心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜前線を追って・信州・保科の町は・・・

<<   作成日時 : 2006/05/01 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

画像


保科温泉の庭には桜の木がありますが、つぼみが膨らんできたところです。
直ぐ下の村には桜が咲いていたのに、僅かな高低差で桜の開化が遅いようです。



画像

保科温泉を出て坂を下っていくと、清水寺(せいすいじ)があります。
清水寺に入ろうと左折しようとしたら、川縁に桜が咲いていた。

川面にしなだれかかるように咲いており、車を停めて眺めていると、バス停にいたおばちゃん達から声がかかった。
この桜綺麗でしょう、何処から来られたのですか?と聞かれたりして、田舎というのは本当に良いものですよ。



画像


この村には二つのお寺があって、この寺は圓覚山廣徳禅寺。
車を停めようとしたら檀家の人が来て、お参りですか?ゆっくりして下さいねと言って、家の中に入って行かれた。



画像













小さな池があって、そこには兼六園にある有名な徽軫(ことじ)灯籠とそっくり同じ。
金沢と保科を結ぶもの?
保科の地は信州の城主で、後の会津に転封になった保科正之の生まれた土地。
この保科正之は2代将軍秀忠の腹違いの弟だった。
まあこの辺の話は面白いのだが話が余所に飛んでしまうので、生まれた土地の話だけで推理する。

前田家の大名庭園と、2代将軍の弟として生まれた地。
ここに徽軫灯籠があってもおかしくない。

とまあ勝手な推理で申し訳ないが、このお寺も由緒正しい寺だと思う。
詳しく説明を聞かなかったのが残念だが、次回行くことがあったらこの灯籠の意味から聞いてみたい。


画像

寺内には座禅石もあって、如何にも座禅がしやすい感じの石でした。











画像

これがリンゴの木です。
関西では見ることが出来ない木ですね。
アップして見て下さい。









画像


お寺を出ると畑にはリンゴの木に若葉が出ていました。
5月になればリンゴの花が咲くのでしょう。




画像

隣の畑を見ると、畑一面に小さな花が咲いている。
ヒメオドリコソウの群生でした。
これだけあると壮観です。








画像














画像


別の畑にはわらびを見つけました。
よくみるとアチコチにわらびが顔を出しており、タラの芽も見つかり、やっと遅い春の訪れです。




画像













画像

清水寺に行くため細い道を上っていくと、遠く山から雪解け水が流れていました。
この水で野菜や洗濯物などを洗っているのでしょうか。






画像




画像














画像

色鮮やかなヒヤシンスが咲いており、この他赤色、黄色やピンクのヒヤシンスもありました。
花を愛でるのも旅の楽しさ。










画像


このお寺は牡丹で有名ですが、時期が少し早かったので見られなかった。



画像













画像












境内の枝垂れ桜もつぼみが膨らんでいましたが、まだ少し早いようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時

おはようさん( *~∇~)ノ

しっかり予習の成果が〜〜(=v=)ムフフ♪
携帯が繋がらなかったと〜〜
ま、少し前を思い出してみれば、ど〜って事ないっでっしょ?!
たまにはいいですよ〜、そんな不便さも、ね?!

で、一人ほろ酔いで、やる事も行く所もなく、
キット即、
m(* ̄〜 ̄)moOO グゥグゥだったのでしょうね(VーV) フフ

<zizi>
2006/05/02 08:35
ziziさんおはようさでおます。

長野市と言っても広いから、この辺りになると山間部。
電波の届かないところはホンマに不便やで。

夕食食べたら何もすることがない。
テレビも面白くないし、寝るしかないよ。
でも普段から早寝の癖がないから、酒に酔った勢いで寝てしまうとこれが困ることに。

大体6時間から7時間くらいしか眠らない。
そうすると深夜の3時とか4時に目が覚める。
朝食までが長すぎる〜

前にそう言うことがあって、その時は寝る前に宿泊代を精算しておき、深夜に目が覚めたのでそのまま次の目的地に出発したこともあった。

まあこの時は鹿児島から長崎まで走った場合だけど、今回のように次ぎも目的地が近いと、部屋で我慢するしかないなあ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/05/02 10:17
子供のころワラビ採りした思い出があります。その山にはもう生えてないそうですが、何だか懐かしいです。色鮮やかなヒヤシンス、きれいですね。
はこふぐ
2006/05/02 11:16
風さん、こんにちは〜

桜前線北上してますが、例年はゴールデンウィーク
には花見を楽しめるのですが、今年は無理なようです。

毎日、毎日寒くまだ暖房がはなせないで〜す。
めだか
2006/05/02 14:11
こんちわ〜
風さんのブログ、勉強になるわ〜(笑)

りんごの花って、可愛いんでしょ?
りんごの木っていうのも見た事ないんやけど(^_^;)
やまちゃん
2006/05/02 14:34
めだかさんお久しぶりです

今年の桜の回から北海道では10日は遅いようですね。
津軽海峡を渡るのが、例年なら25日当たり。
弘前城は間もなく満開ではないかな。

そうなるとめだかさんの所は10日くらいかな?
今しばらくお待ち下さい。

昨日は半袖でしたが、今日はもう一枚欲しいところ。
日替わりで夏と初春の繰り返しです。
風の旅人
2006/05/02 14:49
やまちゃんのご希望でリンゴの木を追加しました。

西日本ではリンゴの木は、まず見ることがありませんね。
アップした見て下さい。
葡萄の木によく似ています。

風の旅人
2006/05/02 14:50
はこふぐさんのコメント忘れるところやった(゚_゚i)タラー

山菜取りは子供の時は行きましたね。
近くを歩けば幾らでも採れました。
セリなんかすき焼きの中に入れたら、いい匂いもして美味いんだよなあ

でも今セリを探すのは大変や。
誰もが目につくところは直ぐに取られている(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/05/02 14:57
早速にありがとう(^-^*)

>葡萄の木によく似ています。

葡萄の木つうのも知らんねんけど・・・(笑)(^_^;)

やまちゃん
2006/05/02 15:35
葡萄の木を知らない?
こりゃ困ったなあ

葡萄の木が出来るところは、大阪なら南大阪周辺。
ワテの近所でも葡萄を栽培しておりまっせ。
葡萄の木の写真は今持っていないなあ。
ネットで検索したら、これでも見て参考にしてチョ

http://yokohama.cool.ne.jp/vineyard1040/yousu.htm
風の旅人
2006/05/02 15:44
やまちゃん〜言い忘れた。

木だけやない、葡萄が欲しいと言っても、ワテは知りまへんで。
勝手に注文してや。(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/05/02 15:46
やっぱり・・・

残念!(笑)
やまちゃん
2006/05/02 17:39
沢山の春をありがと〜

新潟もやっと春ですね〜
青森も桜が満開らしいですよ

青森にはこんなに立派な観光する所ないかもしれなわ

ねぶたと十和田湖ぐらいかな〜
PAN
2006/05/02 18:27
やまちゃんの魂胆見えたり!

山梨を旅した時、ぶどう狩りをしました。
デップリと太ったというか、たわわに実ったぶどうは美味しかったなあ

誰やワテにデップリって指さしているのは!(゚_゚i)タラー

市場に出ているのより、直接木から採って食べるのとは全然違うなあ
風の旅人
2006/05/02 19:49
PANさん弘前公園の桜は1日に開花宣言ですから、満開は1週間後でっせ。
と言うことは週末から週始めやなあ

>ねぶたと十和田湖ぐらいかな〜

そんなことアリマヘンで。
ワテの青森の旅編を読んでおくれやす。
4回にわたって書いてまっせ。

ワテが今一番行きたいと思っているのが津軽。
雪解けをジッと待ってるんや。
何時行くかは未定だけど、今年か来年には行きたい。
何せ年だから、足腰立たんようになったら困るやん
行けるときに行っておきたいなあ。\^o^/
風の旅人
2006/05/02 19:57
私が風さんに青森の事を紹介してもらうようだわ

なんせ駅前が自宅でそこら辺でしか遊ばないから
遊びに行くって言えば、近所のデパートの調理器具!(笑)

萱野茶屋ってあるの、酸ヶ湯温泉に向かって行く時にあるんだけど
そこのおでん(つぶ貝)と山菜そばはお勧めです(^^♪

夏終りに行ったら「岳(だけ)のきみ(とうもろこし)」を一度食べてもらいたいわ
凄く美味しいですよ。

夏泊って所がありますが
そこのホタテは天下一品!北海道には負けませんよ!
しかも安くて、太鼓(貝柱)が半端じゃなく大きいの
クール宅急便できるけど、3千円で十分の量です。
PAN
2006/05/02 21:39
保科の由来って そうだったんですか!!
そうそう徽軫灯籠は 兼六園の池の淵にありましたね。
ご落胤の話は 風しゃんの捏造?? (笑) 根拠をおせーて!!
かまさ、ご自分もあちこちに??.....少子化に歯止めをなんて
老体にムチ打ったわけじゃないっしょ!? (^m^*)ぷぷぷっ

りんごの木と葡萄の木は 木肌もまったく違いますわよ^^
りんごの花は ホント清楚ね〜 σ(^^)み・た・い (核爆)
と、厚顔がきまったところで ほなっ さいなら〜 
シデンカ♪
2006/05/02 22:14
PANさん今晩は

萱野茶屋のおでん(つぶ貝)と山菜そば、岳のきみ、夏泊の太鼓と書いてくれると、こりゃ行かにゃなるまいなあ\^o^/

夏の終わり頃ですか、東北のなるの終わりってねぶたが終わった直後くらいかな?
そうなると8月下旬?

もし行く気になったら、もう一度聞きまっさ\^o^/
風の旅人
2006/05/02 22:59
シデンカはん、ワテのねつ造と違いまっせ。

ご落胤は徳川家からキチンと認められておりまっせ。
腹違いの弟です。

このお寺にある徽軫灯籠についての推理でんがな。
兼六園は前田の殿様の屋敷
その庭にある徽軫灯籠が、何故この田舎の寺にあるか。

徽軫と言うのは琴の弦の張りを調整する道具。
琴は当時の庶民には琴は無縁のもの。
この寺は何らかの形で保科家の庇護があったのではと、ワテは考えただけ。
真相は地元の方がよくご存知でしょうが、ワテの考えは勝手な推理でして、何の根拠もござらんなあ(゚_゚i)タラー

リンゴと葡萄の木が違うことは知ってますが、見たことがない人には、よう似ておりまっせくらいで丁度ええんだす。(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/05/02 23:10
ヒメオドリコソウの群生や、わらび、タラの芽なんて
自然の宝庫やねぇ。
雪融けの感じがいい風景やねえ(^^♪
はんなりと・・・(ぷぅ♪)
2006/05/04 22:04
この辺りは遅い春でした。
やっと雪も融けて、春を迎えています。

一斉に芽吹きだした草花。
自然の様子を写真にしてみました。
風の旅人
2006/05/04 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桜前線を追って・信州・保科の町は・・・ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる