心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 津軽かいだん物語 その4 『行きはよいよい帰りは怖い』

<<   作成日時 : 2005/10/18 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
津軽の観光もようやく終わり、あとは帰るだけ。
バスは花巻空港へと向け走り出したのが午後3時頃。
そうなるとツアーのお客さんも何となくソワソワし始める。
ソワソワするのには理由があった。

その頃大阪には台風が接近中だっただけに、帰りのことが誰もが気がかりでした。
添乗員さんは昼間から会社に電話して状況を確かめようとしているけど、もう一つ台風の進路がハッキリしない。

花巻空港にも電話を入れると、今のところ出発するかどうかさえ分からないと言う返事があるだけ。
伊丹空港から花巻空港に飛行機が来ないことには我々は帰れない。
数時間前に花巻を出た伊丹行きも、関空もしくは福岡に変更になるかも分からない状態で飛び立ったとのこと。

我々が乗る便は午後7時発の伊丹行、5時にはほぼ状況が分かるかも知れないから、その頃もう一度電話して欲しいとのこと。
バスは高速道路を花巻空港に向かって走るしかない。
5時になったので空港に電話すると、大阪に着陸できるかどうかも不明、6時に正式発表するから空港に来てくれとのこと。

空港に着いてしばらくしたら大阪からの飛行機が到着した。
この便が来たことで1時間前には伊丹空港は離陸出来る状態だった。
テレビのニュースでは台風の現在位置は紀伊半島の手前。
速度も遅くて、台風はほとんど動いてない。

最初の予想では紀伊半島を北上して、今頃は名古屋当たりではと思っていた。
台風の向きは大阪湾の方向、このまま進めば到着する8時なら直撃コース。
出発出来なかったら今夜は花巻温泉で泊まりかな?
待つことしばし、ようやく搭乗案内の放送が流れた。

飛行機に乗ったけど今度は何処で降ろされるかわからない
大阪で降りられなかったら福岡空港行きやんか。
しょうがないなあ、そうなると今夜は明太子をおかずにして空港ロビーで1泊やなあ。
大阪には明日しか帰れないなあ。
頭の中は福岡行きを覚悟してしまった。

大阪の上空まで来ると雲は薄く、町の灯りも窓からスッキリ見える。
どのくらい風の影響があるかわからないけど、こりゃ強行着陸するんじゃないかと期待したよ。

着陸に向けて飛行機は徐々に降下してきた時、突然エンジンを噴かして機体は上昇する。
思わず何年か前の名古屋空港の事故が頭をよぎる。
それを二度も三度もやるもんだから大丈夫かいな機長はん!頼んまっせ!!と祈る思い。
やっとの事でタッチダウン。
逆噴射の音が聞こえるとホッとしたのか思わず拍手をする乗客もいた。
近畿直撃の台風の中で、無事に伊丹空港に着陸したので誰もが同じ思いだったのだろう。

もし花巻温泉や福岡などに向かっていたら、宿泊費と帰りの旅行代金誰が払うのかな?とふと考えてしまう。
ツアー会社が払ってくれるのかなあ。
今夜の宿泊代と二人分の航空運賃もしくは、新幹線代を合わせて安く見積もっても4万の臨時出費だぞ。
財布の中はスッカラカンになった乗客もいるはず。
そんな事態になったら帰れないと肝を冷やしていたんではないかな?

添乗員さんに今回の旅行では大変お世話になったお礼を言ったら、彼女はニコニコしている。
福岡空港に着陸していたら、今頃は宿の手配から切符の手配、お金の工面まで彼女の仕事は続いていただろう。
明日大阪に着くまでまだまだ長い旅の続きです。
それだけにホッとしたのか、彼女の笑顔は本当に嬉しそうだった。

今回の津軽の旅、もう一度訪ねて見たい場所は階段国道。
ストーブ列車にも乗ってみたいし、太宰の斜陽館にも行きたい。

でも台風直撃の空港に向かうことだけは避けて欲しいなあ。
この話が2年後にまた体験するとは思ってもいなかった。

写真は 石川さゆり「津軽海峡冬景色碑」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが「台風男」の異名をもつ風しゃん!!  当たりますなぁ〜
しかし無事着陸いかった、いかった、!!
よっ! 冷や汗もしたたる いい男!? クックックッ(≧∇≦)ゞ

私も階段国道、斜陽館、是非行ってみたいですね〜
太宰には お墓参りするほど熱狂的ではありませんが
思春期には 多少の影響を受けましたから ルーツを見てみたい・・
でもストーブ列車が走る頃には ご遠慮申し上げますよ・・さびぃべぇ!^^
プッちゃん
2005/10/19 00:31
今まで旅先で何度台風に出会ったことか。
このシリーズでは書いていませんが、この後石垣島で酷い目にあっていますが、それは沖縄編で書く予定です。

太宰に多少とも影響受けたのですか。
やっぱり文学少女だったんや。
ワテとエライ違いやなあ(゚_゚i)タラー

ストーブ列車に一緒に乗り込みましょうや。
寒かったらワテが温うしてあげまっせ
あっそれだけは遠慮するって?
そうだっか 好きにしてや\^o^/
風の旅人
2005/10/19 00:45
「わてが温う・・」?? ぷっ! 毒気にあたりそうだわ〜 (><)ゞ
ばか言ってないで寝よっと!!
相方が泊まりなんで 気分は大の字だすわ〜 寝坊できるし〜
ほなっ ヾ(∩∩)ノ Good night~★,.・:*;
プッちゃん
2005/10/19 01:17
ご亭主殿が留守でっか。
そんじゃ今夜は好きに寝てチョ

一つ歌でも歌ってしんぜよう。

♪一人で寝るとキャよ〜お〜お
  膝小僧が寒かろう〜
 おなごを抱くように〜
  暖めておやりよ〜
風の旅人
2005/10/19 01:37
あっははは・・ <(;^^;)> 風さんも古いこと よう覚えておいでで!!
ISDNの時代に 一曲転送し20分ほどお待ち頂いたことも・・
その節は お世話になりました〜(笑)
って、ここは旅行記専用のBBSでしたねっ しつれい♪
プッちゃん
2005/10/20 16:59
旅行記専用でもないですよ。
何でもあり〜のですから遠慮なくどうぞ。
話の幅が広い方が楽しいですよ。

Celine DionのTo Love You Moreでした。
今なら光だからアッという間に受信しませ。
古い話は覚えておりまっせ。
なんせぶっちゃんとは腐れ縁ですから(゚_゚i)タラー
風の旅人
2005/10/20 17:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
津軽かいだん物語 その4 『行きはよいよい帰りは怖い』 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる