心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 岐阜・高山

<<   作成日時 : 2005/11/23 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

高山も小京都と言われるだけあって、古い家並みが欲保存されています。
町中に宮川が流れており、澄んだ水に泳ぐ錦鯉も見られます。
高山陣屋前の朝市では採れたての野菜や民芸品のさるぼぼが置いてあり、道行く人の人気の的です。

陣屋前の中橋を渡れば古い街並みへと続きます。
飛騨民族館、、考古館、民芸館、匠館など往時を偲ばせます。

高山陣屋前で行われる春秋の祭では、からくり人形を奉納されます。
京都の山鉾とほとんど変わらないほどの絢爛豪華な山鉾です。
違う点はからくり人形です。
写真の順序は次の通り。

1,人形が箱を持ってきます。
2,箱を台座に乗せます。
3、乗せた人形は踊りながら引き上げます。
4,紙吹雪が舞って中から現れたのが・・・
5,別の人形が踊り出します。


















































この屋台の上でからくり人形が舞うわけですが、目にも止らぬ早さで人形が変身します。
糸を操るのは山鉾の中にいる数人です。
巧みに糸を操って、人形が日本舞踊を舞います。
これは何度見ても見事と言うほかないなあ。

高山陣屋が残っているのは、この高山は元幕府の天領だったところです。
この陣屋を訪れた時は、入り口にボランティアの案内人がおられますから、是非とも案内を乞うてみることです。
一人旅でもOKです。快く案内をしていただけます。



案内時間は約45分ほどかかりますが、ボランティアの方の名解説で、高山陣屋の歴史を知ることが出来ます。
江戸時代に農民が年貢にあえいで、一揆を起こす話なんかを聞くと感動します。
悪代官の大原親子が高山代官だった頃の話です。
一気の首謀者として年端もいかない青年を獄門に送ることになるわけですが、これが有名な安永騒動です。
安永2年(1773年)飛騨最大の一揆で新しく検地することに対する農民達の反対運動。
代官大原彦四郎が約束を破って、古い田畑まですべて厳しく検地し過酷な年貢を課した。
この騒動で死刑13人、遠島17人ほか1万人近くに刑が加えられた。

高山代官の中でも善政を行った人物もいます。
悪政に対して直訴をする事は御法度の時代に、直訴を諫めて巡検使に訴えるように諭した人もいたほどです。
それが後に代官所関係者の処分が行われています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
うわぁ〜!高山陣屋、懐かしい!!!
高校生の時に母兎と一緒に…というか母兎に拉致られて
行ってきましたよ。
この入口で写真を撮った記憶があるもん。
からくり時計は機械を一切使っていないんだよね?確か。
スゴイよねー。
あぁ…あの時はまだぴちぴちやったなぁ〜。。。
桜うさぎ
2005/11/24 19:11
私も懐かしいな。
あの頃は土曜休みじゃなかったから、土曜日の夜行で出かけて。
高校卒業して初めての旅行で、宿も決めず行ったけど薬屋さんに
民宿をして貰い、楽しかった。

がんも
2005/11/24 21:00
懐かしいね、陣屋、日帰りで行けるから春の桜が咲く頃にまた、出かけよう。
旦那さんと歩いたコ−スを歩いてきます。
さ〜ちゃん
2005/11/24 22:45
よく読んだら変。
民宿を紹介してもらったんです。 紹介が抜けてました。
がんも
2005/11/24 23:01
うさぎちゃん元気だったか?
チャットの方で書き込みいているなあ

母うさぎに拉致されたのか、何処にでも拉致されるなあ
まあええやんか、美味しいもの食べられて、ついでに甘いたらええがな。

陣屋に行くと受付に行って、毎回解説をお願いしています。
何か違う話をしてくれないかなと、期待をして聞いています。
風の旅人
2005/11/25 01:00
がんもさん今晩は
高校時代にいたのか凄いなあ
当時は高速道路もなかったので、山を幾つ越えたのでしょうか。

飛び込みの民宿ですか、若いから出来たのでしょう。
今ならもっと臆病になるはず。
若いっていいなあ
風の旅人
2005/11/25 01:02
サフィニアさんは思いでの高山ですね。
何時までも妻の胸に想い出を、しまってくれているのを知ったら、御主人は幸せやなあ

思いで探し、いいなあ〜
二人で歩んだ道を、もう一度今度は一人で訪ねるのですか。
一つ一つが想い出やろなあ
風の旅人
2005/11/25 01:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
岐阜・高山 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる