心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良・柳生の里・春の坂道

<<   作成日時 : 2006/02/06 01:43   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 17

画像

柳生の里が脚光を浴びたのは、NHKの大河ドラマ「春の坂道」からである。
昭和46年放映された時は、観光客が連日押すな押すなの大賑わい。




画像
柳生の町に入るとまず目につくのが家老屋敷。
幕末の柳生家家老、小山田主鈴の旧宅です。
広い石塀が見事である。
この旧宅を使って山岡荘八が「春の坂道」を書き上げた。画像

向かいの小高い山を登ると、柳生石舟斎が切ったとされる一刀石がある。
小説では宮本武蔵がこの石の切り口を見て、柳生の奥深さに驚愕したという。
成るほど刀ですっぱり切ったように割けている。
とてもじゃないけれど、こんな大きな石を刀で切れるわけがないが、古くからそのように言われているのが面白い。



画像

近ごろこの地には菖蒲の里もオープンした。
春には桜、ツツジに菖蒲、紫陽花と言った花が咲くので、観光客も戻ってきた。





画像



画像












画像












画像









紫陽花の時期になると園内は紫陽花一色に変身する。

画像


ツツジの花も園内を盛り上げます

画像









睡蓮が咲くとまもなく暑い夏が来る

画像










町の入り口に昔ながらの酒屋さんを見かけました。
銘酒「春の坂道」大河ドラマでお土産用に出来た酒でしょうか。
今尚この名前を見かけられるのも柳生の面白さですね。

画像

その後子連れ狼でも拝一刀が柳生と対戦したし、宮本武蔵も柳生の里を訪れています。
皆さんも今年当たり柳生に来てみませか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

柳生…。
どうしても裏柳生→子連れ狼って連想しちゃう。(笑)
萬屋錦之介のTVシリーズの子連れ狼は全編ビデオに撮ってある。
時間が出来たら、ゆっくり見ようと思っているんですが、
見れるようになる前に、ビデオデッキがダメになりそう…。
もう、DVDやHDの時代だもんなぁ〜。
THELO
2006/02/06 06:30
菖蒲奇麗ですね。
こちらでも、以前、私、HP公開してた時に菖蒲園出した事あるけど、
これからは、四季の花が、撮れるから、私みたいなデジカメオンチでも、
楽しみな季節だなあって思っています。

2006/02/06 11:07
セロさんの書き込みで子連れ狼を思い出しました。
柳生との壮絶な戦いを描かれていましたね。

撮りダメしているビデオも、時間がないと見られませんなあ
そうかと言って放るわけにもいかず、貯まる一方ではないかなあ
風の旅人
2006/02/06 11:36
デジカメは枚数を気にしなくて良いので、バンバン撮って下さい。
その中から良いものだけを発表すればよい。

昨年行ったときは菖蒲の名札を撮ってから、花を撮りました。
同じような種類は見た目では違いが分かりません。

花を撮るときはまず名札を撮ることで、こうすることで後々便利ですよ。

心さんが撮ってくる四季の花、楽しみにしています。
風の旅人
2006/02/06 11:41
"柳生の里”・・・家老屋敷が残っているのですね。
結構、大きくて広そうですね。
>柳生石舟斎が切ったとされる一刀石、話には聞いていましたが
始めて見ました。
(元々、ヒビの入った石だったのでなかったか?)・・・(*^。^*)

そう言えば、俳優の「柳生 博」さんは、柳生家の子孫だとか?
めざまし時計
2006/02/06 13:11
萬屋錦之介・・あの渋い演技が大好きです。

私のブログでは書けなかった浮気の考え方
1素人と寝たら1度までそれ以上はどんな相手でも
情が移るから
2 病気をもってこない
3子供をつくらない
4バレないようにする それが出来なかったら
するな!ですね

で〜1度くらいの浮気は仕方が無い
でもその1度が本気なら離婚します。

では また〜〜〜^^

関係がないレスで失礼しました。
このレスで風さん 納得してもらえましたか??
野澤菜っ葉。
2006/02/06 13:42
柳生石舟斎が切ったとされる一刀石?
こんなもん見るとワクワクしますね。
見ると聞くとは大違いなんて事も言いますが、こんな大きな石が、一刀の元で切れることはない。
と断言してしまうと面白くない。

やっぱり嘘と分かっていても、なるほどなあ〜
柳生流宗家だったら切れるんやろか?

兜切りと言うのは戦国武将の話の中にも出て来ます。
でもこの大石ではなあ。
ロマンですねえ。

俳優の柳生博さんはそのように聞いています。
元を正せばお殿様だった。
そう言えば端整な顔立ちをしておられる。
風の旅人
2006/02/06 15:47
菜っ葉ちゃんのレス歓迎や。
何処でも書いてや。

萬屋錦之介さんの渋い演技が好きやったんか。
顔に似合わず渋好みやなあ。
じゃあパチ業界に言って、子連れ狼の台を作ってもらおうか。
冥府魔道の台なんてどないや〜
ハマったらドツボに落ちる台やったら納得やろ(笑)

菜っ葉流浮気処方箋。
確かにその通りやなあ
余りガミガミ言っても浮気の虫だけは治らんやろ。
一度目は片目でもつむった方が良いかも。

菜っ葉ちゃんの所でこれを書くと、旦那が見ているから困るやろ。
旦那が読んでよし1回ならええんやな。
何て事に成りかねない。
折角掴んでええ旦那や、しっかり掴んでおきや。
離したらアカンで。
風の旅人
2006/02/06 15:59
はぁ〜〜〜いぃ^^
1回くらいはOKとは口が裂けても
言えないのでね^^

子連れ狼。。。どんなリーチが激アツになるのか?
それはそれで面白いかも?
当たればなんでも面白いけどね^^
野澤菜っ葉。
2006/02/06 20:15
そりゃ旦那には言えまへんでぇ\^o^/

激熱モード突入時に、シトシトピッチャン シトピッチャン
この歌でどないや〜。

大五郎が出て来てチャン〜〜〜と叫んだらいよいよ拝一刀登場や。

小高い丘の城跡の崩れかけた東屋で、その子は父を待っていた。
この日の朝には帰るはずの父であった。
それが三つ目の朝となり、四つ目の夜が来て、
五つ目の朝が雨だった。

しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん
しとぴっちゃん
悲しく冷たい 雨すだれ
幼い心を 凍てつかせ
帰らぬちゃんを 待っている
ちゃんの仕事は 刺客(しかく)ぞな
しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん
しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん

菜っ葉ちゃん夢中になりなや〜
菜っ葉の財布もシトシトピッチャンにならんようにな(笑)
風の旅人
2006/02/06 21:44
(ノ゜ο゜)ノオオオオォォォォォォ-

なかなかいい感じのパチ台にしあがっているね^^

パチはパチ貯金の範囲内でやっているから
大丈夫だよ^^
でも この前負けたから。。。
しばらくお休み中です・・・

柳生の話から大分ずれたから・・・
私はこれにて・・失礼します^^:
野澤菜っ葉。
2006/02/06 23:09
柳生の話?
そんなもんどうでもええで。

ブログの面白さは、話の発展にあります。
本題があっても構まやせん。

ワテの所だったら好きなこと書いたらええねんで。
遠慮しないで書いてや。\^o^/
風の旅人
2006/02/06 23:13
花が好きなのでつい花の写真のほうをみてしまいます。
菖蒲の写真いいですね。!とてもきれいです。
こんな写真を背景にしてデジタル書を作りたくなりました。
是非、体験が終わったら作って見てくださいね。
風さんはやはり良いカメラをお使いなのでしょうね。
腕がいいことは言うまでもありませんが。
私はデジカメで写しかたは下手です。
野薔薇
2006/02/07 00:00
柳生⇒春の坂道⇒奈良の美味しいお酒(^^♪
 =奈良広報委員より=
harusika
2006/02/07 00:07
ワテは人から見ると、どうも花より団子の方に見えるらしい。
本人はそうは思っていないんやけど、どうも食う話には飛びつくらしい(゚_゚i)タラー

各地を彷徨い歩いていると、野辺に咲く花を時折写します。
それも派手派手ではなく、そっと寄り添うような花が好き。

ところがイメージというものは恐ろしいものでして、お前には花は似合わない。
まあこういう事をおっしゃる方もおられまして、ワテも意地でも花を撮ってくるぞと勇ましく、家を出ることもしばしばでございます(笑)

今回の柳生シリーズでは、菖蒲だけを撮ったものを発表したいと思っています。
よく似た花芽ですが、違いが分かれば結構かと思っています。


風の旅人
2006/02/07 00:09
奈良広報委員さん〜
まるで広報誌の宣伝みたいでっか?

何んやったらお礼に柳生の地酒でも、1本持ってきてんか。頼んまっせ〜\^o^/
風の旅人
2006/02/07 00:21
風さん、おはようございます。
きれいですねぇ〜お花!
四季折々のお花が咲くんですね

そう言えば・・・「子連れ狼」でしたっけ?
遠い記憶ですが・・・
♪しとしとぴっちゃん しとぴっちゃんなんですね
私ずっと・・・
♪ひとひとぴっちゃん ひとぴちゃんだと思ってました(^^;;
(⌒▽⌒)アハハ!
ひとみぃ
2006/02/07 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
奈良・柳生の里・春の坂道 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる