心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 安達太良山の青い空

<<   作成日時 : 2005/11/14 16:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16


今回の旅の目的が安達太良山を見ること。
この山にかかる青い空が本当の空だと言った智恵子の言葉。
それが見たくって前回に続いて再挑戦しました。

安売り切符の関係で新潟に飛びました。
青空の大阪を飛び立って、新潟に着いたら今にも降りそうな曇り空。
レンタカーを借りて福島に向かいました。

今日の福島は晴れの予報だったので、安達太良山をまず見たい。
その為高速を使って一気に・・・・。

走りだして間もなく阿賀野川PAで小休止。
まだ昼には少し早いので、次の磐梯PAまで走ることにした。
途中から雨も降ってきて気温は山間部だけに5度を表示している。

磐梯PAで名物の喜多方ラーメンを食べ、PAの食堂にしてはこれは美味かった。
気分良く車に戻るとエンジンがかからない。
チャージランプとオイルメーターが表示したまま消えてくれない。
セルは回るだけでデュストロビューターの故障やんか。
それでも何とかエンジンをかけないと出発できない。
連続してセルを回したら、どうにかエンジンがかかってくれた。

直ぐにディーラーに電話して事情を説明。
こんな車ではこれからの5日間の旅には不安すぎる。
直ぐに代わりの車を持っていくから待っててくれと言われたが、新 潟から116km地点。
今から来て貰っても1時間以上待たされる。
取り敢えず今夜は福島に泊まるから、福島の営業所に手配してくれと頼んだ。

この車ではこの後の見学は難しくなってきた。
車を停めないことには見学も出来ない。
エンジンを切ったら再度かかるか不安。
それでも旅の続行をしないと面白くない。

最初の目的地、安達太良山が見える場所に来た。
昭代橋の上から見える安達太良山が一番綺麗と聞いているが、頂上付近は雲がかかって見えない。
幾ら待っても見えないことには仕方がない

ブログで知り合った方の出身地が、この橋から5kmほど山の中。
その方向にある岩角寺に向かう。
このお寺は七福神を祀っていた。
なかなか面白い顔のえべっさんも祀られており、若い住職が 庭の枯葉を掃いておられたので、寺の謂われなどを聞いてみた。
古いお堂もあって歴史を感じさせるお寺。
話によると西国33カ所と縁があるお寺とわかった。
第一番の那智の滝がある那智山、青岸渡寺とは縁続き。
東北で西国33カ寺に関係する寺があったことにビックリ。

このお寺からは遠くだけど、安達太良山が見える。
遠くだけど全体像が見えている。
今だ、直ぐに戻ればもっとハッキリ山も見えるはずだ。
ところがエンジンキーを回してみるがまたもやランプが消えない。

消えなくてもかかる可能性があるのだが、本来はそうではない。
再度福島のディーラー電話して、この車はこれ以上無理や。
次ぎの見学地まで運ぶから、そこで交換してくれと連絡入れる。

山の上から見えたのに、昭代橋まで戻ってみるとやっぱり安達太良山は雲に隠れている。
車交換の約束時間もあるので次の見学地、智恵子の生家がある安達町に向かう。

生家は造り酒屋と米屋をやっていた。
智恵子は長女として育った後、東京の大学に入って光太郎と知り合う。

実父が死去した後に屋台が傾いてきて倒産。
家族は離散して東京にやってくるが、気丈な娘であった智恵子は必死になって家族を励ますが、やがては心労が重なって精神病に 冒される。

その間の話は智恵子抄などで皆さんはご存知だと思うので省き
ますが、言葉を発しない智恵子が貼り絵を始める。
光太郎の訪問を知ると幼子のような表情になって、喜んで作品を見せたという。
貼り絵は智恵子記念館に飾ってありました。

十和田湖にある乙女の像のモデルは智恵子だと言われていますが、 若い頃の智恵子の表情と像のモデルがそっくりでした。

ようやく此処で車も交換できたし、これからの旅も安心です。
最初借りた車は75000kmも走っていた車。
レンタカー会社が整備不良の車を貸すなんて恥ずかしいこと。
急な冷え込みと雨が降った事で、電気系統の不良につながったが、 褒められないなあ。
大事に至らなかっただけでも儲けもんやった。

それにしても最初に借りた空港店、電話番号とFAX番号が逆に 印刷されていたのには参った。
よう今まで誰も指摘しなかったもんや(゜_゜i)タラー

智恵子の生家の近くにある山の上に登ると、安達太良山が見える。
生家から見えると思っていたが、この山が邪魔して見えない。
この山の頂上にある智恵子の杜公園に行ってみた。

ほんとうの空広場もあって、見晴台も備わっている。
登ってみると安達太良山は目の前、だけど雲がかかってまるで見えない。

少し歩くと「樹下の二人」の詩碑に着きます。
安達太良山の青い空と、遠くに光る阿武隈川の両方が見える位置。
この地に智恵子が立って眺めたんやなあ〜
智恵子の詩碑は他にもありました。

二日目の朝起きてみると福島は晴れている。
昨日は安達太良山が見られなかったので、再度コースを変更して戻ってみる。
これだけ晴れていたらまず見えるだろうと思って。

ところが福島からでも見える安達太良山、やっぱり雲に隠れている。
ラジオから流れる天気予報では、安達太良山には今年初の雪化粧だって。
そりゃ雲も出るわなあ
何とか一瞬でも見えないものか。

二本松市内には霞ケ城がある。
城内では菊人形展もやっており、義経人形が華やかだった。
この霞ケ城にも会津白虎隊との関わりもあって、多くの若き血が 流されています。

城内には珍しい笠松や鶴松の木もあって、楽しませてくれます。
今年の紅葉時期が遅れたのが幸いして、池に映える紅葉は綺麗やった。

ここにも智恵子と光太郎の詩碑があって、同じ文面ではなく足跡をたどるには良かった。

本丸跡から見える360度の景色は圧巻です。
殆ど全部晴れているのに、安達太良山だけに雲がかかっている。
ホンマについてないで。

2時間ほど頑張ったが、此処でズッと居るわけにも行かない。
次の目的地に向かう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
アルバム見てきました。
素晴らしい景色でした。この空が見たかったのね・・・
安達太良山は、春夏の新緑を狙ったら?
この向こうに安達太良山があるんだと思うだけでも素敵なロケーションです「感激」
なな
2005/11/14 19:01
風さん、こんばんわヽ(^o^)丿
また、旅の出ましたね・・・
今回は、東北(福島をメインに)巡る旅のようですね。
楽しみにしています!
安達太良山と言えば、「千恵子抄」有名ですね。
でも、今の若い人って知っているでしょうか?
めざまし時計
2005/11/14 19:49
ななさん〜
アルバムを見てくれたんやなあ
故郷に近いところだから、少しは似た風景があるのでは。

安達太良山はもう一度再挑戦やなあ
こうなったら意地でも見てやる〜\^o^/
風の旅人
2005/11/14 19:52
めざまし時計さん今晩は
5日間の旅でした。
そのうちの二日間は安達太良山の見える場所にいました。
でも今一天気に恵まれず、完全な姿を見ていません。

智恵子抄は小学校で習ったかな?
それとも中学だったかな?
今の子供は知らないでしょう。

第一純愛なんて言葉は死語になったかも。
ヘソ出しルックが流行るようでは、純愛なんてどうなんでしょう。
風の旅人
2005/11/14 19:56
安達太良山は眺めるのも良いけど登ってみるのも良いですよ 
山 山 を歩いていくと一軒の温泉宿があります
心と体を労わってくれる 温泉は最高です

2005/11/15 08:44
ひなびた温泉宿のイメージだったら、そのうち又なんてことになるなあ(゚_゚i)タラー

次回の楽しみに取っておきまっさ。
風の旅人
2005/11/15 12:36
こんばんは。遅レス失礼します^^;
新潟、福島〜山形の旅を満喫されたんですね^^
光太郎と智恵子の足跡を辿る旅って憧れます。
智恵子記念館だったかなぁ・・? 私もそこには
行ったことがあって、展示されていた智恵子の切り絵に
とても惹かれました。
風の旅人さんは驚くほど日本各地に行かれてるんですね☆
風さんの日本百めぐり〜≠ネんて1冊(国内旅行記)を
出版できるのでは??^^ウフフ。
白玉
2005/11/18 21:17
玉ちゃんお久しぶり

先日は智恵子見たという安達太良山青い空を訪ねてきました。
病床にある智恵子が一生懸命作った貼り絵を前にして、智恵子と光太郎の心の交流に興味があって、ズッと立ちつくしましたよ。

百めぐりですか。
それやったら此処で展開してまっせ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2005/11/18 21:30
★ 風丼 こんばんわ

たくさんの ありがとう〜〜

岩角山まで 遠かったことでしょうね〜〜

お疲れ様でしたよっ 

                 ネットカフェより
あじ丼
2005/11/21 20:26
あじ丼お久しぶり。
故郷に行ってきたで。
懐かしい風景をいっぱい撮りたかったんだけど、安達太良山をメインにしていたものだから、田舎の風景は少なくなった。

でも良いところだったで。
もっと山奥だと思っていたけど、意外と開けていたじゃないか。
想像していた風景とは全然違ったぞ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2005/11/22 00:08
★ 風丼
安達太良山見ること出来たんだね ありがとう
おつかれでしたね〜〜

山奥でしたが さすがに 何十年も過ぎてるからね
変わりましたよね きっと〜〜〜 んにゃ〜〜

★ ブログは 終わっても あたいは居るからね
うん また 来ますから〜〜
                    はい〜〜♪
あじ丼
2005/11/26 19:50
あじ丼元気でっか
顔見せなくなると寂しいね。
いつもの調子であの部屋を覗きたいもんや。

子供の教育問題からこのようなことになったと思うけど、幾らガミガミ言ってもなるようになるで。
余り親が神経質になったらアカンで。

放任も程度に寄るけどさ、大人としての責任を子供に分からせることだよ。
その当たりの話を普段からキチンとしてあげるコッチャ

又顔見せてや。
待っているで〜
風の旅人
2005/11/26 23:18
★ ネットカフェより
風丼 こんばんわっ

今駆け足でですが 安達太良山と 岩角山の写真などを観ましたよっ
どうもありがとう      

ちと 感激 うん〜〜   感激 うるうる〜〜

ちょっとでも その場所に今行ったような気持ちになれました。
いろいろ思い出しますね〜〜
とても きれいにとれてて はっきり写ってて ありがとう〜〜

コメントは また今度ね〜〜
風丼 またね〜〜           ほい あじ丼!!
紫陽花
2005/12/03 19:25
あじ丼〜お久しぶり〜
元気にやってますか?
PCが出来ないと少しイライラしているんじゃない?

あじ丼の田舎を一寸荒らしたから(笑)
今回は車だったのでゆっくり村内を見させて貰いました。
ええところやんか。

しかし安達太良山には今回も振られた恰好になりました。
またいつか行く機会があれば、見たいと思っています。
風の旅人
2005/12/06 22:03
★ また岩角山を見ました
ここから 岩角山の鐘をつくとこへ行く道があるとこの
写真が懐かしいです
コメント 一枚だけですが 書き込みしたにゃ〜
また 何度でも来ますからね〜〜 ほい あじ丼

今 パートのおばちゃんですが 忙しくてネットカフェにもなかなかです〜〜

紫陽花
2005/12/09 19:59
雷神、風神の巨杉に着いたのが2時でした。
その後頂上まで登ろうかなと思ったが、どの程度かかるのか分からず諦めました。
もう少し上まで行ったら良かったなあ(゚_゚i)タラー

写真がいるのだったらコピーできますよ。
風の旅人
2005/12/09 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
安達太良山の青い空 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる