心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 関門海峡

<<   作成日時 : 2006/10/12 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


めかり山荘で一泊、目を覚ますと朝日が昇ってきて、関門の朝がはじまる。


画像



画像


今日も一日快晴になるだろう。
真下に門司の町が見え、行き交う船も見られて、ロケーションとしては最高や。

画像



下関と門司を結ぶ関門海峡は、潮の流れが速いので有名です。
潮の干満時は川のように流れています。
行き交う船を見ていても、潮に向かっている船は進んでいるのかなと思えるほど遅く、逆に潮に乗って進む船は、アッという間に通り過ぎて行く。

画像



この流れは国内では3番目の早さ、1番目は鳴門海峡、2番目が来島海峡。
鳴門海峡は確かに潮が流れる時、波打っていたなあ。

1日の通行量はどの位あるのか調べてみたら、最近の調査によれば1日約650隻も通過するらしい。
この海峡の幅は航路としては500mしかない。
そこにこれだけ通行するんだから、見ている間にも数隻通過していく。

めかり公園から九州自動車道路を見ると、行き交う車が小さく見える。
この海峡に実はトンネルが2つあります。
一つは国道2号線が海峡の下を走っている。

画像


もう一つは人が歩けるようになっています。
九州自動車道の真下にあるは、和布刈神社(めかりじんじゃ)がありますが、壇ノ浦の合戦前夜、平家一門が最後の酒宴を開いたといわれる神社がありますが、正月の海に入って、ワカメを採取する神事が有名です。

画像


その目の前に海峡トンネルがあります。

画像



画像


原付バイク及び自転車は20円、歩行者は無料です。
エレベーターで下りてみると、明るいトンネルですから、安心して渡れます。

さて今日は山口県のとある小島に行く予定。
どんな島か、乞うご期待の程を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。★キラ!
関門海峡は、渡ったことがないです。
九州に行く時は、飛行機なので・・・
4枚目の「門司の町が見える、ロケーション」、
如何にも海峡って感じで、良いですね!! ヽ(^o^)丿ワ〜ィ!!
めざまし時計
2006/10/12 20:03
こんばんは〜〜
文章能力のないPANです(:_;)

風さんの所でみた鳴門海峡は凄かったわね〜
で、ここが三番目なんですね。

なんか40歳になってからなんだけど
海とか山とか怖くなってきちゃったんだよね

祖母がよく怖がっていたけど
その時は「なんで〜〜大げさ〜〜」って思っていたんだけど
年だわ。。。

来週主人と山梨にぶどう狩りやハーブ園など行って来ます
沢山画像撮ってくるね、今度は慌てないでユックリ考えて記事にしますね。

PAN
2006/10/12 20:11
めざまし時計さん今晩は
秋田から九州に来るのは、飛行機ですね。
福岡に着陸したら、先ず来ることはないかも。

海峡大橋の左方向に巌流島がありますが、写真では一寸わかり辛いかな

門司港はレトロな町として、今脚光を浴びています。
ご指摘の写真は、その当たりを写しています。
何かのおりに関門に来るときは、是非一度お立ち寄り下さい。

風の旅人
2006/10/12 21:26
PANさん 今晩は
無理言ってスンマヘンなあ(゚_゚i)タラー
文章はグッと読みやすくなってますよ。\^o^/

海峡を通る船を見ていると、全然飽きません。
深夜ボケッと眺めているだけでも最高です。

この年になると海が怖い?
そんなこともあるのですか。

来週は葡萄狩りですか。
巨峰を口一杯頬張ってきてや。

塩山には前に一度、葡萄狩りで行ったことがあるなあ
お土産期待してまっせ。
風の旅人
2006/10/12 21:30
そういえば。。。おいちゃんの画像見て またまた思い出したわ!!
ここ「めかり公園」っていうんですか!! (><)゙
海峡を渡る橋をバックに σ(^^)記念撮影をしましたよ。
向こう側が想像していたより近いので 驚いたものです。
ここから海岸線を北上すると あの金子みすゞの仙崎ですか??
r(ё_ё)゚゚゚゚゚んっ
行っていかれないことないけど突飛かいな??(爆)
シーちゃん♪
2006/10/12 23:28
シーちゃん毎度でおます。

カメラの位地は九州の門司側です。
対岸は下関ですが、左側(日本海側)を走っていけば、2時間ほどで金子みすずの町、仙崎に着きます。

シーちゃんが行きたいというのなら、ワテは何をさておいてでも、案内してあげまっせ。(笑)
風の旅人
2006/10/12 23:53
こんにちわ(*^-^)
関門トンネル、渡ったことは無いけど、
考えてみたら、トンネルの外は海よねえ〜
泳げない私、もしトンネルが破れたらどないしょう・・・(笑)
まあ、そんなときは、泳げる人でも、同じか(笑)
やまちゃん
2006/10/13 10:49
やまちゃん お久っしぶりでんなあ

翔太君も元気になって、腕白盛りやなあ
しっかり見張りぜなアカンで\^o^/
まあ無理やろな(笑)

確かに海峡の下にトンネルがあるけど、トンネルが潰れたらなんて考えたら、矢っ張り恐ろしいわなあ

この潮流では流されてしまって、何処に辿り着くか。
それより海水の流入で、水死の方が先やなあ

無料のトンネルだから、一度体験するのも宜しいかと。
でもやっぱり怖いか(^凹^)ガハハ
風の旅人
2006/10/13 11:27
こんばんは、風の旅人さん
へぇ〜「めかり」って「和布刈」と書くのですか??「ワカメ」のことを「和布」とも書くらしいのですが、それに「刈」の文字が加わって「めかり」とは…(-−;)oOう〜ん。
壁面に描かれている壇之浦の源平合戦の絵は、タイル製みたいだけど組み合わせているのかしら??おもしろいですね(^^♪
harusika
2006/10/14 00:36
harusikaさん今晩は

地元では「めかり」です。
神社だけはこの字を使いますね。

壁面の壇ノ浦の図は、タイル張りと思いますよ。
ゆっくり見ていないけど、写真を見るとタイル張りのようです。

タイガースは惜しかったなあ
我がマリーンズもホンマに情けないヤッチャ。
今年も返り討ちにしてやろうと思ったが、それも叶わぬ事になってしまった。
来年は大人しゅうしてまっせ。(笑)
風の旅人
2006/10/14 00:43
風の旅人さん
初めての訪問です。旅のブログを捜していました。
関門海峡は源平の古戦場。
激しい潮流に渦巻く歴史。
平家の亡霊は見えなかったかな?


2006/10/15 10:28
漣さんいらっしゃい〜

関門海峡では古くは壇ノ浦の戦、巌流島の決戦と、歴史に残る戦いがありますね。
激しい潮流に打ち勝ったものが、勝利を収めています。

平家の亡霊でっか?
同じ出てくるなら綺麗なネエちゃんで頼みたいなあ(笑)
風の旅人
2006/10/15 13:48
あらまぁっ...わたしなら、イケメンの平家の若武者に
亡霊でもいい、でっくわしてみたいっ。
平家の落人伝説を訪ねる旅はどう?
レイ
2006/10/16 09:53
レイさん おはようございます
平家の落ち武者でも、若武者がご希望でっか。
うん〜ん 難しい注文やなあ(笑)

平家の落人伝説は各地にあります。
今までに行ったところでは徳島の祖谷渓。
かずら橋の近くに、平家の落人が隠れ住んだと言う村があります。
昨年の3月16日を参照していただけますか。

富山県の五箇山も平家の落人伝説がありますので、昨年の9月5日か、その次ぎ当たりに書いています。
風の旅人
2006/10/16 10:07
風の旅人さんが運んだ風、どこにも吹いて、その足跡を残していました。
季節も様々、落人の悲劇も今では平和な暮らしの中に...
心無しか、そこに暮らす人々は、平家の血筋を引いて、
どこか公達や貴女の面影を残すよう。

レイ
2006/10/17 11:15
レイさんおはようさん

旅をしていると、知らないことに出会いますね。
知らない町、知らない人との一寸した関わりから、新しい出会いがはじまります。

貴女とのこうした場所でので会いも、ブログを始めたからであり、多くの方との触れ合いも、このブログを通してです。
ブログの楽しみ方は色々ありますが、此処で出会った方も旅先で出会った方も、大事にして行きたいと思っています。
風の旅人
2006/10/17 11:22
風の旅人さん
ここに吹く風は明るく気持のよいものです。
いつも、きっと、家主さんからのあったかくて
軽妙なお返事が返って来ます。
それは、ここをノックした人をどんなに嬉しく
愉快な心にしてくれることでしょう。
縁あって巡り会ったことに感謝しています。
レイ
2006/10/22 09:54
レイさんおはようさん

嬉しいことを言ってくれますね。
何かサービスせんとアカンなあ\^o^/

訪問してくれるお客さんは、そりゃもう大事にしまっせ。
このブログを通して知り合ったのですから、これからも大事にしていきたいですね。
風の旅人
2006/10/22 09:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
関門海峡 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる