心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都・哲学の道

<<   作成日時 : 2005/12/02 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像
京都に住んでいた哲学者、清水幾太郎や経済学者、河上肇などが思索ふけったことで哲学の道と呼ばれるようになった。






画像


凡人である我々がこの道を歩いたとて、木にぶつかるのが関の山。
とても高尚な話に行き着くことはないだろう。
とまれ、それでも歩いてみたいものだ。





画像

北は銀閣寺から始まって法然院若王子神社、永観堂、南禅寺までの1.6kmの小径です。
道の横に疎水が流れており、川縁には桜並木になっており、四季の花々も彩取りを添えています。




画像


季節に関係なくここを訪れる方は多くて、静かな小径として皆さんに愛されているのが分かります。

アルバム「哲学の道」も合わせてご覧下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん、ご無沙汰をしてしまいました。
いよいよ京都ですか、旅は京都に始まって京都に終わる…そんな風に仰る方々も多いですね。
私は京都へ初めて言ったのは中学の修学旅行が最初でしたが、その年のうちに再度京都に行き、その後数年間は毎年京都・奈良には行ってました。
もちろんお金などないので、往復普通列車で、宿泊は宿坊でした。
数ある(千七百箇寺でしたか?)社寺仏閣の中でも、永観堂はとても好きなところです。
見返り観音も本堂からの渡り廊下なんかも大好きです。

哲学の道は…
食事に費やすお金もあまりなくて、板チョコをカジリながら歩いた、
空腹の道です…。

高校生になってバイトするようになってからは年に2回は行ってました。
年末押し詰まった12月30日に貴船さんのとあるお店の炬燵で半日寝ていたりもしましたねぇ…。(笑)
THELO
2005/12/03 11:56
京都  大阪に居たとき仕事でよく行きました。
仕事の関係ではじめて舞妓さんの宴席があり
舞妓さんの芸を拝見しました。また酒も注いでもらいました。
感激したのを覚えています。
舞妓さんなんて二度とないでしょう。
寺町界隈をよくぶらぶらしたことも、思い出です。

むつごろう
2005/12/05 22:17
セロさんまいどです
それにしても何処にでも顔が出せるほど、セロさんもよく行かれているなあ

お金のない時代に一人旅をするなんて、もの凄くバイタリティがありますね。
ワテはそんな勇気は一つもなかった。
何時も書き込み読んで感心することばかりです。
風の旅人
2005/12/07 00:27
むつごろうさん今晩は
祇園の舞妓さんを上げたの?
それも凄いなあ

一見さんではまず無理という世界。
さぞかし派手は交際費が使えたんやろなあ

今では夢のまた夢かも。
一度は体験したい場所です。
風の旅人
2005/12/07 00:30
風さん、おはようございます。お帰りなさい。

>お金のない時代に一人旅をするなんて、もの凄くバイタリティがありますね。

不思議なもので、大人になって物見遊山で行った旅行より、
お腹空かせて寒さに震えながら歩き回っていた時の方が、
はっきり、くっきり、記憶として残っています。

貴船さんに行った時は、まぁ、時期も時期でしたから、
お店のおばちゃんが優しくしてくれて、
炬燵で寝ちゃった私を、起こさずに寝かしといてくれた。

宿坊では、大広間が多かったけど、
枕つかいますか?
はい、50円。
毛布使いますか?
はい、50円って、敷布団以外がオプションでした。(笑)
食事は新京極や、河原町あたりまで出かけて、
海苔巻きとか買ってたな…。
帰りの列車(銀河)が京都発が23時くらいなので、
それまでの時間をどう過ごすかが問題でした。
あと、翌朝横浜に着くのも早すぎて、横浜から先の乗り継ぎができない。
仕方ないので、終点の東京まで眠り続けて、また東海道線で下って来るワケ。
お金は無くとも、時間と体力がありました。

THELO
2005/12/07 06:59
貴船の女将さんも優しかったんやなあ
京都には貧乏学生も多かったし、学生と見るとお世話をしたくなるんじゃないでしょうか。

それにしても宿坊の対応、決まりといえそこまでするなと言いたいなあ。

昔は東京行きや新潟行きの夜行列車がありました。
今は長距離の普通電車が殆どない時代。
旅をする若者はお金がないと出来ません。

昔のように長距離普通列車を復活して欲しいなあ
風の旅人
2005/12/07 16:02
風さんおかえり〜 忘年会はいかがでした??
(*^^*)またお土産話&画像楽しみにしてまぁ〜す!!

京都の舞妓はん、かいらしぃねっ^^
近年は 便利になったものの
全てが気忙しいようで
昔の"よさ"が無くなりました〜
いやな事件も多いし 人を信じられない
世の中ってほんと嫌だね〜
プッちゃん
2005/12/07 21:56
プッちゃん今晩は
忘年会3連チャンは岡山と広島の旅でした。

旅に話は岡山編と広島編でしたいのだけど、それじゃ当分先ですね。
う〜ん困った困った こまどり姉妹。
アルバムには直ぐに出来ますので、先に出しまっさ。

舞妓はんも祇園周辺の御茶屋さんを歩いていると目にしますが、こういった場所では観光用の衣装を着た素人さんでしょう。

立ち振る舞いを見ていると、全然違いましたがな(゚_゚i)タラー
風の旅人
2005/12/07 22:44
こんばんは、風さん^^
まなも京都は修学旅行でしか行ったことありません。
一人でぷらぷらしてみたい町です。
でも、勇気がないので・・行く時は、きっと2人でしょ・・
舞妓さん遊び(?)してみたいですね〜( ̄m ̄〃)むぷぷっ
まな
2005/12/07 23:39
まなさん今晩は

修学旅行でしか行ったことがない!
殆どの方がそうですね。
このブログを覗いている方で、住んでいるところ以外には出たことがない人は大勢いますよ。

何時か京都に来られるときは、二人で来てもよし、一人旅も又宜しいんじゃないですか。
京都には一人旅の方がよく見えられますよ。

何だったらワテが案内してあげるから、何時でもおいでや。
風の旅人
2005/12/08 03:00
桜の頃の京都哲学の道は綺麗ですね。
私の自慢を一つさせてね。ドイツはハイデルブルグの哲学の道を歩いてきました。小高い山に沿った素朴な道でした。そこ此処にマリア像がありこれを見たとき日本の道祖神を思い出していました。とまあこんな事です。
s・s
2006/07/19 11:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都・哲学の道 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる