心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 和歌山・串本・橋杭岩

<<   作成日時 : 2006/03/14 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


串本にある奇岩「橋杭岩」、串本側の海岸から大小約40の奇岩が、約850メートルもの長さでそそり立っており、R42号を海岸線を走っていると、目の前に拡がる橋杭岩は絶景のポイントでもある。




画像

伝説によると橋杭岩(はしくいいわ)は弘法大師と天の邪気が橋架け競争をして、未完に終わったのがこの岩の行列です。










画像


作り話にしても面白いので紹介します。
島まで一晩で橋をかけられるかどうか、弘法大師と天邪鬼が賭けをしたと言う。





画像

弘法大師がどんどん大きな岩を海に放り込んでいったので、あまりの早さに焦った天邪鬼は一計を企てた。










画像  これが大島です


鶏の鳴きまねをして弘法大師を騙そうとした。
朝がきたと勘違いした弘法大師は、ここで作業を止めてしまいました。その為大きな岩だけが残ったという。








画像


伝説は真らしく出来ており、島に向かって40個の岩が一直線に並んでいます。





画像

実際は侵食作用で出来たものですが、潮が引けば途中の弁天島まで歩いて渡れます。
この写真は夕景です












画像

大島です。
今では民謡の串本節で歌われたようなポンポン船もなく、立派な橋で本土とつながっています。









画像







画像

潮岬は串本節で有名な串本町にあります。














画像


本州最南端の位置(北緯33度26分・東経135度46分)にあり、近くの潮岬灯台から見る太平洋は地球が丸く見えます。
沖行く船が次から次ぎに通り過ぎて行きます。




画像















画像















画像


潮岬灯台は明治6年の初めて灯がともされました。
それ以来100余年の間、沖行く船の安全灯として、今尚照らし続けている。




画像

灯台の中も見学できます。
68段の螺旋階段を上りると、眼の前に太平洋の大海原が広がります。(高さ19.55m、光度130万カンデラ、光達距離19.0海里)








画像















潮岬は台風銀座とも呼ばれ、毎年幾つかの台風がこの辺りを通過します。
眼下に見える海も普段は大人しいですが、一度荒れ狂うと大波が打ち上げている姿を、よくテレビの台風情報でも紹介しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
♪〜ここは串本 向かいは大島仲をとりもつ 巡航船〜♪
・・・巡航船も、今は無いのですか!
沢山の写真を見せていただき、またまた、行って来たような
気分です。ヽ(^o^)丿
めざまし時計fuu
2006/03/14 08:15
お(^0^)は(^◯^)よ(^0^)――――☆
♪ここは串本〜♪って書こうと思ったら
めざましさんが書いてた(^^ゞヘヘヘ
串本(南紀)には、釣りに行きます。といっても、本格的に船に乗ってっていうんじゃなくて、遊び程度の一泊ドライブ旅行って感じです。太陽が燦々と輝くR42!潮岬から見る風景も絶景ですよね〜。ううっ!また行きたくなってきた〜(^o^)
ところでっ!HNが紛らわしいですよねm(__)m
新参者ですので、こちらではブログ名のはんなりさんで参ります。よろしくです〜。
はんなりと・・・(ぷぅ♪)
2006/03/14 09:24
ほんとうに毎回旅をした気分になります♪
すごい岩ですね〜〜〜〜!!もうびっくりです(@_@;)
それにしても、すごい知識!!
頭の中、爆発しませんか〜〜〜〜????(笑)
kakomama
2006/03/14 09:28
おはようございます、旅人さん!

ここ数年、海を見てませんね。
いつも旅行気分が味わえて、とても楽しいし、嬉しいです!

いつ頃、行かれた旅でしょうか?

前記事では、詳しい情報をありがとうございます。
サークルの方は、バスツアーで行かれました。
33ヶ所も88ヶ所も行かれましたよ。
掛け軸、白装束(?)に印を押してもらったと、
おっしゃってました。
すごいパワーですね。
如月メイ
2006/03/14 10:42
めざまし時計さんコンチャ

いきなり串本節ですな\^o^/
立派な橋が出来て巡航船がなくなりましたが、島の人達には便利になりました。

日本中で島に橋が架かっているのが見られます。
陸続きになったことで、大変便利になったと喜ばれておりますが、残念ながら島の雰囲気はなくなってしまいましたね。
これも仕方がないですなあ
風の旅人
2006/03/14 14:27
はんなり(ぷぅ)さん今日は
HNはですね。貴女の好きなもので構いませんよ。
このブログに訪問される中で、実はよく似た名前が4人もいらっしゃいます。

ぷぅさん、ふーちゃん、ぷーさん、ぷっちゃん。

ワテも間違いないように気を付けていますが、お気に入りの欄に住所を添えています(゚_゚i)タラー

串本にはよく行かれるというのは釣りだったんだ。
夜中に出発して殆ど寝ないで釣って、夕方から夜にかけて帰ってくるコースですやろ。
大台ヶ原越えのハードなコースやなあ

R42のシーサイドコースはドライブには最高ですね。
此処には山道を走る高速道路はいらんでぇ
海を見て走りたいですよ。
風の旅人
2006/03/14 14:37
kakomamaさんコンチャ

記憶していることもありますが、細かい数字は資料を見ます。
そうでなかったら頭がパニクリますよ。\^o^/
風の旅人
2006/03/14 14:40
メイさんまいどで〜す。
この写真に使った橋杭岩の写真は03年の10月と、05年の4月です。

ここ数年も海を見ていないのですか、たまには潮風に吹かれるのも良いですよ。
今年の春には海を見に行ってくださいよ。
海を見ているだけで、心も晴れ晴れします。
何せ海のない県で育ったせいか、海を見るのが大好きです。

御朱印というのかなあ、死んだときに棺桶に一緒に修めて貰うようですね。
準備万端はいいのですが、ワテの母親が死んだ時、何処にしまってあるのか分からずに、結局持たせてあげられなかった(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/03/14 14:52
きれいな海ですね〜!
橋杭岩のお話も楽しいですね。
私も海が大好きで、今の家は海まで歩いて15分というところが気に入りました。御前崎までは車で30分、とってもいい所です。
御前崎灯台もいいですよ〜(*^_^*)
ぷー
2006/03/14 19:19
ぷーさん今晩は

海の近いところにお住みですか。
ワテは海が見える高台に住みたい、これが永年の願望ですが
無理ですわ。

今は町中の周りは家家家家
        家家家家
        家家家家
        家家家家の連続です。(゚_゚i)タラー

東名高速を走ると目的地に行ってしまい、御前崎には立ち寄ったことがありません。
その近くの焼津のICを降りて直ぐの市場には2度ほど立ち寄りました。
ここでもやっぱりマグロですわ。

あとは沼津から富士周遊、箱根や伊豆に向かう時は一般道を走りますが、浜松から静岡にかけては殆ど空白やなあ

今日の昼のNHKで大井川鉄道のSLを中継していましたが、あんなのを見ると行きたくなります\^o^/


風の旅人
2006/03/14 19:58
 本州最南端、懐かしいです。夜23時頃の夜汽車で総長に那智、の戻りコースで昼に潮岬、夕方白浜で泊、翌日午後準急「はまゆう」で京都か奈良まで直行で帰りました。昭和30年代でSLの頃紀勢線は新宮あたりが終着でした。
 今日の大井川鉄道のSLのC−11は、国鉄の頃わが町を走っていたのと同型です。もうあかんわ‥止まるぞ、押してやろうか?などと、からかわれながら坂道を登っていました。
たそがれ
2006/03/14 21:19
たそがれさん今晩は
昔は夜汽車がありましたね。
早朝に南紀に着く列車、釣り客はこの電車に乗って釣り場に向かわれました。
今は長距離の夜行列車は、一部を残してほとんど廃止になっています。

ワテも独身の時期2年ほどですが、滋賀の守山に住みました。
仕事が終わった後仲間と飲み屋で騒いで、深夜の12時くらいかな?大阪発新潟行きの夜行列車に、飛び乗りました。
守山に着いたら1時を過ぎており、家まで4kmもある真っ暗な夜道をトボトボと歩いて帰りましたがな。

昭和30年頃だったら蒸気機関車は、東海道線でも入っていたのでは。
電化は何時だったかなあ?
確かその頃だったはず。

関西線などは最後まで電化が遅れたので、40年代でも蒸気機関車が走っていましたよ。

風の旅人
2006/03/14 22:13
お邪魔します。
コメントありがとうございました。
おぅんごぉる
URL
2006/03/14 22:45
おぅんごぉるさん いらっ〜しゃい

お茶も出ないところですが(゚_゚i)タラーゆっくり覗いていってや。

そのうちPhotShopで分からないことがあったら、訪問しますので教えてください。
風の旅人
2006/03/14 22:51
あのぉ〜 あたしの名はカタカナよん! (^^ゞ
串本節でもと思いましたが 先客の方々もいらっしゃいますし
皆さんとこの"ぬかみそ"腐らせても悪いから 止めときますわ〜(爆)

そ、そ、潮岬南南東 北緯32度 東経。。。なんて台風情報で
お馴染みの・・ 写真では初めて見ますけど 此処って(奇岩)
国定公園とかじゃなかった??  むかし切手でみたような景色??
台風は頂けないけど 水平線や海の碧さ、気持ちいいーーーっ♪
プッちゃん
2006/03/14 23:00
カタカナ名やったなあ
すまんのう

なんせ同じような名前が増えてきて、でも4人とも少しずつ違うから助かっている(゚_゚i)タラー

糠味噌腐らせても良いから、美声で歌ってや。
ハラ ヨイショ〜ヨイショ〜

潮岬そのものは国定公園ではない。
吉野熊野としては昭和11年2月1日に、国立公園に指定されている。
しかし吉野熊野となっているから、この潮岬は指定外でしょう。

切手で灯台は観音崎灯台でしょう。
風の旅人
2006/03/14 23:16
四方を山に囲まれた奈良に住んでいると、海の風景に つい過敏に反応してしまいます。
幼い頃、海の近くに住んでいたこともあるからでしょうか、潮の香りを思い出すだけでも胸が躍ります:+.゚(*´□`*)゚.+:わぁ〜い!
ところで、この写真は初夏でしょうか? 日や時間によって水面の色や空や雲の表情が違って見えるのが不思議ですね(^^♪



harusika
2006/03/14 23:21
この写真は上でも書いている日時は間違っていました。
1月と10月の2回分です。
青空は03年10月の16時に撮影しています。
夕景は01年1月で16時に撮影です。
同じ午後4時過ぎの写真でも、季節によって日差しが違いますね。

生まれは奈良と違うのですか。
それやったら海を見ると心躍るでしょうね。
風の旅人
2006/03/15 00:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
和歌山・串本・橋杭岩 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる