心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良・二月堂 お水取り

<<   作成日時 : 2006/03/12 03:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

画像


奈良東大寺の二月堂では、3月に入ると修二会(ちゅにえ)が始まる。
これがお水取りです。
関西ではお水取りが終われば春が来ると言われています。

お水取りも14日までとなり、今まで一度も行ったことがない。
やっぱり本や新聞からの知識より、この目出見ないことには、人に話しも出来まへん(゚_゚i)タラー



画像



そこで好天に恵まれた土曜日、家を3時に出て奈良に到着したのが4時でした。
7時からのお松明にはまだ時間がある。
そこで大好きな奈良町を散策してきた。




画像


奈良と言えば筆作りが盛んな土地。
店先を覗いてみたら、大きな筆がぶら下がっている。
店の中には筆や墨などが並んでおり、最初100均で買った筆を使っていたが、この前やっと奮発して筆を買い換えたところや。

もう一本買いたいところやが、やっぱり小遣いが少ない身。
此処でワテが思いつきで買うと小遣いが減る、今度嫁はんを連れてもう一度来たろ\^o^/




画像

ブラブラ歩いていたらジンチョウゲの花を見つけた。
鼻を近づけたらいい香りが漂ってくる。










画像

オカキ屋を覗いてみた













画像


懐かしいニッキ水なんかを見つけぞ。





画像

南天が店先にあるなんていいなあ












画像

軒を延長して、通路にしている。
奥には長屋かな?











画像


路地を歩いていると、白壁と板塀で作られた屋敷に出た。
造り酒屋かなと表に廻ったら、大きな看板が掛かっていた。






画像


「古梅園」
何をする商売なんだろう。
店を一寸覗いたら、奈良墨を作っておられる店。
墨1本が1365円〜115500円まで。

えっ墨が11まんごしぇんごひゃくえん〜
凄いもんでんなあ
小学校時代に使った墨は、固くてなかなか墨が濃くならへんかった。
あれで習字が嫌いになったんや(゚_゚i)タラー






画像







画像

小料理屋の店の佇まいや、食堂の看板を見たら読まれへん。
これ何と読むのかなあ
鮑腸汁(ほうちょうじる)と書いてある。
なんやろなあ
写真があるので見たら、どうもうどんの長いものらしい。
何処かの殿さんが食して美味かったとか。
珍しいものがあるもんだ。




画像

1枚目の花の名前を馬酔木と書きましたが違っていました。
こっちは何だろう?
これもエエ加減な話ですが、知っている方がいらっしゃったら教えて下さい。直ぐに書き込みまっさ。(゚_゚i)タラー











画像


奈良町の中に白い建物を発見。
店の前に看板があった。
ネエちゃんが怪しげな雰囲気をしている写真。

店の前にオッチャンが二人おったので、話しかけてみる。
ここ何でんねん
ストリップ劇場や。
ニイちゃん入りいなあ

イヤ今日は奈良町の写真を撮った後、お水取りに行くんや。
覗きたいけど又今度にしまっさ \^o^/

てなわけで奈良町の中で、この店は数十年の歴史があると言うことが分かった。
ついでに一枚撮らしてや。
ほなパチリ。






画像


歩道にボケの花?をみっけ。
小さな花ではあるがなかなか存在感のある、真っ赤な花を咲かせている。
これも何かのためになるだろう。
ほなこれもパチリ。




画像

猿沢の池までくると興福寺の五重塔が池に映えている。
此処の位置から見る五重塔はなかなかいい。









画像

東大寺の門をくぐって二月堂への道を登りだしたら、お松明を見に行く人達の列が続く。









画像


人の流れが自然と二月堂へ続いているので、知らない人が来ても道に迷うこともない。
到着した時は時計は5時半を指していた。
二月堂前は大変な人で埋まっている。

火の粉をかぶる場所には到底近づけない。
お松明が始まるのは午後7時と聞いている。
1時間半をこの場で立ってみるわけか。
こりゃ大変やなあ

取り敢えず地べたに座るしかない。
下に敷くものさえ無し。
ここら当たりが素人やなあ(゚_゚i)タラー
イッチョらのズボンでもないけどしょうがない。
やむをえんなあ\^o^/

でも直ぐに会場が超満員状態になった。
座っている人は立って欲しいとのアナウンス。
ありゃりゃ
そのとき6時。
オイオイ1時間満員電車のすし詰め状態で立ってろだって。
そんなご無体な〜

しゃないなあ
ホンマに自分の手も自由にならへん。
うっかり動かしたら、痴漢呼ばわりされてもイカン。
こりゃ困ったコッチャ。

またまたアナウンス。
○○チャンという子供さんが迷子です。
この放送が傑作やった。

お心当たりの方は【お松明が終わったら、警備本部までお越し下さい】

そりゃそうやなあ
親は子供を捜しているだろうが、この会場の中だったら出られないぞ。
直ぐに来いと言っても無理やなあ〜
これで会場は爆笑。

迷った子供も災難やで。
親は迎えに来ないし、飛んでもないコッチャ。







画像

待ちに待った7時がやってきた。
境内の電気が消えて、お松明を持った若僧が階段を上がってくる。
お〜ぅ〜とどよめきが起きる。
火の粉が舞い上げると、容赦なく振り払われて下に落ちる。

この火の粉をかぶると一年間無病息災でいられるらしい。
その為に二月堂の真下に陣取るわけです。








画像


合計10本のお松明が二月堂の廊下を走る。
火の粉はその度にバッババッと落ちてくる。
回廊の天井が燃えるんじゃないかと心配になるほど、火の勢いは凄い。





画像


写真で見ると一寸遠いので、凄さがイマイチ分かりずらいかも知れない。
そこで友人が携帯で撮った写真を送ってくれた。
真下で撮っているだけに、、やっぱり凄いなあ









画像


商店街の中でポスターが飾られていた。
これも参考までに載せさせて貰います。

なお、明日の日曜日は大変混雑するとの予想です。
その為二月堂への通路は一方通行になるとか。
こりゃ大変でっせ。

修二会「お松明」誘導路についてご注意 !

二月堂の下にある「お松明」を見ることの出来る広場には、3千〜4千人の人が入れます。しかし、3月12日には毎年2万〜3万人の方が来られるため、警察官の誘導により、やむを得ず、交代で見ていただかざるをえません。

このため、二月堂周辺に設けられた「誘導路」に入っていただき、順番を待って「お松明」をご覧いただくことになります

と言うことで、明日お越しの方はご注願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
一番乗りですか?
「お松明」身に行ってきはったのですね。
凄い人でっしゃろ。あんなとこいっぺん行ったらもう行かれへん。
20年前に行ったきりや。

ところでなあ 写真の花「馬酔木」とちゃうで。「沈丁花」やで。
s・s
2006/03/12 09:47
花の名前がチャウでとのご指摘、どうもスンマヘンなあ
早速修正しておきまっさ。

昨日の混みようは大変でした。
1時間半前に会場に入りましたが、それまでは人の後についてスイスイでした。
会場の中心には行けなかったが、まあ何とか見られる場所だった。

でも30分後には身動きがとれず、アップアップ状態。
土日には行くものじゃないなあと思いましたよ。
風の旅人
2006/03/12 10:14
私は、奈良は何もない時に出かけます。
奈良町も、静かで奈良の雰囲気をかもしだしていますね〜。
大阪の家からは、大和路線で一本なのでよく出かけますよ(^^♪
奈良の鹿さんともお友達です(^ー^* )フフ♪
風さん、お疲れ様でした。。。
ぷー
2006/03/12 10:17
奈良まで1本で行けると楽やなあ

ワテは電車の乗り継ぎで1時間。
車だったら30分の距離ですが、駐車場が混んでいたらと思うとやっぱり電車になります。

奈良町は行くたびに新たな発見をします。
まだまだ知らないところがあるやろなあ
風の旅人
2006/03/12 10:20
おはようございます。
現実からタイムスリップしたかのような風情ですね。
きっとこんなゆっくり落ち着いたところを歩いて
美味しい空気を吸うと人間も穏やかな優しい人に
なるんでしょうね。夫の定年後にはこんな旅ができるような
環境になっていたいものです。。。
ところでこのデジタル書に書かれている文字は風旅さんの
直筆になるんでしょうか?
薫衣草
2006/03/12 11:46
こんにちは
凄いですね。デジタル書は火の雰囲気が出てて
素敵です

まだお水取りは行った事がないんです
でもお水送りの神宮寺と水を送る場所(川)は
行った事がありますがその行事は未だお目にかかって
おりません(T_T)って結局何も知らないんです(-。-;)
虹はん。
2006/03/12 11:47
ラベちゃんまいどで〜す。
雨の日曜日になりましたがそちらも雨でしょうか。

奈良町は繁華街の側にありますが、少し中に入ると静かな街並みがあります。

お水取りも今年で1250回目だとか。
昔から同じようなスタイルで、やっているのでしょうね。

御主人の定年後はゆっくり関西にお越し下さい。
でも仕事人間だったら、遊びは後回しかも。
惚けないような手だても必要だし、こればっかりは成り行きで決めるしかないですね。

一部他の方の作品があります。
他人の作品にはブログに書いていますが、殆どワテの自筆です。
風の旅人
2006/03/12 12:15
虹はんコンチャ

二月堂のお水取りで燃やす松明は、土曜日は10本で20分間のショーでした。
今日の日曜日は最大のクライマックス。
何本出るのか分かりませんが、人出がねえ(゚_゚i)タラー

行くのなら平日です。
奈良駅から徒歩30分。
バスも出ていますが、それより東大寺の駐車場に車を止めた方がいいですね。

まあ大変ですわが実感です。
風の旅人
2006/03/12 12:28
こんにちは。
二月堂のお水取り・・・行って来たのですね!!
混んでいたでしょうね。
夜になる迄の時間を、有効に利用しての散策写真がいいねヽ(^o^)丿
めざまし時計
2006/03/12 14:05
めざまし時計さんまいど

土曜日だから混んでいましたね。
今度行くとしたら、平日にしたいなあ
そう思うほどの人混みでした。

奈良町を散策するのも、最初からの計画でした。
後の人混みを考えると、最初から二月堂に行くべきでした。

お陰で家に帰るときは、足腰には身が入ってガクガクですよ。

風の旅人
2006/03/12 14:12
初めまして!今度奈良へ行くので勉強させていただきました。お水取りを一生に一度は見たいと思いましたが、それほどの混雑だと断念したほうがいいですね。
ヤンハー
2006/03/12 14:44
ヤンハーさんおいでや〜す。

関西弁を研究しておりまんのんか。
元関西人としても面白い取り組みでんな

関西の春を呼ぶ行事の二月堂修二会。
東京からでは大変ですが、一度お越し下さい。
まあ来る時は平日が宜しいなあ。

東京の六地蔵の話。
興味深く読ませていただきました。
とげぬき地蔵の直ぐ近くにある染井霊園に、ワテの先祖の墓がありまして、春秋のどちらかで墓参りもしています。

次回行くときは6地蔵の三番目、見に行って来まっさ。
風の旅人
2006/03/12 16:13
 はじめてお邪魔します。アルバムの「哲学の道」「嵯峨野」「湖東三山」
など拝見させて戴きました。先日「草津温泉」行って来たので、これからこれも見せて頂きます。奈良は近いのに実際の「お水取り」まだ見てないの出、興味深く見せて貰いました。
 申し遅れましたが私は琵琶湖の南の山ん中、「やきもの」と「お茶」が売り物のところが住処で「タヌキ」が我が町のトレード・マークです。
 ブログはbigとgooの2箇持っています。bigの方を認証で、コメントさせて頂きましたのでご来訪戴ければ幸いです。
 bigは日常の日記帳、地域のこととか家庭菜園作りなど‥
 gooは青春時代から中年時代の思い出‥シネマや音楽などが主体で、現実を離れて50年ほどタイム・スリップして若返りの時間です。
 gooの方も よろしければこの次にでも、URLお知らせします。
 とりあえずbigの私のブログ、お待ちしています。
 初めてなのに長文のコメントお許し下さい。よろしく御願い致します。
たそがれ
2006/03/12 16:29
そうですよ。関西人は、何と言っても、奈良のお水取りが終われば春って言うのが、挨拶がわりですよね。
奈良って、筆が盛んなのね。今の風さんにピッタリですね。
ボケの花も、こちらでは、鉢植えで見るけど、これは、奇麗ですね。

2006/03/12 16:52
たそがれさんいらっしゃ〜い。

狸の里でっかいな。
ワテの田舎はそれより東に50km、Y市ですわ。
今はけったいな名前に代えよって、困ったもんだす。

湖東三山はワテの庭でっせ。
あの当たりを荒らし回った山賊とはチャイまっけど(笑)

日本全国アッチャコッチャに行っては、アホなコメントを書いています。

湖国の記事が少ないけど、そのうち他が終われば戻りますよって、お待ちくだせえ。
風の旅人
2006/03/12 17:09
心さん大阪は雨で〜す。
朝からズッと雨。
しかも昨日に比べて寒いから、何処にも行かずに家の中。

ボケの花が綺麗でしょう。
道路際の街路樹ですよ。
奈良はこんな所が好きやなあ

花のある風景はホッとしますね。
風の旅人
2006/03/12 17:12
お水取り行かれたんですね〜〜〜!!
さすがです!!
もういたれりつくせりの記事ですね〜〜〜〜〜♪
なんかこれで行った気分になってしまったわ(*^^)v
もう、充分満足で〜〜〜〜〜す☆(笑)
kakomama
2006/03/12 17:33
kakomamaさんまいどです
お水取りを始めて見に行きましたで。

至れり尽くせりは実況中継みたいなもの、今日あった事くらいなら、少しは記憶に残っているからです。

やっぱり今日出会ったことなどで、文章もスラスラ行きますが、古い話になると記憶忘れもあります。

もうこれで充分?
そりゃアキマヘンで。
楽しみは取っておかないと\^o^/
風の旅人
2006/03/12 17:40
お邪魔します みなさん、楽しそう〜(^ー^* )

風さん、お久しぶりです
奈良に行った気分を味わえました(^ー^)

うまいことコメントできませんが
余裕の無かった自分にちょっと気づいて・・・
(´▽`) ホッ ってできました♪
もりちゃん
2006/03/12 17:57
もりちゃんホンマに久しぶりやなあ
青森はまだまだしばれるでしょうが、春はもうチョッとでっせ。

雪は少しは少なくなったんかなあ
この冬ストーブ列車に乗りたかったけど、やっぱり青森の地吹雪は半端じゃないし、五能線も不便で乗りずらいしで
行けなかった。
一応計画だけはしたんですが、我が相棒がもう一つ乗り気じゃないので、今年は断念しました。
八戸だったら雪もそんなにないかな\^o^/

コメントなんか上手も下手もないで。
此処に来たときは、ブログとは関係ない話で良いから、故郷便りでも書いてくれた方が、ズッと楽しいでっせ。
又来てや〜
そっちにもそのうち顔出しまっせ。 


風の旅人
2006/03/12 19:43
風さん、大変な人出だったでしょう?
私は1時間前に行ったのでsuga、平日でもあり幸運にも人の波に押されて欄干の下近くまで辿り着きました。地元の人は、土・日の人出を知っていますから、早くから場所取りするか平日に行く人が多いようですね。
今夜のお松明は、7時30分から45分間、今頃 大歓声が聞こえていることでしょう。
普段より大きいし本数も多いく時間も長いので迫力もあると思いますが、相当な覚悟が要りますし近くで見ることが出来たらラッキーと思わねば…(^^ゞポリポリ
harusika
2006/03/12 19:55
昨夜は好天に恵まれましたが、今夜は寒いし雨の中。
果たしてどのくらいの人出が出るのか。

今夜は開始時間も遅くてしかも長い。
こりゃ見物やなあ
でも昨日の混み具合を考えると、もうええわ。(゚_゚i)タラー

1時間半でも遅かったなあ(゚_゚i)タラー
それ以上は待ちくたびれまっせ。

今度行くときは平日にしまっさ。
風の旅人
2006/03/12 20:07
はじめまして!「お水取り」、私も11日にその場所にいたのです。一度見たいと思ってたのがやっと実現しました。1泊2日のツアーで秋篠寺、光明寺に参り二月堂に行き火をつけられる前の青すぎの「お松明」を見てきました。夕食を済ませ5時半位に二月堂へ。もうすごい人で押されるまま前ヘ進むのみ。1時間半じっと待った甲斐がありました。すごい勇壮な火の舞。デジカメに収めましたがトホホ状態。風さんより少し前のほうにいたようです。沢山の旅の写真を見せていただきました。私も旅大好きです。時々お邪魔します。楽しみにしています。
すみれ
2006/03/18 23:02
すみれさんいらっ〜しゃい〜

11日のお水取りを見に行っていたのですか。
同じような時間帯ですから、見ていた場所も近いですね。

ワテは後に白壁がありましたが、その角にいました。
最初はもう少し前にいましたが、灯籠が邪魔になる位置でした。
それで後に下がって、どうにか見える位置でしたが、やっぱりもう少し早く現地に行くべきでした。

今回はツアーですか。
秋篠寺、光明寺に行かれたのですか。
どちらもこの時期は静かなお寺だったのでは。

すみれさんも旅が好きな方なら、随分色々と廻ってこられたのでしょうか。
また旅にまつわる話、良かったらバンバン載せてください。
楽しみにしています。


風の旅人
2006/03/19 00:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
奈良・二月堂 お水取り 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる