心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜前線を追いかけて・信州松代は一大事

<<   作成日時 : 2006/05/04 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


松代の町を訪れるのは、これで何度目だろうか。
大本営の跡がこの町に残っているというのを新聞で知って、一度見てみたいと思ったのは10年程前です。

松代は第二次世界大戦の末期、米軍の猛攻撃で南方戦線は壊滅、沖縄に米軍が上陸してきた昭和19年に本土決戦を見越して、国の中枢機能を移転するために、秘密裏に工事を行いました。
その為朝鮮人を強制的に連れてきたり、日本人も使って昼夜兼行で洞窟を掘らしたことに始まります。




画像





松代の地形というのは周囲が山に囲まれて、米軍機の低空飛行がしにくい地形でした。
しかも松代は強固な岩盤で出来ていたので白羽の矢が立ちました。

象山、舞鶴山、皆神山の3箇所が掘削され、舞鶴山には、天皇御座所、皇后御座所、宮内庁として予定されていた建物が今も残っています。




画像


この3つの地下壕の長さは、合計10kmにも及ぶ長いもので、終戦前までには75%まで完成していたようだ。

この工事には朝鮮半島から強制的に連れてこられた朝鮮人が、約8000人いたと言われており、日本人も3000人が12時間で2交代で従事したという。
でも強制的かそうでないかなど実は資料が少なくて、如何にずさんで工事を急いだかが分かります。



画像


この方向に像山地下壕があります。

画像


掘り出された岩石の一部です。
多くは京浜道路の敷石になっているようです。

画像


皆神山の方角だと思う。

画像


この建物が京大地震観測所

画像


地震研究所の地下に降りる階段

画像


天皇御座所


画像



画像


ボランティアガイドさんの説明を聞きいる参加者

画像


画像


地下壕の内部

画像



画像


地下壕出口付近

一部画像をお借りしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時

おはようさん♪(=´ー`)ノ

地下の穴倉とか、防空壕の後とか、
小さい時からワクワクしますよね〜(^^♪
あの暗さ、狭さ、ミステリアックで興味深々&怖さで、
先頭にたって行くのは嫌ですけど、後をのそのそがいいね(*^^)v

それにしても、初めて入る人って、勇気がありますね。
テレビのはウソウソ(^^ゞ
だって〜、カメラさんが先に行ってるジャン!( 一一)

<zizi>
2006/05/04 09:19
ziziさんまいど〜

ziziさんは穴蔵探検が好きなんや
ワテも好きやけど、もし未踏窟の中に入れと言われたら、やっぱり遠慮したいなあ(゚_゚i)タラー
何が出るか怖いやんか。

テレビで探検ものがあるけど、始めて人間が入ったなんて書いているのは全部嘘でしょう。

編成会議の中で調査報告書を読んで、そこに視聴者が喜びそうな題材があるのか論議して、事前に下調べをしたフイルムがあるはず。
初めてカメラが入ったなんて言うのは、まず嘘でっせ。

某局で川口探検隊何てものが依然あったが、あれなんか笑えるほどの番組やったなあ
風の旅人
2006/05/04 11:48
こんばんは 松代の近所に「池田満寿夫美術館」と云うのがあるそうで、少し気にしています。前にこのあたり通った時も、団体なのでパスしました。池田氏は作家のほか」陶芸もやっていたので私の方で、材料を納めたこともあり…です。他界されて終わりですが、ずい分昔のことです。

たそがれ
URL
2006/05/04 20:19
風さん、今晩は〜♪
ご無沙汰してます。。。
娘や孫に振り回されて・・・ちょっと疲れ気味でゆっくり見れてません。。
静岡に帰ったらゆっくり、見せてもらいますね(^o^)
ごめんなさいね! それでは、また。。。
ぷー
2006/05/04 20:53
たそがれさん今晩は
池田満寿夫美術館は、前ページで電車の写真がありますが、電車の横に建物があります。
駅から直ぐの所です。

彼の作品にはたそがれさんが材料を納めていたのですか。
これも何かの縁ですね。
風の旅人
2006/05/04 21:20
ぷーさん今晩は

静岡にはGWが終われば帰られるのかな?
ワテのブログはこの所毎日更新しているので、ドンドン進んでしまいます。

少し間を空けても良いのですが、今回の旅のように、記憶している間に文章にしないと、直ぐに忘れてしまいます(゚_゚i)タラー

お陰でこのシリーズもあと1回で終わります。
明日からは岡山編をもう少し、やりたいなあと思っています。

ゆっくりで良いですから、気になった記事があればコメントをよろしく。

風の旅人
2006/05/04 21:25
こうゆう、暗くて洞窟みたなの大好きなんです
次の記事でも長いトンネルの事書いているでしょう?

好きなのよね〜穴があったら何処でも入りたくなるPANでした。
PAN
2006/05/05 18:42
穴蔵探検は確かケービングと言うんだったなあ

やっぱりいるんですね。
好きな人が。

PANさんって探検好きですか?
風の旅人
2006/05/05 23:37
あちゃ、すごいスピードで更新やねr(^^
どこにレスしたらいいのか迷うわ〜 (笑)

以前見せて頂いた沖縄や鹿児島の知覧と同様 戦争の悲惨さを今に伝えている場所ですね〜 言わば おらが町の"負の遺産"。 結局天皇は転座されぬままに終わりましたけど これによりどれほどの命が奪われたことか...死者を埋葬した場所も定かではないようですよ。

ここは親の疎開先ということもあり 後年 他所のお年寄りから戦争の話を聞かされることは まずありませんでした。閉鎖的な城下町ゆえ よそ者に口をつぐんでいたのでしょうか それとも潜在的な洗脳から 解き放たれてなかったのか...。

小学生の時、歴史的背景も知らぬまま この山の反対側の壕の入り口で"肝だめし"なんぞ やってしまいました〜 誰がどれだけ奥に入れるかって!! (><)゙ そのトラウマなのか 閉所恐怖症の大人に育ちましたがなぁ〜(泣)
シデンカ♪
2006/05/06 21:33
凄いスピードと言われても、日々更新ですからね。
ドンドン進みまっせ。

松代の隠された歴史は、世に出なかたら永遠に蓋を閉めたままだったでしょう。

こういう事実はしっかり伝えないと行けないし、不孝にしてお亡くなりになった霊も、キチンと祀る必要があります。

そうか、閉所恐怖症でっか。
肝試しが原因やなあ\^o^/
風の旅人
2006/05/06 22:06
へぇ〜
松代ってそゆ見所があったんですねぇ。
勉強になったぞな!(^^)!
はんなりと・・・(ぷぅ♪)
2006/05/07 21:56
ぷぅさん今晩は

松代の町は関ヶ原で親子の別れ、第二次世界大戦でも大本営の移転騒ぎ、そんな話など露知らずに松代を訪問したのは10年ほど前。

ここを訪れることで、歴史も含めて勉強になりました。

風の旅人
2006/05/07 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桜前線を追いかけて・信州松代は一大事 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる