心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 和歌山・白浜・三段壁落ちたら・・・・

<<   作成日時 : 2006/03/15 03:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

画像


白浜と呼ばれる浜は数あるが、和歌山の白浜はその中でも白い砂がとても綺麗ですが、白砂青松 と呼ぶには松が少ない。
白浜温泉については万葉集にも歌われるほどということで、どんな歌なのか調べたが、日本書紀、万葉集に出ているだけと書いてあるばかり。

文献によると飛鳥、奈良朝の時代から「牟婁の温湯」「紀の温湯」の名で知られており、斉明、天智、持統、文武天皇をはじめ多くの宮人たちが温泉に来た記述がある。
そうなると1300年余りの歴史があるだけに、有馬、道後と並んで日本三古湯と言われても納得できます。





画像


近くには大自然が造った千畳敷があります。
第三紀層の砂岩が浸食されて出来た岩の畳です。
広大な岩畳だけに表面は滑らかで、見学するにはさほど危険ではない。








画像


三段壁と言われる断崖があります。
平均50mの高さの大岩壁が約2kmにわたり海に突き出しており、此処は自殺の名所でもあり、もう一度考え直しなさいと命の電話も置いてある。






画像

















画像

崖下を覗いてみると、砕け散る波しぶきが見える。
ここから飛び降りるのは、かなり勇気がいるなあ。
でも崖の突端に立つと、吸い込まれそうな気がするだけに、強い風にあおられたら一巻の終わりです。









画像







画像

三段壁の崖下に降りるエレベーターがあります。
下に降りると洞窟になっており、その昔熊野水軍の船隠しの場といわれており、入りくんだ洞窟をみると、なるほど熊野水軍の話も納得できる。








画像


洞窟内に押し寄せる波の音が結構迫力があります。











画像


白浜の沖には名物の円月島が見えます。
南北130m、東西35m、高さ25mの小島で 正式名は「高島」。
島の中央に丸く円月形に波の浸食で削られたことから円月島と呼ばれ、これを見ると白浜に着いたなあと思います。
日の沈む夕景の美しさは格別らしく、まだ写真に撮っていないのが残念です。



画像
和歌山には観客用に二カ所の市場がありますが、「とれとれ市場」は新鮮な魚を目の前で料理してくれて、その場で食べられる。
これも楽しみの一つであり、一緒にビールが飲めないのが苦しいところ。









画像

中でも和歌山名物の「さんま寿司」はお奨め。
脂っけの少ないさんまで作る、姿寿司や押し寿司は一度は口にして欲しい。
食べたら文句を言わさない\^o^/






画像


南紀名物をもう一つ書くのを忘れていた。
これを書かないと地元から怒られるかも。
本当は二つ前の熊野で書くべきやった。

めはりずしと言うお握りがあります。
海苔巻きの代わりに高菜の葉でクルッと巻いてあるお握りですが、サイズが他より大きい。
本来の大きさから、口に入れるときに大きな口を開けるる
その時メン玉をかっと開ける様から、めはりずしと命名されたようです。
昔はソフトボールくらいあったらしが、今はだいぶん小さくなった。
まあ食べやすさを重視したのだが、これが滅法美味い。

このめはりずしを竹の皮に包んで、弁当として山や海に出かけた出かけたのでしょう。

お握りの中には高菜が入っている。
この高菜のピリッとした辛さが、まことに嬉しい味。
南紀に行ったらこれも一回くらい食べて欲しいなあ。








画像


先のNHK大河ドラマ「義経」では、弁慶が熊野水軍を味方に付けようと交渉に来ています。
その熊野水軍の埋蔵金が未だにあると信じられている。
その昔、熊野水軍の船が嵐に遭い白良浜に打ち上げられました。
船の修理に時間がかかるので、多くの宝物を白良浜に隠しました。
その言い伝えにちなんで熊野水軍の宝を探す人気の冒険イベントを企画して町興しをしている。

本当だったら大したものだが、徳川埋蔵金、豊臣埋蔵金も探している御仁もいます。
さて本当に出てくるのか。
旅はおもしろでっせ。

さんま寿司、めはりずし、弁慶の画像はお借りしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして♪ kakomamaさんちからお邪魔しました。カキコミが関西弁なのでチョッと気になり、やはり大阪の方だったんですね 串本の橋杭岩、潮岬灯台は新婚1年目に行った場所で、「結婚記念日に毎年旅行したいね」と言っていたのに、子供が出来るとそうも行かず、だから余計に印象に残っています。またお邪魔させていただきますね♪
sasara
2006/03/15 07:24
おはようございます。

潮風を感じる画像ばかりですね。
今だととても寒く感じますが、
春になると、とても気持ち良いでしょうね。

「さんま寿司」は、一匹使ってあるんですね。
すごいボリューム!
風の旅人さん、お一人で食べられたのですか?
美味しそうですね〜。
食べてみたいです。

風の旅人さんの関西弁(大阪弁?)は、とても親しみがわきます!
話し言葉を、文字で表現するは、難しい!
如月メイ
2006/03/15 08:25
sasaraさんいらっしゃい〜
来て頂きましてありがとさん。

大阪弁で気に入られましたか。\^o^/
やっぱり書いてみるもんやなあ

此処に返事をかくまえにザッとsasaraさんのブログを読ませて貰いました。
御主人が現在単身赴任中だとか、ワテも2度単身赴任を経験しています。
この話を本格的に書くのは、もうチョッと先になるけど、岡山編で書きます。

パソコンの捨て場所?や値切った話など、面白かったですよ。
所でお住まいは何処でしょうか。
そこまでチェックが出来なかった(゚_゚i)タラー

串本方面は新婚時代に行かれたんやなあ
思い出の地になって良かったね。

又と言わずしょっちゅう来てや。
ここでは遠慮はせんでもええからな。
風の旅人
2006/03/15 09:13
おはようございます♪
風さん、旅心を満喫させてもらって毎日楽しいです!!
海辺で育った私は海を見るとなんだかほっとします♪
すごい!!さんま寿司〜☆
私大好きなんですよね〜〜〜〜!!
本場物は格別なんでしょうね〜〜〜〜。
私も風さんの大阪弁好きですね〜(*^^)v
kakomama
2006/03/15 09:21
メイさんおはようさんです。

さんまの姿寿司は1本くらい食べますよ。
鯖の姿寿司になると、流石に1本は無理ですが(゚_゚i)タラー

この時期に発表する海の景色は、やっぱり寒そうやね。
おっしゃるように5月くらいになると、わあぁいいなあ〜ルンルンとなりますが、このブログは季節感を無視したところがあるだけに、勿体ないと自分でも思っています。

昨夜も鹿児島の話がharusikaさんの所で出ました。
薩摩焼きの黒じょがという急須の話でしたが、一気に此処も鹿児島に飛びたくなりましたよ。

府県順に進めているので、急に鹿児島に飛んでしまうのも可笑しいので諦めましたが、気分は鹿児島のおはら節でっせ(笑)
風の旅人
2006/03/15 09:22
kakomamaさんおはよう

さんま寿司が大好物や何て羨ましいなあ
大阪では活きのいい秋刀魚には、お金を出さないと出会えないですよ。
クルクル回っている寿司屋ではなあ(゚_゚i)タラー

一昨年仙台の方からのメールで、秋刀魚のシーズンになると美味しいさんま寿司が出るから、食べにおいでとの連絡がありました。

秋刀魚一匹100円のために、仙台まで飛行機で行くのはどうもなあ(゚_゚i)タラー
しかし仙台と言えば牛タンがある。
秋刀魚のついでに牛タンや。

100円の秋刀魚を食べるために飛行機に飛び乗ったのは言うまでもない(笑)
敵が豪語していただけのことはあった\^o^/
この話は仙台編で書いています。

海は見てるだけでも良いですね。
心が晴れ晴れします。
風の旅人
2006/03/15 09:36
また来ましたよ♪  「斑鳩の里」ご存知ですか? 法隆寺など周りにお寺がたくさんあります、観光シーズンは渋滞に巻き込まれるので、裏道をバイクでチンタラ走ってます
sasara
2006/03/15 13:13
ここの場所は独身の時、慰安旅行で行きました(^^♪
何年前やねん?(内緒です。。。)
でも、町とは違って景色はあまり変わってませんね〜。
若い頃だったので、ワイワイガヤガヤ賑やかで、あんまり美しい景色も目にはいらなかったのでしょうか?
千畳敷は覚えています。
今度はゆっくり美しい景色を味わってみたいです。
風さん、タイトル抜けてませんか??いいのかな?
ぷー
2006/03/15 13:15
白浜は関西からだと割りに皆さん行かれますね。
観光で廻る所が多いのと魚なども旨いし。
さんま寿司は私も白浜へ行った時に覚えた味です。
昨年の正月には晦日の雪で高速がストップ、おまけに
交通渋滞で大阪朝8時に発って白浜着が紅白唄歌合戦が
もう始まっていましたよ。此れで今年の北陸と2年連続で
雪に祟られました。
花咲か爺
2006/03/15 14:52
sasaraさんは斑鳩にお住まいでしたか。
法隆寺には何度も行ってるんですが、何せお寺の入場料が高すぎるので、再々行けません。

そう言えば周辺は吉田寺のポックリさんがあるくらいで、ほとんど見ていないなあ。
竜田川の当たりも通って行くこともあるのですが、裏道は余り通らないなあ
風の旅人
2006/03/15 16:33
ぷーさんスンマヘンなあ
タイトル抜けてました(゚_゚i)タラー

独身時代だったら少なくとも20数年前。
温泉街は様変わりしているはず。

花のOL時代やなあ
花より団子、団子より彼氏\^o^/
一番楽しいかった頃とチャウか。
風の旅人
2006/03/15 16:38
花咲か爺さんまいど〜

毎年正月を温泉宿で過ごされているだけに、話題も尽きないでしょう。
暮れの28日くらいから始まる帰省客は、大晦日の日でも帰りますよ。
特に和歌山は近いだけに、ギリギリまで仕事をするでしょう。
しかも突然雪が降れば大阪の車はまず走れない。
1cmも積もれば高速道路は通行止めにしてしまう。

帰省客に混じって出発したら、行く前から覚悟をしているはず。
でも朝の8時に出発して、着いたのが夜の9時を過ぎているって(゚_゚i)タラー
お疲れさまとしか言いようがないなあ

2年続きでインケツでっか。
勿論今年も又どこぞに行きまんのやろ。
何やったら今から出発しまっか(笑)

さんま寿司美味いでんなあ
脂身が少ないので以外とアッサリしてますなあ
ナンチュウても安いのが嬉しいでっせ。

そやそや忘れていた
めはりずしを書くのを忘れていたがな
チョッこら追加で書きまっさ。
風の旅人
2006/03/15 16:53
此処は独身時代 社員旅行で行きました。懐かしいな〜
おまけに経営者が和歌山出身でしたので、
拝見しながら今は亡き社長の顔が思い出され一寸しんみり。

円月島の近くのホテル(名前忘れたけど)で結婚間もない頃、
主人が(単身で)研修を受けた場所でもあります。
機会があったら出かけた居場所の一つです。

>その時メン玉をかっと開ける様から、
>めはりずしと命名されたようです。
高菜まきのおにぎり 好きで時々作ります。
由来は知りませんでした。一つ賢くなりました。ありがとさん(^^♪


old マザー
2006/03/15 19:21
みなさん1回は行かれているところなのですね〜〜
名古屋から行くときはワイドビュー南紀でいくかな〜〜
三段壁とか千畳敷いきましたよ〜
海がめちゃ綺麗でほんとに吸い込まれそうだった。
そうそう・・サンマ寿司やめはり寿司名産だった。
サンマ寿司はタクシーの運ちゃんにおいしいとこ聞いて買ったっけ?
でも・・よくよく考えたらそのタクシーは会社でそこの店と提携してるみたいだった。個人のタクシーがよかったかも?
ま〜〜おいしかったから良し!!だけど・・。
もうすこし近ければ行きたいな〜
温泉もいいしね(*^_^*)
あっ!! 風さんの大阪弁私も好きです。
旅行行くと大阪の人って大抵わかろもん。
どんどん使ったればいいがねぇ〜"^_^"
まころん
2006/03/15 19:55
白浜は温泉では北陸の山代、片山津などと共に、訪問回数は多い方ですね。最初の訪問は先日の。天王寺発の夜行です。泊まりは白良浜のそばで、名前は「銀翆館」でした。まだあるのかな。明光バスで名勝めぐり「千畳敷」ってほんとに大きなお座敷で、一杯戴けるのかと思ってましたよ。あの頃遊覧飛行機がありましたが、今でもあるのかな?小遣い不足で乗れませんでしたが、あれから何回行ったかな?
 旅行で行き先につまると泊まりは白浜〔または北陸)、日帰りは「長島温泉」と決まってました‥ようです。
たそがれ
2006/03/15 19:58
oldマザーさん今晩は
昔の社員旅行は白浜が定番みたいやなあ
亡き社長が和歌山の方でしたか、えらい所で社長の顔が思い出されて、良かったのか悪かったのか。
こうな話が飛び出すから、面白いのかも知れませんね。
それじゃ今夜当たりは、亡き社長に線香の1本でも手向けて貰いやしょうか\^o^/

円月島の想い出や旦那の研修など、白浜にはかなり思い入れがあるのでは。
一つ此処で当時の話でもして欲しいもんや。
幾らでも場所使わしまっせ。

南紀ではめはりずし、oldさんの住んでいるところでは、このお握りは何というのかなあ
風の旅人
2006/03/15 21:07
三段壁の海は真っ青で綺麗ですね。
ロープを越えて岩角に立ってみると、海に吸い込まれそうになります。
下がどうなっているのか、怖いけど見てみたい(笑)

さんま寿司の美味しい店をタクシーの運転手さんに聞くなんて、旅のプロやなあ
たしかに提携している店にも連れて行くでしょう。
中には親切にお店を教えてくれる人もいますね。
やっぱり地元の人に聞くことやなあ

名古屋方面からなら、新大阪経由の方が断然早いなあ
3時間15分で着いてしまうなあ。
勝浦経由だったら5時間半。
値段はあんまりかわらへんなあ
風の旅人
2006/03/15 21:19
たそがれさんの会社は手詰まりになると、白浜か山代でっか。
こない決まっていると幹事は楽だけど、参加する方はまたかいな!ブツブツ

でも飲めればいいと言う人には、何処でもカマヘンわなあ

遊覧飛行は今でも飛んでいるでしょう。
海の上から風光明媚な海岸線を、一度は見てみたいでしょう。
風の旅人
2006/03/15 21:23
景色の素晴らしさもさることながら〜
色気より食い気のお年頃ゆえ? (;^^;)ゞ
ついつい"さんまずし"や"めはりずし"に目が釘付け〜

さばよりさんまの方が しつこくなく沢山食べれそう
高菜も美味しそうだね〜 やっぱり美味しいご飯あってのもの
...にっぽん人で いかった♪

しかし自殺の名所なんて 返上したいわね〜
昨今は大したワケもなく死に急ぐ馬鹿が多くてうんざり
生きたくたって生きられない人もいるというに・・
豊かさの弊害だね。
そうそう バクバクの胡蝶蘭おおきに〜(爆)
あたしのはどっち?? 結構濃い女だから"右"? クックックッ
プッちゃん
2006/03/15 22:10
食べ物の話になると気が合うのか、直ぐに顔見せてくれるなあ(笑)

今回は大判振る舞いで、さんまとめはりずしを食べてや。
オイオイ油断したら直ぐに2つも食べて(゚_゚i)タラー
もう一人の猫婆さんへの土産?
しゃあないなあ〜

それでも命の電話を書けてきて、助かる人もいるって話でっせ。
そやけど夜中に岩場で誰かが立っていたら怖いなあ〜
助けに行って、一緒に死のうと引っ張れこまれたらカナンなあ

やっぱり元深窓のご令嬢だけあって、品のある方を選んだなあ
と言うことはもう一方は、品がない猫婆さんのものか?(笑)
ワテは知らんでぇ~~~\(^ ^  )Ξ(  ^ ^)/~~~サイナラ〜
風の旅人
2006/03/15 22:25
なぬなぬ??
「さんま寿司」と「めはり寿司」で「黒じょが」でお燗した焼酎をチビチビ・・??
ありゃ?これは和歌山編だったっけ?鹿児島編だったっけ??(^o^)/
harusika
2006/03/15 23:27
ぷっ! σ(^^)元・どぶ板長屋の令嬢や!!

風しゃん なかなか勇気ありますなぁ〜(爆)
ワテかて知らんでぇ〜 ダッシュ!−=≡ヘ(* - -)ノ
プッちゃん
2006/03/15 23:34
harusikaさん今晩は
黒じょがの話は鹿児島編で、芋焼酎片手にやりたいもんや。

あそこはさつま揚げと紅芋でっせ。
あっ今頃出したらネタ不足になる(゚_゚i)タラー

食べ物の話は又ね\^o^/
風の旅人
2006/03/15 23:36
プッちゃん〜いいの いいの
この程度ではあのお方は、ビクともしませんやろ。
と言って覗きに行ったら、塩を撒かれるかも知れないなあ。

その為にこのページは予防線を張って、猫の絵に秋刀魚を出したんやがな(゚_゚i)タラー

後は任せましたで。
先の胡蝶蘭を指名するから、こんな事になるんや。
あぁ 怖ぁ〜
風の旅人
2006/03/15 23:41
南紀はお天気に恵まれると、
ほんまに太陽が燦々と輝き最高に気持ちええよね♪
めはり寿司とさんま寿司は絶対押さえておきたいですよね!
はんなりと・・・(ぷぅ♪)
2006/03/16 22:49
ぷぅさん今晩は

旅行はまず晴れること。
それに限るなあ

快晴だったらシーサイドコースは最高やね。
青い空の色が海に反映して輝く。
キラキラ光る海は本当に気持ちがいい。

それに美味しいものに出会ったときの喜び。
決して豪華ではなくて良い。
普段家で食べるようなもので、これは美味いなあと思えるものに出会ったときは、本当に旅行に来て良かったと思える。

せっかくの旅行だし、たまには美味しいものを食べたいと思うのも人情です。
でも安いものでも美味しいものを探したいなあ。

その点この2点は安くて美味しい\^o^/
風の旅人
2006/03/16 23:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
和歌山・白浜・三段壁落ちたら・・・・ 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる