心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 最終章・始めての夫婦喧嘩

<<   作成日時 : 2006/07/15 11:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

夫婦喧嘩は犬も食わないと言うけど、人の夫婦喧嘩など読みたくないわぃと言う方は、飛ばしてや。\^o^/
誰にも一度はやったことがある夫婦喧嘩の話。

ワテらの夫婦喧嘩は、一緒になって2日目の晩御飯の時だった。
あっ先に書いておきます。

沖縄の旅の途中で出会って、一緒の過ごせた時間は、1週間の旅で数度の顔合わせだけ。
一緒にゆっくり食事とか、彼女の手料理なんか全くなし。
その後5ヶ月間のエアメールでのやりとりのみ。

画像


9月に大阪伊丹空港のタラップを降りてきた。
この歌と違うのは、夜汽車ではなく飛行機だった\^o^/
それと花嫁衣装もなく、着た切り雀(笑)
あとはほぼ一緒。

♪花嫁は 夜汽車に乗って
とついでゆくの
あの人の 写真を胸に
海辺の街へ
命かけて燃えた 恋が結ばれる
帰れない 何があっても
心に誓うの


小さなカバンにつめた
花嫁衣装は
ふるさとの丘に咲いてた
野菊の花束
命かけて燃えた 恋が結ばれる
何もかも 捨てた花嫁
夜汽車に乗って
夜汽車に乗って

そして彼女が大阪にやってきて、一緒の暮らしが始まった矢先だった。
二人で夕食の材料を買いに行った。

初めて買ったほうれん草。
出てくるであろう料理は、ほうれん草のおしたし。

画像


出てきた料理はほうれん草の妙めもの。
アチャ〜これにはずっこけたで。
せっかくゴマを買って用意したのに、妙め物なんか期待してへんやんがな。
沖縄には生野菜を湯がく習慣がなかったのか、20才の彼女に期待する方が悪いのか。
まあおいおい勉強するでしょうと、ここはほうれん草の炒め物を食べた。

何日か後にすき焼きをしたことがある。
食材を準備していざ火をつけた。
カセットコンロを用意して、彼女に任せてたら作ってくれた\^o^/

画像


食ってみると醤油味。(゚_゚i)タラー
砂糖が入っていない。

沖縄はサトウキビが採れる島
当然砂糖が入った料理になるはずだと思った。
はずやと思ったのが間違いの元。


この醤油味のすき焼きなんか食えるかと、ワテは砂糖をボンボンと入れたら、今度は彼女が怒り出した。
砂糖なんか入れたら甘くて食べられない!(○`ε´○) プンプン

アホか\(`o'゛;)
すき焼きに砂糖はつきもんじや!!で大喧嘩。( ̄△ ̄;)ムッ!( ̄W ̄;)ムカッ
結局すねて食べずに終わったけれど、1人で食っていても美味くない。

画像


沖縄という異文化の土地から関西にやってきた
20才で来たんだからそれも無理はない。
今のように情報もなく、沖縄の料理しか食っていなかったのでは仕方のない話。
現在は砂糖入りのすき焼きで食べておりますよって、夫婦の力関係は
負けてまへんで。
まあそう言うことで、我が家は成り立っております。\^o^/

写真の一部お借りしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
世界は二人のために
歌 谷 真酉美
作詩 山上路夫  作曲 佐藤 勝
昭和42年 
 愛 あなたと二人
  花 あなたと二人
  恋 あなたと二人
  夢 あなたと二人
  *)二人のため 世界はあるの


  二人のため 世界はあるの
  空 あなたとあおぐ
  道 あなたと歩く
  海 あなたと見つめ
  丘 あなたと登る
    *)繰り返し


  なぜ あなたと居るの
  いつ あなたと会うの
  どこ あなたと行くの
  いま あなたとわたし
    *)繰り返し


  愛 あなたと二人
  花 あなたと二人
  恋 あなたと二人
  夢 あなたと二人
    *)繰り返し
微笑ましいですね!私くしは喧嘩などしたことありません。
すべてブログで発散!妻の前では借りてきた猫のように静かにしています。今夜の餌がもらえません
匿名希望(福岡)
2006/07/15 16:09
好いですね〜〜(^^♪
若かりし頃、二人で喧嘩ですか?
私は6人の大家族の中で、仲良く装っていましたよ(^ー^* )フフ♪
あんまり喧嘩する事も無かったようですが、今の様な気楽さは無かったな〜〜。
『世界は二人のために』『花嫁』
懐かしくって涙が出そうです。。。
今はとっても幸せですが、若いあの頃にはもう戻れないんですよね〜〜『何も恐くなかった ただあなたの優しさが 恐かった』と言う様な純粋な頃にちょっと戻ってみたいな〜〜♪
ぷー
2006/07/15 17:30
匿名のお方、夫婦喧嘩はしたことがない?
口喧嘩くらいありまっしゃろ。\^o^/

「世界は二人のために」そんな気になってみたいなあ
借りてきた猫?信じられへんなあ(笑)
風の旅人
2006/07/15 19:38
ぷーさん今晩は
若い頃の話ですがな(゚_゚i)タラー

神田川の世界に近いのは、若いだけに何も怖くなかったところだけ。
サラリーマンですから、キャベツばかりの生活でもなかった(笑)

小さなバッグ一つでやってきただけに、勇気がありますよ。
今は遠い昔のおとぎ話のような時代でした。

6人家族で新生活をスタートですか。
同居人がいたんやなあ
それを仕切っていくんだから、大変な花嫁さんやったんだ。
風の旅人
2006/07/15 19:45
私は今でも よく喧嘩しますよ。
月1回くらいのペースでしょうか。

原因はほとんど言葉使いです。
仲良きことは幸せです。
いつも仲良くしょうと思うのですが・・・
むつごろう
2006/07/15 21:11
むつごろうさん
月一ですか。
そりゃ多いでぇ(笑)

原因が言葉遣いだというのでは、さてどっちが頭に来たのか。

もしかしてもしかして〜

夫婦喧嘩など、勝手にやってくれ〜\^o^/
風の旅人
2006/07/15 22:08
こんばんは、風の旅人さん
ちょっとご無沙汰…、久し振りに遊びに来たら夫婦喧嘩の話題ですか?(^^♪
奥様も遠い沖縄から離れての新婚生活。きっと戸惑うことが多かったことでしょうね。奥さん側からのお話も聴いてみたくなっちゃったぁ(^o^)/
よく読んでみると喧嘩の原因は料理の味付け??
でも、これは小さなことのようで大きなことかもしれませんね(^_-)-☆



harusika
2006/07/15 22:14
harusikaさん今晩は

34年前の大阪と沖縄の食文化は、全然違います。
今のように食品の流通も少なく、テレビで料理番組もそんなにやっていない。

まして20才の女の子には、グルメなんて言葉もなかった。
親が作るものを食べていただけ。
外食産業なんて、何もなかったんとチャウか。

そんなところからやってきて、関西の食べ物を始めて口にする。
美味しいと思うものから、不味いと思うものまで。
そりゃ大変でっせ。

ワテの嫁はんの感想でっか。
遠い目をしているでぇ
これはキッと照れ隠しや。\^o^/
風の旅人
2006/07/15 22:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最終章・始めての夫婦喧嘩 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる