心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 兵庫・闘竜灘

<<   作成日時 : 2006/02/20 00:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

加古川の上流にゴツゴツした岩があるところが闘竜灘。
日本で一番は焼く鮎の解禁場所として、釣り人には有名。







画像

上流は岩もなく平坦だが、この場所だけは大きな岩場になっている。
その為岩場で狭くなって急流になる。
そこを鮎が登るわけだから鮎も大変です。






画像
大変と言えば此処の漁法には珍しいものがあります。
鮎もそうですが川魚はご存知のように上流へ上流へと登ります。
瀬があると飛び越えていきます。
その習性を利用したのが、飛びアユを捕まえる仕掛け漁があります。
「『筧(かけひ)漁』と言って、滝(瀬)を登る時一気に登れず失敗するアユがいます。





画像
その習性を利用して、人工的に脇道を造り滝も造ります。
ピョンと飛び跳ねて登るのを失敗したアユは、流れに任せて下りますが、その時にアリ地獄のような穴に導きます。





画像


近年はアユの遡上も少なくなり、以前のようには獲れなくなったと聞いています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
加古川にこういう川があったのですね。
知らなかったわ。
川にこんなに岩があるのは、珍しいですよね。
でも、魚も自然にこうして生きていくのね。
私らは、ただ、おいしいって言って食べてるだけだけど。
鮎は、我が家は、好きですよ。
でも、川魚は、少し、生臭いとこが、あるけど、釣ってそこで食べるのは、最高ですよね。

2006/02/20 14:23
心さんコンチャ
大阪は朝から雨が降り続いています。

加古川の上流にある竜野当たりです。
この辺りだけゴツゴツした岩がむき出しており、前後は平坦な流れです。

昔は此処まで船で上ってきて、此処で一度船から荷を降ろして、又上流から船を出して遡りました。
その為にこの辺りは栄えたんでしょう。

この辺りは今でも川魚料理を食べさせる店もあります。
川魚一般では色々と言われますが、綺麗な川で獲れる魚そう臭くないですよ。
琵琶湖で食べる鯉やモロコなどは、酢味噌で食べたら美味しいですよ。

ワテは滋賀県の育ちですから、鮒寿司も食べます\^o^/
風の旅人
2006/02/20 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
兵庫・闘竜灘 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる