心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良・奈良公園周辺

<<   作成日時 : 2006/01/23 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
奈良県庁前の広場から若草山まで拡がる一帯を奈良公園と言います。
この公園には観光客の姿を見ると近寄ってくる鹿がいます。
鹿センベイ目当てで寄ってきては、センベイ欲しいとせがみます。





画像



画像












画像












画像


興福寺の五重塔が猿沢の池に映えて、ライトアップしたときは幻想的な姿を見せるとか。
五重塔は室町時代の作。



画像興福寺には北円堂と南円堂があります。
国宝の北円堂興福寺最古(鎌倉時代初期)の建物であり、八画の形をしています。
北円堂に安置される運慶作の弥勒佛・無著・世親菩薩立像は日本於ける仏像中最高峰の傑作と言われています。


画像

鏡池は東大寺の北側にあって、紅葉が湖面に浮き出て綺麗でした。







画像




画像

お盆になると春日大社の灯籠に灯が入ると、間もなく暑い夏も終わります。
春日大社の万灯籠は2月の節分の日とお盆の二日間、計3日間灯明が灯されます。


画像








画像

公園から少し町に入ってみると、奈良女子大があります。
洋館の洒落た建物です。
秋の日差しの中をちょっと散歩するのもいいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、おはようございます。

駅から国立博物館へと向かうメインストリートは、
目を閉じればいつでもすぐ其処にあるかのように、思い出されます。
シルクロード博覧会の時は、毎日毎日、出展パビリオンを歩き回り、
疲れると、誰にも見つからないように、正倉院へ行ってました。

現在の興福寺の寺域はたいしたことありませんが、
かつて興福寺が隆盛を極めていた頃はかなり広かったようですね。

仕事の合間に、奈良ホテルでお茶するのも楽しみでした。

両親が久しぶりに奈良へ行きたいと言ったので、
四季亭に泊まらせたことなども思い出します。

奈良女子大で思い出すのは…
高校3年の時、新任で来た英語の先生が奈良女子大だった。
ワルばかりのクラスでしたから、新任の女子大卒の先生の授業など、
まともに聞くワケもなく…
可哀相なことをしました…。
THELO
2006/01/24 07:10

おはようございます〜♪

興福寺といえば、
なんと言っても阿修羅像ですよ〜♪
あの端整な顔に憧れたものです。

実物は写真で見てる時より、
かなり小さいな〜って感想です。
あの、遠くを見ているような、涼しげな、
きりっとした目がいいでしょ〜♪

で、帰りには写真を何枚か買い求めたのですが、
それを、鹿に〜〜〜〜〜!!
取替えしたけど、しわしわに〜〜〜〜!!
コラ〜〜〜っ(`□´)ものでした^^


<zizi>
2006/01/24 09:17
奈良シルク博があったのは1988年の4月〜10月まで開催されましたが、その間セロやんはズッと奈良に滞在でしてはったんですか。
その頃知っていたら陣中見舞い兼ねて、名月見ながら一献傾けるところだったのに、惜しいことしましたなあ

それだけの期間奈良にいたら、かなりの奈良通やなあ
その昔、奈良公園一帯は東大寺と興福寺の勢力争いがあったところ。
今では寺領はかなり狭くなっていますが、往時はもっと広かったはず。
平家の焼き討ち信長の焼き討ちと、その度に奈良の町も大変でおました。

奈良女子大はセロやんには関係ないと思ったが、英語の新任教師で想い出を語るとは、恐れ入りました。(笑)




風の旅人
2006/01/24 11:04
ziziさんおはようさん
興福寺の阿修羅像ですか。
均整の獲れた顔立ちをしておられます。
決して運慶の仁王様の厳ついお顔ではオマヘンなあ(゚_゚i)タラー
仁王像が男性としたら、阿修羅像は女性的、それも少女の面影を備えている。
当時のziziさんの感じはまさに阿修羅のごときでしたか?それとも・・・書かないでおこう(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/01/24 11:12
八角堂と言うと、法隆寺の「夢殿」だ有名ですが、
興福寺の八角堂も、よく似ていますね。
奈良って、大昔に修学旅行で行ったっきり・・・
奈良公園の、鹿せんべいは思い出あるな〜
今も、あまり変わっていないのでしょうか?
めざまし時計
2006/01/24 13:10
久々におじゃましま〜す♪
ひたすら家に篭るのも発狂しそうですわ 精神衛生上よくないので
せめてweb上で闊歩、闊歩、気分転換しにきましたよん v(^^*
揃いもそろって チャックと枕を並べるとは・・とほほっ♭
長々レスも出来ず すいませんでした。
ぼちぼちですが m(_ _)m 本年もよろしゅう お頼もうしますぅ!!

たくさんの奈良の画像に すっかり眠っていた記憶が蘇りました。
ババ付き?薬師寺の写真 送った事あったでしょ??
しかしアタスも若かったねぇ! (爆) ...ん??...いま??...面影もなし!
もう一度、いにしえに思いを馳せながら ゆっくり歩いてみたいです。

P.S r(^^) ziziさんは夜逃げ?? (爆)
プッちゃん
2006/01/24 16:03
奈良公園内の古い建築物は当時のままですが、お土産物屋や「宿屋」はすっかり様変わりしたのでは。

博物館とか美術館が新しい建物じゃないかなあ。
修学旅行の時期を40年ほど前としてでっせ(゚_゚i)タラー

これを機会に関西に遊びに来ますか?\^o^/
風の旅人
2006/01/24 16:32
ぷっちゃん〜体の調子はどないやろ。
お年なんだから(笑)余り無理をしないように。
猫と一緒に寝正月では、今年の出足は悪いなあ
しっかり身体と口の方も鍛えて貰って、ビシバシ辛口コメントを期待してまっせ。

婆つき?
綺麗な娘を横に置いておりまへんかったかな?
あれ?あれは別の女だったかな(゚_゚i)タラー
ぎょうさんおなごがおりまして、ややこしいなあ〜\^o^/

ゆっくり歩きたかったらziziさん誘っておいでくだせえ。
そうなると猫のホテル代がかさむなあ(゚_゚i)タラー

ziziさんは猫の餌代払えんよって、差し押さえやて\^o^/
風の旅人
2006/01/24 16:41
いやぁ。 今は、こんなになってるのね。  私は、中学、高校と若草山や、
興福寺、春日大社には、学校からよく行きましたね。
今は、こんなに奇麗になってるのね。
懐かしいですぅ。
春日大社の灯篭は、こちらでも、ニュースで言いますよ。
それだけ有名なんですね。

2006/01/24 19:38
ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪風さん^^
お久しぶりです・・毎日、雪道と格闘しております^^;
奈良ですか・・行ったこと、ありませんが
鹿は弥彦で、馴染みですよ。
鹿せんべいって、どんなのですか?
弥彦では、ジャガイモを薄く切って売っています。
放し飼いでは、ないので安心ですが
近づいてくると結構な迫力です。

さて、一杯飲むかな・・(笑)
まな
2006/01/24 22:11
心さん今晩は
中学、高校時代はこの辺りは庭だったの\^o^/

そうなるとかなり詳しいでしょう。
月日は巡り随分変わった印象ですか。

春日大社や化野の万灯籠は、関西ではお盆の風物詩。
これに大文字焼きを出せばバッチシや。

奈良で此処がどうなっているか見たいので教えてとのリクエストがあれば、ここに書いて貰ったら取材に行きまっせ。
遠慮しないで書いてや。

そうや此処に書き込みに来ているharuysikaさんも奈良在住です。あの方にリクエストした方が早いかも。\^o^/
風の旅人
2006/01/24 22:16
まなさんお久しぶり。

鹿センベイですか。
チョッ家10cmくらい
茶色で薄くて丸いセンベイです。
人間が食べてもそんなに美味しくないで。

公園の売店で売っていますが、100円か150円くらい?
鹿は売店には絶対には絶対に近づかない。
観光客が持っていたら直ぐに寄って来ますが、店のものには何故か手を出さない、ではなかった口を出さない。(笑)

この時期だけかな?
朝10時になると飛火野に行けばホルンというのか、角笛のでかい奴を吹いて鹿を集めます。
ワテは朝早いのは苦手でっから、見に行ったことがないんやスマンのう(゚_゚i)タラー
風の旅人
2006/01/24 22:26
こうやって見ると奈良公園って広いですよねぇ。
東大寺や春日大社は勿論のこと、原始林広がる春日山ドライブウェイも奈良公園の一部ですから、総面積は何百ヘクタールもなると聞いたことがありますが、私はマダ測ったことはありません(^^ゞ
harusika
2006/01/25 23:04
確かに奈良公園は広いですね。
ワテは高畑地区が好きでして、公園の飛火野を通り志賀直哉の旧居跡周辺を散策しながら、新薬師寺から奈良写真美術館、白毫寺に向かってよく歩きます。

奈良写真美術館では入江泰吉さんの写真を見て、白毫寺の境内には天然記念物の五色椿が植えられている。

白毫寺の五弁の椿の写真があったんだが、何処に行ったのか不明。
何処かに紛れ込んだのかな?
風の旅人
2006/01/25 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
奈良・奈良公園周辺 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる