心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 青森・秋田の旅 その12 三内丸山遺跡

<<   作成日時 : 2006/09/23 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


青森駅からそう遠くないところに、縄文遺跡があるのは江戸時代から知られており、学術的な発掘調査は昭和28年から。

画像


三内丸山遺跡は、今から約5500年前〜4000年前の縄文時代の集落跡で、長期間にわたって定住生活が営まれていました。
当時この地は地球の温暖化のために、海岸線がこの辺りまで来ていたという。

画像



画像


管理棟に入ると大きな穴の中心には、柱が見えます。

画像


平成6年7月に発見された、直径約1メートルのクリの巨木を使った縄文時代中期の大型掘立柱建物跡です。
この発見をきっかけに、縄文遺跡の保存を求める声が沸き上がりました。

画像


何年か前に佐賀県にある吉野ヶ里遺跡を訪ねています。
吉野ヶ里は弥生遺跡。
縄文時代の後に生まれた稲作文化。

画像


卑弥呼の国説も飛び出すほど、現地では盛りあがっています。
人間一人が入れる大きな瓶棺が幾つも出土していますが、此処では小さな瓶棺です。
子供の棺も大人とは別の場所で出土している。

画像


縄文遺跡であることはわかっていても、これほど大きい規模であるとわかったのは、野球場建設の時です。

画像


遺跡調査をやったところ、規模の大きさと出土品の立派なことで、一級品の発見として、平成12年11月24日、三内丸山遺跡は特別史跡に指定されました。
縄文遺跡としては44年振りで、3番目の指定となります。

画像



画像



出土品の中には、縄文人のネックレスや耳飾りもあります。
デザインだけ見れば、現代人がしているものとそう変わらないのでは。

画像


画像


画像


縄文人の気分になって、おひとつ如何ですか。\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
夜分恐れ入ります。(笑
昔から、外津軽三郡誌や、所謂アイヌの人々が暮らす
大きなところやったそうですな?
坂上田村麿が蝦夷を攻め込んで、アテナイに苦戦した
既に、海外と船により交流していたとか?
出雲と同じで、大和政権には目の上のたんこぶやね。
そやけど、あれだけの柱の後からして大きな建物が
あったんやね。縄文も凄い文明やね。
あっ、ほんで、黒が帰りました。
報告まで、お邪魔さんどした。
839
2006/09/23 01:49
839はん毎度〜

縄文遺跡でこれだけの柱。
大変な集落でっせ。
大勢の人の手を集めないと、これだけの柱は組めません。

北の地にこれだけの文化が発展していたんなら、もっと温かい南の地にも、同規模あるいはもっと大きな遺跡があるのでは。

黒さん此処にもやってきました。
体力を付けて、依然と同じようにブログで遊べると良いのだが、待ち遠しい男ですわ。
アンさんも負けんように、頑張ってや。
風の旅人
2006/09/23 06:15
三内丸山遺跡、行った事あります。あの大きな柱の建物は何に使ったのかなあ?縄文の頃から日本は共同社会生活(大家族)していたような?
私の行った時にはこんなに古代の食べ物を売っていなかったような。
今は観光地なのですね。
ネックレス、土器の中には今でも通じる感覚のものがいっぱいあってもって帰りたかったけど。
s・s
2006/09/24 06:25
こんにちは、風の旅人さん
遺跡といえば奈良にもたくさんありますが、卑弥呼の国説まであるとは…。
それに随分おおきな保存地区なのですね。
秋風の中、縄文時代にタイムスリップ出来ましたね(^^♪
harusika
2006/09/24 15:07
SSさん今晩は
行ったことがあるんや\^o^/

大きな建物は集団生活用にも使われたのではと、ボランティアの方の説明でもありました。
冬の間は此処に集まって生活したり、会議なども行っていたかも知れませんね。

ネックレスを持って帰りたかった?
確かに4000年前も現代も、殆ど変わりないですね。

そういえばSSさんの家で、昔は牛がおりましたでしょうが、牛の鼻には輪っかがあったでしょう。
もしかしてあれは縄文土器が使われていたのは(笑)
風の旅人
2006/09/24 21:44
harusikaさん今晩は

卑弥呼説は畿内説と吉野ヶ里の北九州説があります。
縄文土器の出土した三内丸山遺跡は、卑弥呼は関係ありません。

古代史の謎解きは面白いですよ。
大和の地は遺跡の宝庫です。
先日明日香を旅しましたが、東北シリーズが終われば、載せたいと思います。
面白い記事でっせ。
風の旅人
2006/09/24 21:49
あら〜数年前と随分変わったわ

しかも芝生が植えてある
私が行った時は芝生がなかったので
砂がすごかったのよ。

今のアクセサリーでも十分通じると思いますよ
同じような石持って行って、そこら辺にポイって置いていたら
みんなビックリするだろうね〜

それにしてもこのソフトクリーム愉快ね(*^_^*)
PAN
2006/09/24 21:50
PANさんコンチャ

砂埃が舞うと驚かしたので、それなりに覚悟していきましたよ。
でもこんな風に整備されて、とっても良かった。

天気も良く晴れていたし、広々とした施設で遙か4000年前を忍ぶ。
この辺りにPANさんの先祖が住んでいたんやでぇ(笑)

昨日から中山道妻篭宿に行って、その後多治見に寄って、友人のお見舞い、帰りに途中さんのお店に。

大垣のホテルが満室で断られて、仕方なく滋賀県まで引き上げて、友人宅に行ってそこで沈没。

今日は同級生のお宅に誘われていたので、昼前に行くことに。
その前に悲願だけに墓参りも済ませましたがな。

今やっとご帰還ですわ。\^o^/
風の旅人
2006/09/24 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
青森・秋田の旅 その12 三内丸山遺跡 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる