心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日は七夕・年に一度の逢瀬

<<   作成日時 : 2006/07/07 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


明日は七夕。
そこで今日は七夕に登場する織姫と牽牛ゆかりの地を紹介しましょう。
大阪府交野市(かたの)には、七夕伝説に登場する織姫を祀る、機物神社があります。
大阪・交野から枚方にかけては銀河にたとえられた「天野川」が流れ、織姫と牽牛ゆかりの地も残る、七夕伝説のふるさとといわれています。

画像




その昔と言っても平安時代でしょうか、この地は交野ヶ原と呼ばれており、風光明媚なこの土地で、都人は狩猟地を楽しんでいました。

画像



画像


惟喬親王(これたかしんのう)のお供をして交野にきた、在原 業平が詠った歌があります。

「狩りくらし 七夕(たなばた)つめに宿からん  あまの河原に 我はきにけり」と 在原 業平が歌っている。

画像


天の川の右岸の交野市倉治には織姫をまつる機物神社があり、川に架かる橋の名も、織姫と牽牛が年に一度の逢瀬を楽しむと伝えられる逢合橋があります。

画像



また交野ヶ原には、星田妙見宮などに北斗七星が降ったと言う降星伝説が残り、星ヶ丘、北極星のある場所を意味する中宮など天体にまつわる地名が集まる全国的にも珍しい地域です。

画像



機物神社では七夕の前日、境内には笹が飾られて、願いを書き込んだ短冊が一杯吊されます。


画像




また枚方市の中山観音寺跡には「牽牛石」と呼ばれる大きな石がありますが、天野川を挟んで織姫と牽牛が対面するように配したのでしょう

画像



画像


それにしても古代人のロマンは現代人にも通じます。

一部写真をお借りしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜

今日は七夕ですね
潮来は午後雷雨とか言っていましたが
晴れ間が出て来ました

星はみられないと思うけど
願い事が多いので今日はウォーキングしながらお願いするんだ〜

潮来は全然笹の葉飾ってなかったんだけど
近所を見たら隣のグループホーム(老人施設)が
庭に大きなのを飾ってた(^^♪

夜中そこに飾ってこようかな?(笑)
PAN
2006/07/07 15:35
PANさんこの写真は、ホッカホッカの写真でっせ。(笑)

先ほど取材に行って写してきました。
古いものと入れ替えて再アップです。

この神社があるところは隣の市ですので、何時も前を通っています。
普段は静かな神社ですが、今日だけは縁日も出て賑やかでした。

親子連れが来て短冊に願いを書く、昔も今も変わらない風景でした。

今夜は生憎の曇り空ですね。
この分では青空になることはないでしょう。
昔は天空に天の川が見えていたんだけど、今は都会ではまず見えないなあ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/07/07 15:44
今晩は。今日は七夕でしたね。
それにしても私の頭を疑いました。昼食後に見た写真と今見た写真が違っていたので・・。私もいよいよ認知症か?アルツハイマーか?と。
コメント見て安心しました。写真が入れ替わったり増えたりしたのですね。

交野市が七夕にゆかりの地であったのは知らなかったです。
七夕といえば仙台を思い出していました。近くにもこんなに賑やかな七夕祭をしている所があったのですね。

風の旅人さんは短冊にどんな願いを書いて吊るしたのかな?
s・s
2006/07/07 22:38
仙台、平塚の七夕祭りのように華美なものも それなりに
目を楽しませてくれますが 七夕伝説と共に受け継がれてきた
こちらの方が 素朴でいいですね〜

太陽暦になって時期がずれた為 梅雨空に阻まれて
織姫☆も彦☆も なかなか見ることができませんが
今頃は。。。と、想像を巡らすのも一興♪でしょうか ^^

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜
誰かさん♪ くれぐれも綺麗な想像して下さいよ(爆)
シーちゃん♪
2006/07/07 22:45
S・Sさん無事にお帰りやす。

知床の熊に襲われもせずに済んだのは、もっぱら熊の方が年齢制限するという話やった。\^o^/

車で20分くらいの所なので、最新の写真と入れ替えました。
古い物や借り物では矢っ張り肩身が狭いので、新鮮でピチピチを提供したまでのこと。

まあこれ見た人がビックリするやろなあ
風の旅人
2006/07/07 22:47
しーちゃん今晩は

ワテの想像する織姫は、もうバッチリ綺麗なおなごじゃ
消して50代のおばちゃんを、想像は致しません(笑)

各地で七夕の行事がありますが、仙台のように華美な祭典ではなく、交野は田舎臭いけど、これもまたいいですね。

短冊にお願い事ですか。
書くとしたら家内安全だけですよ。
こんなにぎょうさん短冊があるので、神さんも聞いてくれまへんやろ。
一つで辛抱しまっせ。
風の旅人
2006/07/07 22:59
機物神社⇒なんと読みますか?
私の方では湘南平塚七夕まつりが今年で56回目を迎えます。
毎年5日間開催が今年は4日間と短縮されたと聞きました。
七夕というと東北の方が盛んと思っていましたが、神社の竹飾りは風情があって優しい。人出ばかりを狙う七夕とは一味も二味も違います。
大阪の別の顔を知る事が出来ました。
i&i
2006/07/07 23:09
機物神社(はたものじんじゃ)と読みます。

平塚の七夕祭りは56回目だったら戦後直ぐからですね。
歴史がありますね。
此方の祭りは昭和54年に復活しました。
復活と言うからには、もっと歴史があるのでしょうが、詳しいことは分かりません。

七夕伝説の発祥の地が「交野が原」と言うだけあって、交野には星の名前の付く地名が、数多く付けられています。
風の旅人
2006/07/07 23:18
今日は七夕!
私の願い事は短冊に沢山書きました。
皆さんが仲良くそして元気に暮らせますようにと:::
書いたけれど字が下手なので誰も読めないでしょう(゚_゚i)タラー
ヤン坊
2006/07/07 23:46
ヤン坊はん 毎度でおます

短冊に願いを書いても、多すぎたらはねられまっせ。
この神社では賽銭しっかり上げないと、聞いてもらえまへん。

そうそう、字が下手なのもアカン言うてはりましたなあ
風の旅人
2006/07/08 00:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
明日は七夕・年に一度の逢瀬 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる