心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州・松代は天下の一大事

<<   作成日時 : 2005/09/17 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
長野市の直ぐ隣の町松代は真田藩の城下町。
関ヶ原の戦いではお家を残す手段として、兄弟が東西両軍に別れて関ヶ原に参戦したことは有名である。
そのお膝元の真田城は今は小さな掘り割りと石垣を残すのみ。
文武両道の藩校として栄え、今も建物が残っています。

大本営は日本の敗戦を予測して、この地に日本の中枢を移転させる計画をしました。
この地が山に囲まれて、しかも地形が複雑。
米軍の攻撃が容易に出来ないのと、固い地盤があるためでした。

昭和19年11月に着工して終戦まで、日本人住民と朝鮮から強制的に連れてこられた延べ300万人を使って、昼夜3交代で秘密裏に掘らせたものです。
ここから出た岩石は東京の第2国道の敷石として使われています。
それに伴って皇族の方の避難先として、皇居の仮宮殿もほぼ完成しています。

でも残念なことに松代が出しているパンフレットには、紹介記事もありません。
尚、松代のボランティアの方が、街並みの紹介や象山壕への案内もしていただけます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
風さん
今頃 オフ会?

楽しんできてね^^

私は日本酒飲んでよっぱ??です

明日はお墓参りに行ってきます^^
野沢菜っ葉。
2005/09/17 21:05
いよいよ おらが村の核心ね〜 ^^ (ここは真田邸の玄関??)
下のアルバムは空っぽだったけど 文武学校は私めの学び舎(小学校)で
当時 あれ全部使ってたんですよ。

道路の左手に「白井家の御門」...お茶をよばれた所。
あれは某所から移築されたもので ぢつはうちの大家さんだったの
400坪ほどの旧武家屋敷には 用途に応じたいくつかの棟や 離れがあり
貸していた。六畳一間のそれが親の疎開先だったわけです。

戦争は知りませんが 貧しかった〜
文武学校も白井家の御門も σ(^^)の遊んだ手垢がいっぱいです。
あれだけ苦労した認知症の母も 記憶が鮮明なのは 笑っちゃうことに
自分の生まれ故郷なんですぅ 60年以上も居ついた町なのに (><)゙

おや、まあ、(ё_ё) 風さんオフ会なの?? 
プッちゃん
2005/09/18 00:38
菜っ葉ちゃんまいど〜
今オフ会から帰った所です。
詳しい話は彼方でしますので、楽しんで下さい。

函館は旨い料理でお腹一杯やろなあ
お母ちゃん手作りの料理に、美味しいやろなあ
ワテも食いたくなってきたぞ。

イクラ丼が食いたいぞ。
風の旅人
2005/09/18 22:47
プッちゃんの田舎を出したぞ。
アルバムの設定を間違っていて、すまんのう。
この建物は真田邸の玄関と違ったかな?
六紋銭の提灯があったのでそう書いたけど、違ったかなあ

白井邸を覗いたらボランティアさん達の詰め所だった。
ゆっくりしてくれと言うので、お茶と小梅の接待にあやかりました。

ボランティアの方と話をする中で、大本営跡を見に来たと言ったら、詳しい方がいるというので案内して貰えることになった。

ボランティア仲間では会長さん?という愛称で呼ばれており、実に親切に案内してくださいました。

家に帰って妻に松代の話をしたら、是非一度連れてってと言うので、翌年もう一度松代を訪ねました。
その時も会長さんに連絡して、案内を乞うたのがこのアルバムの写真です。
風の旅人
2005/09/18 23:00
白井邸が手垢まみれになっていたのは、ぶっちゃんの性だったのか\^o^/
又意外な展開になったなあ

現在オフ会に嵌っています。
土曜日から名古屋オフ会で1泊してきました。
来月5日は東京のメンバーでオフ会です。
上京しますが良かったらプッちゃん参加しませんか。
楽しい仲間でっせ。大いに歓迎します。
風の旅人
2005/09/18 23:00
そうですか、、、風さんの奥様もご一緒に!!
壕は同じ戦争の爪あと ご自分の故郷に思いを馳せられたのでは・・
しかし風さんには勿体無いよね〜 r(ーー;)んっ?

お寺さんも多いので 時間があれば 寺巡りも一興かと、、、
あとは「富岡日記」の和田英の生家(中級藩士の旧横田家)など、、、
どちらかと言うと 玄人好みの歴史の町らしいです。

オフ会へのお誘い ありがとう♯♭♪
お江戸くんだりまで遠征されるとは さすがベテラン!!
十八番の「雪は降る」「愛の賛歌」等 ご相伴に預かりたい
ところでございますがぁ〜
相方(石あたま&変人)と血の雨降らすとまずいので
シングルになった暁には是非に?? (ははははっ 先は永い!)

楽しそうなお仲間で 笑い過ぎてシワシワになりそうね〜 (><)゙
もっとも、後5年もすりゃ"梅干ばばあ"の出来上がり〜(自爆) 
プッちゃん
2005/09/19 23:05
松代に最初に訪問したおりは国民宿舎松代荘でした。
新しくリニュアールした直後だったのか、とても綺麗な建物でいた。

この建物で結婚式を挙げたという、メル友さんが昔おりました。
この町に生まれ育ったのが旦那の方で、プッちゃんとは同じ年頃でしょうか。

プッちゃんにもう一人のメル友さんも、同じ松代に縁のある方。
何となくワテが松代に入れ込むのはわかりますやろ。

さてお寺の多いことでも有名ですか。
それほど言うのなら、次回松代の旅をするときは、旧横田家当たりを徘徊してみましょうか。

御主人が石頭ですか。
何処にでもおりまんなあ〜

オフ会を呼びかけると、必ず一人や二人おいでになる。
それほど危ない年頃とは思えないのだが、今尚愛して貰っているのでしょうなあ

老いさらばえていく身に、後何年という数字を言うのは難しいなあ
思ったときが、出会いの時。
チャンスがあれば又お誘いします。
風の旅人
2005/09/19 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
信州・松代は天下の一大事 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる