心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 青森・秋田旅行 その2 五能線

<<   作成日時 : 2006/09/15 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

金木町を後にして、車は日本海側の海岸線を走ることになった。
天気であれば白い波が打ち寄せる海岸線を、楽しみながら走れるのに、黒い雨雲が覆い被さり、これでは夕陽は見ることはないでしょう。

画像


それが途中の鰺ヶ沢の町に入ると、空は急に明るくなって晴れだしてきた。
ヨシヨシこの分では期待が持てるぞ。

鰺ヶ沢の町を過ぎたら、矢っ張り又降り出した。
なんだなんだ、さっきの晴れ間は一体何やったんだ。

画像
  この写真はお借りしました。

♪五能線   唄 水森 かおり

(1) どこへ行ったら あなたから
  旅立つことが 出来るでしょうか
  残りの夢を 詰め込んだ
  鞄を膝に 列車旅
   女 みちのく 五能線
   窓いっぱいに 日本海

(2) 愛が終わった あの部屋に
  あなたはいまも ひとりでしょうか
  私の匂い するものは
  どこかへ捨てて 邪魔ならば
   過去を 置き去り 五能線
   出直すための 衣替え

(3) ひとり歩きに 馴れるには
  時間が幾ら かかるでしょうか
  終着駅の そこからが
  本当は長い こころ旅
   涙 みちのく 五能線
   夕陽が落ちる 日本海

五能線沿線の見所の一つ、千畳敷という海岸があります。
五能線を走るリゾートしらがみ号が駅に停まっている。
よく見ると観光客が降りてきて、雨の中を海岸を散歩している。

この電車は五能線沿いのこの千畳敷では10分間停車して、観光客見学させるようだ。

この他には夕方走る電車には、夕陽鑑賞タイムを設定している車両があります。

都会を走る電車なら停車時間1分とか、特急通過のため5分停車は良くある話だが、このリゾートしらがみ号が走る五能線は1時間に1本くらいの割。
時間的にもゆっくり出来るので、観光客の人気を集めています。

トップの写真の電車は白神山地に棲息している、くまげらと夕陽をイメージした車両の色ですが、他にはブナ林をイメージした、リゾートブナ号、下の写真に写っているのが、十二湖の青池をイメージしたリゾート青池号です。

夕陽が綺麗と言われる深浦に入ったら、雨は本格的に降ってきた。
この雲行きではどうしょうもない。


画像


道の駅「かせそいか焼き村」でまたもや休憩。
覗いたら地元特産の商品が並んでいる。
どれを見ても美味そうやなあ\^o^/

画像


そこで目に入ったのがこの一品
イカのサラダとエゴ天

画像


イカの姿焼きも売っていたが、こんなのを食べると、夕食が入らなくなる。
今夜のおかずにと思うのだが、今夜は料理付きで宿泊。
見るだけで諦めてしまった。


画像
   この写真はお借りしました
 
本来ならこのような夕陽が見られただろうに、雨では仕方がオヘン。
夕陽が見られないので温泉に入るしかない。
深浦には有名な不老不死温泉があります。

画像


日本海を見て入れる露天風呂。
実は此処は男女混浴。


画像


囲いもあるけれど、それも申しわけ程度。
勇気のある女性はいないと見え、男だけが入っていた。
ワテも入ろうかと思ったが脱衣場は雨に濡れており、脱いでも濡れてしまう。
仕方なしに館内の風呂に入ることに。

茶色い湯は少しぬるっとしていて、そんなに熱くはない。
タオルを浸けるとやはり少し染まってしまう。
ゆっくり入りたいが、この後は今日宿泊予定のみちのく温泉に入らねばならない。

画像


みちのく温泉は日本一大きな水車で有名だけど、日本一大きい水車は他にもあるで(笑)

画像



ホテルの直ぐ横を走る五能線。
目の前の日本海に落ちる夕陽も、この窓からは真正面のはず。
あ〜ぁ 雨さえ降っていなければ〜〜〜
出るのは溜息ばっかりや。

画像


ホテルのロビーには、五能線の電車の通過時間が書いてある。
電車を撮ろうと思う人は、確かにぎょうさんいるでしょう。
ワテもその一人ですが、この表があれば大助かり。
勿論チェックして、撮りましたでぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようさんです。
五能線は最近人気ですね。友達も7月に行っていたけど、夕陽は見れなかったとガッカリしていました。彼女は東北育ちですが五能線がこんなに人気になるとは子供の頃は考えられなかったと言います。歌謡曲は宣伝効果抜群ですね。
ローカル列車は昭和20年代までに生まれた人には郷愁がありますね。

関西もやっとお天気になりそうですね。今日は稲刈が出来るかな?早くしないと刈れなくなる〜。
s・s
2006/09/15 06:18
お帰り〜〜〜♪
私のお庭の散歩は、残念な雨でしたね。
何も無いけど、自然が宝”まさにそのもじゃないかしら^^

メインの夕陽が見れなくっても、最近は海岸線に、色々な場所があるようです。
昔は、ドライブと言えば、五能線でした。
もちろん下道の海沿いを・・・

日本一の風車?私も笑っちゃいました。
作った時は、日本一だったみたいですよ(⌒▽⌒) ケラケラ
まだまだ、続きが楽しみだわ・・次は十二湖当たりかな?
なな
2006/09/15 06:57
お帰りなさい♪
お疲れのはずなのに 凄い数の書き込み・・・
やっぱり、タフですね(笑)

次回は、ゆっくり時間が取れるように
頑張りますよ〜〜〜〜
まぁ、2年後になるかと思いますけどw♪
もりちゃん
2006/09/15 07:27
おはようございます
五能線の鉄橋を見て兵庫県の余部の鉄橋を思い出しました
今年で架け替えだそうですね 私達家族は夏になるとしょっちゅう
山陰方面にキャンプへ行きました あの姿がもう見れなくなるのは
さみしいです ぜひ今年中にもう一度行こうと思います
素晴らしい温泉ですね、温泉大好きです。
夕日が見れなくて残念でしたね、晴れ男だそうで発揮するのは
今からですね〜〜(^O^) 
なもないこ
2006/09/15 09:32
SSさんおはようさん

五能線を電車に乗って旅をするつもりでした。
しかし電車に乗ってしまうと自由にならない。
決められた時間に乗って、決められた場所で降りる。
これって自由に旅をする者には、型にはまりすぎて窮屈です。
そこで車で移動することにしました。

五能線が有名になったのは、文中にも紹介しました歌の影響も大きいでしょうが、それ以前から知る人ぞ知る所でした。
この地は関西からも関東からも遠く、そう簡単には行けない場所。
ツアーの案内パンフを見ても、白神山地とセットになっています。
五能線は秋田県・東能代駅から青森県・川部駅、全長147.2kmを走るローカル線です。
日本海の波が線路際まで迫ってきており、反対側には白神山地、岩木山といった景観が見られます。
天気の良い日に走れば、さぞ感激したと思いますよ。

今日は稲刈りですか。
早い刈り取りやなあ〜
風の旅人
2006/09/15 09:51
五能線を紹介してくれたななさん登場ですね。

ななさんの庭を荒らしてきたで(笑)
一番のお目当てでしたが、晴れ男も役に立たず(゚_゚i)タラー
素晴らしい夕陽が見られなかったのは、ちょっと残念でした。
ホテルを予約してなかったら、もう1日粘るところでしたが、惜しいことをしました。

水車は止まったままでした。
これでは観光客には騙しみたいなものでっせ。
せっかくの「日本一」も飾り物ではなあ(゚_゚i)タラー

次回は十二湖でっせ。
どんな彩を魅せてくれるかな\^o^/
風の旅人
2006/09/15 09:57
もりちゃん〜おはようさん

青森ではお世話になりました。
今回の旅は出会いの旅でもありましたから、美味しいところより、お会いできたことが嬉しいですよ。

何時かまた東北を訪ねることがあったら、その時はゆっくり時間をとって飲みましょうか。\^o^/

浅虫や夏泊半島の話はもう少し後になります。
それまで少し待っとって。
風の旅人
2006/09/15 10:06
なもないこさん〜おはようさんです。

温泉が大好きだったら、九州か東北でっせ。
何処を掘っても温泉が出るのではと思うほど、温泉はイッパイあります。
今回の旅でも5箇所の温泉に入っています。
そのうちの2つを今回紹介しています。

餘部鉄橋は間もなく使命が終わりますね。
新しく掛け替えられた鉄橋を使うことになります。

強風で列車が転落した日、ワテは比良山スキー場にいました。
突然凄い風が吹き出してロープウエーが停止してしまい、降りられなくなった日でした。
家に帰ってニュースを見たら、餘部鉄橋の事故でした。

餘部鉄橋を惜しんでツアーがありますね。
何かおもしろそうやなあ〜とパンフを眺めているだけですが、日本一高い鉄橋ですから体験ツアーに参加したいなあ
風の旅人
2006/09/15 10:14
みちのく温泉は小さい時に行ったわ

この水車も見た事がある(#^.^#)

いかのサラダ?初めて聞いたし見た。。。
エゴは見て、思い出したわ。

綺麗な夕日ね、風さんも見たかったでしょう?
PAN
2006/09/15 22:31
PANさん今晩は

みちのく温泉ってそんなに古い温泉ですか。
お湯は壁土みたいな感じでしたが、こんなお湯は好みですか?

イカのサラダは見た感じでは、美味しそうだった。
エゴ天はホテルの夕食に少しですが出ていました。
食べるとアッサリしており、口当たりは寒天ですね。

夕陽が見られなかったので、宿題になりました\^o^/
風の旅人
2006/09/15 22:40
風さん、おじゃまします♪
五能線、ステキだね。
また、乗り鉄したい路線が増えてしまった(笑)

秋田、上陸したことないから行ってみたいな♪

てか、この「エゴ天」にビックリ!!!
地元では「えご」って言われてるんだけど、
ドンの大好物だから。
日本海側では、えごが(呼び名違うけど)
あるってことが超カンゲキだった♪
ドンくん
2006/09/16 07:27
ドン君 おはようさん

日本海側の海岸線に沿って、五能線が走っています。
当初この電車に乗って旅をする予定でしたが、そうすると結構窮屈な面もあって車にしました。

このシリーズでは五能線の3種類の電車を撮っています。
偶然というか、粘り勝ちと言いますか(笑)
ドン君のために撮ってきたようなもんや\^o^/

エゴ天ファンはドン君やったんだ。
誰やったかなとズッと思っていたがな。
これでワテの悩みの解決したわ。\^o^/

エゴ天にはこれ以外にも、2種類の色が着いていたのがあったで。
イカ焼きの看板がある道の駅で売られていたで。\^o^/
風の旅人
2006/09/16 09:42
風の旅人さん

人は何故夕陽にこだわるのでしょう?
雨の光景だって風情があるのに?
ああ、それなのに、それでも夕陽でしょう。
かく言う私だって夕陽が見たいっ。
見果てぬ夢は余計に美しいもの。
「また今度」というお誘いでありましょうか。
人は悲しい時、夕陽が見たくなる、って、
星の王子さまのお言葉。(ハンカチ王子は
知りませんよ)
また、「夕陽は美しい忘却である」とも。
人は何か忘れたいことがあるのでしょうか?
はまゆう
2006/09/16 11:15
はまゆうさん
ワテも夕陽は大好きです。
でっかい夕陽が見えたら、感動を覚えます。

じゃあ何で夕陽が好きなんだろうと考えると、今日一日の感謝と明日への希望だと思っています。
きっと明日も良い日になるぞ〜〜
沈み行く夕陽を見て、明日もまた頑張るぞ〜みたいなものを感じますね。

こんな事を書くと、なんか宗教的な話になるなあ(笑)
風の旅人
2006/09/16 11:27
 私の出身地は鯵ヶ沢町です。
残念ですね。夕陽海岸が見れなくて!
行い良さそうな風の旅人さんなのに
 たまげた! すげい旅行!
どったら仕事されてたの!



和さん
2009/07/07 07:17
和さんおはようさんです。
鰺ヶ沢町の出身ですか。

青森・秋田の旅にも何度か訪れています。
晴れ男のはずがこの鰺ヶ沢では雨に降られて、残念ながら夕日が見られなかった。
まあたまにはそう言うこともありますが、次回の楽しみに取っておくのもいいかも。

退職して4年になりました。
このブログはそれまでに行ったところと、退職後に訪ねた所などを紹介しています。
在職中の仕事については、ブログでは公表していません。
悪しからず。
風の旅人
2009/07/07 08:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
青森・秋田旅行 その2 五能線 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる