心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿児島・桜島に上陸

<<   作成日時 : 2006/06/30 23:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

鹿児島港から桜島港へはフェリーでわずか15分で到着します。
車を積み込んでイザ出航。
目の前に桜島を見ながら港を出たら、なんやもう到着やんか
15分はアッという間でした。

画像


桜島の夕景。
穏やかな海に夕陽が沈む。
この瞬間が一番好きやなあ

画像



画像


画像はお借りしており、画像と爆発年代は違います。

桜島の噴火は1476年の9月12日の噴火が最も大きく、桜島の東側黒神付近から溶岩が噴出しました。
この噴火で島の南西部に新しい島ができ、桜島本島とつながり今の燃崎ができました。

画像


画像はお借りしており、画像と爆発年代は違います。



大正3年の大噴火の溶岩はおびただしい量が特徴で、島の南東部と
西に流出しました。
桜島の溶岩は比較的流速が遅く、海岸に達するまで2〜3日を要し、
海中に突入した溶岩は瀬戸海峡を埋め、桜島と大隅半島が陸続きに
なりました。

画像


桜島に上陸したらやっぱり桜島に登りたい。
活火山なので近づくだけでも勇気がいりました。

溶岩道路を走っていると、大きな岩がゴロゴロ転がっています。
どうもこれが大正時代の噴火の名残らしい。

画像


集落に入ると小さな祠がある。
何じゃろかとよく見ると、それはお墓だった。
屋根付きのお墓。

画像


桜島の降灰が如何に凄いか、降灰からお墓を守るために屋根を付けたら、埋もれても直ぐに分かるかも。
結構立派なお墓でした。

溶岩道路の立派な道から、いよいよ桜島の山道へ。
砂利道を走るのはチョッと不気味。
此処で爆発したらどないしよう?


画像


チョッとおっかないけれど、それでも登っていくと、展望所があった。
湯之平展望所だ。
海抜373m、桜島岳の4合目だと言う。
ここから見る南岳の山容や噴煙を上げる様はまさに圧巻やけど、内心はやばいなあ〜チョッと近づき過ぎかなあ(゚_゚i)タラー

画像



画像


ここから見ると桜島はもうそこや。
山の険しさがハッキリ見える。

画像


鹿児島市内から見る桜島は綺麗やなあですむが、間近で見る桜島では、近づくなどトンでもない山ですよ。


画像


黒神埋没鳥居

大正3年の爆発で火山灰に埋もれた黒神の鳥居。
桜島東岸にある埋没鳥居。

画像


高さ3mの鳥居の上部分だけが地表から頭を出しています。
東桜島の村長が噴火の脅威を後世に伝えようと、掘り起こすのをやめたため、そのままの形で現在に至っています。


画像


桜島の東側には桜島大根の産地があります。
普通の桜島大根の重さは10kgくらい。
それが20kgを越える大根が収穫される。

画像


島を一周してくると、やっぱり温泉に入りたくなる。
そこでさくらじま白浜温泉センターに行って一風呂浴びることに。

地下1000mから湧き出る温泉です。
湯に入っていても、何となくゆったり気分にはなれない。
何時爆発するか、そのことの方が気掛かりや(笑)

画像


黄土色した色で肌触りはヌルヌルしており、お湯としてはいいお湯でした。
桜島の火山灰を温泉で溶かし体に塗る泥マッサージがおすすめ。



写真は一部お借りしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
旦那はんお久しぶりどす。
もう桜島どすか?何時の間に?
西郷はん、西南戦争で、士族を無くし大久保はんの為に
犠牲になりましたな。
桐野はんや他の人の意見聞いたら明治政府は混乱したやろね。
江藤はん、神風連の乱の時西郷はんに動いてくれと頼んだのに
徳富蘆花と蘇峰兄弟が書いてます。
萩の乱の時も前原はん一諸に決起したらこの国変わっとるやろね。
雨は降る降る人馬は濡れる、越せにこせぬ田原坂。
西郷はんの為に下野しようとした大山巌を残しこの国のことを
一番考えとる人やね。明治天皇から賊軍にされ、靖国になんで
入れんのや?大村益次郎はんに「死ね」と言われて戦いながら
可笑しな国やね。ほんで、なんであたいのHNが出るんやろ?
あたいは、逃げも隠れもせんいつも認証出しとる。
ナリスかいな?そんなもんして何の得があるねん。
多分、ip盗む2ちゃんの可笑しな奴やろ?
不思議やけど、どないして、、、?
どちらにしても、旦那のブログに迷惑かけて
すんまへん。しかし、なんであたいが謝らな
あかんのやろ?なんかな。
お邪魔さんどした。
839
2006/07/01 01:17
839はん毎度でおます。

討幕運動の旗頭、西郷さんが最後に政府と戦ってしまい、歴史を塗り替えた一人として、もう少し語って欲しかったなあ。

坂本龍馬、西郷隆盛の二人が後の世まで生きていたら、もっと面白い話も期待できたんだが、惜しいことをしたなあ

先日のナリスには困ったもんでっせ。
意見があるのなら堂々と自分のHNで登場すべきでっせ。
今後はナリスと思われるものは削除しまっさ。
風の旅人
2006/07/01 10:31
ぎゃ〜凄いカブ?じゃなくて大根!

もっと小ぶりな物は見た事あるけど
これは見事ね( ̄ー ̄;

デジカメが200万画素とは思えないくらいキレイに写せているわね

空気が澄んでいるとキレイに写す事が出来るって知らなかったわ。
PAN
2006/07/01 17:34
 桜島まで車で上がったんですか。凄いですね。真似できませんわ。
関西圏うろつくのが、せいいっぱいですな…桜島大根…これくらい大きいとウチの子飼いのおサルも、敬遠しよやろなぁ…
 昔、まんまとハメられたクイズ思い出しました。
  問題「JR桜島線は何県または何府ですか?」
  答え1 福岡県 2 鹿児島県 3 大阪府 のどれか?
 勿論、大阪府ですが、USJなどがなかった頃は、関西人でも「鹿児島県」云う人結構多かったんですよ。
 環状線西九条ー桜島間の線区は、今は有名になりましたが…
 変なコメントでごめん…
 
たそがれ
URL
2006/07/01 18:55
PANさん
写真の写し方の基本は、手ブレをさせないかです。
しっかり構えて撮る事から始まります。

あとは天気も重要なファクターだが、一番の大事なのはピント。
それさえキチンとすれば、誰でも名カメラマンになれる。
風の旅人
2006/07/01 20:44
たそがれさん今晩は。

ワテが始めて大阪駅のホームで、桜島行きの電車を目にしたとき、桜島ってあの鹿児島の?と思ったものですよ。
当時は環状線になっていなかったので、桜島行きが発車してました。
それにしても鹿児島の桜島行きが多いなあ(笑)

直ぐに気が付きましたが、今でも桜島行きを見ると、昔を懐かしんでいます。
風の旅人
2006/07/01 20:47
こんばんは、風の旅人さん
およょ〜〜〜!!
ちょっとご無沙汰している間に桜島まで行っちゃいましたかぁ(^_-)-☆
桜島大根の写真、思わず我が足を縮めちゃったぁ。(^^ゞナハハ
温泉三昧したあとは何処まで行くの??


harusika
2006/07/01 23:21
harusikaさん今晩は
本州最南端の鹿児島シリーズです。

次は残すところ沖縄ですが、鹿児島編はあと2回あります。

大根見て思わず足をすくめた?
それやったら、此処を覗いているギャラリーは、ぎょうさんおりまっせ\^o^/
風の旅人
2006/07/01 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鹿児島・桜島に上陸 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる