心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎・島原大変・普賢岳大噴火

<<   作成日時 : 2006/06/10 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像


1990年11月17日に長崎県島原市の普賢岳(1360m)は200年ぶりに噴煙が上る始める。
この噴火が後に大災害をもたらすほどになるとは、想像もつかなかった。

この写真はお借りしました。

画像


この写真はお借りしました。

翌91年には溶岩ドームが出現したが、初めて聞く溶岩ドームってナンジャラホイ?
日ごとに溶岩ドームが大きくなって行くが、何時崩れるのかも分からない。
何となく崩れそうだが、それが一体どうなるのか。
どんな被害が出るのか、身近なところで誰も経験していないだけに、危機意識が現場では余りなかったのでしょう。

画像


この写真はお借りしました。

5月15日初めての土石流が水無川流域に発生した。
一気に押し寄せる土石流のすさまじさは、テレビでも中継された。

画像


この写真はお借りしました。

5月24日の火砕流で始めて負傷者が発生した。
この時点ではまだ小規模の負傷者ではあったが、6月3日に起きた大火砕流は溶岩ドームが崩れたもので、一気に山下の町を襲った。
この時犠牲になった死者43名、家屋焼失・倒壊179棟に及んだ。

画像


この写真はお借りしました。

犠牲者はマスコミ関係者16人、取材に同行したタクシー運転手4人、消防団員12人、警察官2人、一般住民3人、外国人火山学者3人、行方不明3人の犠牲者が出ました。


画像


この写真はお借りしました。

6月8日には2度目の大火砕流発生して、家屋207棟が焼失・倒壊。
一気に流れ出た火砕流の先端は国道57号に達するほどの規模だった。


画像


この写真はお借りしました。

 「火砕流」という言葉を一躍有名にした今回の普賢岳噴火災害ですが、しかし島原市はこれに上回る大災害を200年前に起きています。

この時の模様は資料によると、大音響とともに襲った大地震によって、城下町の背後にそびえる眉山が突如崩壊、大量の土砂が人家や田畑を埋め尽くすとともに、有明海へ向かって崩れ落ちました。

この衝撃によって巨大な津波が発生、対岸の肥後・天草(熊本県)へ襲いかかりました。
さらに返し波が島原半島の沿岸18か町村へ再度来襲して、広域災害の様相を呈しました。津波による被害を含む死者約1万5千人は、未だに記録に残る最大の火山災害です。
島原外港に点在する九十九島(つくもじま)の奇観は、この時海に流れ込んだ土砂の跡です。
この時のことを「島原大変・肥後迷惑」と言われています。

画像


ワテが始めて普賢岳の現場に立ったのは、普賢岳が終息宣言が出た頃です。
水無川の河口には大きな石がゴロゴロしており、町中にも大きな石が道端に転がっていました。


画像



画像


現場に近づこうとしても進入禁止の看板が立っている。
それでも何とか現場近くに入れた。


画像



画像


消失した深江町立大野木場小学校は火砕流で焼失しており、まるで焼夷弾で焼かれたみたいでした。

画像


画像


画像


画像


水無川の河口近くで、土砂に埋まっている2階建ての家があった。
写真で見ると屋根だけしか見えないが、実際は2階建ての家でした。
今は地震記念館になっていますが、この家も記念館の中に保存されているようです。

画像

 
当時の模様を雲仙岳災害記念館のHPで上映しています。
http://www.city.shimabara.nagasaki.jp/kazan/kasai.mov


画像


現在は噴火は止んでおり、普賢岳も登れるようになっています。


この写真はお借りしました。

尚、同僚が二人、この火砕流で亡くなっています。
この場を借りてご冥福をお祈りします。
                                合掌

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
[]ヽ(^_^*) ピンポーン♪
風旅さんおはようございます本日一番乗り!最高の気分です
長崎普賢岳今思えば諫早湾とともに寂しい出来事でしたね。
私もご冥福お祈りいたします。
s・sさんと頃のムカデには驚きです彼女もとても美しい?綺麗な方ですよ(お世辞)
tomo
2006/06/11 00:08
tomoさん毎度〜
ワテにはこの時間、おはようはまだ早いなあ。\^o^/

それにしてもアップした瞬間に見に来たんやなあ
普賢岳の災害は本当に酷いものでした。

S・Sさんは美人ですか?
それやったらサービスせんとアカンなあ\^o^/
風の旅人
2006/06/11 00:30
風旅さんS・Sさんはブスです(笑)
期待しないほうがいいよ【0〜タラ〜
tomo
2006/06/11 01:51
ホンマにどっちやねん
こんなこと書いたらS・Sさんに悪いでっせ。
風の旅人
2006/06/11 08:38
お早うございます。
普賢岳の噴火記事を読みながら”ハークション!”誰か噂してるんかいな。

丁度あの日、新婚旅行で九州に行き長崎の彼の実家にレンタカーで移動していた長女のことが心配で心配でTVに釘付けになっていたのを思い出しました。多数の犠牲者が出ました。御冥福をお祈りいたします。合掌
と此処まで読んでコメントを見ると、何!何!二人で盛り上がっていますやん。美人でもブスでもよろしい。心は水晶のようですよ。せいぜい噂話でもして楽しみなはれ。これがくしゃみの原因やったんや。
s・s
2006/06/11 09:17
 この災害は忘れられませんね。と云うのはご記憶かと思いますが、第三セクターの我が「高原鉄道」が、大事故を起こして後にこの大噴火がありました。事故や災害の恐ろしさを風化させてはいけませんね。
たそがれ
URL
2006/06/11 10:09
昨夜からの噂のS・Sさん
おはようさんです。
くしゃみの連続でしたやろ。
ホンマにあのオッサンは、美人かブスかの診断も出来ないヤブ医者でっせ。
あれ?こんなこと書いたら、またくしゃみを誘発するなあ

娘さんがその時移動中でしたか
それは心配でしたやろ。

この日の惨状をテレビのニュースで見て、自然災害の凄さに驚きました。
水無川の現場に立つと、本当に酷いものでした。
風の旅人
2006/06/11 10:11
たそがれさん〜おはようさんどす。
信楽の列車事故はこの災害の前だったなあ
人災と自然災害の違いはありますが、山が怒ったときは本当に怖いですね。
風の旅人
2006/06/11 10:14
S・Sさんの事はこれくらいにしておかないとセクシャルハラスメントで
訴えられます。(近くの老人ホームへ)
普賢岳災害の当時の島原市長髭ずらの格好の良い人だったような記憶があります。女性は50歳を過ぎると美人もブスモみな同じだそうで
美人薄命:これだけ言えば判断がつくでしょう
有明海には子供の頃に潮干狩り?によく行きました。風旅さんは全国廻ったのですか?
たそがれさんのブログも読ませていただいております
tomo
2006/06/11 15:56
tomoさんもその内に訴えられまっせ。
ワテは知りまへんでぇ(゚_゚i)タラー

髭の市長さん降りましたなあ
名前は誰だったかなあ

子供の頃に有明海に行きましたんかいな
よく貝が獲れたんとチャウかなあ

たそがれさんのバーチャルの旅。
面白いので悪のりさせて貰っています。


風の旅人
2006/06/11 22:08
勉強になりました(*-人-)合掌
あかね
2006/06/12 09:51
あかねちゃん おはようさん

大変な災害でした。
犠牲者の多くは働き盛りです。

自然災害の恐ろしさを、国民の目に焼き付きましたね。
風の旅人
2006/06/12 10:13
こんにちは。普賢岳の噴火からこんなに時間が経っていたのですね。まだ最近のことのような気がして・・TVの中継で観ただけですが、ほんとに恐ろしかった。
自然は本来、厳しいものだというのがこの時分かったような気がしました。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
はこふぐ
2006/06/12 10:52
はこふぐさん 今日は

自然災害の恐ろしさテレビ画面で見たときは、釘付けになりましたね。
多くの犠牲者が出ましたが、その場が危険と察知しながら、仕事のために離れられないのも辛いですね。
風の旅人
2006/06/12 11:25
★ こんばんわ〜 風丼おじゃましましたよっ
写真をみて ついこの前のように思えたんだけど 本当にずいぶんと年月が過ぎていたんですね
あのテレビ中継の映像は ずっと焼きついています。画面をみているわたしまでもおもわず逃げるくらいでしたもの。。。 
はい。。

あじ丼
2006/06/12 21:46
あじ丼毎度でっす。

平成2年ですから随分立ちましたね。
でも噴火の記憶は直ぐそこの感じやなあ
もしこれが地元やったらと思うと、ゾッとしますね。
風の旅人
2006/06/12 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
長崎・島原大変・普賢岳大噴火 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる