心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 島根・玉造温泉にアタック

<<   作成日時 : 2006/05/22 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


もう30数年も前の話で申し訳ないが、ワテがまだ独身だった頃の話です。
ワテの同僚に「にわか仕立て」のスポーツマンがいた。
どう言うことかと言いますと、スポーツの好きな男がおりましたんや。

画像


この男がある日、一念発起してジョギングをやりだした。
ジョギングくらいなら今では当たり前のように、皆さん走っておられますが、30数年前には町で走っている方を見ることがなかった。

深夜の仕事が終わった後、大阪の北から南まで走っていった。
普通だったら眠たいし、仕事の疲れもあるので、少しでも休みたいと思う。
その男は仕事が終われば日課のように走っていった。

ある日突然ワテに言ってきた。
チョッと玉造マラソン行くから、コーチとして付いて来てくれへんかと。
玉造って大阪のか?
チャウチャウ 島根県の玉造温泉や。

そんなところに行くには資格がいるやろ?
玉造マラソンの参加資格は、各県の陸連に選手登録していないと出場できない規定。

急遽陸連に登録して、玉造に行きたいと言ったら、どういう分けかOKになった。
なんや登録しただけで大阪陸連の代表かいな。

当時は島根の玉造まで行って、マラソンに出たいような選手なんか大阪にはいなかった。
そこへけったいな男が出たいと言ってきたので、陸連はそれじゃ推薦してあげると言ったとか。

大阪陸連の推薦選手だったら、下手なこと出来ないぞ。
しっかり走れよ〜(゚_゚i)タラー

画像


この男は推薦選手になったので、玉造温泉をタダでゲットした。
そしてワテはこの「選手」のコーチとして、自費で玉造へ。

温泉に入って身体をほぐして、翌日の試合に備えて、とまあ一応調整でんな

何の調整かは知りまへんが、結果ですか?
結果は書きません。(゚_゚i)タラー

画像はお借りしました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。いちばんのりでした。
「どじょうすくい」のおじさんの顔を見たら思わずコメントしたくなりました。この人風旅さんですか?良い顔をしていますネエ。つられて笑えます。
マラソンのコーチ?何をコーチしたのかな?玉造温泉で。
マラソンの
s・s
2006/05/22 05:55
こんにちは。すごい体験ですね。その方も大変な行動力ですね。
それにしてもこの写真はいいですね。もしかして風の旅人さんご本人ですか?^^
はこふぐ
2006/05/22 10:13
s・sさん おはようさん
6時前ならそりゃ一番乗りでっせ。
朝起き鳥が鳴くと布団から飛び起きるのでしょう(笑)

このオッチャンエエ顔しているね。
これはお借りしてきました。

マラソンのコーチですか?
まあ色々と・・・・
深く追求したらアキマヘンがな。

この選手とともに東京の青梅マラソン、別府毎日マラソンにもコーチとして帯同してまっせ。
別府ー大分毎日マラソンは当時市民マラソンだったので、誰でも参加資格がありましたが、今は規定のタイムを持ったものしか参加出来なくなりました。
風の旅人
2006/05/22 10:30
はこふぐさんおはようさん
この写真はHPに載っていたのをお借りしてきました。

このHPはどじょうすくいのビデオ上映もありました。
この中にどじょうすくいのコーナーがあります。

http://www.city.yasugi.shimane.jp/p/2/10/11/

チョッと踊ってみませんか?
風の旅人
2006/05/22 10:55
玉造って地名だったんですね。。。

最初「たまぞう」って読んじゃった((((((^_^;)

そう言えば私の住んでいる所にも「玉造」ってあるんですよ〜

コーチか〜私のコーチして〜〜〜
PAN
2006/05/22 18:03
「どじょう救い}懐かしいですね。
「やすうーきーいーいー…{アラ、えッさっさァー}しか知りませんけど
あのユーモアたっぷりのしぐさを一度、本場で見たいですね。
たそがれ
URL
2006/05/22 19:25
玉造という名の興りは、古代はここで玉を作っていた場所であること。
この玉造では古墳時代から平安時代にかけて長い間、勾玉や管玉などが作られ続けてきました。
この地には30ヶ所を越える玉作り遺跡があり、3ヶ所が国の史跡に指定されています。

PANさんの住んでいる土地でも、同じように玉を作っていた場所ではないかなあ。

私のコーチって何のコーチや年?
ボイスだったらワテが生徒でっせ。
風の旅人
2006/05/22 20:12
らそがれさん今晩は
宴会芸としてどじょうすくいは、覚えたい踊りですなあ。

ネットで調べると、どじょうすくい用の4点セットが売られています。
ビデオを見ながら修行しては如何ですか\^o^/
風の旅人
2006/05/22 20:14
こんばんは、風の旅人さん
写真をみて、ついに風の旅人さんの登場かと思いましたぁ(^o^)/
大阪の玉造ではなく玉造温泉でしたか。それで納得。ワハハ♪
あらま、マラソンのコーチまでされるのですか?多彩なご経験がおありなのですね。奈良には「大仏マラソン」というのがあります。ぜひ御参加くださいませ=*^-^*=にこっ♪
harusika
2006/05/22 22:38
harusikaさん今晩は
ワテもどじょうすくいの踊りを修行して、ものにしたい宴会芸です。

ワテの登場ですか?
今まで何処かに一度だけ、顔見せていますよ。
又その内何処かで登場させまっさ\^o^/

大仏マラソンってあるの?
知らなかったなあ(゚_゚i)タラー

しかしワテはコーチでっさかい、走りまへんで。
選手の育成と管理等何でも屋ですわ。
科学的トレーニングなんてもんは当時はなかった。
だから走れ走れと言うだけやった。(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/05/22 22:47
たまぞう”PANちゃんのコメントもユニークですね。
別府毎日マラソン思い出しました。風旅さんがコーチですか?選手も育たなかったでしょう。(゚_゚i)タラー
s.sさんもお年よりは朝が早いですね!感心します。トイレが近いのかなぁ
玉造温泉で松葉ガニを食べた思い出があります
もう一度行ってみたい温泉の一つですが、有馬温泉にも行きたい気もいたします。
tomo
URL
2006/05/22 23:14
tomoさん毎度でっす

温泉マニアですから、何処にでも行ってますなあ
有馬温泉にも行ってくださいよ。
秀吉も訪れたという、なかなか良い湯です。

マツバガニの季節だったら玉造も良いなあ
温泉に浸かってマツバガニを食べる。
あぁ食いたくなってきたぞ。(笑)
風の旅人
2006/05/22 23:28
風さん、こんばんわん。
さっそく、玉造温泉の記事をUPされたんですね。

ドジョウ掬いは残念ながら拝見する機会はなかったなぁ。

とにかく、松江界隈はあちこち見て歩いていると、
なかなか抜け出せないエリアであります。
出雲蕎麦ばかり喰ってたような気もしますが…。

八雲庵は、昔から人気があったな。
松江城内の茶店で、食べた「ぼてぼてちゃ」も美味しかった。

玉造を後にしたら、どちらへ?
餓鬼んちょ。
2006/05/22 23:43
玉造の名前だけ借りましただけですわ。

ネットで調べると、どじょうすくいを教える教室がありますね。
値段を見ると結構高い。(゚_゚i)タラー

一人旅をしていないと正直なところ、何も書くことがない。
矢っ張り団体旅行ではアキマヘンなあ

島根だけは一度ジックリ見てこないと、ものが書けんなあと痛切に思っています。
島根には3度来ているが、全部団体旅行や。

この後は今日行って来たバラ園を入れましたが、明日から広島編です。
その後山口に入ります。
風の旅人
2006/05/22 23:50
>一度ジックリ見てこないと、
>ものが書けんなあと痛切に思っています。

はい。 わかります。
古代神話を追いかけるだけでも、えらい時間がかかります。
ましてや、松江城や、小泉八雲のことまでも掘り返していたら、
それこそ、戻って来れません。(笑)

しかし、とても懐の深い、とても素晴らしいお国柄ですね。

私も、必ずや、再訪したいと願っています。

そうですか、周防・長州に入りますか。
そして山口、瑠璃光寺の五重塔をUPしてくれるんかな?

楽しみにしています。
餓鬼んちょ。
2006/05/23 00:01
旅というのは嫁はんを同道しても落ちつかない。
自分の見たいと事と、相方の見たいところは違います。
落ち着いてゆっくりしたいときは、一人旅に限ります。

奥が深いところと聞くと、こりゃ行かずにゃなるまいなあ

山口の瑠璃光寺には行っていません。
山口市は立ち寄っていないなあ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/05/23 00:30
そっか〜玉造って言うのは玉を玉を作っていたからなんだね

たまぞうって読んじゃったのは・・・
上の画像のドジョウすくいの人がインパクトあって
その人の事をたまぞうなのかな?って思っていたの(笑)

旅は一人旅がいいんですか?
私は生まれてからまだ一人旅はした事ないです
夜お喋りしたりする人がいないとまだ寂しいかな?
PAN
2006/05/23 16:14
上の画像のおじさんを見て?
何処を見たのかなあ(笑)

一人旅の良さは、相手に気を使わなくて良いこと。
ゆっくり見たり調べたり、人の話を聞いたりすると時間がかかります。

さあ次ぎに行くぞ〜と言われなくても良いからなあ

夜のおしゃべりですか?
確かにそれもあるけれど、ワテの場合は旅先の赤提灯の止まり木ですね。\^o^/
風の旅人
2006/05/23 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
島根・玉造温泉にアタック 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる