心の旅・遠くへ行きたい 1

アクセスカウンタ

zoom RSS 北帰行

<<   作成日時 : 2005/06/11 00:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

画像
青森の町は北の果て。

胸キュンしながらシャッターを切ったziziさんの想い出が十和田湖。
此処で愛する人と暮らしたのがトマトさん。

それぞれの想い出を蘇らせてくれるのが奥入瀬の流れ。
奥入瀬は十和田湖を源としています。

この近くに八甲田山があり、明治時代の陸軍が行った雪中行軍による大量遭難事故。
夜中には氷点下になる八甲田を、不眠不休の行進で踏破しようと計画した話は新田次郎氏の「八甲田山」で映画化されたので、皆さんご存知と思います。
そんな悲しい歴史のある津軽の町。
映画では岩木山の麓に、リンゴの花が一斉に咲いた景色が、特に印象に残っています。

さあ、津軽海峡は目の前。
菜っ葉ちゃんの実家がある函館の灯りが見えるのが竜飛岬。

最北端の町に相応しく、国道は此処でストップのハズでした。
ところがそれは漁師町の細い軒下を通っていくと階段へと続いて行った。
・・・・・・・・・・・┏┏┏┏┏┏
         ・・・・・・・┏┏┏┏┏┏┏
                ・・・・・・・・┏┏┏┏┏┏┏      

この階段が国道?
国道339号。当時の運輸省役人が現地を確認しないで、判を押した説があります。
日本で唯一の階段国道。
130段の階段を上りきると目の前には津軽海峡。

真下を走っているのが海峡トンネル。
洞爺丸の悲しい遭難事故をきっかけに建設要望が出されて、長い歳月の末に開通した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
十和田湖は学生の時修学旅行で行ったなぁ〜
本当は札幌と秋田どっちが良いかって
話し合いしたんだけど・・・
学生はもちろん札幌でもそんな都会に連れて行ったらなにするか分からないって事で秋田になった だったらさいしょっから先生が決めてよね!って思ったのでした
野沢菜っ葉
2005/06/11 10:30
風さん 竜飛岬で泊まったことあります!
高倉健が「海峡」の映画に出演の時に泊まってた旅館です ものすごい〜風が吹いてなかなか寝付けなかったのを良く覚えています
あくる朝は、太宰治の斜陽館に行き、
金木からストーブ列車で帰りましたけど良い旅でした。
もう一度行きたいところです
テス
2005/06/11 10:41
風さん、いないと寂しいね。
早く帰ってきて〜
あの「ガハハ」が懐かしい・・

・・死んだんじゃあるまいし・・
大袈裟でした、スンマソン。
それでは、仕事に戻ります。
お休み、風おじさま。

2005/06/11 22:30
黒さん、おはようございます(*^_^*)
風さんは、今までは仕事の時だって帰ってきてから皆にレスしてました。
でも、定年になってからは毎日がヒマな筈なのに毎日忙しく動き回っていますよ。

風さんとは、いつもハチャメチャに言い合いしてますけど(大阪のボケと突っ込み)やはり存在感は大きいと思う。

黒さんは、まだお若いんでしょうか?
遠く離れた父親の事を思い浮かべながら一人旅をするのも、また自分を見つめる良いキッカケになりますよ。

風さんが帰ってきて、黒さんのコメントを見たら凄く喜ぶと思いますよ。

今頃は、法事の準備でバタバタとしてるのかな?
きっと法事の後の食事の時間をうんと楽しみにしてると思うけど・・・
o(〃^▽^〃)oあはは

こんな時にでも茶々を入れたくなる私です。
f(^_^; スンマセン
レトリー
2005/06/12 09:06
津軽と南部・・・

あ〜、南部氏をたどっていたら、な〜んと、甲斐の国に戻っちゃいましたぁ〜。(笑)
THELONIOUS
2005/06/12 13:55
奥入瀬・・・

紅葉の時期もいいけど、今頃の新緑の時期が一番好きです。

歩けや奥入瀬 三里半・・・時の流れとともに、

奥入瀬の流れも少しずつ変わっていますね。

「石ヶ戸」にまつわる鬼神のお松≠ニ云う美人の盗賊のお話も、
趣が深いものがあります。
THELONIOUS
2005/06/12 14:10
埼玉は暑いよ^^;
これから暑くなる でも梅雨よりもいいかな
梅雨は嫌だ! ますます 北海道に帰りたい
気分になる 

黒ちゃん 分かるよ〜風さんは駄目な時は駄目と言うし そして 面倒みがいいから・・
いるだけで精神安定剤に私はなっています。
野沢菜っ葉
2005/06/12 17:55
黒ちゃん、明日、風おじ様は帰られるから・・・。頑張ってね。
人はみな一人では生きていけないものなのです
っていう歌もありましたね。
私が若いころ山に登って頂上の下の小屋に落書きがしてありました。

菜っ葉ちゃん、そうですね。精神安定剤ですね。
風さんは、自分が予想してる答えじゃないことが、心地いいのかも知れません。(私の場合は)(~_~;)

山、想えば人恋し
人、想えば山恋し




トマト
2005/06/12 19:59
黒さん 私も同じです
風さんの落着いた書き込みをロム出来ないのは寂しいです
黒さんはまだお若いけど 私は10歳しか違わないのに「お父さんのようです」って言ってしまた ^_^;

それについてのコメントはありませんでしたが
内心はどう思っていたのかな?

ごめんなさい!風のおじ様♪ ^m^
ゆー
2005/06/12 21:01
お見苦しい・・
詰まらぬ自己紹介は削除して下さい。
基本的に僕は「アホ」なんですよ。
その辺りを、お忘れの無きように・・
重ね重ね詰まらんコメントを、大変失礼しました。ご無礼を平にお許しください。

2005/06/13 01:45
おはようございます。

本当ですね〜
「風のおじさま」の存在感ってすごいですね!

とても、大きくて、暖かくて、結構シャイなところもあって・・・・
ねえ、風のおじさま〜 (*^m^*)

このぐらい言っておくと、なんかお土産あるかな?
法事だったんならダメか?(^_^;)



やまちゃん
2005/06/13 05:53
みなさんただ今戻りました。

この三日間の書き込みを読むと、存在感だとか「風のおじさま」だなんて書き込まれると、こそばゆくてかないませんわ。

こんな書き込みを読みますと、案外留守にするのも悪く無いなあと思ったりしています。

此処で好き勝手な書き込みをしたりよそ様のトピにお邪魔して汚したりして、年齢に関係なく幅広く知り合いになれました。

励ましたり励まされたりの毎日ですが、少しでも皆さんのお力に慣れただけでも良かったなあと思っています。

皆さんの書き込みには十分注意してお返事を返したつもりでも、中には忘れていたものもあったようです。

えっとその中の一つにゆーさんのコメントから。

>私は10歳しか違わないのに「お父さんのようです」って言ってしまた ^_^;

上司とか良き先輩ぐらいだったらわかりますよ。お父さんは可哀想ですよ(゚_゚i)タラー
彼氏の様な存在だったらワテはハッピーやなあ(^凹^)ガハハ

やっぱり「風のおじさま」は止めて欲しいなあ
「風のオッサンが一番似合っているなあ
風の旅人
2005/06/13 14:58
風のお父さん お帰りなさ〜〜い。

15日にお会い出来るのを楽しみにしていますが
当日 無事に新大阪で降りられるか心配!
黒さんのように博多に行ってしまったらどうしましょう ・・・(゚_゚i)タラー・・・
ゆー
2005/06/13 20:46
風さん おかえりなさいね^^
今日は残業でPCを開ける時間が遅くなって〜
遊びにくる時間も遅かったね^^:
これから自分のブログに行ってきます
では またね^^
野沢菜っ葉
2005/06/13 22:16
今夜は嫁はんと連れだって夏川リミのコンサートに行って来ました。
お気に入りの歌を聞かせて貰って今夜は大満足。

ゆーさんは博多まで行ったら笑ってあげるから。
でも大阪に着いたときはもう終わってますからね。

その時は師匠と一緒の列車になりますから東京までご一緒してみては如何ですか。

黒さん、オフ会参加できない日程で申し訳ないね。
次やるときは土曜の夜か日曜日の昼間にしますから、是非とも参加してください。

キュウコンさんも苦労性やなあ
新大阪のホームまでお迎えですか。
携帯があるから大丈夫と思うけど。

菜っ葉ちゃんも今日は残業やなあ
そのうち菜っ葉ちゃんのために東京でも開こうかなあ
わて秋の彼岸の中日当たりで東京に行きます。
その当たりで菜っ葉ちゃんや師匠の顔でも見に行ったろかなあ

他に誰か参加しないかなあ
確かサチッペさんやもう一人埼玉に親戚があるとか言っていたなあ

みんなで東京に行きませんか。
風の旅人
2005/06/14 00:53
いよいよ明日の今頃はオフ会をしていますね。
どんな顔が並ぶのか楽しみですね。

文章から受ける印象と実際に見るのではギャップがあるのか、これも楽しみだなあ。

明日の事を考えるとワクワクドキドキです。
風の旅人
2005/06/14 12:04
こんばんわ
青森への足跡を覗きみです。
中々 楽しい紹介ですね。
ブログ仲間に語っていらっしゃるようで
親密な様子が伝わってきました。
 
和さん
2009/07/29 21:54
和さん今晩は
青森の旅も此処以外にも幾つか載せています。

階段国道は是非行きたいところでした。
予定では階段国道は入っていなかったのですが、たまたま昼食がこの横のレストランだったので、ご飯そこそこに階段国道を往復しました。

ブログのお客様には色々思い出の地がありますね。
そうした方の心の旅とでも申しましょうか、思い出の地が登場するたびにコメントが寄せられています。
どうぞお楽しみ下さい。
風の旅人
2009/07/29 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
北帰行 心の旅・遠くへ行きたい 1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる