心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 越中八尾・おわら風の盆・町流し

<<   作成日時 : 2006/09/06 00:35   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 21

画像



画像


日本の道百選に選ばれた「諏訪町の石畳」に明かりが灯ると、人々が大勢集まってくる。
両側には昔ながらの家が建ち並び、お客さんでしょうか、2階の窓を開けて上から踊りを見ておられます。


画像




画像


午前0時を過ぎると各町内では輪踊りが始まります。
観光客も混じって大きな輪が出来ます。

画像



暑さと疲労のために疲れたのか、早い時間から座り込み体勢になって町流しを待っています。
でもなかなか来ないんですね。

画像


町流しがやってくると、観光客はワッと取り囲んでしまう。
後から行っても人垣のため、写真を撮っても邪魔な頭ばかり(゚_゚i)タラー


画像


店先に飾ってあったステンドグラス。
凄く雰囲気が出ていました。


画像


1時頃になると青年達に代わって、昔の若者がここぞとばかりに顔を見せ始めます。
踊りたくってウズウズしていたのよと語ってくれましたが、この後何時まで踊るのと聞くと、朝まで踊りますよだって。


画像


画像



このお姉さんの帯は「風」の文字が染めてある。\^o^/
粋なもんやなあ

画像


商店街のお店の店先で、御主人が胡弓を弾いている。
深夜1時7分だというのに、元気でっせ。


画像


聴いていた人達から大きな拍手が起きるお、気をよくしてアンコールに応えてくれました。


画像


町流しのグループがやってきました。
この写真の場合は人数も多いですが、もう少し少ないグループもあります。

画像



画像



画像


公民館の前を通ると、踊り始める準備中でした。
ただ今午前2時8分です。


画像


この手前のおじさんはお年を聞いたら74歳だって。
まだまだ若い者には負けてないぞとの気概を感じました。
でもやっぱり忘れているところもあって、笑いを誘っていました。\^o^/


画像


風の盆の民謡を歌うおばちゃん。
なかなか渋い声で、年季を感じさせました。

画像


踊り終えたのでしょうか、それともこの後のために腹ごしらえでしょうか。
往路にゴザを敷いて、宴会中です。
ただ今午前2時23分


画像


深夜の3時48分に、町流しのグループが通りかかった。
観光客も少なくなったので、夜の静寂に胡弓の音が響き渡ります。
見ると若いおネエちゃんが胡弓を弾いている。
こうして若い人に引き継がれることで、伝統の祭りも続けられます。


画像



この煙草を吸っているおじさんに見覚えがあると言ったのは、同行の親戚のおネエちゃん
キャーキャーと年甲斐もなく興奮している。
聞いてみると、前回八尾に来たときに、この方の2階の部屋に案内してもらったとのこと。
偶然の出会いに暫し談笑。

画像


家々の窓も閉じられて、この日の祭りも終わりました。
午前4時11分。
12時間殆ど立ちっぱなしで、ワテの足もパンパンですわ。
さて寝倉がないけどどないしょう(゚_゚i)タラー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
このお姉さんの帯は「風」の文字が染めてある。\^o^/
粋なもんやなあ
本当にこのおばさん!粋ですね(~o~)
今日は一番乗りだけれど、たまにはヨシトスルカ?
若しかしてこのおばさんssさんかもね
お邪魔しました
ヤン坊
2006/09/06 01:23
ヤン坊さん久々の登場やなあ
さぞかしイライラしておった思いますが、PCが直ってホッとしたやろ。

この女性ですが若い方でしたで。
と言ってもSSさんよりはですが\^o^/
風の旅人
2006/09/06 07:45
風さん お久しぶりです。
男踊り、おばあちゃんでもゾクット来ますよ。
町流しの男衆も老若一緒で渋いわア。
やっぱり風さんの写真どれも素敵。
「諏訪町の石畳」と家並みも魅力的、一度行きたい所の一つにします。
i&i
2006/09/06 13:33
i&iさんホンマに久し振りやなあ\^o^/

ワテも長い夏休みの後、久々の旅でした。
2度目の風の盆でしたが、今回は徹夜を敢行。
身体はしんどくて大変でしたが、これぞ風の盆を満喫してきました。

老若男女が深夜遅くまで自由に踊っておられるのを見ると、これこそ祭りの原型ではないかと思えるほど素敵な祭りに出会いました。
胡弓や謡が入れば、もっと実感して貰えるのではと思っています。
是非いつの日かお出かけして欲しいですね。
風の旅人
2006/09/06 14:38
やはり熟年の踊り手、弾き手、唄い手は 濃いーですにゃ!!(笑)
齢を重ねた分 奥が深いということでしょうか・・
(/_\)ものも言い様??
いえいえ、徹夜できるほど皆様お元気で 楽しまれることは
素晴らしいですよ。 私めなぞシンデレラタイムでヨレヨレですわ(><)
"伝統"って好きですね...「温故知新」
シーちゃん♪
2006/09/06 15:33
シーちゃん毎度でおます。

熟年層の方の踊っている顔を見て欲しいなあ。
皆さん生き生きしていらっしゃいます。
本当に地域のお祭りが大好きですと、おっしゃっているのがわかります。

シンデレラタイム?
そんなもん花のお江戸では、当の昔にアリマヘンで。
今は老いも若きも、遅くまで遊んでおられまっせ。

精々若い人の場に出てもらって、若返っておくれやっしゃ〜

この町に来れば、午前0時なんて宵の口でっせ。(笑)
風の旅人
2006/09/06 15:48
胡弓というので思い出しました
とてもみなさん簡単に引いてるように見えますが・・
かなり難しいのですよね 風の盆 ここの街の人たち命をかけてるくらい・・
そして胡弓の響きにとてもこだわってるんですよね 胡弓にくわしい人なら音色にこだわってるんですよね テレビでずいぶん前に特集してました
町流しを風丼は 見ることができたんですねっ 
さすがに ここまで見学の人はなかなか大変と言ってました みんな帰ってしまう頃だと。
本当に風丼♪ 長い時間お疲れ様でしたね 簡単に写真で見れて
うれしいにゃ〜  
あじ丼
2006/09/06 22:50
あじ丼今晩は

深夜に町を流してくる胡弓の音、本当に良いものですよ。静岡から来たという方、埼玉から来た方もいました。
この町に来る観光客は、風の盆ファンが本当に多い。
みんな胡弓の音に魅せられているんでしょう\^o^/

前にNHKで風の盆の特集がありましたね。
ワテもそれを見てから、八尾に行ってみたいと思うようになりました。
観光客のざわめいている時間は0時前です。
0時を過ぎるとかなり減りますね。
それでも会場周辺には、大勢の方が夜更かしをしています。

この祭り本当に体力勝負です。
それも深夜になってから現れる、町流しがいいですよ。
病みつきになりそうや。\^o^/
風の旅人
2006/09/07 00:40
ほんとに体力勝負のお祭りなのですね。観るほうも踊る方も。
年季の入った人たちも皆さん、朝まで踊られるのでしょうか、すごい!
ところでねぐらは見つかりましたか?^^
はこふぐ
2006/09/07 08:13
はこふぐさん おはようさん。

立っていると言うのは、結構辛いですよ。
暑さの中で長時間ですから、これはこたえます。
水分補給は何とかなっても、食料は焼きそばや串焼きなど。
これで何とか空腹をしのぐ。
やれれですわ。

踊りは結局4時までには終わったようです。
地域によっては差はあるようですが、確認は不可能ですね。

宿は八尾に4箇所かな?
急に申し込んでもまず満室で泊まれない。
半年いや1年前に申し込むのかも。

眠くなったらその当たりにごろ寝するしかありません。
会場には長椅子が用意していますが、そこでごろ寝している人、会館の軒先を借りて寝ころんでいる人など、ごろ寝覚悟で徹夜するわけですから、男も女も平気ですよ\^o^/
風の旅人
2006/09/07 10:21
粋な御姐さんに、年配のオッチャン。若いピチピチギャルに金髪兄ちゃん。
老若男女が入り混じって楽しんでいる。風の盆は良い祭りですね。何かの小説で読んだときこの祭りは悲しい思いのする御祭のような印象でした。風旅さんの写真を見て元気な祭と言うのがわかりました。町中が一番元気になる日なのですね。
s・s
2006/09/07 13:22
s・sさん毎度でおます。
台風の影響でしょうか、天気が悪いですね。

風の盆が全国区になったのは、高橋治の小説「風の盆恋歌」お、石川さゆりが歌った同名の「風の盆恋歌」のヒットでしょう。

♪風の盆恋唄
作詞 なかにし 礼
作曲 三木 たかし
唄 石川 さゆり

(1) 蚊帳の中から 花を見る
咲いてはかない 酔芙容
若い日の 美しい
私を抱いてほしかった
しのび逢う恋 風の盆

(2) 私あなたの 腕の中
跳ねてはじけて 鮎になる
この命 ほしいなら
いつでも死んで みせますわ
夜に泣いてる 三味の音

(3) 生きて添えない 二人なら
旅に出ましょう 幻の
遅すぎた 恋だから
命をかけて くつがえす
おわら恋唄 道連れに

この曲と小説は若い頃に結ばれなかった男女が、数十年後にその愛を再び育むと言った内容です。
このような内容に中年の皆さんの紅涙を絞るのか、大人の恋の物語には弱いなあ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/09/07 17:21
こんばんは、風の旅人さん
風の盆、満喫できたようですね。
若柳流の振り付けの踊りも素敵ですが、むせぶような響きの胡弓とおわら節が魅力的ですよね。
それにしても、街中は座るところも少ないので お疲れになったことでしょう(^.^)
harusika
2006/09/08 22:45
harusikaさん今晩は

今年の風の盆は疲れはしましたが、大満足の1日でした。
やっぱり深夜に見るべきやなあと痛感しました。
体力を付けて再度挑戦したい、そう思わせるのは胡弓の音でしょうね。

今年は金曜日から始まっただけに、観光客が多くて見にくい面もありましたが、深夜の町流しを見られたのは最高です。

地べたに座る覚悟で、新聞や雑誌を持って行って正解でした。何事も用意周到、これに勝る物は無いなあ\^o^/
風の旅人
2006/09/09 01:38

風さん ロマンチックな方ですね なかなか(^−^)書けないですよ〜
でも現実はきびし〜ですね 大変でしたね!
あっ それから5人じゃなく4人です〜(^0^)わかります? 
なもないこ
2006/09/09 18:16
なもないこさん今晩は

ワテは以外とロマンチックですよ。
顔みたらとてもそんな風に見えないとか。
悪友に言わせるとケチョンケチョンでっせ。\^o^/

5人じゃなく4人の話、何の話だったかな?
子供の数だったかな?
何処に書いてあったのか、わからないぞ(笑)
風の旅人
2006/09/09 20:02
風さん 思い出して戴きましてどうも(^O^)
爺バカ様(^−^)
なもないこ
2006/09/09 21:20
ようやく思い出しましたで。

うっかりしていたなあ
書き込みがあったらわかるんだが、抜けていました。
風の旅人
2006/09/09 22:47
始めまして!!!

凄い前のブログ日記に
コメントしてしまって、
気付いてもらえないの
覚悟でコメントさせて
もらいました♪

たまたま風の盆で画像検索したら、
お母さんの後ろ姿があって
ビックリしました(*^^*)

風の帯してるの
私の母なんです。

高橋治先生が書いてくれた
世界で3本しかないそうです★

もし、今年もおわらに
来るのであれば
会えるかも知れませんね!!!
ヤヒ
2012/03/02 22:32
ヤヒさんはじめまして

>ブログ日記に
コメントしてしまって、
気付いてもらえないの

申し訳ありませんが、その記事はどこにあるのか、URLを書いてもらえませんか。

お母さんの写真でしたか。
他にも写っている写真があるかもしれないなあ
アルバムを探せば見つかるかも\^o^/

世界に3本しかない帯ですか。
それが分かっていれば紹介したのに。

風の盆はこれまで4回ほど行っています。
昨年は雨の予報だったので断念しましたが、八尾では雨が降らなかったようで無事に行われたようですね。

この記事は2006年ですが、2005年、2007年、2010年も記事にしています。
トップページを開けるとINDEXを載せています。
No59〜No68  No342〜No345 No370〜375 No617〜No622

または2005年〜2010年の9月1日当たりの記事を探してください。

これまでには数多くの八尾の人の写真を載せています。
お知り合いの方がおられましたら、載っている写真をあげてください。

今年も八尾に行けるといいなあと思っています。
そしてヤヒさんのお母さんと出会えるといいですね
風の旅人
2012/03/02 23:34
ヤヒさんのお母さんの写真はあの年は1枚だけのようです。
これまで4回アップしていますが、載せている写真はその一部です。

風の盆の写真は全部で1000枚以上あります。
その中にもしかしてヤヒさんが写っているかも知れません。
全部アップできるといいのですが、最近は無断で人の顔を載せるのも問題になっています。難しい問題ですわ。
風の旅人
2012/03/02 23:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
越中八尾・おわら風の盆・町流し 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる