心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京・府中の欅並木

<<   作成日時 : 2005/09/26 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

画像
東京府中のラーメン屋、円楽の門をくぐったのは1年前の秋でした。
ワテは東京で所用があって出向いたおり、会議まで少し時間があったので府中まで足を伸ばしました。
府中の駅を降りてもラーメン屋円楽を知っているわけではない。
何処にあるのか住所もわからず、わかっているのは府中の円楽と書いた、赤いテントのあの写真だけ。
テントには電話番号が書いてあったので早速電話したら番号間違い。
駅の電話帳で調べてみると、住所が載っている。
その住所を駅員に尋ねると、それなら直ぐ近くだとわかった。

駅を降りるとこの欅並木があった。
府中名物欅並木。
この先を行けば有名な大国魂神社の宮神輿があります。
5月の3日から6日にかけて、暗闇祭りを行う神社があるという。

ラーメン屋円楽は間もなく見つかった。
店内に入ってそっと厨房を覗くと、あの美人の女将さんがおられました。
そしてそれらしきオッサンも汗をかいておりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
菜っ葉が駅長さんの部屋に入ったきっかけ・・・
そう。。。あれは「バフンウニ」
あれからどの位たったのかな?
朝市で駅長さんとの思い出??のあの
「バフンウニ」の写真を撮ってきました
もう少ししたら 載せるね^^
野澤菜っ葉。
2005/09/26 18:17
菜っ葉ちゃん少しは元通りになったでしょうか。
お母ちゃんの美味しい手料理を食べたかなあ

何〜ぃ バフンウニの写真?
9月には入ればバフンウニは禁漁時期だけど、店では
まだ売っているわけか。
それで食べたのか?
お裾分けして欲しいなあ
菜っ葉ちゃんが来てから1年です。早いものやなあ。
今ではすっかりブログの顔になっているで\^o^/
風の旅人
2005/09/26 22:02
おうまさんじゃなかったのねっ
∠(⌒m⌒) 納得!!
プッちゃん
2005/09/27 17:56
東京競馬場の直ぐ隣の駅やけど、ワテはこの日は行ってないぞ。

まあダービーの開催日には府中の馬場は、よう見させて貰いましたわ。
でもええ目したことは一度もないなあ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2005/09/27 19:07
風さん、こんばんは。
そうですか、昨年の秋でしたか。
掲示板の「心の旅…」を読ませていただいて、
風の旅人さんは府中に来ているのかぁ〜って思っていました。
私のブログの武蔵の国の守り神は、大国魂神社に行って、
写真を撮って来たときのものですが、
昨日、大鳥居のある旧甲州街道にある札所跡の前を通ったので、
写真を撮って来ようとしたんですが、改修工事のため、
被いがかかっていて、撮れませんでした。
改修が終わったら撮って来ますね。

いま境内では栗祭りの真っ最中です。
THEOONIOUS
2005/09/27 20:55
                    ↑ 
あ。
自分のHN間違えてる…
すんまへん。酔ってますんで…
THELONIOUS
2005/09/27 20:58
この当たりの話になると師匠の出番やけど、出て来まへんなあ

暗闇祭りの面白さは師匠からチラッと聞いているけど、
なんか真っ暗闇の中で男と女がなんかするらしいで。

それで生まれたのが師匠の長男かも\^o^/
それやから嫌がる彼女をものにしたんやで。
手が早かったもんな(゚_゚i)タラー

師匠早よ出てこんと、何を書くかわかりまへんで\^o^/
風の旅人
2005/09/27 22:18
随分忘れた頃の登場で・・・・。  ガハハハハハッ!
まあ・・いいじあねえですかい! 風のだんな・・機嫌直しておくんなさい!

THELONIOUSさん!  (難しいH.N.やなあ〜〜!)
何て読むんでっかい? 

府中のご近所に、お住まいですかい?

ええ・・「お旅所」・・工事してましたねえ。 多分・・まだ、終わってねえんじゃ、ねえでしょうか?

「おらが国さの、お祭り」・・。

み〜〜ンな
、自分の故郷の祭り・・が最高と、誇りに、思ってますよねえ。

全国的に「有名か、有名でないか・・」  と言うハンデは、ありますが・・・。

「岸和田」・・・の祭りの様に、有名な祭りも、ありますけど・・・ね。

師匠
2005/11/02 20:20
「暗闇祭り」

風の旦那が、しきりに言ってる「男と女の〜〜〜〜」。
これは・・・はるか昔のお話でして・・。

随分昔・・・昭和・・30年代位までのお話ですが・・・。
「祭礼」の、開始が・・以前は夜の「12時」・・だったんです。
「神様」・・が旅を、なさる・・・。 「神輿に乗って」・。

一般大衆は、神様のお姿を、見てはならない・・・。
これが、この深夜開始の理由です。

号砲1発・・・花火の合図で、神社周辺の「家屋」、「商店」の明かりは、一斉に「消灯」・・させられます。

「提灯の灯り」・・・以外は一切、禁止です。

その中で・・1トン近い7基の巨大神輿が・・4時間掛けて、僅か1キロ足らずの、街道、を、練り歩きます。

師匠
2005/11/02 20:33
みんなが、貧しかった当時、思いっきり「酒」が飲めるのは「冠婚葬祭」・・の時です。 「只酒」・・を、充分、腹に収めた、若い者は、「ベロベロ」に、なって、祭りを、謳歌します。

暗闇の中・・・大勢の観衆が、集まります。
「すり」、「窃盗」、「傷害」、「殺人」・・・。

毎年、毎年・・、膨大な犯罪が、行われます。

そんな、「危険な深夜」・・、若い女性は、危険だから、絶対行っては、行けない・・・、と、硬く親から、禁じられております。

そんな、中・・。 どこの世にも、「はねっかえり」・・は、いるもんです。

中には半分期待して行く者も、いるんでしょうか?

酒に酔った、男の集団の中に・・若い女性が・、近づけば・・、「結果は、明白」・・ですよ。  「狼の中へ子羊が・・・」。

「集団強姦」・・・。 危険承知で、行く方が悪い・・・。

 翌年・・・「中絶手術」・・が、多かったとか、多くなかったとか・・・?
師匠
2005/11/02 20:43
「祭り」・・は、「男」を、売る・・・、これ以上無い「舞台」・・です。

神輿の「花棒」・・。  ここは、一番、目立つ、「花」・・の場所です。
「担ぎ棒」・・・の、一番前の「2本・・あるいは、4本」。

この場所を、巡って「男と男の争い」・・が、あるんです。

その判定基準は・・「喧嘩が強い」・・か、「どれだけ顔が売れているか」
・・・これは、色々・・です。

ですが・・大抵は、この祭りでどれだけ顔がうれているか・・?どれだけの実績があるか・・? 

現在は・・「役職」・・・が、左右します。 「〜〜会長」・・。

ところが・・、この場を、待ち望んでいるのは、「堅気」・・ばかりではねえんです。

「やくざ」・・・が、「縄張り」・・を主張するいい、機会なんですよ。ええ。
師匠
2005/11/02 20:51
「やくざ」

これが絡んでくると・・、この土地の祭りは、全くもって、「複雑」・・に、なって来るんです。

もちろん・・こう言う事態に、成らせない為に・・「機動隊」・・が、何百人も、警備するんですが・・・、「暴対法」・・が、立法化する以前の「警察」・・は、「暴力団」の前には・・、全くの「無力」でした。

それこそ・・・何万人の「目の前」・・で、「切った、貼ったの」・・「刃傷沙汰」・・が、毎年の様に、繰り広げられていたんです。

あっしも子供の頃・・・一度、目撃した事ありますがねえ・・・。

2メートルもある「大太鼓」の上に、「6尺締めた」・・彫り物、背中一杯のやくざもんが、乗りましてねえ・・。

片手に「真剣」・・の日本刀・・・持ってんですよ!

それを、対抗勢力のやくざが、下から、足首持って、引き摺り下ろして・・・。
上に乗ってた人間・、頭から「まっ逆さま」・・・、。  

すぐに「救急車」が、来ましたが・・生きたか・・死んだか??

師匠
2005/11/02 21:04
半端な「東映のやくざ映画」・・なんぞ、可笑しくて見られませんよ・・。

ええ・・・「怖いもん見たさ」・・・。 この緊張感は、たまりませんでしたねえ・・。   (^o^)

しかしながら・・・時代が進みまして・・・。

さすがに・・こんな危険な祭りでは・、よろしくない・・・と言う時代の流れ・・でしょうか?

まあ・・「警察」の事情も、あるんでしょう。
「行政」・・・の手前も、あるんでしょう・・。

いつの頃・・・からでしたか?  祭りの開始が「午後4時」・・からと変更になりまして・・・。

「暗闇祭り」・・が「明るい祭り」・・と言う事に・・・。

只今は・・・子供も、女性も・・みんなが、安心して楽しめる「例大祭」・・に、なりました・・・。

もと、詳しくお知りになりたい方は・・。
「ネット検索」・・で、「府中 暗闇祭り」・・を、検索して頂ければ・・・詳しく知る事が出来ると思います。
師匠
2005/11/02 21:11
遅かったじゃないか由良の介〜
やっと登場しましたなあ
腰痛治って明日から営業に復帰。
頑張っておくれやす。

THELONIOUS
セロニウスさんと言うんやけど、舌が回らないからセロやんで宜しいでっせ。
セロやん、セロのオッサン。まあよろしく頼みまっさ。
風の旅人
2005/11/02 21:12
風の旦那が・・・ご丁寧に、「暗闇祭り」・・の紹介の、「お座敷」・・用意して頂きまして・・。  恐縮、恐縮・・。

ところが・あっしが「間抜け」でして・・、こんにち迄・・ちっとも気が付きませんで・・・。  (>_<)

まあ・・・「1ヶ月遅れ」・・・に、なってしまいましたが・・・。

風の旦那のお気使い・・・感謝・・です。 
師匠
2005/11/02 21:15
夜の祭りが夕方の祭りになった理由は、ヤクザ対策でしたか。

各地に性を謳歌する遊びがありますが、昔はそう言う意味では性に対しても、おおらかな部分があったんやなあ
風の旅人
2005/11/02 21:19
この府中編を書き出したときは、師匠がラーメン屋一代記を書き始めるのと同時でした。

そっちの方に目が行ってしまって、気づかなかったのでしょう。
ワテも次から次ぎに出すものだから、師匠の書くのを待ってられへんかった。

今回師匠が暗闇祭りの話を書いてくれたので、話には聞いていたがもう一つ分からない部分がありました。
ようやく分かった次第でありがとさん。
風の旅人
2005/11/02 21:22
あったあったぁ!!
さっき見に来たときは9月まで遡れなかったのにぃ。。
あぁ〜よかったぁ!
なるほど、素敵な欅の並木道ですねぇ。
・・んん??
目的は、欅の並木道じゃなく綺麗な女将さん??はいはい♪(^o^)/

もう、気づいてくれるかどうか わかんないけどココにコメント入れとこうっと〜♪
harusika
2006/01/23 22:48
早速おいでやす。ようお越し\^o^/
府中の欅並木を見に来たのではなく、美人女将に会いたいから来た分けじゃないで(゚_゚i)タラー

ラーメン屋の師匠の顔見に来たついでのお駄賃みたいなものや(゚_゚i)タラー

この写真は昼の1時ぐらいだったので、自転車が多くて写真には邪魔だった。
朝早く来たらスッキリした写真になると思うけど、旅人には無理ですわ。
風の旅人
2006/01/23 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京・府中の欅並木 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる