心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 五箇山旅紀行 その1

<<   作成日時 : 2005/09/07 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
この文章は五箇山を訪れた直後に書き下ろしたものです。
表現が若干可笑しい部分もありますが、そのまま読んでください。

ここ二、三日は春を思わせる陽気です。
その陽気に誘われたのではなく、真冬の五箇山を訪ねて旅に出ました。
一度は泊まりたい合掌造りの民宿、これが永年の夢でした。

一昨年の冬にもツアーで五箇山を訪れています。
その時も大雪でしたがツアー参加では充分な時間も取れなく、
駆け足のような旅でした。

勿論宿泊は下界の富山の温泉地。
ゆっくり時間をとってもう一度五箇山に行ってみたい。
そう思わせるのが五箇山の魅力でしょう。

五箇山行きを決断したのが出発3日前。
早速HPに載っている合掌民宿「与茂四郎」さんに連絡を取ったところ、
電話に出られた奥さんの声が素敵な声でした。
声美人とはこの方のことではないかなと思わせるほど、柔らかくて引き
込まれそうな話の声に「ここに決めた!!」

予約客が一組あるだけで受け入れOKの返事。
民宿では我々夫婦だけだと何となく気を使います。
相客が一組いた方がこちらとしても何かと好都合です。
ところが奥さん曰く、翌日は朝早くから中学1年の息子がスキーの試合に
出るので応援に出かけます。

朝の支度をした後は何も出来ませんが適当に帰っていただけませんかとのこと。
もちろんこちらも何ら支障はありません。
荷物さえ出発まで置かせて頂いたらそれで十分です。
あとは五箇山に向かうだけです。

富山県の五箇山は平家の落人の里としても有名なところです。
合掌造りが今なお残っており、富山県側の五箇山と岐阜県側の白川郷も含めて
世界文化遺産に登録されています。

五箇山という地名の起こりは5つの谷の間と書いて五箇山と読み赤尾、上梨、下梨、
小谷、利賀谷のこの五つの谷です。
この五つの谷を越えなくては入れない、平家の落人が村を起こしたのもわかりますね。
この深い谷には利賀村、平村、上平村の三つの村があります。
今回の旅は平村の相倉合掌村へ、さてどんな出会いが待っていることでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です〜〜(^_^;) 雪を被った合掌造り想像するに・・・
素敵ですね〜〜白川郷へは一度友人と出かけ見ています。

風情のある集落・・・五箇山へは行った事ありませんが
白川郷のそれとは・・・大分違いますか〜〜?
一度行って見たいです〜〜(^_^;) お邪魔しました<(_ _)>
satsuki
2005/09/07 15:44
本当に久しぶりですね。
其方に行けなくてゴメンね。

白川郷と五箇山を比較すると、白川郷は観光地化されすぎています。
休日ともなると人人人で大混雑。

名古屋からも近いし、大阪からも近い。
高速道路が出来たので、秘境ではなくなりました。
昼ご飯時に白川郷に入ったら、駐車場を探すだけでも一苦労です。

それに比べて五箇山は、まだまだ人も少なくてゆったりしています。
ワテは今回紹介している平村の相倉集落が好きで、皆さんに推薦するなら五箇山ですね。

satukiさんも色々と行っているから、五箇山も一度行って欲しいなあ
出来たら一泊したら想い出になりますよ。
風の旅人
2005/09/07 19:49
始めまして!!。今月末に友人と白山スーパー林道から
白川郷方面ドライブを予定しております。
この時期なら観光シーズン外れているので、ゆっくり出来るかなと
思っておりますが、やはり白川郷辺りはオフ時期などは無いのかも
知れませんね。上記参考にさせていただきます。
花咲か爺
2005/09/08 19:34
花咲か爺さん初めまして。
大阪の方のようですね。
ワテも大阪です。
一つ宜しゅうに。

今チョッと覗いたら花一杯のブログでしたね。
デジカメ持って各地をウロウロ、桜前線と友に北上したい。
これって憧れですね。

白川郷に行くのだったら、土日祭日は避けた方が良いですね。
平日が狙い目です。

五箇山は観光客がいると言っても、白川郷に比べたらやっぱり少ないです。
五箇山に入るなら、北陸道から砺波経由で五箇山に入れば楽です。
相倉集落は五箇山IC降りて直ぐです。

是非行って見て下さい。


風の旅人
2005/09/08 20:36
色々有難う御座います。27日〜29日予定です。
野田阪神近くに住まい居ります。時々喧騒を忘れに
北陸方面に出かけます。又此方の記事参考にさせて頂きます。
宜しく御願い致します。
花咲か爺
2005/09/09 09:54
花咲か爺さんおはようさん
野田阪神の近くですか。
ワテも昔、初めて就職したときは亀甲町に住んでました。
まだ市電が走っていた頃で、桜橋まで通ってました。
現在は北河内の小さな町に住んでおります。

この五箇山のシリーズは後1回で終わります。
何かの参考にでもなれば嬉しいです。
白川郷に行かれるのなら、このブログの「合掌造りの里にも秋が来た」で使っている写真がありますが、この風景はお奨めです。
そろそろ収穫の秋に近づいています。
黄金色の稲穂が見られると思いますよ。
風の旅人
2005/09/09 10:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
五箇山旅紀行 その1 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる