心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐賀県・吉野ヶ里遺跡

<<   作成日時 : 2006/10/11 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像


旅に出て三日目はT市在住のはまゆうさんと、12時からランチを食べる約束をしている。

湯布院から80kmのT市は、高速を使えば1時間ほどの所にある。
朝食を食べて直ぐに出発するには早過ぎる。
何か時間を潰すところはないものか?
そやそやあそこや。

画像


やってきたのは3度目の吉野ヶ里遺跡。
前回来てから早10年以上経っている。

湯布院も様変わりしたけど、この吉野ヶ里もムチャクチャ整備されている。
以前は無料の駐車場だったのが、今はチャッカリ金を取る。

正面玄関も立派すぎる程の建物になって、プレハブ住宅から入った頃が懐かしい。

画像


吉野ヶ里は弥生文化の終わり頃と言われている。
先に紹介した青森の三内丸山遺跡は、5000年前の縄文時代の遺跡跡だったが、弥生時代は2300年〜1700年前。

ここでは弥生時代の約600年間を辿っていける、国内で唯一の場所です。
此処で紹介する建物は、1800年前の時代のものを、学者の意見、出土品等を参照して、建てられています。

画像


出てきた出土品を見ても、縄文時代とは違いますね。


画像


稲作文化が取り入れられて、農機具などには明らかな工夫が見られます。

画像


魚網です。
小さな穴も開いており、網を掛ければ今でも使えます。

画像


弥生土器の変遷です。
段々凝った造りになっていきます。

画像



画像


大きな瓶棺は大人の棺桶です。
小学生が遠足で来ていました。
大きさを比較するため、はいポーズ

瓶棺の中には首のない遺骨が、沢山出てきています。
狩猟中の事故だったのか、戦いで殺されて首をはねられたものか。
首だけの骨は未だに見つかっていません。

画像


瓶棺が埋葬されている。
このようにして、瓶棺が幾つも発見されています。


画像


弥生人が働いていました(笑)
現代の弥生人は文明の利器を利用して、工作などを楽しんでいました。

画像


話を聞くと、石斧や石の包丁では、仕事になりませんとのことだった。

弥生人は一つのことをするのにも、ゆっくりと時間が過ぎていったのでしょう。

画像


弥生時代の機織りは、アンギン織りと呼ばれる方法。
横糸に縦糸を絡めていく。
この弥生女性に聞くと、1日4〜5cmしか出来ませんとのこと。
これ一枚織るのに約1ヶ月を要します。

画像


これが身体の半身部分、同じものをもう一枚織って、二つで一枚の服になると言ってました。

画像


こちらはアンギン織りより少し発展して、現代の機織りの原型です。
縦糸を軸に横糸を絡めて、締め付ける方法です。


画像


手に持っているものは、腰当て。
腰に回して、身体の重みで糸を張っていたようです。

画像


細い帯ですが、このようになると今でも使えます。
土産に1本と思いましたが、売っていないようでした(゚_゚i)タラー

画像



画像


画像


画像


望楼に登ってみると、弥生の村が見えます。


画像


これが何の建物であるのか、時間がなくて聞けなかった。
しもたなあ(゚_゚i)タラー

さて吉野ヶ里を見学したことだし、この後ランチを食べに行くぞ。
待っててやHさん〜〜\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
はいはい、お待ちしておりました。
まさか弥生の里から風さんがお越しとは、
意外性と驚きの人!うふふ。
そうです、吉野ヶ里はすっかりリニューアルしてます。
発掘されたばかりの時は、赤土が剥き出しで、見学時には
長靴持参でしたよ。寒風吹きすさぶ中、若草色の麦畑と
遠く脊振の山並が見えるだけ、でも、そんな感じが却って
新鮮で、歴史にはとんと素人の私にも、なにかしら
ドキドキ、ワクワクする気持がしたものでした。
今では...う〜〜〜ん、そうですね、
素顔美人が化粧上手の美女になった!?そんな感じかも。
でも、充実しているとも思いますよ。
はまゆう
2006/10/11 11:11
こんにちは〜
昨日は足跡ありがと〜(#^.^#)

遺跡って皆同じに見えるんだけど
実際は違うんでしょうね〜

三内とどっちが広いのかな?

ホコリは大丈夫だったかな?
PAN
2006/10/11 13:28
はまゆうさん〜
この後ランチまで今しばらくお待ち下さい。\^o^/

さてこの吉野ヶ里には9時半に到着しました。
ランチまでの2時間、ゆっくり見学できると思ったが、昔と比べて見る箇所が増えている。

現在発掘中の現場にも、見学できると書いてあるので、それじゃ見せて貰おうと向かいましたが、何せ広すぎる。
看板に沿って行けども行けども、現場に着かず。
時間切れのため途中で引き返してきたほど。

化粧美人だったかな?
確か弥生美人に見えたけど。
風の旅人
2006/10/11 13:44
PANさんまいど〜
両方の違いを見て貰えれば、よくわかると思うけど。

壷類などは弥生時代の作品は、表面が滑らか。
縄文は縄目がついており、ゴツゴツしています。
農機具も現代と余り変わらない。

イヤリング類は此処では載せていませんが、余り変わりません。

三内丸山より吉野ヶ里の方が広い気がする。
でも全部を歩いたわけじゃないから、資料を読んで欲しいなあ

道路は整備されて、埃の立つようなことはありません。
風の旅人
2006/10/11 13:50
追伸
今朝のローカルニュースでは、古代米の赤米の
天日干しの最中でしたよ。弥生の里の豊年風景。
赤米のご飯はまだ口にしたことはないけど、
近くの製麺所には赤米入りの麺があって、
仄かな赤味が懐かしい感じでした。
とは言え、私の中に弥生美人の遺伝子が
あるかどうか...大きな???です、はい。
はまゆう
2006/10/11 16:15
弥生美人の遺伝子は、多少は残っているでしょう。

ワテははまゆうさんにお目にかかった時、高松塚の壁画に描かれている、万葉美人にも劣らない程の美しさでしたヨイショ ヨイショ ヨイショ ヨイショ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/10/11 17:22
風旅さん、心にもない事を言うと、
冷や汗たらーり、身も心もクタクタになりますよ。
嘘と坊主の頭はゆったことない、
それが風さんの心意気だったのに!?
とんだとんだことになりますから
用心用心、火の用心も。
ヨイショは、先日終わった「長崎くんち」の
御神輿だけにして下さいまっせ。
はまゆう
2006/10/11 18:54
初めまして
畄ヽ(゚∇゚*)ハイ♪プレゼント!

初めて 遺跡とかのお写真を 拝見!!
そうなんだ〜〜
ほう〜〜〜
と 感心して 見ています。
蘭♪
2006/10/11 19:59
ほーほーーう。
はまゆうさんと風旅さんはなかなか息があっていますね。
う〜〜ん。誰かが嫉妬するのも無理ないかな?
風旅さんランチの記事早く読みたいです。その時のアツ〜〜い会話もね。

吉野ヶ里遺跡はまだ見たこと無いのよ。弥生住居は生まれ故郷にもあったけど。
s・s
2006/10/11 20:47
はまゆうさん 毎度でおます。
汗タラリンコはいつものことや(笑)

今回はフォークスがステージ1で勝ったので、大サービスですわ。

長崎くんちはヨイショとかけ声を掛けるのですか。
覚えとこう\^o^/
風の旅人
2006/10/11 21:39
蘭さん〜よくいらっしゃいました。
待ってましたんやで〜

全国各地の案内をしています。
何があるのかは、7月17日付けのINDEXEがあります。
それを見て貰うと、あなたの住んでいるところの記事も、ひょっとしてあるかも。

ところでお住まいは何処でした?

コメントは何処に書いても構いません。
楽しんでいってください。
風の旅人
2006/10/11 21:43
SSさん 今晩は
はまゆうさんと呼吸がピッタリですか。
そんなこと言うと、あのお方がどこからか顔出しまっせ。\^o^/

ランチとその時交わした熱い話?
時間も経ってしまって、もう忘れましたがな(笑)
詳しい話ははまゆうさんに聞いてや(゚_゚i)タラー



風の旅人
2006/10/11 21:47
吉野が原古墳遺跡公園は、まだ行った事ないです。
佐賀県でしたよね?
亡くなった親父が、昔柳川に行く途中に寄るとか云ってたのを
思い出しました。
何か、凄く楽しみにしてましたっけ・・
僕は、当時あまり関心がなくて「あぁそう・・」って感じでしたが。
今考えて見りゃ・・一緒に行っておけば良かったなぁ・・。
歳とって気が付く・・
中々いざ行こうと思っても機会が無いなぁ。
栃の原遺跡跡ってのも無かったっけ?
そういや、あの辺りは遺跡だらけですねぇ・・
あのルートで行けば・・
田原坂(熊本県)付近もそうなんでしょ?
ごめんなさい、詳しくは知りません。(当てずっぽうかも・・)
九州は卑弥呼(邪馬台国)のルーツがある国ですからね・・
そう云うのも何か、因果関係があるんでしょうか?
いまだに、伝説で確証は無いようですが・・

すみません、横道に逸れましたか・・

以上です

2006/10/11 23:17
昔親父殿が存命中に行くチャンスがあったのですか。
惜しいことをしたなあ
柳川に行くついでに寄り道したのは、吉野ヶ里かそれとも嬉野当たりかも(笑)

田原坂ですか?
雨はふるふる 人馬はぬれる 
越すに越されぬ田原坂

この歌の田原坂でしょうか?
これだったら西南戦争でっせ。
古戦場跡やけど、話が違うかな?

栃の原遺跡?
栃倉遺跡は新潟にあります。
ここは縄文遺跡です。

卑弥呼に関しても、現地の学芸員さんに聞いてみました。
吉野ヶ里と卑弥呼伝説はないそうです。
あるとすれば北部九州らしいです。

卑弥呼に関しては魏志倭人伝に書かれているだけ。
まだまだ謎ばかりですね。
畿内説、北九州説と別れており、推理する楽しみはもの凄くあります。
風の旅人
2006/10/11 23:34
所詮、あてずっぽですねん。
そうですか、さすが風さん・・博識です。
感服します。正直に。
為になりますね〜
僕はあまり、賢くはないのでね。
一つずつ勉強をさせて戴いております。
ですから、間違えていたらご指摘下されば
あり難いです。
吉野ヶ里は一度行きたい場所です。
・・因みに、嬉野は去年行きました(個人的に)

では。

2006/10/12 00:07
日本全国に遺跡はなんぼでもあります。
そのうちの一つや二つを覚えているだけですがな。

こうして旅をする中で、色々と勉強させて貰っています。
矢っ張り嬉野に行かれましたか。
ワテは素通りばっかりやがな(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/10/12 00:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
佐賀県・吉野ヶ里遺跡 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる