15 01:25
風の旅人さん
こんな旅、いいなぁ、ふむふむ...
風の吹くままに。
ただ、空腹と闘うのはちと我慢出来かねるかも。
平和ボケしたと言われる今、
古〜〜〜いなどぞ言わず、
「ついこないだの戦争」のことも聞こう、と思った次第。

2006/10/15 10:37
平和ボケしていると言われる現在、こうしたブログで昔あった事実を少しでも書いておきたい、そう思っての旅でもあるんですよ。

今戦争の危機が叫ばれています。
北の金ちゃん問題を利用して、軍備増強を狙っている日本。
憲法9条の改悪をしようとしています。
何もかもが起きてからでは遅すぎます。
今しっかり見つめる必要があると思いますね。
風の旅人
2006/10/15 13:53
はじめまして^^
大津島を実家とするわたしです。

観光の方はいつも感じられるコメント、ありがとうございます。
しかし、高齢化と市の財政難でこれ以上どうにもできない状況の
限界集落です。  それがよかったりもして^^という島・
と見ていただければうれしいです。

梅雨の今、どこをお楽しみでしょうか?

「大津島 馬島・平家踊り」があります。
あの平家の落人を弔う歴史ある盆踊りです。
下関の平家踊りとは趣異なり、どっちが好きかはそれぞれのお好み。

お盆、自由な方は是非、一緒に踊りませんか??
まってま〜〜す^^
カモメのおばさん
2010/06/18 22:25
カモメのおばさん〜ようこそお越しやす。

大津島に実家があるのですか。
もしかしたら写真に家が写っていたりして。
大津島に回天があることを教えていただいたのも、この島の出身者の方でした。
いいところだから是非訪ねて欲しいと言われ、九州からの帰りに立ち寄りました。
農業村には高齢化が進み、どこも限界集落になっていますが、故郷の風景はいつまでもこのままでいて欲しいと思う反面、島活性化の望みもあるわけで、若い人たちを呼び寄せるには魅力ある島作りが求められます。

梅雨の時期はだいたい家にいます。
紫陽花を見に行きたいと思っていますが、なかなか暇が見つからず困っています。
風の旅人
2010/06/18 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山口・瀬戸内海・人間魚雷・回天があった島 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる