心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS やや!こんな所に弥生美人が・・・

<<   作成日時 : 2006/10/12 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

画像


吉野ヶ里遺跡から車で20分も走ると、佐賀のとある町に着く。
高速道路を下りて、真っ直ぐ市役所に向かって走っていくと、○○駅の表示に従って左折する。

駅前の商店街は、地方の町とは思えないほど開けている。
最近流行の大型店舗が、大きな駐車場を設けて駅前に陣取っている。

こうした大型店舗は車社会では重宝されるが、車の乗れない人達にとっては、地域の商店街が寂れてしまって、かえって迷惑な話になる。

あらゆるものが揃っているので、ショッピングや映画館と言ったものをついでに利用する向きには、確かに有り難いかも知れない。
でもやっぱり地域の活性化には、クレームの一つも付けたくなるなあ

12時にこの駅前で、はまゆうさんと待ち合わせ。
顔も知らない人でも、携帯さえあれば会うのは実に簡単。
今着いたと到着を知らせれば、居場所を言えば直ぐに手が上がる。

向こうからニコニコしながらやってきたので、此方も直ぐにわかります。
簡単な挨拶をすませば、後は昔からの知り合いのようにおしゃべり。

取り敢えずは乗ってきた車を預けることに。
その点では大型店舗の駐車場は、大きいし無料なので助かる。

画像


この町の名物があるという。
そこへまず案内したいというので行ってみると、店の看板には東京屋と書いてある。

東京でもない佐賀のとある田舎町に何で?
この東京屋は映画「ふうてんの寅さん」に登場して、この地方では超有名な観光スポットやて(笑)

じゃあこの食堂にはいるのかなと思ったら、此処は見るだけ見るだけ
なんや大阪のコマーシャルやんか(笑)

向かった先は日本食堂。
わざわざこの日のために予約をして頂いて、早速部屋に案内していただいた。


画像


和提灯の灯りが何ともいえずいい感じ。
運ばれてくる料理は純和風。
この近くの海で獲れる魚を中心にした料理。

鰯の煮付けは特に美味しかったなあ
あとはおしゃべりに夢中で、何が出てきたのかよく覚えておらず(゚_゚i)タラー

オフ会の良いところは実はここなんや。
日頃ブログ等で会話しているだけに、顔は知らないけれど顔見知りみたいなもの。

日頃話題になっている話から入れば、あとはスイスイ話が発展する。
あの人この人ドンドン飛び出してくる。

一寸お酒が飲めばもっとええんやが、何分車の運転せんならん。
一滴のビールもなしで、お茶で乾杯とは一寸寂しかったなあ
今度行くときは車は止めて、電車にしまっさ。

この店を紹介していただいたのは、実ははまゆうさんの御主人だった。
一緒に来て頂いたら良かったのにと思いましたが、ワテが男では遠慮しますわなあ
それにしても美味しい料理屋を紹介して頂き、ホンマに喜んでいます。


画像
この写真はお借りしました

5時まで時間があるというので、店を出て石橋美術館に向かうことに。
ここもはまゆうさんのお気に入りの場所。
ブリジストンの創業者、石橋家が私財で集めた東西の絵画を、今では市民の公開している。

石橋美術館には日本近代洋画を代表する久留米出身の青木繁、坂本繁二郎、古賀春江らが展示されており、洋画家ではピカソ、ミレーやルノワールがありました。
まあこれだけよう集めたなあと思うほどで、流石に金持ちは違うなあ

久留米の石橋美術館はブリジストン
倉敷の大原美術館は倉敷紡績。

どちらもオーナーの私財で作られた美術館です。
共通するのが、どの作品も間近で見られると言うこと。
これは他にはないですね。

久留米の地に来て始めて接するわけですが、来て良かったなあと思いましたね。

約束の5時にはまゆうさんを送って行って、さてワテはこの後どうするか。
明日の行き先は帰る方向。
呼子でイカの刺身が食べたかったが、帰る方向とは一寸逆。
ええ〜い 今夜は宿無しだけに走りながら考えようか。

高速に入ってからアチコチ宿泊先を考えて、帰る方向なら時間的に言って門司付近。

画像


めかり公園にある国民宿舎、めかり山荘に電話する。
幸い部屋が空いていたので、今宵一夜の宿をお願いする。\^o^/

海峡橋を眺めながら飲むビールは、うまか〜〜〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は眠れません。何度も何度もベットに入ったけれど悔しくって!
839君のブログでは私のナリスの出現”色んな人がいるとは思っていたが。
然しながら少し強めの睡眠薬を飲んでも効き目がない。
ss
さんが留守したから怒っているわけでも、ないけれどとにかく悔しい!
今日ですねてを削除。パソコンも捨てる。そう決心しました。
biglobeの会員は最低な人間ばかり。
すこしは酔いが回ってきたから眠れそうですが、私も医者として、最低限のプライドを持って仕事に邁進いたします。
ヤン坊
2006/10/12 02:50
早くからお邪魔です。
緊急のお知らせですので、よろしくお願いしますね。
   ブログ移転のお知らせ
 いつもご愛読戴いているブログは、最近になって作動が異常に重くなって、更新に時間がかかるようになりました。
 対策として新ブログを開設して、即日移転いたしましたので、お知らせいたします。」
 旧ブログは書き込み不能の状態ですが、そのまま保存して下さって、過去の記事などの閲覧にご利用戴ければ有難いと思います。
 そんな次第で当分新ブログ環境の整備などで、更新や内容に多少の遅れが生じるか判りませんが、今まで通りご愛読賜りますようニお願い致します。
 お世話になっている皆様に、同文のお知らせを差し上げています野で、よろしくお願いします。
 新ブログIPは
 http://blog.goo.ne.jp/f3840/
です。
 尚、旧IPは末尾を「f3841]で
   新IPは末尾を「f3840]
でお願い致します。
たそがれ
URL
2006/10/12 06:01
ヤン坊はん おはようさんん。
ブログを閉鎖?
アホなこと考えんと、ノンビリ行きや。

昨日は札幌でソフトバンクが負けたけど終わったわけではない。
余り弱気になりなはんな

Bigの会員の中には、そりゃ色々いると思うが、悪い人間ばかりじゃないで。
アンさんのナリスがいるが、こういう奴はホンマに最低や。

気を取り直して、又ボチボチやってや。
アンさんの理解者として言っておきまっさ。
風の旅人
2006/10/12 07:50
たそがれさん 毎度でおます。
早速覗かせて貰って登録させて貰いましたで。

ところで旧ブログは、ワテのPCでは何の以上もなく動いています。
スクロールも別段重くなく、快適に動いていまっせ。
書き込みもしましたが、無事に書き込まれています。

たそがれさんのPCが古いとか、メモリが足りないとか、動きが悪いのはそうした部分ではないでしょうか。

写真が増えてくると、それだけでも重たくなります。
ワテのこのブログも、大量の写真が載せておりかなり重たいですが、これに比べてたそがれさんの旧ブログは、軽いものでした。
原因はその当たりにあると思いますよ。
他の方の意見を聞いてみたら如何でしょうか。
風の旅人
2006/10/12 07:56
お早う御座います。

横レス失礼します・・

ヤン坊さん・・
お気の毒ですが、過去は過去として受け入れましょう!
今は今です。
詳細は知りません。
だから、あまり偉そうな事は言えない。
でも、あまり他人の事に関心を持たず、ご自分の
ペースで拘われば良いと思う。
ナリスが出たとしても、同じこと。
「気心腹口命」(きはながく、こころはまるく、
はらたてず、くちつつしめば、いのちながらえる)
忘れないで欲しい。
どんなに腹が立っても、それを周囲にぶつければ・・
どのような形で在れ、必ず自身に跳ね返ってくるものですよ。
リアルでも同じこと。
バーチャルだからと簡単に捉えないで!
僕らの過ちを繰り返してはいけない。
出過ぎた事ですが、何卒ご留意下さいね。

風のおじさん、全く違う話題でご迷惑を掛け
済みませんでした。
もう、しません。
以上

2006/10/12 08:29
このまま戻るのは失礼ですので、話題を戻しますね!

お早う御座います!

何ですかぁ〜?
そう云う理由でのご旅行だったの?
シケベ!
関門海峡の夜景が綺麗に撮れてますネ!
これをツマミのビールはさぞや美味しかった事でしょう!
大変お疲れ様でした!
僕も、ブログをもし作ることがあれば・・
風さんにいっちょ対抗して旅写真のブログでも・・
・・ま、現状ではキツイですね〜
ちょっと、焦らしてあげますネ(うふふ)

今日の東京は快晴です!
また暑くなるのかなぁ?

では、今日も一日お元気で!(こんな所かな?)

以上

2006/10/12 08:44
黒さんおはようさん

ヤン坊はんへの励ましは、彼に届くでしょう。
この世界にドップリ浸かったものならではの言葉ですね。

時には喧嘩もし、時には腹も立て、グッと耐えることもありました。
仲間内だから、今までのことがわかるんですね。
黒さんの言葉で、ヤン坊も元気出してくれると思いますよ。

ワテの旅は昔から、オフ会有り〜のでした。
隠す必要がないので、過去にも公開していますよ。
行き先々で交流する、これも旅の楽しみでっせ。
風の旅人
2006/10/12 09:32
おやおや、わが街のちっこい駅舎も、
こうして見ると、まるでどこか知らない街のようで、
なんだか新鮮な風景ですね。
風のようにやって来て、
風のようにほんわか楽しい思いを置き土産に
去って行く...ほんに、風さんは旅のお方。

そうなんです、「公開デート」は爽やかなもの。
夫と仲良く通う小さなお店を予約して、
でも、この日は夫は「遠慮して」!?
それもまたちょっといいかな。

久留米へも何度も何度も行っているのに、
このぼんくらナビの私の案内だったので、
風さんは内心ではヒヤヒヤ冷や汗の連続だったでしょう。
体重が減ったのでは?
白状すれば、ひどい近眼の上に、これまたひどい方向音痴が
自慢の私、ごめんね、堪忍してください。

あの食堂はすっかりリニューアルしたけど、
「男は辛いよ、ぼくのおじさん」で
ちょっと出て来た所です。吉野ヶ里が舞台でした。



はまゆう
2006/10/12 10:23
風の旅人さん
こんにちは。
こちらに伺うのは初めてですが
以前お孫さんご誕生の折、お祝いコメントをさせて頂いたことがあります。
お孫さん(お名前しっかり覚えていますよ)大きくなられたことでしょうね。
久々に風さんのパワー溢れるご様子を垣間見て嬉しい限りです。
ほんとに全国津々浦々、旅されていらっしゃるんですね・・・
これからゆっくり拝見させていただきます。

私は現在千葉に住んでおります。
佐倉に大日本インキの私立美術館「川村記念美術館」があります。
かなり田舎ですが、その分空気がいいのでドライブがてら時折足を運びます。
見応えのある作品が多々あります。
美術館独特の静けさ、いいですね・・

これから時々お邪魔させていただきますね。
よろしくお願いいたします。





バイオレット
2006/10/12 11:42
こんにちは。
はまゆうさんとの美味しい一時、羨ましい限りです。
何だか私まで旧交を温めているようです。笑い声が聞こえてきます。

石橋美術館にも行ったのですね。大原美術館は身近な美術館でした。此処で初めて本物の画に出会いました。常設で本物が見れるのは嬉しいですね。田舎者は写真でしか見れないですもの。
s・s
2006/10/12 12:52
 SSさーん ご無沙汰です。ブログが動き難いので新宅?に移転しました。別記のアドレスです。また来てください。気づいてもらえるかな?
 旅人さんちょっと借りました。お気づきなければ、SSさんによろしくお伝えくださいね
たそがれ
URL
2006/10/12 13:59
方向音痴のはまゆうさんでも、チャンと石橋美術館に到着しましたがな。
まあ多少は回り道もしましたが、あの程度は全然構わない。

地方の美術館などなかなか立ち寄ることがないので、はまゆうさんのお陰で見られました。
真昼のデートもなかなか良いものですなあ。

今頃なんですが、御主人にもよろしくお伝え下さい。
風の旅人
2006/10/12 14:30
バイオレットさんお久しぶりです。

来られたのはいつ頃だったかなあ(゚_゚i)タラー
孫の名前を知っている?
現在二人いますから、上の子でしょうか。

大日本インクの川村美術館
此処も先の二つと一緒で、企業のオーナーが市民に公開したんやなあ

川村美術館を覗いたら、此処も展示作品は凄いなあ
ロダン、モネ、ルノワール、ピカソなど引けを取らないなあ
千葉ですか、その内行ってみようかなあ\^o^/

古い話の所にコメントもOKです。
大いに楽しんでください。
風の旅人
2006/10/12 14:43
SSさんコンチャ

この石橋美術館は本物を間近で見られました。
しかも保安要員もいない。
手で触れるような位置に飾ってありました。
これは凄いことですよ。

田舎に住んでいると、美術館に出かけるのも大変です。旅先の中に計画するのも、楽しみの一つです。
SSさんも旅に出る機会も多いでしょう。
大いに計画して貰って、お楽しみ下さい。
風の旅人
2006/10/12 14:53
たそがれさん、宣伝ならどんどんやってや。
気楽にやってください。

お気張りやすや〜
風の旅人
2006/10/12 15:06
勝手気ままな旅、いいご身分ですね〜(*^_^*)羨ましいですよ!
会いたい人にも会えて楽しいお食事、いい感じのお店ですね!
やっぱり私も和食がいいわぁ〜〜!
石橋美術館って立派そうですが、私財でとは驚きです。
目の保養も出来て良かったですね〜〜!!
ぷー
2006/10/12 18:57
ぷーさん今晩は

旅に出られるのも、嫁はんの理解があってこそですわ。
この年までズッと働いてきたので、後は自分が出来なかった夢を、少しでも実現させているだけです。
亭主元気で留守が良い、この見本みたいな家ですわ。

大会社のオーナーは、本来なら私蔵しているわけです。
別荘を建ててそこに飾ったりして、訪問者に自慢するだけ。
しかし中にはこうして、みなさんに見て貰うことで、利益を還元させようとする方もいます。

まあ遺産相続で国に持って行かれるよりは、絶対に徳ですからね。\^o^/
風の旅人
2006/10/12 21:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やや!こんな所に弥生美人が・・・ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる