心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 特別編・男鹿半島

<<   作成日時 : 2005/08/21 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像



大阪から青森に向かうとき、飛行機は佐渡島上空から日本海を北上します。
間もなく秋田県の男鹿半島が見えてきます。
八郎潟の干拓も進んで随分小さくなってしまっています。
中学時代の地図には大きな湖だったはず、それが今では小さな池のように見えます。
男鹿半島の先端が飽きた編で紹介した入道崎灯台があるところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはー!(^^)
先日も寄らせて頂いたのですが、
コメントはぽりおん宅の掲示板の方にさせて頂きました。(*^-'*)>

写真の男鹿半島は妹の嫁ぎ先で〜す♪
遊びに来てと言われているのですが、遠すぎてなかなか行けません。

昨年は「釣りバカ日誌15」のロケが男鹿でも行われたらしく、
義理の弟がエキストラ出演したみたいなのですが、
まだ見ていないので、映っているかどうかは定かでありません。(^_^;)
ドリーム
2005/08/21 12:53
ドリームさんいらっしゃい
男鹿半島は遠いですよ。
ワテも秋田空港まで飛びました。
そうやなかったら着いたとたんへばってしまう(゚_゚i)タラー

妹さんがいるのなら一度は訪ねて欲しいですね。
秋田は見所一杯です。
この欄の幾つか前にも秋田編を書いていますので、
参考にしてください。

釣りバカ日誌は面白いですね。
地方の風景を取り入れますから、地元民の方をエキストラに使いますね。
何処に出ていたのか、そりゃ見ないわけには行きませんよ。
通行人Aの役であっても\^o^/

風の旅人
2005/08/21 13:03
帰ってすぐに、男鹿半島を見れるとは思いませんでした。
窓越しなのでハッキリしませんが、真ん中あたりにあるのが寒風山です。

字のごとく、春夏秋冬!風の無い日がない位吹いてますよ。
今回、此処の男鹿カントリークラブで遊んできました。

コースが何で長いのと思うと、風計算!反対にこんな短いコースと
思うと、風に押されて、玉が帰ってくる・・・・・

面白かったよう。

*男鹿半島の先端が飽きた編で紹介した入道崎灯台があるところです。
           ↑
         秋田編の間違いでは?
なな
2005/08/21 21:06
沖縄に旅行する前に、秋田編の3連発を出しました。
飛島沖の日本海に沈む夕陽、如何でしたか。

男鹿半島を訪れたとき、寒風山は何かのイベントの最中でした。
登りたかったが人も車も多そうだったので、断念しました。
全山芝生の山らしいなあ

年中風が吹く山ですか。
それじゃコースとしては難しいなあ

入力間違いやなあ
面目ない(゚_゚i)タラー
風の旅人
2005/08/21 21:14
パンフレットに男鹿半島にゴジラの岩があると書いて
あったのに、残念ながら確認できなかった。
八郎潟がほとんど田んぼだったのには、驚きでした。
晴れた日だったので、新潟から乗って来たフェリーが北海道に
向かって走ってるのが見えました。
がも
2005/08/21 22:24
ゴジラ岩?
そんなんがあるの?

ゴジラに似た岩って事でしょうが、観光バスに乗ると
大抵この手の説明があります。
○○岩、とってつけたような名前が多いなあ

もう一枚の写真がありますが、そこには小さな八郎潟
が写っています。
風の旅人
2005/08/21 22:34
またまた、お邪魔します。(笑)

入道崎の灯台は、白と黒のシマシマでしたね。
雪が降っても、海上から認知しやすいためと聞きました。
入道崎のお土産屋さんの前にある電話ボックスはなまはげさんの形でした。

入道崎を後にして寒風山に行って、パラグライダーでもしましょうか?
鳥になった気分で…

THELONIOUS
2005/08/21 22:49
>入道崎の灯台は、白と黒のシマシマでしたね。

そうです。
秋田編で灯台の写真を載せていました。
今ではお蔵入りになっています。

お土産物屋さんが1列に並んでいます。
一人旅だとお土産は余り買わないんですよ。
覗いて冷やかすだけ(゚_゚i)タラー
風の旅人
2005/08/21 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
特別編・男鹿半島 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる