心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 栃木・鬼怒川温泉、竜王峡

<<   作成日時 : 2005/08/27 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
栃木は中学の修学旅行が日光、中禅寺湖、華厳の滝コースだった。
それ以来栃木には足を運んでいない。
一枚の写真が手元にあるが、それには竜王峡と書いてある。

さて竜王峡って何処かいなと探したら鬼怒川温泉にあった。
一度は入りたいと思っている温泉です。
鬼怒川のHPを覗いてみると、鬼怒川ライン下りがありますが、温泉街の
もっと上流がこの竜王峡。
写真で見る限り綺麗な景色である。

写真提供okeiさん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
日光へは中学の修学旅行で行ってます
風さんと同じやね

写真の龍王峡は景色が抜群! 綺麗なところですね♪
木が紅葉して季節は秋ですね

高校生の時、栃木の宇都宮にペンフレンドがいました
今はどんな姿に・・・思い出すのは若かりし頃の彼の顔 (∩_∩)ゞ
ゆー
2005/08/27 22:06
名古屋からでも東京、日光だったの。
近かぁ〜 

その頃ペンフレンドいたの。
純情可憐な乙女ではなかったんだ。
結構発展家だったの?
その頃ペンフレンドがいる人って、勉強できたんやろなあ
ワテなんか、恥ずかしくってよう申し込めなかった。
今でも女の人と話すのは苦手やねん(゚_゚i)タラー

嘘と思うでしょう。
慣れるまではやっぱり臆病やなあ
慣れてしまうと何でもないんやけど、初対面の人にはアカンなあ。(゚_゚i)タラー
風の旅人
2005/08/27 23:26
風さん ゆーさん おはようございます
家族旅行で、日光は一回だけ行きました 
鬼怒川ライン下りもしましたけど、なんといっても東照宮!
お金をかけ尽くした作りですね
京都などの神社仏閣を見慣れてもんには、ショックでした
もう一度ゆっくり見てみたいと思う、凄い建物です
テス(nosaman)
2005/08/28 09:44
風さん、ゆーさん、テスさん、お今晩は!

龍王峡ですね、いいところですよ!
私の大好きなルート、会津西街道ですね。
龍王峡から五十里湖(いかりこ)を見、
会津鉄道に沿って会津田島へ、
途中、大内宿に立ち寄り芦の牧へ。

此処まで来れば、会津若松はもうすぐ…
THELO
2005/08/28 18:18
北関東はワテも殆ど知りません。
東京以北には車で行くとなると、距離的なものがあって、どうしても躊躇してしまう。
限られた休暇では車で行くのは困難でした。

今はヒマになったのでゆっくりと廻りたいけど、ヒマになると行けなくなり、おかしなものですわ。
風の旅人
2005/08/28 19:23
会津はご存知のように、終世変わらない佐幕藩でありました。
初代藩主の生い立ちが全てを決定付けているわけですが、
その教えを何代にも渡って守り続けた頑固さが会津でした。

その会津の殿様が権現様をお参りし、家柄の祖ともいえる家光公の大猷院にお参りするための道が会津西街道でした。

日光辺りは私は日帰りできる限界ではありますが、5月に行った時の写真をあわててウェブリアルバム、「街道を行ったり来たり」にUPしましたので、よろしかったら、どうぞ。

THELO
2005/08/28 20:17
アルバム拝見しました。
解説がもう少し欲しいところでした。

東京からでは日帰りの限界距離ですか。
都内は混むからなあ

ワテの田舎の彦根藩、あの井伊大老の彦根藩ですが、官軍が江戸に上ってきたら、官軍派に寝返っています。

桜田門事件があった直後ですから、江戸幕府の水戸藩へ処分が甘かっただけに、腹が立ったのでしょう。
最後は会津攻めに参加しています。
風の旅人
2005/08/28 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
栃木・鬼怒川温泉、竜王峡 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる