心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡・柳川はのんびりと

<<   作成日時 : 2006/06/08 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

福岡に来て紹介するものは、天神、長浜ラーメン、博多祇園山笠と色々あるが、この三つはハッキリ言って行ったことがない。
そうなると柳川を紹介するしかない。

柳川の町にはまず目に入るのが白壁の町だろう。
明治43年に当時のお殿様である、立花家の迎賓館として建てられたのが御花。
明治の面影は鹿鳴館様式として残しており、柳川の中心的な建物として、市民に親しまれている。

お堀端には紅白の彼岸花が咲いており、当時は珍しかった記憶があります。

画像




画像


御花の写真はお借りしました。


画像



長さ8m程のどんこ舟にのって、花嫁さんも通ります。
水路から見える風景を、船頭さんの楽しい語り口を危機ながら、時の流れを楽しむのも良いでしょう。

画像


雛祭りの季節、青葉の季節、桜の季節、紅葉の季節など、四季折々に見られる柳川の姿、川下りから見える風景も変わります。



画像

この川下りは「むつごろう」さんよりお借りしました。


画像


この川下りは「むつごろう」さんよりお借りしました。

画像


柳川のひな祭りは、ひな壇飾りに加えて柳川地方独特の“さげもん”を飾ります。
さげもんとは雛人形を天井から吊すものです。
この習慣があるのは、全国で三カ所だけです。

山形酒田地区と伊豆稲取地区にも見られるもので、日本三大つるし飾りと言われています。

江戸時代には家でお雛様を買うほどの余裕もなく、その代わりに子供や孫の為に手作りの雛飾りで初節句を祝ったのが始まり。

この柳川ではひな祭りは3月1日から4月3日まで開かれます。

この写真はお借りしました。



北原白秋は柳川で生まれ、柳川地方でも一、二をあらそう酒造業でしたが、明治34年の沖端大火災で大半を焼失。
母屋と一つの穀倉だけが難を逃れ、昭和44年11月に復元され、平成元年2月には母屋に附属していた隠居部屋も復元されました。

画像



この道はいつか来た道
ああ そうだよ
あかしやの花が咲いてる

あの丘はいつか見た丘
ああ そうだよ
ほら 白い時計台だよ


画像


童謡「からたちの花」や「ペチカ」も白秋の作詞です。

この2点はお借りしました


柳川といえば、鰻のせいろ蒸し。
その蒸籠蒸しを食べに入りました。

その時ついでに食べたのがムツゴロウ。
有明海の人気者ですが、食べるのは始めて。
出てきたムツゴロウは真っ黒け。

見るからにグロテスクだったが、甘辛煮だったので、余り美味いようにも思わなかった。
しかしこの干拓では面白いものが獲れるんやなあ
見るからにグロテスクな魚もあったが、とても食べたいとは思わなかった(゚_゚i)タラー

と言われるほど有名。柳川独特の捌き方・焼き方・蒸し方があり、さらに老舗ならではの秘伝のタレで競い合っている。朱塗りの木箱から立ち上がるアツアツの湯気が食欲を誘います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
 お早うございます。もうちゃんと九州ですか。私のツアーとは方角違いですが、ちょっと覗きに来ました。旅人さんの紀行文は文学者のふるさとが多いですが今回は白秋ですね。なにか童心に帰った感じになりました。私は「みだれ髪」の与謝野晶子の生地、堺市で幼時を過ごしたので一度ゆっくりと訪問して見たいですよ。
コメントが会員限定になってますので、bigのURLで認証しておきますが。bigは殆ど更新してないしどーしましょー?
たそがれ
2006/06/08 06:26
風さんおはよ〜ございます♪
昨年の2月に行ってきました、ツァーだったんですが
自由時間タップリだったので歩き回りました

せいろ蒸しも食べて北原白秋の生家の隣りでさげもん”も見てきました
白秋の遠い親類と言ってました

丁度さげもん祭りの真っ只中であちらこちらで下がってました
川の周りをのんびりと歩き回ってきましたよ♪
ふ〜ちゃん
2006/06/08 08:58
たそがれさん コンチャ

認証の件ですが、今外しました。
この所アラシみたいなのがやってきて、大量の書き込みがされています。
それで認証のみ受け付けをしたところ、こっちもそうなっていました。

旅で訪れたところには有名人がおりますが、ミーハー的な気分で覗き込みます。
その方が好きだからと言うのもありますが、大抵はあっ此処やったんか程度です。

与謝野晶子の生地はたしか、堺の仁徳天皇陵の近くでしたね。
あの当たりはよく通るのですが、晶子の生家は知らないなあ
風の旅人
2006/06/08 09:55
ふーちゃんこんにちは
白秋の故郷に行ったのですか。
ワテが行ったのはもう10年以上前やなあ

もう一回行きたいと思っていますが、長崎方面には目が向きますが、柳川にはなかなかですね。

さげもんでも書きましたが、伊豆半島の稲取の町にも、このさげもんがあります。
稲取温泉では「雛のつるし飾り」と言いますが、近いので一度見られたらいいのでは。
毎年1月から3月まで雛のつるし飾り祭りが行われます。
風の旅人
2006/06/08 10:01
こんにちは。
オフ会も終わり九州旅行に戻りましたね。
柳川と聞けば川下りを思い浮かべますね。シットリとした雰囲気の町のようで。行って見たいところです。実は何処にでも行きたいのですが。
「つるし雛」柳川にもあったのですね。稲取のつるし飾りは知っていましたが。

「ムツゴロウ」を食べたのですか?あの顔を見たら食べる気しない。
顔だけのような魚ですよね。ハゼの仲間のようですから味は良いのかもね
s・s
2006/06/08 12:05
s・sさん今日は
曇ってきましたね。
明日には梅雨入りだとか。
又長い1ヶ月になりますねえ。

何処にでも行きたい!
そうでなかったらアキマヘンなあ
楽しみは自ら創り出すもの、行きたいと思うところに旅をする。
まあ土を相手にしておられるから、何時でも行けるわけではないけれど、暇な折りには大いに出かけてください。

稲取のつるし雛を知っているの。
なかなか物知りやなあ\^o^/

豪華な雛祭りは各地でありますが、つるし雛の風習があるのは良いことだと思うね。

ムツゴロウやワラスポは見た感じでは確かに美味しくなさそう。
まあ慣れたら美味しいのだろうが、グロテスクだけにパッと見いでは嫌われるわなあ(゚_゚i)タラー



風の旅人
2006/06/08 15:52
きゃ〜
潮来かと思っちゃった^^;

今の時期は毎日こんな感じでお舟が出ています

ひな祭りのこの行事とっても可愛らしいわね。
女の子とっては夢のような時間でしょうね。

「この道」「からたちの花」この歌も歌うのはとっても難しいのよ

PAN
2006/06/08 16:19
♪潮来の伊太郎〜〜〜

潮来はこんな感じの所ですか。
PANさんが住み潮来には、こりゃ見に行かんとアカンなあ

女の子の祭りは華やかで宜しいなあ
それに比べて男の子の祭りは兜だけ(笑)

白秋のこの歌は難しいのかいな
ワテは何時も鼻歌で歌っているけど、これでは歌とチャウのかいな(゚_゚i)タラー

ほなら正調で「この道」を歌いまっさ。

♪あぁあああぁあああぁあああ〜
どうも調子が出ないなあ(゚_゚i)タラー

♪あははっはは〜あははっはは〜は〜

どうもイカンなあ
又今度にしまっさ。(゚_゚i)タラー


風の旅人
2006/06/08 16:45
柳川の旅の思い出 
川くだりの風景と、うなぎのせいろ蒸し そしてムツゴロウとワラスボ

紹介いただき感謝!!!
むつごろう
2006/06/08 16:58
むつごろうさんまいどでっす。

今回写真をお借りしまして、有り難うございます。

柳川をもっと紹介したいのですが、なんせ1回しか行っていないのと、それも10年以上昔になるはずです。

今だったらデジカメでバシャバシャ撮ってくるけど、当時は銀塩写真。
殆ど撮っていません。
白秋の家の周辺も歩いていますが、写真が残っていない。
やっと見つかったのが、この3枚の写真です。

あとはむつごろうさんのブログを見ていただいて、柳川の良いところを見て下さい。
風の旅人
2006/06/08 17:05
家は男ばかりだから
想像ができないの、自分は女だったけど
やってもらった事って意外と忘れているのよね^^;

この歌は大変難しいですよ(^^♪

歌いこなせるまでやっぱり何年も歌い続けて自分の物にしなくちゃならない歌ですね。

風さんの歌声もきっと素敵なんでしょうね。
一度聴かせてね。
PAN
2006/06/08 18:25
男ばかりの家は女の子が欲しいと奥さんが言い、女の子ばかりの家は、男の子が欲しいと亭主殿が言いますよ。
こればっかりはどないもナリマヘンなあ
余所のお宅で御雛さんを見ると、溜息つくしかないなあ

唱歌を始めどのジャンルにしても、歌いこなすまでは時間がかかりますよ。

ワテの歌ですか?
豚も煽てりゃ木に登る〜〜の口でっさかい、その内に機会があれば歌いまひょう\^o^/
風の旅人
2006/06/08 21:16
こんばんは、風の旅人さん
ムツゴロウってどんな味がするの??
友人が「蒲焼を食べたら柔らかくて油がのって美味しい」って言ってました。
うぅ〜ん、あの表情からは想像できない味なのね(^o^)/
harusika
2006/06/08 22:06
harusikaさん今晩は

ムツゴロウはどんな味?
確かあの時は甘露煮でした。
蒲焼きなら味も分かりますが、食べていません。

甘露煮ではムツゴロウの味ってこれだ!と言うものがなかったなあ(゚_゚i)タラー
もう10年も前のことなので、忘れてしまったなあ

ここにおいでの柳川に住んでおられる「むつごろう」さんに再度おいで願って、どんな味なのか聞いてみたいですね。

風の旅人
2006/06/08 22:13
harusikaさん〜むつごろうさんからの返事です。
原文をコピーしてきました。

ムツゴロウの味・・・
干潟の泥の上の珪藻を食べているので、やや泥臭い味がします。
甘露煮も蒲焼も泥臭さは少ないと思う。 

ムツゴロウの形〜色などから想像して食すると、美味い魚ではないと思います。

希少価値を食べる魚です。
風の旅人
2006/06/09 22:58
こんばんは、風の旅人さん
ムツゴロウの味レポート、ありがとうございました。
また、柳川の“むつごろう”さんも御答えいただきありがとうございます。なにせ食べ物のことになりますと興味津々(^^ゞポリポリ
どうしても泥臭ささは免れないということですね?(-−;)oO
うぅ〜ん、やっぱり『ウナギの蒸籠蒸し』を注文しましょ(^_-)-☆
harusika
2006/06/09 23:10
harusikaさん毎度〜

無難なところで蒸籠蒸しを注文した方が良いでしょう。
でも柳川に来た記念に、一度はムツゴロウを食べてみるのも、面白いかも。

柳川には何回も行けないところですから、ここは一つ試して欲しいなあ\^o^/
風の旅人
2006/06/09 23:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
福岡・柳川はのんびりと 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる