心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良・花の寺・長谷寺

<<   作成日時 : 2006/05/08 00:51   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

画像


GWの最後を飾るのは長谷寺です。
今井町を見学したついでに長谷寺にお参りしました。

長谷寺は花の寺として有名です。
四季折々の花が境内に咲き、花の寺として特に有名なのが牡丹のお寺。
その牡丹がこの時期が一番の見頃ですので、折角近くに来たついでです。

近鉄の長谷寺で降りるとお寺に向かいますが、駅からお寺に行くには階段を上ると思いますね。
ところがこの長谷寺の駅は、長谷寺からすると向かいの山の上に駅がある\^o^/
まず階段を下りていくと門前町に入ります。

画像

入山料を払って山門をくぐると、目の前に長い登廊があります。
その両側には150種7000本の牡丹が咲いています。











画像








画像















画像













画像


このお寺を見て魂を揺さぶられた文人は数知れず。
正月は寒牡丹に始まり、山茶花から梅、桜の季節へ。
満開の桜が全山をピンク色に染めるほど。
牡丹が過ぎるとツツジ、紫陽花と移って行き、サルスベリの夏を過ぎると芙蓉の花が咲く。
秋のなると山は紅葉に染まり、枯葉が散ると雪景色の中で、寒牡丹が可憐な姿を見せます。


画像
















画像
















画像






画像















画像















画像





画像

本長谷寺と五重塔











画像
















画像




画像













画像

日本石楠花?西洋石楠花?どっちかな
でも綺麗やった〜
進入禁止だったので、この位地からしか撮れないのが残念。









画像


オオデマリでしょうか、真白い花が塀の上に咲いていました。
でも寺の花一覧にはオオデマリが入っていません。
では一体何のはなかな?


画像













画像

山吹が咲いていました。











画像


陀羅尼堂の上がり口に各種の花が置かれていました。




画像


御衣黄と言う名の桜です。
造幣局で見た御衣黄とは花の色が違っていました。









画像

珍しい黄色の牡丹です。
以前はもう少しあった記憶があるのですが、今回見たのは2カ所だけ。











画像



一年を通して花のあるお寺、そうあるものではありません。
花も寺の名称が相応しいお寺、長谷寺に一度おこしやす。
西国33カ所、第8番札所です。






画像

尚、番外札所として、法起院も近くにありますから、合わせて紹介します。












画像

境内にあった霊を呼ぶ木、「招霊木」です。
何となく不気味やなあ(゚_゚i)タラー












画像


帰りに門前町の出店を見ながら帰りましたが、両側には出店も出て呼び込みの声が賑やか。
先ずはお寺に向かって歩くわけだが、ヨモギ餅の焼く匂いがして、食べてみてと言う声でチョッとつまみ食い。
如何にもヨモギが入っていますとばかりにヨモギが山積み。
確かにヨモギの味もしており、昔懐かしいあの味でした。


画像

美容食としてコンニャクは如何ですか?










画像

コッチも美容食、吉野葛でっせ。
いりまへんか〜








画像


味噌汁の具になるという、「ばち」
ワテも食べたことないからようわからないが、この辺りの名物。


画像

この店にしか売っていないと言う地酒屋さん
この「こもりく」と言う地酒はアルコール20度
一口飲ませて貰ったが、確かに辛口で美味しかった。







画像














看板に偽りなしでしょう。
さあさあ買って頂戴
服を呼ぶ招き猫だよ。
3億円を呼び込むという招き猫、いりまへんか〜
ほんまかいな?
300円は安いなあ(゚_゚i)タラー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、お久しぶりです〜♪
大阪では落ち着く暇が無くって。。。
長谷寺は二十歳の頃行ったきりです。大きな綺麗な牡丹の中で撮った写真がありますよ(^ー^* )フフ♪
とっても綺麗です(*^^)v・・・牡丹のお花が・・・(^ー^* )フフ♪
まだ細かりし頃。。。ヾ(*^▽^*)〃
幼かりし頃。。。私にもこんな時があったんや!
大阪で娘と、昔の写真を見て大笑いして帰って来ました。
奈良の方にも行きたかったんですが、子守と来客と娘との話に夢中で、何処にも行かなかったな〜〜!残念!!
此処で、楽しませてもらいますね。。。おおきに!
ぷー
2006/05/08 09:28
ぷーさんお帰り〜お疲れさまでした。
帰りは渋滞しませんでしたか?

20代の頃に長谷寺で撮った写真ですか、それは是非とも見たいなあ\^o^/

どっちが綺麗かなと思ったら、先に書かれてしまってる。
花に負けてるんですか〜ガッカリ(゚_゚i)タラー

久しぶりに大阪に帰れば、懐かしい友達との再会もあるし、孫と一緒の時間も沢山とりたいし、混んでいそうな所には行きたくないですね。

旅の疲れも癒して貰って、ノンビリとブログ散歩でもしてください。
風の旅人
2006/05/08 09:36
長谷寺の牡丹、当麻時の牡丹、室生寺の石楠花、浄瑠璃寺のあやめと花の寺を見てまわるのを楽しみにしていた20歳の頃を思い出しました。
長谷寺の門前町は結構賑わっていますね。懐かしいおみやげ物があります。

昨年は当麻寺へ行ったから来年は長谷寺にしようか。
過去を懐かしんでいます。
s・s
2006/05/08 10:53
s・sさんは20代の頃から古寺巡礼ですか\^o^/
それで造詣が深いんやなあ

昔見た風景は心の中にしまっておいてや。
今は随分変わっていますよ。
観光化されてしまうと、どうしても情緒も損なわれます。
これは仕方がないことですが、車社会の負の面でしょうね。
人が簡単に押し寄せると、どうしても時代の波に乗ってしまいます。

来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが、やっぱり計画をするだけでも楽しくなりますね。
風の旅人
2006/05/08 10:59
花で有名なお寺だけあって、ほんとにきれいですね。
ばち入りのお味噌汁懐かしいなぁ。。昔よく食べてたんです^^短いそうめんみたいなのですよね?お味噌汁がちょっと粉っぽい味になって(でも)美味しかったです。
はこふぐ
2006/05/08 11:04
はこふぐさんおはようさん

ばちって知っているんや。
看板見るとそーめんばちと書いてある。
食べたことがないと、なんじゃこりゃ?になってしまいます。

ばちって美味しいのですか、それやったらお土産に買って帰ったら良かったなあ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/05/08 11:11
このところ 忘れた頃に疲れがどっときて 眠いったらあーりません!!
んーーーっ 寄る年波か?? (><)゙

奈良の長谷寺、いいところね〜♪
さすが花王の牡丹だけあって 綺麗で見ごたえありますね^^
黄色の牡丹もありますよ!! (芍薬より牡丹のほうが花色多し)
σ(^^)が数えたわけじゃないけんどもや(爆)...ものの本に。

ところ変われば品変わるで おもしろい食べ物あるんですね
「ばち」って なんじゃらほいっ!! (^^ゞ
そうそう、よもぎは子供の頃こづかい稼ぎのひとつで
亡き姉といっしょに 川の土手に摘みに行ったものです。
シデンカ♪
2006/05/08 16:06
「ばち」とはね、そうめんや干しうどんなどを干すときにさおにかけているところの事ですよ。そこだけが少し太くなっているのです。太さをそろえるために此処を切り落とします。この切り落とした部分が「ばち」と呼ばれるのです。これホントの事だと思うよ。私も人伝に聞いたことだけど。そうめん作りやさんが言っていたから。これが美味しいのです。奈良もそうめんが有名だものね。
s・s
2006/05/08 21:01
シデンカはん今晩は

花の寺という呼称は全国的にありますね。
牡丹寺、紫陽花寺、石楠花寺などなど
その中でも大輪の花を咲かせる牡丹は、特に人気があります。

「ばち」って書いてあるのを見ても、ナンジャラホイ
味噌汁の具に良いと言うから、そんなもんかなと思っていました。

s・sさんが教えていただきましたが、なるほど長谷寺の近くは三輪素麺の製造が盛んな土地。
ばちは幾らでも出るでしょう。

よもぎ摘みで稼いだ?
あんなもん幾らでも生えているで。
饅頭屋が買ってくれたんやなあ\^o^/
風の旅人
2006/05/08 22:01
s・sさん今晩は
ばちの由来を教えていただき、有り難うございます。
ワテもばちが何で出来ているのか、全然わからなかった。

遠目で見ると干瓢に見えるし、なんか珍しいものやなあ〜と思うだけでした。

これが美味しいと聞くと、こりゃ一度買ってみないとアカンなあ\^o^/
風の旅人
2006/05/08 22:04

黄色いのね、牡丹でした〜〜(´〜`ヾ) ポリポリ・・・
牡丹のが、芍薬より高貴な雰囲気を漂わせてますよね〜♪

<御衣黄>って、微妙な色でとっても素適ね〜♪
うこん桜より、ピンクがかってるのかしら?

  まねき猫、ほすぃ〜〜〜〜〜(*^m^*) ムフッ


<zizi>
2006/05/08 23:42
ziziさん今晩は

黄色も牡丹でしたね。
芍薬と牡丹の区別、素人目にはよく分からなかったが、シデンカさんの指摘で何とか。

鬱金(うこん)桜は真ん中がピンクでしたが、この御衣黄色(ごいこう)は全体的にピンク色ですね。

招き猫が欲しいのか?
それとも3億円が欲しいのか。
まあそれだけあれば、猫の餌には一生困らないね。
風の旅人
2006/05/09 00:41
流石、長谷寺の牡丹は圧巻ですねぇ〜
須賀川・鎌倉・上野東照宮等も行きましたがいずれ劣らぬ花が咲き誇っていますね?
立てば芍薬、座れば牡丹・・・華やかな花です。
愛ちゃん
2008/04/25 00:59
愛ちゃん2年前の長谷寺です。

牡丹も時期を逃すと花が少なくなります。
この時もチョッと遅かったと思います。
なかなかタイミングがピッタリ合うというわけにもいきません。

関東にもさぞかし名花が揃っていることでしょう。
風の旅人
2008/04/25 14:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
奈良・花の寺・長谷寺 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる