心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 青森・秋田の旅 その10 田舎館村の・・・

<<   作成日時 : 2006/09/21 23:46   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

青森県のヘソみたいな所に、田舎館村(いなかだてむら)という名の村がある。

画像


この田舎館村は町ではなく村ですが、村にしてはお城を持っている。
それも新品のピッカピカ。

画像


画像


天守閣も兼ね備えている立派な城ですが、城内に入るにも大手門?らしきものまであって、なかなか本格的な城構え。

この村の村長さんは、言うなればお殿様。
毎日天守閣に登られて、民百姓の暮らしの様子を眺めておられるのでしょう。

画像


この天守閣から岩木山も真正面に見えて、見晴らしの良いこと、この上なし。
さぞや満足したことでしょう。

しかしある時、こんな素晴らしい田舎館村の自然を、もっと行かす方法がないものか。
眼下に見える田畑には、黄金の稲穂が実っているだけ。

画像


天守閣から見える街並みから、世間をアッと言わせる方法はないものか。
この田舎館村というネーミングを、もっと世に拡げたい。
ここは田舎だが田舎館という名前では恰好が悪い。
さすがは青森の田舎館と言われたい。

そこで目をつけたのがこの風景。
眼下に広がる田園風景を、何とか出来ないものか。
城内家老を呼んで対策を検討するように。

画像


そこで出てきたのがこの田圃アート。
1993年からはじまって、今年は14回目になるという。
年々芸術性も出てきて、今年の作品は俵屋宗達の「風神雷神」

画像


画像


画像



画像



画像


縦約150メートル、横約100メートルの水田に、青森県産で緑色のつがるロマン、古代米の黄イネや紫イネ、実が赤くなるもち米「紅都」など4色の稲を植えて、見事な作品に仕上がっています。

画像
 5月28日田植え
この写真はお借りしました


画像
 6月29日
この写真はお借りしました。

画像


5月28日に田植えから始まって、今月の24日が刈り取りをします。
刈り取りボランティアを募集しており、大勢の勢子達も来て、賑やかに執り行われるのでは。

この田圃アートが世間に発表されてから、連日大勢のファンが天守閣に登っておられます。

画像


これまでの作品です。
モナリザや写楽の浮世絵などを描いています。

このような楽しい村興しを見るために、はるばる青森まで行った甲斐もありました\^o^/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん すっご〜い田園アートですね稲から
種類を変えて作ってるんですね。
以前テレビで兵庫県にも阪神タイガースの
田園アート作ってるの見ましたけど
きっと同じ作り方なんでしょうね(^−^)
なもないこ
2006/09/22 07:26
青森のお城って聞くと弘前城と後。。。
思い出せないんだけど、何処かの建築屋の社長さんが
自分の事を将軍って言わせて、立派なお城を建てたんですよね
議員とかにも立候補したけどダメだったのよね。

あっ!思い出した
私の同級生のお父さんも建築屋さんで
木で彫った鯛を見ながらそれで
たくあんと味噌汁で生活して、立派なお城を建てたんですよ

新聞にその事が載ったんだけど、
同級生は「凄く恥ずかしい」って言っていたのを思い出したわ

田んぼのアートですが、いつも思うんだけど
素晴らしいですよね。
私ね、実際に見た事ないんだけど
母が言うには感動したって言っていたわ。
PAN
2006/09/22 08:04
なもないこさん 毎度〜

このスケール凄いですよ。
広大な田圃の中にどうして絵を描くのか、本当に不思議です。
5月28日に田植えをしている写真を見ると、絵らしきものが見えます。
1ヶ月後を見ると、絵がかなりハッキリしています。

こういうものは遠くから見える場所でないと、効果が発揮しません。
その点この田舎館村城は、村興しの役を充分果たしています。
風の旅人
2006/09/22 09:52
PANさん毎度〜
何処かのオッサンが、自分の城を建てた話がありましたなあ
何とか秀吉とか言う名のオッサン。

木彫りの鯛を見ながら食事して城を建てた?
津軽人は城を建てるのが好きやなあ\^o^/

天守閣に登ると、津軽の各地から観光客が来るのでしょう。
上ではズーズー弁でおばちゃん達がおしゃべりをしていますが、ワテにはサッパリわかりシェン。(゚_゚i)タラー

尚この天守閣に登るのは無料です。
その代わり来年もまた、田圃アートを作るカンパを呼び掛けていました。

風の旅人
2006/09/22 09:57
おはようございます☆〜。
いやぁ〜、さすがに説明が上手で楽しいなぁ〜。。。
>城内家老を呼んで対策を検討・・・
 なんて、志村けんの「バカ殿様」のストーリーみたい!! 
                (^o^;アハハ
めざまし時計
2006/09/22 10:43
めざまし時計さん まいどでっす。
ストーリーを考えるのも楽しいですよ。
但しお殿さんが読んだら、ブッたまげるかも(笑)

この村役場の建物が出来て、何年になるのでしょう。
建物が後のような気がする。

田圃アートは14年も前からやっているので、田圃アートを上から見せるには、高い建物が必要ですが、この天守閣を建てる発想を誰がしたのか、そこの所に興味が行くなあ
風の旅人
2006/09/22 10:53
 ご無沙汰しました。昨日はどうも…今までの記事いずれも楽しいものばかりですが、ではこの「田園アート」が一番ユニークで良かったですね。
 私んちの猫の額ではあきませんけど、やはり広々とした東北の大地ならこそ出来ることですね。
 湖東あたりも広いし場所はあるし、江州米の産地で提案したらどうでしょうね…「これは名案」と云われるか、「そんな勿体ないこと…よーせんーわ」といわれるか???どっちや思いますか??
 色付けに品種の違う米を植えて…これなら、ロスはないし「勿体ない」ことはないみたいですね。大した智恵と感心です。
 またこんな楽しい取材を期待します。
たそがれ
URL
2006/09/22 14:05
たそがれさん 毎度でおます。

田圃アートの企画は、ユニークで素晴らしいものがあります。
このような企画を考えだしたスタッフに、まず敬意を表したい。
老人の頭の固いものでは、とても及びも付かないと思う。
このお城にしてもビックリものですよ。
よくぞこんな田舎に建てたものだ。

この田舎館村は弥生時代の遺跡もあって、確か弥生米が遺跡から出てきたのでは。
弥生文化と田圃アート、田舎館村の名前が一気に全国区でっせ\^o^/

湖東地方にもし作るなら、高い山が側にあるとするならば、八幡山が良いでしょう。
あそこならゴンドラもあるし、目の前には広大な干拓もあります。

ただ品種的にはどうなんだろう。
稲の育つ環境もあるから、同じものとは行かないのでは。
風の旅人
2006/09/22 15:42
なつ〜おひさ。こんなブログを作るようになって成長したね。
どこかでお部屋してるの?HNも変えて。
田舎館まで来たんだね。はるばると・・・。たいしたもんだ。
ヾ(*'-'*)マタネー♪
discovery or sinsan
2006/09/25 18:33
discovery or sinsanさん いらっしゃい

sinsanは何方かと間違っていませんか。
心当たりがないなあ
風の旅人
2006/09/25 19:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
青森・秋田の旅 その10 田舎館村の・・・ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる