心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006おわら風の盆 その1

<<   作成日時 : 2006/09/03 21:05   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

画像


越中八尾のおわら風の盆は、9月1日から3日まで行われます。
今年は金土日になる関係で、もの凄い観光客でした。
初日は雨が降ったらしく、演舞は中止されたそうです。


画像


2日の9時過ぎに高速バスで出発して、富山には3時に到着。
富山駅から八尾までは電車。
改札を通り過ぎようとしたら、駅員から整理券を貰って欲しいと言われ、貰ったのがこの団扇。
裏を見ると八尾の町の地図が印刷されており、何処で演舞をしているのか一目瞭然。

画像


臨時列車がこの3日間だけは大増発されており、ホームには人人人。
列車が到着するたびに、どっと駅に降り立ってくる。

画像


風の盆の起源は元禄15年と言われており、210日に当たる9月1日頃に台風が来ることが多く、風の災害が起こらない事を祈る行事として、定着してきたもよう。

おわらには「豊年踊り」「男踊り」「女踊り」の3通りの踊りがあります。町流しや輪踊りを中心に踊られるのが「豊年踊り」

舞踊的な踊りで主にステージなどで披露されるのが「男踊り」と「女踊り」です。


画像


女踊りです。


画像


色気を出してとか、5秒間静止と声がかかるなど、見ていても楽しい踊りでした。


画像


男踊りですが男にも色気を感じます。
見ていても凄く感じるのは、それだけ踊り手が上手と言うことでしょう。


画像


これが「かかし踊り」です。
約1分近くこの状態で姿勢を保ち続けます。
ピタッと決まると拍手が起きました。
豊年踊りは最も古くからある素朴な踊り


女踊り−「四季踊り」ともいわれ、春夏秋冬それぞれに異なった所作がある。
男踊りには勇壮な面も表現されています。


画像



おわら節を唄い演奏する者を「地方(じかた)」といい、三味線・胡弓・太鼓が楽器として使われます。

地方・三味線

画像


地方・胡弓



画像


地方・太鼓・謡い

とまあ参考文献には載っていますので、写真を参考に見ていただければ幸いです。


画像



画像

出番前の一時、女の子同士で髪の毛を整えていました。
まだ中学生くらいですが、編み笠をかぶるとゾクッと来るような色気が漂います。


画像


画像













おわらの子供たち。
将来は舞台で踊るのでしょう。
可愛い兄弟だったので、載せさせて貰います。


画像










画像













おわら郵便局の出張所が記念切手を販売してました。

次回はおわらの夜は一体どうなるのか。
乞うご期待の程を!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん お帰りなさい 風の盆 風が伝わってきます
徹夜は大丈夫でしたか 
皆さん始めまして 大阪のおばちゃんです おじゃまします
なもないこ
2006/09/03 22:22
こんばんは、風の旅人さん
お帰りなさい、雨が上がり楽しんで来られたようで良かったですね。
私も写真を見ながら思い出しています。
浴衣姿に黒帯の女性と黒いハッピ姿の男性…。編み笠を深く被り顔が見えないぶん色気があるし踊りの所作にも目がいきますね。(*’―’*)ふふっ♪
harusika
2006/09/03 23:02
お早うございます。
風の盆 エネルギーが伝わってきます。
行って見たいけど雑踏恐怖症になって人の多いところに行けません。
此処で写真を見て楽しみましす。
男踊りは愉しそう。惚れちゃいますね。
s・s
2006/09/04 06:06
なもないこさん おはようさんです

昨日はこの風の盆をアップしたら、眠気が一気に襲ってきました。
9時半に寝たのは何年ぶりかなあ\^o^/
そのまま一気に爆睡してしまいました。

夜勤は慣れているとは言え、12時間殆ど立ちっ放しですから、足は悲鳴を上げていました。

此処で紹介した物は、観光客用の演舞場がありまして、そこで踊りを見せてくれます。
風の旅人
2006/09/04 06:35
harusikaさんおはよう〜

2日は昼から曇ってきて、夕方には今にも降りそうな天気になってきました。
初日は雨のため中止になっているため、関係者は祈るような気持だったのでは。

6時頃より雨が降りだして、7時から始まる演舞も中止になりガッカリしてましたが、雨はすぐに上がってくれホッとしました。

編み笠をかぶると男女とも色気がありますね。
休憩中の彼らを見ていると、あどけない顔していますが、演技中の彼らは別人に見えます。
風の旅人
2006/09/04 06:47
SSさんおはよう〜
雑踏恐怖症だったら、今回のように土曜日の晩となると、歩くのにも困難なほど凄い人でした。

次回は夜の様子をアップしますが、大勢の人が写っていると思いますよ。
風の旅人
2006/09/04 06:52
風丼♪ 風の盆 風 かぜがいっぱいですね♪
素敵です その場に連れて行ってもらった気分ですよ ありがとう〜
本当に色気というのを感じますね 夜のも楽しみ ほい
あじ丼
2006/09/04 07:36
あじ丼〜
風風風風風風風風風風風風のオンパレードや\^o^/
町全体が風の盆で盛りあがっています。

この後夜の部に入りますが、闇のなかに流れる胡弓の音、考えただけでもゾクゾクしますよ。
風の旅人
2006/09/04 08:12
こんにちは。おわら風の盆って神秘的で美しいお祭りですね。一度生で観てみたいです。でも、ものすごい人のようですね。
はこふぐ
2006/09/04 11:02
はこふぐさん毎度〜

盆踊りには動と静がありますが、動は岸和田のダンジリや徳島の阿波踊り。
静の代表は八尾の風の盆です。

夜の静寂に流れる三味線や胡弓の音。
八尾節というのかなあ
一人ずつ交代で地声で歌っています。

踊りの中で手拍子がパンパンパンと3度打ちますが、この手拍子は殆ど聞こえないくらいの大きさです。
打つ真似事と言った方が分かりやすいかな?

河内音頭なんか手をパンと大きな音で鳴らしますが、八尾の風の盆の魅力は、こんな所にもあるかも。
一度見に行って欲しいなあ

関西からも各種のツアーが出ています。
出来たら深夜の1時に八尾を出る特急を利用するツアーが良いなあ。
朝まで起きているのは体力もいりますし、眠気に勝たないと行けない。
粗食には今回の旅行でも耐えられたので、はこふぐさんは強いから大丈夫でしょう(謎爆)
風の旅人
2006/09/04 12:05
風の旅人様
初めまして、お招きいただきありがとうございました。
ちょっと緊張して、でも、どきどき嬉しく、ノックし
ています。

 風の盆、これほど大勢の人で賑やかなのに、どこか
哀調を帯びた風情があるのは不思議ですね。それに、
なんとも言えない色気が漂って、酔芙蓉の花を思わせ
ているようです。「夜目遠目笠の内」こんな言葉をふ
っと浮かべています。いえいえ、皆さん、笠を取って
も美しい!

これからもどうぞよろしくお願いします。
はまゆう
2006/09/04 13:44
おわら風の盆、テレビのドラマで見たことがあります。
男も女も、編み笠が色気を漂わせますね〜〜。。。
静の美しさでしょうか?
うちは河内音頭!動の賑やかなお祭ですね。
衣装もとっても美しいですね(*^_^*)
ぷー
2006/09/04 14:11
はまゆうさん〜ようこそお越しを。

緊張なさらずに好きなこと書いてください。
ここは何でも気楽に書いて下さる方ばかりですから、遠慮はいりません。

編み笠の中の素顔は、あどけなさが残るお嬢さんでした。でも一度編み笠をかぶるとあらまあ〜何と色っぽい!

彼女たちが踊っている時、下から撮った写真もありますが、編み笠で踊るから良いのでしょう。
次回には編み笠を笠を外した写真もありますので、比較して貰うと分かると思います。
風の旅人
2006/09/04 14:34
ぷーさん毎度です。

大阪のおばちゃんは河内音頭の曲が流れると、身体が自然とリズムを打つでしょう。
そうなるといても立ってもいられない(笑)

風の盆もその点では同じだと思います。
大人も子供も町中が祭り一色になります。

この後数回に渡って、角度を変えてお見せしますので、楽しみにしとってや。
風の旅人
2006/09/04 14:38
哀調をおびた胡弓の音が何時までも耳に残りますね〜ぇ。
五年程前に行った時は大雨に祟られて街の中での
流しで踊るのは中止となり、お寺の境内で数人が
踊るのを見ただけでした。
狭い街中は観光客で満杯だった事でしょうね。
沢山の良い写真が撮れて良かったですね。
花咲か爺
2006/09/04 15:19
キレイな立ち姿ですね

ねぶたはこんな風に踊らないのでウットリします

今年潮来の踊りの共演に出てから(去年も出たけど)
女性のキレイな踊りを見ると「日舞もいいなぁ〜」って思うようになりました。

今日舞の先生に声掛かられているのですが
なかなか「うん」って言えないのです

まずは痩せる事が先決で(^_^;)
PAN
2006/09/04 16:14
花咲か爺さん、毎度でおます。

5年前に大雨に降られましたんかいな
折角行ったのに殺生やなあ
こればっかりはどないもなりまへん。

聞妙寺のお寺でっしゃろ。
緩やかな坂の途中にあって、お寺の境内でも踊っていました。

今回は土曜日日曜日と続くため、観光客で一杯でした。
撮影するのも一苦労。
それでも合計300枚の写真を撮ってきましたが、その中で良いのとなると、数少ないですね。
風の旅人
2006/09/04 16:22
PANさん〜風の盆はやっぱりええなあ\^o^/

静かな祭りですが、この静けさの中で胡弓を聴くとたまりませんなあ

ねぷたは賑やかな祭りで面白いでしょうが、こんな祭りは他に例があるのかなあ

日本舞踊を取り入れた風の盆ですが、着物のたもとから延びる白い腕お白い指先。
たまりませんなあ\^o^/

日本舞踊を踊るには、まず痩せることが先決?
そんなに肥えておるんですか。
あれほどダイエットしているのに(笑)
風の旅人
2006/09/04 16:28
(*^^*) おっかえり〜
たいへんな人出だったようですね。
ぞっこんのおわら風の盆、今年もひと夜を堪能されたようで
何よりでした。"静"の中にも人々の気概が感じられますね。
願わくば 音を肌で感じてみたい ( ̄. ̄).。o○

浴衣に身をつつむ少女たちの初々しさ♪ 同姓とてうっとり
しますわ〜 さぞや河内のじいちゃんはチューリップ??(核爆)
シーちゃん♪
2006/09/04 18:01
こんな所にシーちゃんの記事発見

高山から帰ってすぐに東北へ旅立ち。
これが本来のワテのパターン

では行って参りやす
留守中くれぐれもよろしく。
風の旅人
2006/09/10 06:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2006おわら風の盆 その1 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる